Hatena::ブログ(Diary)

Hidesukeの日記 skiと Kalafina

2018-10-17

Kalafina Wakanaさんのライブ終了して、ソロデビューの発表・・

Wakanaさんのライブの追加公演も本日終了して(行ってません)、
「時を越える夜に」で来年の初めにソロデビュー(CD発売)が発表
されたようです・・。

ゆくゆくは例えばKalafinaに所属していても、3人それぞれにソロで
活動する、もしくはCDを出すということも将来的にはあるかな、と
思っていた部分はあり、「そうなんだ・・」というところでしょうか・・。

ちなみにレコード会社ビクターだそうです・・。

2018-10-16

Kalafina レコードになってる曲は少なくて・・

ライブがないので、ライブ感を味わえたら、と思っているのですが、
レコードになってる曲には限りがあるので・・。

seventh heaven」とか、レコード版で聴きたいのですが、ない・・。

今度のCDもレコード版作ってくれないかな・・。
でも、そうすると12枚組とか・・。あり得ない・・。

2018-10-15

Kalafina 壮大系・・

アニソンを歌っていた彼女たちがヒストリアのオープニングを
歌うのは1つのチャレンジだったそう・・。そしてエンディング・・。

「夢の大地」「symphonia」「far on the water」「into the world」・・

こういう歌って、他ではなかなか出会わない・・。misiaさんの歌で何曲か
あり、けっこう好きでしたが、単発的だったりして・・。

出会わないんだけれども、自分はけっこう好きで、それがいつでも、というか
主力の1つになってるというか、「seventh heaven」とかそういう雰囲気の
曲がたくさんあって、Kalafinaにとってはふつう、というのもいいですね・・。

2018-10-14

Kalafina 今年の自分の1番は・・

今年も残りあと2ヶ月半ほどになってきました・・。
その段階で、今年の1番は、などと言っていいのか、とも思いますが・・。

これは、書いていいのだろうか、と思ったりもすることなのですが、

「Hikaruさんに、直接メッセージカードをもらったこと!」

(・・ライブに来れなかった皆さんが本当にたくさんいらっしゃることを
考えると心苦しいところもあり・・。追加公演がなかったら自分も行けな
かった・・。)

これまでも、ライブやフェスでかなり間近だったことはありましたが、
なにせ今回は直接、手渡しという・・。

今年、というか、これまでの中でもそうあることではありませんでした
ので・・。

2018-10-13

Kalafina 「五月雨が過ぎた頃に」と2017年イベントとKeikoさんの「しめくくって」の意味・・

「9+ONE」ツアー国内最終公演の九州では、オープニングとアンコールの最後に
2回「五月雨が過ぎた頃に」を歌っているのだ・・。

2018年のことを考えると、2017年のイベントというのは、すべて先取りした
10周年イベントだったんですね・・。

だから9thでも、「空の境界」全通し、とか・・。

「9+ONE」ツアーは彼女たちの中では、「10周年ツアー」で。そのツアーの
国内最終。だから、どうしても「五月雨・・」を歌いたかった、ファン
みんなといっしょに。オープニングの時とは違い、「ラララ」もみんなで
歌いました・・。

10周年イベントは、その他にもたくさんありました・・。ビルボードライブ、
世界遺産ライブ、ファンクラブイベント、過密日程のstring&クリスマス
ライブ・・。

その間にリリースイベントもあり・・。そしてその集大成が「10th武道館
だから、10thはいつもの周年ライブとは違い、歌ってほしいリクエストを
最大限に取り入れて。10周年イベント最後の締めくくりのビッグイベント。

映画の中のKeikoさんのライブ前のかけ声「10周年、みなさんしめくくって
ください」というのは2017年やってきたことの締めくくりであると考えると
今まで腑に落ちなかったことが、わかってきた気がします・・。

自分たちにとっては10周年始まりのイベントと思っていたことが、彼女
たちにとっては締めくくりイベントだったのだと・・。

そして、そこに暗さはありません。ミュージシャンのみなさんも、2018年
のオファーがないことから、事情はわかっているものと思われます・・。
だから・・。