Hatena::ブログ(Diary)

ねずみのあしあと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-05-29 MacBook(Late2007)分解清掃 | ファンとマザーボードの埃を取り除く

MacBook(Late2007)分解清掃 | ファンとマザーボードの埃を取り除く

| 22:07 |  MacBook(Late2007)分解清掃 | ファンとマザーボードの埃を取り除くを含むブックマーク  MacBook(Late2007)分解清掃 | ファンとマザーボードの埃を取り除くのブックマークコメント

MacBook(Late2007)を使い始めて3年半。ここのところクーリングファンが回りっぱなしになってきました。

20110529192837

一昔前でしたら、そろそろ買い替えのタイミングですが、最近は身体がムーアの法則に追いついていないので、まだまだ使えそう。


ということで、延命措置を兼ねて開腹清掃することにしました。


*


必要な道具は、プラスドライバー(トルクス等は不要。ネジはこれだけで外せます)、掃除用の綿棒、綿埃を取り除く竹串、カメラ用のブラシ付きブロア、CPUヒートシンクの接点に使うシリコングリス、そして掃除機。

(以下は実際に使用したものとは異なります)


PC用精緻ドライバーセット

VESSEL 精密ドライバーセット TD-56

VESSEL 精密ドライバーセット TD-56


綿棒

ジョンソン 綿棒 200本入

ジョンソン 綿棒 200本入


ブラシ付きブロア

[asin:B001CN3GLY:detail]

シリコングリス

AINEX シルバーグリス [AS05]

AINEX シルバーグリス [AS05]

AINEX シリコングリス用ヘラ [GH01]

AINEX シリコングリス用ヘラ [GH01]


掃除機(!)

Dyson Digital Slim DC34 モーターヘッド DC34MH

Dyson Digital Slim DC34 モーターヘッド DC34MH


*


以前使っていたPowerBook G3(Pismo)は、キーボードがすぐに外せたのでマザーボードまでラクに到達できましたが、MacBookはいっぱいネジを外さなくてはなりません。気が重い作業ですがスタートです。


分解の手順はこちらのBlogを参考にさせてもらいました。

WEBLOG BEHAVIOR:http://behavior.jp/index.php?e=220

非常に細かく記載されており助かりました。感謝!


20110529192838

まずは裏返しにしてバッテリー取り外し、メモリースロット保護カバーのネジ、3箇所を外します。


20110529192839

続いて、そのカバーの奥にあるネジ4箇所を外します。


20110529192840

次は、その反対側にあるネジ10箇所と、バッテリー端子の外側のネジ2箇所を取り外します。(バッテリー端子を固定しているネジは取り外し不要)


20110529192841

続いてDVDスロットの手前の2箇所


20110529192842

スピーカー横にあるネジ4箇所を外します。


20110529192843

続いて、背面の3箇所。これで筐体とキーボードを固定しているネジは取り外し完了。


20110529192844

キーボード左側面からゆっくり外していきます。


20110529192845

右サイドと右手側はツメで固定されているので不要なクレジットカード等で持ち上げ、キーボードカバーを外します。


20110529192846

キーボードマザーボードを留めるコネクターを取り外します。

(もう、この時点で「うぇっ」という感じですが!)


20110529192847

案の定ホコリまみれ。。。3年も使っていればこうなりますね。


20110529192848

ここまで酷いとブロアで吹き飛ばすのはリスクがあるので、地道に綿棒と竹串を駆使して綿埃を取り除くことにします。ある程度取り除いたら掃除機をそっと近づけて細かい塵を吸い取りました。その後カメラ用のブラシで接点付近を綺麗にしました。


20110529214132

続いてヒートシンクとファンを取り外します。

ファンを留めているアルミテープを剥がし、ヒートシンクとファンを固定しているネジ6箇所を外します。


20110529192850

ファンにも塵がビッチリ。同様に綿棒などを使って清掃。


20110529192851

取り外したネジは順番に並べておくと組み直し作業がラクになります。


ヒートシンクCPUの接点にはシリコングリスなるものが塗布されて熱伝導率を上げています。3年半も経つとさすがに硬化しているので塗り直すことにします。


20110529192852

シリコングリスはいくつか種類があるようですが、選ぶのが面倒だったので、へらとセットになっていたGELIDのGC-2というのを購入してみました。


20110529192853

20110529192854

まず、古いシリコングリスを綿棒とへらで取り除き、カスを掃除機で吸い取ります。


20110529192855

20110529192856

20110529192857

クリーンになったCPUの上に米粒より一回り大きいくらいのシリコングリスをのせて、へらで伸ばしてみました。


20110529192858

本来であれば一度ヒートシンクを固定してグリスがCPUにまんべんなく届いているか確認すべきですが、少し多めに盛ったので良しとすることしてしまいました。

あとは、取り外した順番で組み立てていけば作業完了。


*


組み直したら早速起動させてみます。起動がいつもより長かったので「なにかミスったか?!」と思いましたが、無事立ち上がりました。いままでは起動してブラウザを立ち上げる程度でファンが回っていましたが清掃後は静かです。

いくつかアプリケーションを立ち上げて負荷をかけてみるとやおらファンが回り始めますが、比較的すぐに回転を停止します。やはり埃が原因で熱を持ってしまっていたようですね。


見違えるように静かになったMacBook。まだ暫くお供してもらうことになりそうです。


といいつつ2011年6月にでるという噂のNew MacBook Airが気になる。。。SSDが1Tクラスになれば即買いなんですけどねー。

cucu 2011/08/28 11:49 こちらの解りやすい記事のおかげで、ファンの換装できました。
ありがとうございます。

HappyPrinceHappyPrince 2011/08/30 19:44 cuさん

お役に立ててよかったです!

僕はいつまでMacBookを延命させるか分かりませんが、ひとまず新MacBookAir熱は押さえ込んだので、もうちょっと使い続けることにしましたw

YmYm 2012/01/20 21:16 いつも記事楽しみに拝見させていただいております。
PCを自作する者としては、ちょっとグリス盛り過ぎかと・・。
デスクトップのCPUでも米2、3粒分なので。
グリスは多すぎても冷却能力が落ちてしまいます、一応参考までに。

HappyPrinceHappyPrince 2012/03/25 14:44 Ymさん

暫くBlog放置しておりました。スミマセン。

アドバイス有り難うございますm(_ _)m

グリス盛り過ぎでしたか!

コノ手の作業は初めてで手探りでやっておりました。。。

勉強になりました。