総務課員のひとりごと(はてな分室) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-24

[][]【いい転職・悪い転職】「年収1000万円以下は男じゃない」転職で年収1/5になり、見えた景色とは〜その1〜(2ページ目)- 記事詳細|Infoseekニュース

今は転職するには、いい環境かもしれないですね。

ただ、全てが年収アップにつながるとは限らないです。

特に、今より年収が上がったとして、同じ仕事ぶりで給料が上がったとしたら、どういうことでしょうか?

それは前の仕事が安過ぎたか、今の仕事が自分の実力以上の給料を払っているかのどちらかです。

もし、自分の実力以上の給料をもらっているなら注意が必要です。

そのままの実力ではもう給料が上がるめどがないからです。

営業職なら実績・成果を出さないと高給を維持することが難しいでしょう。

事務仕事なら、リーダーシップを発揮するとか、効率改善や新しい仕事のやり方を導入することなど強みが必要です。

ポジション次第ですが、いずれも今までとは違う価値を提供しない限り、給料が増えることは難しくなります。

かつての日本企業(特に大手)は年齢給与の割合が高く、年齢を重ねるとそれなりに給料があがる仕組みがありました。(一部、公務員の方はこのような給与体系ともききます)


給料が上がるには、上がるなりの理由が必要です。

今までの仕事のやり方でいいのかなど見直していくことも大切です。


応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村



【いい転職・悪い転職】「年収1000万円以下は男じゃない」転職で年収1/5になり、見えた景色とは〜その1〜(2ページ目)- 記事詳細|Infoseekニュース

今や社会人の2人に1人が転職している時代。総務省労働力調査でも2016年転職者数は306万人。7年ぶりに300万人台の大台に上がったとニュースになり、これからも転職人口は増加が予測される。そこでSuits WOMAN編集部では、いい転職をした女性と、悪い転職をした女性にお話を伺い、その差は何か…