ぼくはまちちゃん!(Hatena)

  • ライブドアリーダーで読む → Subscribe with livedoor Reader
ぼくはまちちゃん!のRSSフィード

2012/05/25

ブログを書くときの考え方7つ

こんにちはこんにちは!!
今日はブログとかを書く時の、ぼくなりの考え方をいくつか書いてみようと思います!

1. 知ってることを書く

君の思う、
「こんなこと、○○やってる奴なら、誰だって知ってるだろう」は、意外と知らない人が多い。
普段から、それを知らない人の視点で考えてみる。

2. 気づいたことを書く

でも新しくなくていい。
ネットのどこかで既出でもいい
君自身が気づいたことや、思いついたこと、感じたことがあれば、それを書けばいいと思う。

3. 自分なりに検証する

内容や意味が不安な部分は、一応ググるなりして検証してみる。
これが結構、勉強になったり、また違う発見があったりするよ。

4. 素人にもわかるように書く

専門用語や、難しい言葉を使わずに、
できるだけ、素人とかオカンとか、ぼくにもわかるように書く

5. 勇気をもって省く

省いた箇所は、必ずつっこまれる。
そのツッコミを恐れて、細かい事まで書いてしまうと、すごく読みにくい文になる。
読みにくい文は、みんな読むのをやめてしまう。
だから、つっこまれるのを承知の上で、細かい例外や、但し書きなんかは、あえて省く。
わかりやすさを優先する。

6. 何回も自分で読む

数時間後の自分は、ちょっとだけ別人かもしれない。
別人の視点で眺めると、また違った発見や表現が生まれるよ。

7. 書かないより、書く方がずっと社会に貢献してる

「わかる奴にだけわかればいい」
「これは常識だから、いまさら書くのもアレ」

うん。それもいいけど、
わかりやすくして、あえて書いて発信する方が、もっと良いと思う。

その知識や発見、思ったことをもっと書いて、
ネットにどんどん情報を増やそう。

君の書いた一文が、他の誰かにとっての良いヒントになるかもしれない。


(関連記事)
よみやすいよみもの 『よみやすいよみもの』のブックマークコメント
なんでお金になることをタダで書くの? 『なんでお金になることをタダで書くの?』のブックマークコメント