Hatena::ブログ(Diary)

ねずみのあしあと このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-01-18 Bluetoothヘッドフォン Jabra REVO Wirelessゲット

Bluetoothヘッドフォン Jabra REVO Wirelessゲット

| 19:11 |  Bluetoothヘッドフォン Jabra REVO Wirelessゲット - ねずみのあしあと を含むブックマーク  Bluetoothヘッドフォン Jabra REVO Wirelessゲット - ねずみのあしあと のブックマークコメント

以前から欲しかったワイアレスヘッドフォンをついに購入しました。チョイスしたのはJabraというデンマークの会社のREVO Wireless。

Bluetoothヘッドフォンを使い始めたときの印象は、やっとケーブルから解放された!というもの。その昔、自宅にAirMacを導入し、LANケーブルから解放されたときの感覚に似ています。

通勤時、夜中の自宅でケーブルレス、ハンズフリーで音楽を楽しめるのは新しい感覚♪

20140118223041


Bluetoothヘッドフォンにたどり着くまで>

いま使っているイヤフォンはAKG K374。¥10,000以下のイヤフォンとしてはまぁまぁ(AKGらしくなく低音より)

AKG K374 カナル型イヤホン シルバー K374SLV【国内正規品】

AKG K374 カナル型イヤホン シルバー K374SLV【国内正規品】

なんですが、混んだ電車でケーブルの断線に気を遣うのに疲れてきたので、ワイヤレスヘッドフォンを物色し始めてみました。


当初は「Bluetoothヘッドフォンなんて音悪いじゃん」って決めつけていて、2.4GHzデジタルワイヤレスのAZDEN MOTO DW-05にほぼ決定だったけど、iPhone側にトランスミッターを刺さなくてはならず、これはこれでジャマ。


トランスミッターがボトルネックとなり、思考はBluetoothヘッドフォン


*


Bluetoothヘッドフォンのことを調べてみた>


現在、Bluetoothヘッドフォンに使用されている圧縮規格はもともと音楽を聴くことを意識した圧縮方式ではなく、この規格の圧縮レートが高く音質がよくない。ということらしい。


Bluetoothの規格に「A2DP」(Advanced Audio Distribution Profile)というプロファイルがあり、Bluetoothオーディオデバイスはコレを使う。そのプロファイルが使うコーデックSBC」(SubBand Codec)というやつが圧縮率、速度を重視しつくられており、音質がよろしくない。

しかし、最近(2012年くらいから?)AAC / apt-Xという音楽再生を意識したコーデックが出てきて、音質が向上している。(もちろん、プレイヤー、ヘッドフォン側両方が対応している必要がある)

▼詳しくはこちらで

Bluetoothのオーディオ機器を高音質で楽しむための「AAC」と「apt-X」


というところまで理解。


*


Bluetoothヘッドフォン購入候補視聴>

仕事が早く終わったのでBicCameraに行って視聴

目星をつけておいたのはコレ

  • SONY MDR-10RBT/B(¥23,000前後)
  • JBL J56BT(¥14,000前後)

視聴したなかでは、SONY 10RBT/Bが音がニュートラル、着け心地も抜群。でもちょっとデカい。

BEATSはファッション性は高いものの低音重視すぎな感じでコスト的にどうかなぁ。

音のバランス、コストパフォーマンスではJBLがベスト。


なんて感じで店内をぐるぐる歩いていたら、

ん?JABRA?

それまで聞いたこともないブランド。まっ、一応、聴いておくかと、iPhoneとペアリング。


20140118190217


ヘッドフォンをかけて暫くすると「connected」と女性の声でペアリング完了を通知!


かっこえぇ・・・


さらに追い打ちをかけたのは、右サイドのハウジング部分をクルクルまわすとボリュームコントロールができ、前方を2回タップすると曲の先送り、同様に後方をタップすると後戻しができる!


(後で知ったのだけど)JABRAはもともと通話用のヘッドセットメーカーなので、通話にも対応。ハウジングの中心部がボタンになっておりワンプッシュで電話にも出れちゃう!


*


<JABRA REVO Wireless>

20140118223041

このTRONみたいなスタイルとガジェット感にやられてしまい購入確定!


ちなみに音質は中低音強め系だと思います。Bluetooth接続での音質はJBLと同等ぐらいかな。通勤時間中がメインなので十分なクオリティだと思います。

※前述のAAC / apt-Xは非対応だと思われます

装着感は悪くないですが、イヤーパッドが耳と同じくらいの大きさなので潰されます。長時間1.5時間くらいつけていると痛くなります。(このサイズのヘッドフォン同様です)


ケーブルも装着でき、有線で聴くと音圧がグッと増します。

付属のケーブルは充電用のUSBケーブルとミニプラグの2種類。どちらもオレンジ色の布スリーブでそそられます!

20140118224944


購入すると使えるアプリもあり。(コード#が書いたペーパーが箱に入っている)

これはDolby対応+イコライザ付きの音楽再生アプリ。使い勝手はまぁまぁだけど面白い。

20140120224629


という感じで、久しぶりにガジェット感満載のアイテムをゲットでき、暫くこいつで遊ぶコトになりました。


僕にとってはかなり満足度の高いお買い物でした。


D



JabraHP:http://www.jabra.jp/

Jabra REVO Wireless:http://www.jabra.jp/Products/Bluetooth/JABRA_REVO_Wireless/Jabra_REVO_WIRELESS




お久しぶりにBlog登場でした(1年ぶりか・・・)

コメントいただいたかたレスしておりませんでスミマセン...

2012-06-19 MacBook Air 13”

MacBook Air 13インチ(Mid2012)ゲット

| 15:07 |  MacBook Air 13インチ(Mid2012)ゲット - ねずみのあしあと を含むブックマーク  MacBook Air 13インチ(Mid2012)ゲット - ねずみのあしあと のブックマークコメント

いま使っているMacBook(Late2007)を購入したのが2007年12月なので4年半ぶりのメインマシン切り替えです。

20120624145414

PowerMac6100から始まり、Duo250、SE30、PowerBook G3(FireWire)、PowerBook G3(Pismo)、G4 CubeMacBook(Late2007)、そしてMacBookAir13"(Mid2012)8台目のMacintosh

(6100からDuo250やSE30になっているのは、コンセプトとデザインに惹かれて中古を買っているから)


<購入仕様>

CPU 1.8GHz Core i5SSD 256GB、メモリ8GB。

MacBookAirはメモリーがオンボードなのであとから換装、増設が出来ません。なので、メモリだけ4GB→8GBにアップグレード

¥128,800+メモリーアップグレード¥8,800で¥137,600也


<購入までの道のり>

初めてMacBookAirを見たのが2008年1月のMacWorldEXPO

D

ステーブ・ジョブズが茶封筒から取り出したのは13inchのMacBookAirでした。

最近、街中のカフェに行けば必ずと言っていいほど見かけますが、当時、あの薄さ、あの洗練されたデザインのノートブックは衝撃的でした。


あの衝撃的な発表からずっと気になる存在であったMacBookAirでしたが、発表の1ヶ月前、MacBook13"(Late2007)を購入していたこと、過去のデータすべてを入れておく僕のスタイルでは、SSDの容量が少なすぎたことなどが要因で暫く見送ってきました。


その間に時代は進み、日常的に接する端末はスマートフォンとなり、モバイルルーターも普及し、クラウドサービスが充実しはじめ、それまでのPCをハブとしたスタイルから、いつでもどこでも手持ちのデバイスからインターネット経由でWEBサービスクラウドサービスにアクセスする時代に変化してきました。要は、PCはハブの中心からデバイス変わったということです。

もちろん今は過渡期ですべてのデータをクラウド上にストックしている人は少数でしょうが、この流れは、おそらく、今後も加速していくでしょう。だって便利なんだもん。


まっ、そんなデジタルワールドの環境変化があったことと、新しいOS X MountainLionも試してみたかったし、それまで使っていたMacBookもファンがブンブン回るようになったりと、買い替えの口実が揃ってしまったので、買っちゃいました。MacBookAir(Mid2012)。


開封の儀

2012年6月13日にオーダー、6月15日上海クロネコヤマト配送センターに入り6月19日に到着。

カスタマイズすると、なんだかんだと1週間ほどかかりますね。

20120619212322

帰社後、コンビニに転送しておいたMacBookAirくんをピックアップ。雨だったので抱えて帰りましたw

20120619220648

箱も薄い!

20120619221643

同梱物は本体、電源アダプタ、簡易マニュアル程度。

20120619231210

いやぁ、薄い!


<デザイン>

言わずもがな。薄くて、ミニマムでクール。満足。

20120624145706

20120624145456

20120624145733

20120624150944

ほとんど使うことはないけれど、マイクロフォンジャックがないのがちょっと残念。アナログレコードの音源取り込みはMacBookでやればいいか。


オプション

20120624150339

音楽はCD派の僕にとって、やっぱりドライブは必要だった!

ということで翌日速攻購入w


APPLE MacBook Air 1.8GHz Core i5/13.3/4GB/256GB MD232J/A

APPLE MacBook Air 1.8GHz Core i5/13.3/4GB/256GB MD232J/A

Apple MacBook Air SuperDrive MC684ZM/A

Apple MacBook Air SuperDrive MC684ZM/A

2012-05-09 Canon IXY1ゲット!デジカメで撮った画像をiPodTouchに画像を送る

Canon IXY1ホワイト+純正ケースゲット!デジカメで撮った画像をWiFiでiPodTouch/iPadに画像を送る

| 11:14 |  Canon IXY1ホワイト+純正ケースゲット!デジカメで撮った画像をWiFiでiPodTouch/iPadに画像を送る - ねずみのあしあと を含むブックマーク  Canon IXY1ホワイト+純正ケースゲット!デジカメで撮った画像をWiFiでiPodTouch/iPadに画像を送る - ねずみのあしあと のブックマークコメント


普段、iPodTouch(4th Generation)でパシャパシャ写真を撮ってTwitterでつぶやいているのですが、いかんせん画質が悪い。

一時期、WiFi機能を内蔵したSDカード「Eye-Fi」を導入してデジカメ画像連携を試みたのですが、使い勝手が悪くてお蔵入りしてしまいました。

そんな中、ここ最近WiFi対応したデジカメが目につくようになってきました。すでにデジカメとの画像連携は諦めていたので、ふーん、と思いながらみていたら、かっちょよいのがあるじゃないですか!IXY1!

20120512110551

ここ最近のIXYデザインだったら全く触手は動かなかったでしょうが、今回のIXYは初代のコンセプトを継承した縦横比1:1.618の黄金比、しかも最近気になるホワイトモデルがあったのでぐぐっときてしまったのです!

発売から2ヶ月経ち価格も落ち着いてきたこともありもう我慢は限界。会社帰りにビックカメラで即決。


Canonのカメラはお初です。楽しみ!



デザイン

20120512110136

黄金比だからかどうかはおいておいて、所有して満足なデザインであることは間違いないですね。

20120512110722

突起部はズーム+シャッターボタンのみ。ほぼ完全なスクェアデザインがシンプルでカッコいい。

20120512110813

僕にとってIXY1はiPodTouchの外部カメラとして考えているのでコンパクトであるにこしたことはありません。

1010万画素、光学12倍ズーム(デジタル21倍)で19.8mmという薄さは魅力的です。

20120512112833

愛用しているGR Digital2との大きさ比較はこんな感じ。

20120512110900

コンパクト+デザイン重視ななのでグリップ感はよろしくありませんが、このカメラにそういったものを求めていないのでこれでよいのです。

20120512112606

サイズをコンパクトにするためかIXY1はmicroSDカードなので要注意です!

20120512111937

裏面はタッチパネルになっていてボタンは一切なし。設定を変えながら撮りたい人にはちょっとストレスフルかもしれません。因にWiFi機能がついていないIXY3にはマクロやフラッシュON/OFFボタンなどが背面に配置されています。

裏面の液晶のセンサーはスマホなどに使われている静電容量方式ではなく感圧方式というも。ある程度圧力をかけないと反応しません。若干反応が悪く感じますが十分使える範囲。但しUIはイマヒトツ。各画面での操作性を統一したり、ボタン類を指の大きさを考慮したサイズにしたりとか、もうひと工夫欲しいところ。せっかく外身のデザインいいんだからさ。



iPodTouchとの連携

IXY1から画像を連携できるのはスマホ系デバイス、PC、CanonのWiFi対応カメラ間。あともうひとつCanonのオンラインストレージ(Image Gateway)を介してTwitter、Facebookにポストできる仕組みがあるらしいけど、コメントなど入れられないので使うことはないでしょう。

※ちなみにスマホは現在はiOSのみでAndroid版は2012年6月予定とのこと。


IXY1からiPodTouchにデータを転送させるには、専用のアプリ「CameraWindow(for iOS)」(無料)が必要なのでダウンロードしておきます。

データの転送方法はアドホック(カメラとiPodTouch直)若しくはWiFiルーターなどのアクセスポイント経由の2つの方法があります。

ルーター経由はなんとなくイメージわくのですが、アドホックってなんじゃい?と思いながらいじってみると、iPodTouch側のネットワーク選択画面にIXY1が見えるってコトみたい。

両方試してみましたが、WiFiルーター経由(Android HTC EVO経由)だと安定せず「接続に失敗しました」アラートが多発するので当面はアドホックモードで転送することにします。

20120512111058

撮影した写真をプレビューモードにし、左上のアンテナアイコンを押すと接続先選択画面になります。

20120512111127

接続先からスマホアイコンをプッシュ

20120512111145

iPodTouchを選択

20120512111211

iPodTouch側の設定 > Wi-Fi のネットワークを選択にIXY1-XXXというのが見えるので、こいつをタップしWEPキーを入力。これで接続出来ます。

20120512111211

20120512111314

アプリ「CameraWindow」を立ち上げると「接続できるカメラを検索中」となり

20120512111331

画像を転送するにはカメラ側から指定の画像を転送する「受信待機モード」とiPodTouch側からカメラ内の画像を選択する「カメラ内閲覧モード」があります。

20120512111339

カメラ側から画像を転送させる場合は右下の「この画像を送信」ボタンを押すだけ。

20120512111355

数秒で転送は完了します。

20120512111422

20120512111437


いたって簡単!

画像はiPodTouchの写真に保存されていくので、あとはTwitter/Facebookにポストすればよいだけです。

唯一手間といえば、アドホックモードで転送したあとネットワークをWiFiルーターに戻すのが面倒なくらい。

将来的にはカメラから直接ポストできたり、クラウドストレージに保存出来たりするようになるんでしょうね。Instagramと連携出来ると最高なんだけどなぁ。



IXY1ケース

IXY1のオリジナルケースは2種類ありますが、僕は革製のをセレクトしてみました。色はレッド。

20120512112017

このケースの底には三脚用ネジが埋込まれており、カメラを固定して入れておくケースになります。(このこと知らずに買ってしまった...)

20120512112125

20120512112203

カメラがケースに固定されているうえ、前面・背面の折りたたみ式なので、ぱっと出してぱっと使うには不向き。

あとバッテリーを取り出すときにいちいちケースから取り外さないと行けないのも難点ですね。

20120512112322

20120512112345

ただ、質感やジャストフィットする感じは好感もてます。

20120512112430

これはこれでよしとし、ガンガン使う用のケースも物色します。


ということでIXY1、所有欲を満たすデザインとiPodTouchとの連携もバッチリで満足満足。

撮影した写真は後日また。


Canon IXY1本体:¥29,300

Canon IXY1ケース:¥3,480

SunDisk microSD8G:¥1,860

液晶保護フィルム:¥680

TOTAL:¥35,320


Canon ソフトケース IXC-480RE レッド

Canon ソフトケース IXC-480RE レッド

Canon バッテリーパック NB-9L

Canon バッテリーパック NB-9L


▼IXY1で撮った箱根ドライブのときの写真

IXY持って行くしー 新緑の箱根〜湘南をドライブ

http://d.hatena.ne.jp/HappyPrince/20120512