Hatena::ブログ(Diary)

Hamuraの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-02-16

文学フリマにでるときに話す。アイデアとランニングのこと

文学フリマまであと2ヶ月とすこし、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

文学フリマと言えば今回、東京大阪で開催される予定ですが、私は大阪で初サークル参加を予定しています。
初参加と言っても2度もあしを運んだことがあるイベントなので、ドキドキする、不安。というよりも、
ついに見る側と作る側の一線を越えてしまう、この期待にあふれているとしか言いようがありません。

しかし、原稿はというと今ひとつ手つかずです。というか家の中では原稿が書ける気が全くしないのです。
最近はというと千代田区図書館に仕事終わりには通う。もしくは、ランニングにでてアイデアを練る。瞑想をする。

瞑想をのぞいてはいつもプロット作りに励んでいます。
私のような、毎回書いては消してしまうような人間にはもしや不向き?な感じもいささかします。


f:id:Hamura:20130216193828j:image
写真は皇居ランニングの風景(きちんと走っていますよシューズは青のニューヨーカー(見つけたら声かけてね))


プロットができればすぐに出来上がればいいのですが、やはり一回目は難しいものです。

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

ということで今回は歴史あるこちらの本を題材に正攻法でアイデア・プロット作りにチャレンジ。

流れは簡単この5つのステップを何回やれるか!!!
データ集め
データの咀嚼
データの組み合わせ
ユーレカ(発見した!)の瞬間
アイデアのチェック


自分が何かしらアイデアを作るときに、確かにこういうプロセスをしていると思いませんか。
多分多くのひとが偉大なる作家に影響を受け、大量の読書などで頭に様々な情景をを流し込み。
その情景や背景。そのストーリの構成などを強く考え続ける。
そして『ここは使える』と思ったいいところはメモしておき。悩んだときにはその膨大なデータから必要なものを取り出してくるし、また、自らの経験とあわせて新しいものを作っていく。

これがいわゆる古典的な『アイデアの作り方』にあたります。


で今の段階はというと…残念。データ集めとデータの組み合わせ。
なかなか前に進みませんね。

基本的には、図書館でよむ(データ集め)ランニング(データの組み合わせ)がメインとなっています。

皆さんの中で同人小説を書いているよという方がいましたら基本研究大好きなのでぜひお声かけください。