Harrierの「フォトログ」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-21 9カ月

Canon LiDE500F

GRデジタル ワークショップ

プロも使える本格的コンパクトデジタルカメラRicoh GRデジタルが発売されて9カ月。

ユーザーは、「もう9カ月」と思うだろうか…、それとも「まだ9カ月」と思うだろうか…

私にとっては、やはり「まだ9カ月か…」だ。

半年ごとのモデルチェンジ常識化する業界で、このカメラを異例の長期販売機種としたRicohの意気込みは買うが、ユーザーとしてはそろそろ変化球が欲しくなったのも事実だ。

そんな浮気の虫が出る時期を見越して、エイムックから「GRデジタル ワークショップ田中長徳・著」が発売された。

内容は、長徳氏得意の随筆風コメントGRデジタルライカレンズの作例を載せたもの。

GRデジタルムックは、これまでにもいくつか出ているが、栄枯盛衰が激しいコンパクトデジカメ界で、これだけ紹介本が出るのも人気の表れだろう。

無論、そのバロメーターとも言える中古価格も高値を維持している。

このカメラをこれまで9カ月使ってみて、改めて思うのは、そのストイックな基本性能だ。

歪みのない広角レンズも見事だが、今時ズームが無いというのも貴重だ。

そのため、どうしてもアングルを工夫するようになる。

決まってしまった枠の中で、多少なりとも変化をつけようとすれば、ユーザー自身が頭と体を働かせるしかないからだ。

今や珍しくも無くなった高倍率ズームは、やはり人間を横着にさせる。

時折GRデジタルを使うことで、その横着になった部分を確認し、反対方向にバランスを採るようにしている。

露出と構図がもろに出るモノクロモードも良い。

ゴマカシが効かない分、撮影にも多少気合いが入るようだ。

長徳氏は2倍程度のズームなら、付いていても良いと考えているようだが、どうせズームを付けるなら、よりワイドな方向に広げてもらえないだろうか。(まぁ無理は承知ですが…)

Y&AY&A 2006/07/22 06:11 9ヶ月 そのあいだにコニカミノルタが業界を去りました。。

ちさとちさと 2006/07/22 10:17 違和感なく撮影させるGRディジタルは、まだ9ヶ月なのという気にさせます。私にとっては銀塩時代から存在してたかのような、存在感です。

イカスモンイカスモン 2006/07/22 11:32 自分もこの本、買いました。
長徳さんの本の中でもいい写真が多く
思っていたより内容も充実していると思います。
ズームが付くなら21mmから、または24mmならうれしいです。

HarrierHarrier 2006/07/22 22:59 Y&Aさん、どうも。コニカミノルタは残念でした。私もKD-510ZとディマージュA2を持っています。
でも、ソニーの一眼デジタルα100は、中々評判が良いみたいです。

HarrierHarrier 2006/07/22 23:04 ちさとさん、はじめまして。銀塩時代、私にとってのGR1Sは、ミノルタのTC-1の陰に隠れた目立たない存在でした。ほとんどかまってやることがなかった。
デジタル時代の今、それを取り戻すかのように、よく持ち出して使っています。
道具は使われることが一番の幸せですから。

HarrierHarrier 2006/07/22 23:06 イカスモンさん、はじめまして。21mmからのズーム!出たら凄いですね。(笑)
コンパクト・デジカメとしては前代未聞ですね。21mm〜28mmなら即買います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Harrier/20060721/p1