Hatena::ブログ(Diary)

Fiat logos

2009-05-04

A Local Revolution? --ベンチャーは局所的な革命なのか?--

Paul Graham のエッセイA Local Revolution?を翻訳しました

ちまちま英語の練習として翻訳してみただけの物なのでおかしい点も多々あります。

らいおんの隠れ家さんの所に素晴らしい翻訳がありますのでふつーに読みたい方はそちらへどうぞ。

はてなダイアリー



A Local Revolution?

ベンチャーは局所的な革命なのか?

April 2009

2009年 4月


Recently I realized I'd been holding two ideas in my head that would explode if combined.

最近、私が考えているアイディアふたつを組み合わせると素晴らしい価値になるのではないかと気付いた。


The first is that startups may represent a new economic phase, on the scale of the Industrial Revolution. I'm not sure of this, but there seems a decent chance it's true. People are dramatically more productive as founders or early employees of startups―imagine how much less Larry and Sergey would have achieved if they'd gone to work for a big company―and that scale of improvement can change social customs.

一つ目の考えとして、スタートアップ産業革命以来の新しい経済のフェイズを象徴する物なのではないかということだ。私はこのことに確信を持てないが彼らが今までの企業と違うのは本当だ。ベンチャーの創立者や初期メンバーたちは劇的な生産力を示す--ラリーやサーゲイ大企業で働いていたらどうやってあれほどの事を成し遂げただろう--そして改良の規模は社会の慣習を変えることが出来る。


The second idea is that startups are a type of business that flourishes in certain places that specialize in it―that Silicon Valley specializes in startups in the same way Los Angeles specializes in movies, or New York in finance. [1]

二つ目の考えはスタートアップのような仕事が繁栄する特別な--スタートアップにとってシリコンバレーがそのようだ、金融業に対するNYや映画業界に対するロサンジェルスの様に--場所が確かにあるって事だ。


What if both are true? What if startups are both a new economic phase and also a type of business that only flourishes in certain centers?

このふたつの考えが真っ当なものだとしたらなんだって言うんだろう?スタートアップが新しい経済フェーズで一カ所に集中して繁栄するものだとしたら?どうだって言うんだ?


If so, this revolution is going to be particularly revolutionary. All previous revolutions have spread. Agriculture, cities, and industrialization all spread widely. If startups end up being like the movie business, with just a handful of centers and one dominant one, that's going to have novel consequences.

だとしたらこの革命は特に革命的になるだろう。これ以前の革命は全て広がっていった。農業、都市制度、産業化、全てあまねく広がっていった。もしスタートアップが映画産業と同じ様になってしまうのならば少数の集積地帯が支配的になる。これは奇妙な結果になるだろう。


There are already signs that startups may not spread particularly well. The spread of startups seems to be proceeding slower than the spread of the Industrial Revolution, despite the fact that communication is so much faster now.

すでにスタートアップが上手く広がらない兆候はある。スタートアップの広がりは産業革命の広がりより遅く進んでいる、そのことにもかかわらずコミュニケーションはよっぽど速くなっている。


Within a few decades of the founding of Boulton & Watt there were steam engines scattered over northern Europe and North America. Industrialization didn't spread much beyond those regions for a while. It only spread to places where there was a strong middle class―countries where a private citizen could make a fortune without having it confiscated. Otherwise it wasn't worth investing in factories. But in a country with a strong middle class it was easy for industrial techniques to take root. An individual mine or factory owner could decide to install a steam engine, and within a few years he could probably find someone local to make him one. So steam engines spread fast. And they spread widely, because the locations of mines and factories were determined by features like rivers, harbors, and sources of raw materials. [2]

この数十年の間北アメリカヨーロッパ北部に点在する蒸気機関ボールトン・ワット社設立で製作された。 産業化はしばらくの間は国境を越えて広がることはなかった。産業化は中流階級の一般市民が富を徴収される事の無いほどに力を持つ国にしか広まらなかった。そうでなければ価値のある投資は工場になされなかった。しかしある国では強い中流階級が居たが産業技術が早期に取り入れられた。私有鉱山や工場のオーナーは蒸気機関を取り入れた。そして数年の内にたいていの人たちは作る物を見つけた。そうやって蒸気機関は急速に普及した。そしてそれらは広く普及した、なぜなら採掘場や工場の立地は鉱物の産地か川沿いや港等の地形によって決定されていたからだ。


Startups don't seem to spread so well, partly because they're more a social than a technical phenomenon, and partly because they're not tied to geography. An individual European manufacturer could import industrial techniques and they'd work fine. This doesn't seem to work so well with startups: you need a community of expertise, as you do in the movie business. [3] Plus there aren't the same forces driving startups to spread. Once railroads or electric power grids were invented, every region had to have them. An area without railroads or power was a rich potential market. But this isn't true with startups. There's no need for a Microsoft of France or Google of Germany.

スタートアップは上手く広がっていないように思える。理由の一つはスタートアップが技術的な現象というより社会的なものだということだ。そしてもう一つ理由あるとしたら土地による制限を受けていないということだ。ヨーロッパの各々の工場主は産業化の技術をうまくいってるところから仕入れることが出来た。これはスタートアップではうまくいきそうにない:あなたは専門知識を持たなくてはいけない、映画業界と同じように。[3]さらにスタートアップを広める為の推進力は似ていないように思える。一度鉄道網や電送網に投資してしまえば全ての地域がそれらを持つ事ができる。鉄道網や電送網が整備されてない地域は豊かな潜在市場だ。しかしこのことはスタートアップにおいては正しくない。フランス発のマイクロソフトドイツ発のGoogleは望まれていない。


Governments may decide they want to encourage startups locally, but government policy can't call them into being the way a genuine need could.

政府スタートアップが集まように地域を助成することを決定したとしよう、しかし政府の方針によってスタートアップを呼び込む方法に本当に求められている方法をとることが出来ないだろう。


How will this all play out? If I had to predict now, I'd say that startups will spread, but very slowly, because their spread will be driven not by government policies (which won't work) or by market need (which doesn't exist) but, to the extent that it happens at all, by the same random factors that have caused startup culture to spread thus far. And such random factors will increasingly be outweighed by the pull of existing startup hubs.

なんでみんなそうなってしまうんだろう?今言うとしたら、スタートアップはとてもゆっくりと広がるだろう、なぜならスタートアップの広がりは政府の方針(どちらかと言うとそれに取り組まない)や市場の要請(それはまだ存在無い)によって推進されないだろうし偶然には広がらないだろう、似たような偶然の要素によってスタートアップの文化が遠くへ広まるだろう。そしてそのような偶然の要素はますますスタートアップハブが生まれやすくするだろう。


Silicon Valley is where it is because William Shockley wanted to move back to Palo Alto, where he grew up, and the experts he lured west to work with him liked it so much they stayed. Seattle owes much of its position as a tech center to the same cause: Gates and Allen wanted to move home. Otherwise Albuquerque might have Seattle's place in the rankings. Boston is a tech center because it's the intellectual capital of the US and probably the world. And if Battery Ventures hadn't turned down Facebook, Boston would be significantly bigger now on the startup radar screen.

シリコンバレーが現在のようになったのは、ウィリアム・ショックレイが生まれ故郷のパロアルトに戻りたかったからであり、そして彼が西部から連れてきた専門家たちは、定住するほどまでにシリコンバレーが大好きだった。テクノロジーセンターのシアトルという位置づけには同じようなケースがある。ゲイツとアレンは自宅で働きたかった。アルバカーキシアトルの有望な土地だった。ボストンアメリカの--多分世界一の--知的な都市だったのでテクノロジーセンターだった。そしてもしバッテリーベンチャーズ社がFacebookを拒否しなければ、ボストンスタートアップを捉えるレーダーマップに大きな信号として見えただろう。


But of course it's not a coincidence that Facebook got funded in the Valley and not Boston. There are more and bolder investors in Silicon Valley than in Boston, and even undergrads know it.

しかし勿論偶然の一致でFacebookシリコンバレーで資金を得、ボストンで得なかったのでは無い。よりたくさんの大胆な投資家シリコンバレーに居たのだ。このことはどんな大学生でも知っている。


Boston's case illustrates the difficulty you'd have establishing a new startup hub this late in the game. If you wanted to create a startup hub by reproducing the way existing ones happened, the way to do it would be to establish a first-rate research university in a place so nice that rich people wanted to live there. Then the town would be hospitable to both groups you need: both founders and investors. That's the combination that yielded Silicon Valley. But Silicon Valley didn't have Silicon Valley to compete with. If you tried now to create a startup hub by planting a great university in a nice place, it would have a harder time getting started, because many of the best startups it produced would be sucked away to existing startup hubs.

ボストンの事例は新たなスタートアップの集積地を後から設立することが難しいことであることをはっきりと示している。もしあなたが新たなスタートアップの集積地をもう一度出現させようとするならば、そのためにすべきことは一流の大学を設立し裕福な人や頭の良い人たちがそこに住みたいと思わせることだ。その人たちはあなたの求める投資家と企業家の二つのグループになるだろう。この二つのグループの結びつきがシリコンバレーを生み出した。しかしシリコンバレーシリコンバレーに競合する相手が居ない。もしあなたがスタートアップの集積地を素晴らしい大学のある場所で作り出す計画を立てようとしているならば、それを始める時にはより難しくなっているだろう、なぜなら最高のスタートアップたちがもうすでにあるスタートアップの集積地に吸い取られていくからだ。


Recently I suggested a potential shortcut: pay startups to move. Once you had enough good startups in one place, it would create a self-sustaining chain reaction. Founders would start to move there without being paid, because that was where their peers were, and investors would appear too, because that was where the deals were.

私は最近効率的な方法を提案している。スタートアップにお金を払って引っ越してきてもらうのだ。一度あなたがスタートアップに十分よい場所を持てば連鎖反応的に自立的に維持されていくだろう。起業家たちにお金を払うことなく引っ越してくるだろう。なぜならどこに行くべきか彼らはじっと見ているからだ、そsて投資家たちも追従するだろう、こうして彼らはそこで取引し始める。


In practice I doubt any government would have the balls to try this, or the brains to do it right. I didn't mean it as a practical suggestion, but more as an exploration of the lower bound of what it would take to create a startup hub deliberately.

実際にはどの政府にもこれを行う気や正しく行う能力がないのではないかと思っている。

私はこれを実践的な提案だと思っていない、しかしスタートアップの集積地を意図的に作り出すための最低限の条件を知るための実験としてこう言った。


The most likely scenario is (1) that no government will successfully establish a startup hub, and (2) that the spread of startup culture will thus be driven by the random factors that have driven it so far, but (3) that these factors will be increasingly outweighed by the pull of existing startup hubs. Result: this revolution, if it is one, will be unusually localized.

もっともありそうな筋書きは(1)どの政府スタートアップの集積地を作り出すことは出来ない(2)何らかの要因でスタートアップの文化が広まっていく(3)すでにあるスタートアップがますますそれらの要因を増やし、スタートアップをますます惹き付ける。結果この革命は一カ所で起きるだけだ。

追記1 どう考えても間違ってるところをらいおんの隠れ家さんのを参考にして編集した

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HanaUsagi/20090504/1241428893