Hatena::ブログ(Diary)

TECH-moratorium : テクモラトリアム このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-16

[][]『ETの開発現場で求められている人材像と育成方法 〜アジャイルの活用事例〜』

来る7月29日、ETロボコンでおなじみアフレルさんと永和システムマネジメントで、プライベートセミナーを開催します。テーマは『組込み開発現場における人材育成』。

私は、アジャイルプラクティスの導入事例についてお話する予定です。プライベートセミナーなので、話す人と聞く人の距離が近く、双方向なコミュニケーションで進められたらいいなと思っております。まだ空きがありますので、ご興味のある方は応募ください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

【ご案内】プライベートセミナーを開催します(7/29)

『ETの開発現場で求められている人材像と育成方法 〜アジャイルの活用事例〜』

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

大規模、複雑化するソフトウェア開発の現場において、従来型のプロジェクト運営だけでは、顧客の求める機能・品質・納期に応えるのが難しくなってきています。そこで、より俊敏でかつ柔軟なプロジェクト運営を実践するアジャイルが注目を集めています。

これまで日本では一部の開発チームで試験運用されているイメージが強かったアジャイルですが、様々なプロジェクトでの採用が急速に進み、実用段階に入ろうとしています。この流れはITだけにとどまらず、ET(組込みソフトウェア)開発の世界でも普及し始めています。

アジャイルの導入目的は多岐にわたり、属人性の排除、企画/メカ/エレキ/ソフト等の組織間の壁・対立や、現場のモチベーションアップ/コミュニケーションアップまで千差万別です。これらの課題を人材育成や、組織の活性化で解決しようとしています。

セミナーでは、現在、組込み開発で求められる人材像や人材育成企画の考え方や育成事例、または導入しやすいアジャイルプラクティスをご紹介します。

『ETの開発現場で求められている人材像と育成方法 〜アジャイルの活用事例〜』

日 時:2010年7月29日(木) 13:50〜(13:30〜開場)

場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社(上野御徒町)

参加費:無料(事前申込制)

プログラム

1.ETの開発現場で求められている人材像と育成方法(仮)

2.ETの開発現場で役立つチーム運営手法と開発技術(仮)

3.ETの開発現場でのアジャイル(開発)の始め方

4.質疑応答、個別相談

▼詳細情報およびお申込みはコチラ↓

http://sec.tky.esm.co.jp/2010/06/29/private_seminar10/

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HappymanOkajima/20100716/1279207456
Connection: close