Hatena::ブログ(Diary)

Hieの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-12

車速感応式ドアロックをつけよう!

| 21:14 |  車速感応式ドアロックをつけよう!を含むブックマーク

はじめに

カローラについていてアルテッツァにないなんて不便きわまりないということで,後付けの車速感応式ドアロックを取り付けます.

モノは CEP の車速ロックキット スピードロックマンです.

アルテッツァの車速ロックって意外と情報ないんですよねえ….みんカラなくはないのですが,すでに終息した製品の取付(というか会社もつぶれた?)の取り付け例で,あまり参考にならず.

今回購入した CEP (コムエンタープライズ)のキットは現行販売ですし,アルテッツァで動作確認済みということで,安心して利用できます.

なお,アルテッツァトヨタBEANという多重ナントカを使っているので,多重通信アダプターが必要なので併せて買っておく必要アリ.

車両はアルテッツァ AS200 後期型 6MT です.基本的には前期も同じはずです.

ポイントは6MTです.ATだとパーキングに接続すれば停車時に自動アンロックしてくれたり便利なのだそうです.でもマニュアル車にはパーキングなんてないし,もしサイドブレーキにつないでも坂道発進時にアンロックされたりするとダサすぎですし,これらの配線をすることはありません.つまりですね,6MT の配線は少なくて楽です!

配線図とにらめっこ

一番大変なのは,車体とドアの間の配線を蛇腹に通すところ.ここはできるだけ通す線は少なくしたい.

CEP の取説ページでアルテッツァの配線表を見ながら手抜きできないか検討します.

電源をメータ裏とかイグニッションから引っ張ってくるように指示されていますが,できるだけドアの中で完結して,蛇腹の配線を減らします.配線艤装図の書かれた整備書とにらめっこ.

※はオプション,空白は線情報なし.

12ピン白コネクタ

番号 線色 線情報 極性 配線場所 配線色 極性 備考
1 アース (-) ボディアースへ接続 青色 20P 9番白/黒
2 常時電源 (+) ハンドルコラム内のイグニッションキースイッチ裏青色 20P 1番  青/黒 +
3 アンロックリレー出力 COM 運転席フロントドア内 青色 20P 黒色 6P 20Pの場合 6番 -
4 アンロックリレー出力 NC 接続なし
5 緑/白 ロックリレー出力 COM 運転席フロントドア内 青色 20P 黒色 6P 15番 赤/黒 -
6 青/白 ロックリレー出力 NC 接続なし
7 リレー共通NO出力 NO 1黒線へ接続(アースをとる)
8 Pポジション(+)入力 ※ (+) Pポジションの極性が-の車両は、9茶線に配線して下さい。
バックランプ入力 (+) リアコンビネーションランプ付近 赤/青 +
9 Pポジション(-)入力 ※ (-) Pポジションの極性が+の車両は、8橙線に配線して下さい。
サイドブレーキ・Pポジション入力 ※ センターコンソール 黄/赤
10 車速信号入力 メーターパネル裏 22P 22番ナビ裏 5P 3番 赤/黄白/青
11 ACC(IG)入力 (+) ハンドルコラム内のイグニッションキースイッチ裏青色 20P 4番  青/赤黒/青 +
12 アンロックモータ入力 (+) 運転席キックパネル内 乳白色12P 3番黒 6P 2番 赤/白赤/白 +

2ピン桃コネクタ

番号 線色 線情報 極性 配線場所 配線色 極性 備考
2 黒の間違い? シートベルトキャンセル出力 (-) 何にも書いてないけれどシートベルト時にプラスになる線が必要

多重通信アダプター

番号 線色 線情報 極性 配線場所 配線色 極性 備考
a アース (-) 集中ロックスイッチ裏の白/黒線へ接続
b 常時電源 (+) 常時電源へ接続
c アンロック (-) 3緑線へ接続
d 緑/白 ロック (-) 5緑/白線へ接続
e LSW 運転席フロントドア内 青色20P 10番 緑/黒を切断した車両側
f 青/白 LSW 運転席フロントドア内 青色20P 10番 緑/黒を切断したパワーウインドウスイッチ側

はい,結果はこうなりました.

ドアロックの配線図からはわかりませんが,パワーウィンドウが常時電源とイグニッション電源を持っていたので,これを借ります.

また,アンロックモータとやらはカウルサイドから引き込むようになっていましたが,結局ドア内に来ているので,黒色6ピンのコネクタからとります.

参考までに,いろいろ加筆したやつを.

f:id:Hie:20180812201618j:image:w360

このやり方だと,ドア蛇腹を通すのは車側線だけです!

…だったらよかったのですが,どんでん返しがありました.


さあドアをばらすぞ

なにげにアルテッツァドア分解お初.どきどき.

f:id:Hie:20180812104157j:image:w360

ドアです.

f:id:Hie:20180812104622j:image:w360

ポケットのねじを外しておきます.

f:id:Hie:20180812104615j:image:w360

もうひとつはここに.

f:id:Hie:20180812105911j:image:w360

ここここ.

f:id:Hie:20180812110508j:image:w360

四苦八苦して取り外します.

ドアロックノブのあたりの上側にマイナスドライバーを入れてワクを持ち上げて引っ張ります.うまくいかないときは下側も.同じように下側に押して勘合をはずします.

それでもとれないときは左右に揺すってとりはずします.外すとわかるんですが,ワクが真ん中あたりで左右のツメにひっかかってます.

f:id:Hie:20180812110510j:image:w360

ピラースピーカーはひっぱるだけ.

f:id:Hie:20180812110520j:image:w360

引っ張った.

f:id:Hie:20180812111345j:image:w360

トリムを引っぺがします.

スピーカーの下あたりに手をかける部分があるので,そこを持って上方向に力を少し入れつつ,手前に引っ張ります.

クリップで止まっているだけなので,バコっと外れます.

あまりに引っ張りすぎてスイッチ線を切らないようにね〜(そう簡単に切れるようなもんじゃないですが〜.

トリムを取り外したあと,ドアランプとマスタースイッチのコネクタ二つを切り離しドアトリムを完全分離します.

ブチルビニールがべとべとだぁ….

ドア内配線

f:id:Hie:20180812111350j:image:w360

これが青色 20P ってやつ.

f:id:Hie:20180812111352j:image:w360

これはアウターミラースイッチ10Pです.今回は触りません.

ミラーとかをガチャガチャいじりたいひと向け.

f:id:Hie:20180812112424j:image:w360

あと,ドアの裏に隠れているんですが,黒色6P はここにあります.正式名称はドアコントロールモーター(FR/RH)&キー連動ドアロックスイッチコネクタ(ながっ!)です.

f:id:Hie:20180812112428j:image:w360

黒色 6P はちょっと外すのがしんどいのですが,途中の線はふつうに見えてます.ここに割り込ませればOK.

ビニール捲るのしんどいなら,ドアポケットのねじを取り付ける台座を取り外してもいいかも.10mmのボルト2つです.

f:id:Hie:20180812112843j:image:w360

今回取り付ける CEP 車速ロックキットのスピードロックマンとやらの本体です.

f:id:Hie:20180812112931j:image:w360

トヨタ多重通信アダプターです.

f:id:Hie:20180812122017j:image:w360

とりあえず,黒色 6P からアンロックモータ線をとっときます.

f:id:Hie:20180812122020j:image:w360

しこしこつないでいきます.

f:id:Hie:20180812122147j:image:w360

しこしこ.

あ,切断されてるところは,LSW の部分です.どっちがどっちかを間違えないように.車両側・スイッチ側とかわかりにくいですが,コネクタ側の線がスイッチ側です(スイッチにつながってるでしょ?).

f:id:Hie:20180812123947j:image:w360

どこに本体と多重通信アダプターを入れるか検討中.

うーん,やっぱり,この穴の中しかなさそうやね.

水没したらやだし,防水ビニール袋にいれて突っ込むことにします.

ドア蛇腹を通す

ここからが正念場です.

まずはドライバーカウルサイドのジャンクションボックスを開けます.

f:id:Hie:20180812104213j:image:w360

運転席

f:id:Hie:20180812104444j:image:w360

の右奥にあるねじを外すだけ.がんばれば手でも回るはず.

あとはカウルサイドを持ってスカッフプレートのほうまでプラカバーを引っ張るだけ.

f:id:Hie:20180812124712j:image:w360

これがドライバーサイドジャンクションボックスってやつです.

このうち2つを外して蛇腹をフリーにしていきます.

手前にみえるのが GD1 というジャンクションコネクタ.これと蛇腹方向で一緒に束ねられている線のコネクタが「ドK」コネクタ(本来CEPの説明書ではここからアンロックモータ線をとろうとしていた.).

この二つをフリーにして,蛇腹を捲ります.ドア側を先に捲ってすこし蛇腹を引き出しておくと車体側蛇腹も捲りやすい.

f:id:Hie:20180812125708j:image:w360

捲りました.

ここまでは結構簡単です.

緑のビニテは防水用なのでどんどん剥がしていきます.

f:id:Hie:20180812130735j:image:w360

写真ではすでに車速線が通っていますが,配線ガイドを使って車体側から蛇腹を通していきます.ぼくは配線ガイドなんてないので,ワイパーの針金です.できるだけドア側の蛇腹も引き出して,直線区間を長くしてからガイドを通すのがポイントです.

慣れれば5分10分ですよ.もちろん慣れてないから2〜30分はかかりましたが!

車側線をとろう

取説では,メーター裏から車速をとることになっていましたが,こんなこともあろうかとナビ裏 5P の車側線をポップアップモニターのところまで持ってきていました.

なのでこれを流用します.

なお,前期型はナビ裏車速線がないです.ナビあり車なし車でどこ通ってるかが違ったりするようなので詳しくはかけません...噂によると,'00/5〜であれば前期型でもナビ裏5Pがあるとか.前期の最終期ですね.

なお 5P があるなら,パーキング線もここからとれます.マニュアル車には不要ですけどね.

f:id:Hie:20180812133938j:image:w360

ポップアップモニター(ゴミ)

f:id:Hie:20180812134019j:image:w360

蓋をあけます.

f:id:Hie:20180812134034j:image:w360

ねじをはずします.ぼくのばあいは,車両購入時からねじはなかったw

f:id:Hie:20180812134105j:image:w360

このどこかに車速線があるはず(ぼくの場合は).ごそごそ.

とりあえず見つけた車側線を引っ張ってドア蛇腹からひっぱった車速入力につなぎ混んでみました.

さあ試走しよう

…なんだ?ドアロック操作は受け付けるけど,車速ロックされないじゃん.

添付されていたトラブルシューティングを読んでいくと,

  • シートベルトを外して車を走らせる→速度があがるとロックする→トヨタ車は次項へ
  • シートベルトをして車を走らせる→ロックしない→2ピン桃コネクタの黒線を接続する

…なんだかいやな予感がするな.

とりあえずシートベルトを外して,車速ロックキット側の車側線をアースに連打で落としてみると…ロックしたw

あーあ,なにが「線情報なし」だよ,シートベルトキャンセル線引かなきゃいけないんじゃん.

というわけで,また蛇腹を捲ってシートベルトキャンセル線を引きました!

f:id:Hie:20180812150150j:image:w360

シートベルトキャンセル線はカウルサイドのジャンクションボックスにもあるのですが,一番奥でしかも裏側です.ちょっと取り出せない….

ということで,運転席下で直接つなぎこみ.

運転席下に生えている2ピンのうち1番ピン(桃-緑)です.

よくわかってないのですが,シートベルト中は外部からのドアロック制御できない仕組みらしく,一瞬シートベルトをしていない状況を作り出すためにこの配線が必要なんだとか.


こんどこそできた!

ちゃんと動きました〜.最後の罠がなければ3時間あれば終わりました.結局5時間かかってしまいました….

ロック速度はやや速いに設定.おおよそ30km/hでロックします.カローラがこれくらいだったから,まあいいかな.

ちなみに,パーキング線は配線していませんが,エンジンOFFでアンロックはされるっぽいです.これは便利.

また,車速ロックキットがロック・アンロック操作状況を覚えて操作するだけなので,マスタースイッチを使わずにドアロックを操作した場合は,ロック・アンロックに気づかないので車速ロックは動作しないもよう.

あと面白いというか気持ち悪いのが,ロックする瞬間シートベルトをキャンセルするため警告灯が一瞬点灯しますw これ,車検大丈夫なんかいな.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Hie/20180812

2018-08-08

パイオニア逝きそう

| 18:23 |  パイオニア逝きそうを含むブックマーク

パイオニア、再建支援要請 カルソニックカンセイなど: 日本経済新聞 この記事.

パイオニアは家電不振→テレビ事業売却→AV事業売却→カーナビ等に事業を絞るって戦略でやってきたのですが,ついに本業もヤバいようですね.

こういうサードパーティのカーナビって結構将来不透明なんですよ.

まだ浸透しているとはいいがたいですが,カーナビは将来的に IVI( In-vehicle Infotainment)という車とヒトの操作を仲介するタッチパネル,に統合されると考えられています.

この IVI は車の情報,たとえばハイブリッドシステムの利用状況,を表示したり,エアコンやドアロックの制御なんかをタッチパネルで入力できたりします.もちろんカーナビの機能も持ちますし,そもそもカーナビが本来配置される場所に設置されます.

マツダとかは,マツダコネクト(通称マツコネ)という IVI をすでに市場投入していまして,エアコン操作とかはこのマツコネで行うそうですね.

お分かりの通り, IVI は車のシステム操作+カーナビという位置づけになっています.ですから,カーナビが古くなったから新しいのに買い換えよう!とかそういうことはできないんですね.車とヒトとのインターフェイスなので取り外すと車が動かないことになりかねいわけです.

とまあ,こういう背景もあって,サードパーティのカーナビは車両に組み込まれた IVI がある限り選択して(買って)もらうということはなく,売り上げは落ちていくと考えられます.

ただでさえ,Android ナビでいいや,とか CarPlay でいいや,というように スマホナビ で済ますユーザが増えていて低価格帯ナビ(ポータブルとか)の市場がシュリンクしているのに,IVI の一般化で高価格帯ナビ(ディーラーオプションとか)の市場も消滅しようとしています.

ああ,悲哀.

サードパーティなカーナビメーカはうまく自動車製造側(トヨタとか)に取り入って,IVI を作る側に回らないと生きていけなそう.

個人的には,昔ながらの 2DIN ナビがないと困るような車ばかりを選択しているので,パイオニアには頑張って生き残ってもらいたいと思っています.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Hie/20180808

2018-07-28

エアコンオイル補充

| 22:53 |  エアコンオイル補充を含むブックマーク

台風とか来ていてここ数日は涼しいですが,その前の猛暑はすごかったですね.

そんななかふと思ったのがアルテッツァのエアコン.効かないわけではないんですが,オイルとか抜けてるかもなあ…と思ったので補充することにしました.

入れるのはパワーエアコンプラスです.

ガレドリ改でも紹介されてました.えっ,この動画を見て思い出した?きのせいきのせい.

D

f:id:Hie:20180728115435j:image:w360

ガスチャージャーにパワーエアコンを接続.(まだ穴はあけてないですよ)

f:id:Hie:20180728115459j:image:w360

パワーエアコンプラスです.

f:id:Hie:20180728120123j:image:w360

アルテッツァの低圧ホースは向かってヒューズボックスのあたり.

キャップを外して,ガスチャージャーを取り付けます.

パワーエアコンプラスを少し緩めてエア抜きしてから,エンジンをかけてエアコンもつけます.

その後パワーエアコンプラスを,シェイク,穴をあけ緩めると一瞬缶が冷え,冷媒とオイルが入っていきます.

これでおしまい.

f:id:Hie:20180728120625j:image:w360

8度まで下がるすげえ!

…なんてことはなく,パワーエアコンプラスを入れる前から9度くらいまでは下がってたんですよね.ほとんど誤差.

フィーリングは…うーん,なにもかわらんね.うちのアルテッツァのエアコンは元から元気でした.

ま,転ばぬ先の杖ってことで.

バッテリー交換

| 22:53 |  バッテリー交換を含むブックマーク

実は最近アルテッツァのバッテリーを二度も上げてしまいました.

一回目は,先のブレーキオーバーホールのとき,ピストンを抜くときのエア吹き込みにアクセサリ電源で動くコンプレッサを使ったんですが,そこでバッテリ上がりしました(まあ正確に言うとアクセサリ電源を切り忘れてカーナビに食われた).

二回目は,しばらく車に乗っていなかったら2週間程度で暗電流*1で弱ってしまいました.

一応販売のタイミングでバッテリーを交換してくれたっぽいんですが,見るからに小っちゃいんですよね….というわけで,良い機会なので交換.

f:id:Hie:20180728182548j:image:w360

中古車ディーラーで取り付けてくれていたバッテリー.

日立化成の SUPER Tuflong 40BL19L らしい.

40B19L でしたか….そりゃあすぐあがるよなあ….

f:id:Hie:20180728182612j:image:w360

買ってきたのは,大正義大容量の N-100D23L/C6 です.

でかすぎワロタw

ちなみにですね,台風がきてましてね,近所のホームセンターの屋根付き駐車場(照明が切られてて真っ暗w)で交換しました.

もう完全に変なやつです.ごめんねス○パ○ビバホ○ム….

f:id:Hie:20180728182704j:image:w360

アルテッツァの標準は,36B19L なんですが,ナビ仕様とか,寒冷地仕様車のために 46B24L とか 55D23L もオプションで設定されています.そんなこともあって,バッテリーキャリア自体は D23L というびっぐさいずも取り付け可能です.

ところがどっこい,B→Dの場合は端子のサイズが違う.

それをちゃーんと知ってたぼくは端子を購入しておきました.

D23 用マイナス用端子(品番: 90982-06060) と プラス用端子(品番: 90982-05037) です.

f:id:Hie:20180728182745j:image:w360

中身はこんなの.

f:id:Hie:20180728185709j:image:w360

それでですね,交換したんですけどね,クランプがフリースケールだと思い込んでいましてですね,D23用を買っていませんでしたwwww

いやー,ださいです.B19用をひっくり返して止めています.そのうち買いますw

なお,バッテリークランプの品番は 74404-30280 です.

その他,D23用バッテリーインシュレータ(28899-76010)もありますが,これ,4000円以上するんですよねえ.買わないかも.

今回はバッテリーメモリを使っての交換だったのですが,B→Dに載せ換えするときは,より安全にするために,完全にバッテリーを切り離してから作業したほうがいいかもですね.

というのも,バッテリーターミナルの交換が大変なんです.バッテリーターミナルをかしめている12mmのナットがめちゃくちゃ固着してます.なので,ターミナルをどこかに固定してから12mmを回す必要があります.バッテリーメモリを(特にプラス側を)ショートさせないように作業するのはすごく難しいです.ぼくはバッテリーから取り外す前のバッテリーに固定された状態で12mmを切り離しましたが,これはどう見ても危ない.出先で交換だったので,10mmボックスレンチでターミナル取りはずしナットを押さえつつ,ターミナルの締結部12mmをメガネで緩めました.先にマイナス側を取り外してからなので大爆発ってことはないでしょうが,ショートのリスクはあります.

素直に,先にバッテリーを下ろしてから,バイスプライヤーなどで車体とかに固定してから取り外した方が安全です.

ちなみにですね,どれくらい頑丈かというとですね,KTC の 12mm メガネが曲がりましたw それくらい頑丈.出先だからメガネとショボいボックスレンチしか持ってなかったのです...それくらい頑丈なので簡単に舐めると思います.レンチは精度よく頑丈なものをご用意ください.薄手のディープ気味なソケットならボックスでもいけるかもしれませんが.

さて,作業後の感想ですが….

セルがよく回るね!

うん,それだけ.

*1:カーナビのマルチドライブアシストユニット ND-MA1が常時動いてるし,趣味で作ったOBD2のデバイスとかも常時電源入れっぱなしなのだ.電源きるのめんどくさくて…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Hie/20180728

2018-07-07

アルテッツァ オイル交換

| 19:37 |  アルテッツァ オイル交換を含むブックマーク

がいよう

140,481km でも交換していたのですが,142,674km でも交換しました.

以前は, トヨタキヤッスル 5W-30 でしたが,今回は トヨタキヤッスル 0W-20 です.

どちらも,SN/GF-5グレードなのですが,0W-20 のやつは,昨年末刷新された全合成油のやつです.

アルテッツァ AS200 やジータは,5W-20 をサポートしています(RS200 はダメ).なので,一度省燃費オイルを入れてみたかったんですよね.

とはいえ,ご老体アルテッツァなので,オイル下がりする可能性もあるため,とりあえず4L缶購入.

さぎょう

とりまジャッキアップして,アンダーカバーを外していきます. 10mm ボルトだけです.だけなのですが,数が多い….

f:id:Hie:20180707155447j:image:w360

オイルパンのドレンボルトはすぐわかりますね.

f:id:Hie:20180707155507j:image:w360

オイルフィルターはちょっと奥まったここ.スカスカな 1G-FE エンジンのくせに,ここだけ作業性わるいです.

f:id:Hie:20180707155617j:image:w360

オイルパンのドレンボルトを外します.14mm.

2,200km でも結構汚くなるなあ.

ボルトは廃油皿とかに落とさないようにしましょう.

f:id:Hie:20180707155829j:image:w360

オイルが抜けるのを待つ間,ドレンボルトを清掃して,新しいガスケットをはめておきます.

で,写真はサボっているのですが,オイルが抜けきったところで締め付けておきます.かるーくね.かるく.

f:id:Hie:20180707160434j:image:w360

オイルフィルターを外します.

みよ!この燦然と輝くハ○ドオフ 540 円タグを!!w

PIAA のオイルフィルターレンチ W-74 をもってたんですが,ハー○オフで KTC の AVSA-073 (φ72.5mm) を見つけてしまったもので….

KTC のほうが軽くてフィルタによくフィットします.PIAA はたまにフィルタを噛みこんで抜けなくなったりするんですが,KTC はすんなり抜けてきますね.

f:id:Hie:20180707160704j:image:w360

モノタロウで安くあげてます.350円なり.

品番 90915-20003 ですが,モノタロウ TO-11-A が適合です.

f:id:Hie:20180707161302j:image:w360

というわけで,買ってきたオイル.

昨冬のリニューアルで全合成油になったらしい. 4L 缶はコスパイマイチなんですが,ペール缶はかなりのコスパ

今回はお試しで,問題なさそうならペール缶にしようと思います.

f:id:Hie:20180707165654j:image:w360

142,674km で交換.

変えたあとのフィーリングですが,ん〜暖気してからテストしたせいか,あんまりかわらん?低粘度にするとエンジン音がうるさくなるとか言いますが,市街地ではあまり気にならない(どっちかというと,アイシン 6MT のほうがうるさい).

まあ,もう少し走ってみてから….

スタビブッシュ交換

| 19:37 |  スタビブッシュ交換を含むブックマーク

エンジンオイル交換のためにフロアカバーを外したのでついでに.以前からギシギシうるさかったので,交換しようとおもっていたのです.

実は前回のブレーキオーバーホールのときに,リアは交換していたりします.フロントは,腰痛がつらくてあきらめたとです….

ブレーキの時手が汚れすぎててとってないので,写真はフロント部分しかないです.

No 品名C 必要数量 品番(代替品番) 始期終期 品名(切替内容) 適用型式/備考 参考価格 合計金額
1 48815 2 48815-53010 200105- フロントスタビライザバー ブシュ NO.1 GXE10..SED..MTM 660 1320
2 4 90119-08C04 ダイレクト品番 70 280
3 48818 2 48818-30110 200105-200208 スタビライザ ブシュ RR GXE10..SED..MTM 640 1280
4 4 90119-08543 ダイレクト品番 90 360
代替新 91611-60814 90 @@@@@@@@@@@@@

My アルテッツァAS200 初度登録 2002年4月 6MT だとこんなかんじの部品があたります.ダイレクト品番となっているのはそれぞれのスタビブラケットを止めるためのボルトです.腐食してなさそうならいらないです.

この表を見てわかると思いますが,AT と 6MT はそもそも使う部品が異なります.もっというと,リアスタビブッシュは,年式によって使う部品がこれまた違うのでよく気をつけましょう.

f:id:Hie:20180707153020j:image:w360

買っておいたフロントスタビブッシュ

f:id:Hie:20180707153059j:image:w360

エンジンオイル交換のついでなので,すでにアンダーカバーを外しています.そのままアクセスして,ボルトを外します.12mm.

ブラケットには向きがあるとか聞いていましたが,向きとかなさげです….(とがってる方が前,とかいいますが,前後ろどう見ても同じ?)いちおう前後気をつけましたけど,途中で間違ったりしてるかも.

ブッシュの方は向きがあります.口が開いてるほうが前です.

f:id:Hie:20180707153744j:image:w360

左右のスタビブッシュブラケットを取り外し,新しいブッシュも並べてみる.

思いの外,古いブッシュもキレイ.なのですが,カチンコチンです.新しいブッシュはやわらかい.

f:id:Hie:20180707153749j:image:w360

カチンコチン.

f:id:Hie:20180707153751j:image:w360

ふわふわ(いいすぎ)

あとは元通りに取り付けて終了.

ぼくはグリスとか塗らない派です.整備書にもグリスぬれって書いてないし.

違いのわからない男なのでイマイチなにがどう?ってかんじなのですが,少し左右に振ったときのビシっと感が増したかもしれません.プラセボかもしれません.

いずれにしろギシギシは言わなくなりました.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Hie/20180707

2018-06-19

ブレーキオーバーホール

| 20:45 |  ブレーキオーバーホールを含むブックマーク

はじめに

f:id:Hie:20180613174220j:image

おわかりいただけただろうか…?

たぶんね,16年,14万キロ,一度も交換されてないです.

というわけで, 2002年4月初度登録のアルテッツァ AS200 6MT Zエディション のブレーキオーバーホールのはじまりはじまりー.

部品

品番(代替品番) 個数 始期終期 品名 備考
04479-30191 1 200105-200507 ディスクブレーキ シリンダキット FR Z/Lエディション等大径ブレーキ車用.大径ブレーキ車は04478-30240でもOK.04478-30250はたぶんノーマル車.
04479-30231 1 200105-200507 ディスクブレーキ シリンダキット RR Z/Lエディション等大径ブレーキ車用.04479-53010はたぶんノーマル車.
90947-02C28 2 200105-200405 フロント フレキシブル ホース NO.1 前期と後期で品番が違う.前期のラスト2000年頃もこれまた違う.
90947-02C29 1 200105-200405 リヤライト フレキシブル ホース 前期と後期で品番が違う.前期のラスト2000年頃もこれまた違う.
90947-02C29 1 200105-200405 リヤレフト フレキシブル ホース 前期と後期で品番が違う.前期のラスト2000年頃もこれまた違う.

注意してほしいのは,これは後期型アルテッツァの品番です.うちの車台番号だとこういう結果が出ますが,2001年5月以降のアルテッツァであれば基本はおなじ.ジータは違ったりします.

また前期は品番が異なりますし,前期でも2000年頃のものは,これまた独自だったりするので注意.

作業

大まかに,フロント側OH,リヤ側OH,最後にエア抜きして終了です.

ブレーキフルードはモノタロウの男前DOT4です.前回せっかくカストロールのDOT4いれたのになあ….金欠なのでしゃあない.

写真はてきとう.なにせ手が油ぎっしゅなので,カメラとかにぎれん….あと,最後のブレーキフルード入れ&エア抜きの写真は省略.

とりまジャッキアップ

f:id:Hie:20180619200115j:image:w360

潜るわけではないので,タイヤを中にいれなくてもいいかも.

4輪ジャッキアップも人によってはしなくてもいいかも.

うちの車庫は若干前方向が傾いているので,後輪ジャッキアップだと前輪の輪止めに不安があったんですよね.

AT車ならこんなこと気にしなくてもいいんでしょうが.(Pレンジでロックされる)

フロントブレーキOH

運転席側で.

f:id:Hie:20180617104133j:image:w360

キャリパです.

なんかね,赤いですよね.前オーナーの趣味です.

こいつのせいでエラい苦労しました.

f:id:Hie:20180617104235j:image:w360

14mm でキャリパの上下ボルトを外します.

f:id:Hie:20180617104424j:image:w360

ピストン部がとれました.とりあえず,ナックル裏のアームに乗せておきます.

f:id:Hie:20180617104511j:image:w360

パッドは…まあ外さなくてもいいんですが,邪魔なので取り外し.

f:id:Hie:20180617104527j:image:w360

ブレーキホースを取り外します.

先にフレアナットレンチ10mmでナットを緩めてから,ステーのプレートをペンチなどで抜き取ります.先にステーから外してしまうと,配管がフリーになりナットを緩められません.

それにしてもスーパー固着してます.ぶっちゃけね,なめました(助手席側).しょうがないので,バイスプライヤーで取り外しました.なめる前にバイスプライヤー使えばよかった…トホホ.(交換後の締め付けもバイスプライヤーでやったらしい)

f:id:Hie:20180617110226j:image:w360

買っておいた純正のフレキシブルホースです.これであと10年戦える.

f:id:Hie:20180617111109j:image:w360

ピストンのオーバーホールです.

なにげにツインポッドタイプのOHははじめて.

修理書には,「片側ずつ行う」くらいしか書かれてません.不親切だよチクショウ.

ところでアルテッツァの修理書って結構クソ解説じゃないですか??AE100カローラの修理書はすげー丁寧でわかりやすかった.

アルテッツァの修理書は全体的にわかりにくい.ブレーキOHの項目もひどくて,作業フローでノーマルブレーキ車と大径ブレーキ車とで作業が異なるところだけ個別に書いてあるんですが,最初から最後までほぼ個別に書かれています(共通の項目がほぼない).いやいや,最初からセクション分けなさいよ….

f:id:Hie:20180617111942j:image:w360

片側ずつということで,片方に木片をあてて,もう一方も薄いゴム板や木片を添えてピストンを打ち出します.

うちは,エアーコンプレッサーとかないので,12Vのタイヤ空気入れをφ8mmくらいのビニールチューブに接続し,それをブレーキホースに差し込んでピストンを打ち出します.これで結構いけるんですよ….

f:id:Hie:20121211232316j:image:w360

古い写真ですが,こんなかんじです.

f:id:Hie:20180617112335j:image:w360

バコン.ぬけました.

危ないのでタオルか何かをかけて,ピストンが飛んでこないようにしてくださいね.

f:id:Hie:20180617112854j:image:w360

運転席側のピストンは少しだけサビてたので,600番で円周方向に磨きます.修理書によると400番でよいそうです.

f:id:Hie:20180617112956j:image:w360

ディスクブレーキシリンダキット FR です.安いので互換品のミヤコ MP-77 を使います.

クラウンとか書いてありますが,使えます.(後期型大径ブレーキ車に限る)

中身は,オーバーホールに必要なものが一式はいっています.バンジョーボルトのガスケットは入ってないやろーとおもって別に注文しましたが,入ってました.

・ピストン受け側のOリング,

・ダストブーツ

・ダストブーツを押さえるCリング,

バンジョーボルトのガスケット,

・ブリーダープラグのキャップ,

・スライドピンのダストブーツ,

・スライドピンのOリング

が入っています.もうこれだけで十分.

もちろん,純正を買ってもこれだけ入っているはずです.

FR は適当にやってしまったので写真はなし.

ピストン入れるときはこじらずにスコンと入れる,ダストブーツの外縁部をミゾに落とすときは,ピストンをある程度押し込んでから指&ドライバーなどで優しく押し込むってかんじです.

f:id:Hie:20180617113342j:image:w360

ピストン部のオーバーホールが終わったらバンジョーボルトを外して新しいブレーキホースに交換.

…ううう塗料が,ブレーキフルードで溶けて手がべとべとに….

前オーナーゆるせん.

f:id:Hie:20180617114544j:image:w360

とりまオーバーホール完了.

f:id:Hie:20180617123035j:image:w360

スライドピンも抜いてグリスアップしてから差し込み.

写真はないんですが,ダストブーツの交換がスーパーめんどくさいです.

ダストブーツって,金属のツバでピンの穴に固定されてるんですね.外すのはマイナスドライバーでこじったり,ドライバーをハンマーで叩いたりして外すでOKですが,新しいブーツのツバがうまくハマってくれない.

ボックスレンチソケットで打ち込むような絵が修理書にあるのですが,入らんぞ(笑)


リアブレーキOH

f:id:Hie:20180617154015j:image:w360

リアキャリパ(助手席側)です.これも赤い….

外すのは簡単で,後ろの17mm(だったかな?!)のボルトを二つ外すだけ.

フロントちがって大きいレンチは入らないし,結構力が必要です.

f:id:Hie:20180617154358j:image:w360

こちらも,先にフレアナットレンチで緩めておきます.こちらはすんなり開きました.

f:id:Hie:20180617154440j:image:w360

その痕でステーの台座をペンチで取り除きます.

f:id:Hie:20180617154730j:image:w360

おっと,パッドはずしてなかったw.はずします.

端っこのピンを押し込みながら,真ん中のつまみを引っ張るんだそうです.

固い….

f:id:Hie:20180617154856j:image:w360

リアブレーキは,ポッドが左右についていて,パッドを挟み込むようになっています.フロントとは構造が違います.

修理書では,パッドを片側だけつけ,真ん中(ブレーキロータが入るべきところ)に板をはさみエアでピストンを取り出すように指示しています.

かまぼこ板を挟んでみたのですが,ピストンがはずれませんw かまぼこ板に当たるだけですw

というわけで,かまぼこ板を二枚使い,片側パッド+かまぼこ板を二枚ナナメ置きでパッドに力がかかるようにしつつ,取り出すピストンと干渉しないようにして取り出し.

f:id:Hie:20180617154952j:image:w360

ボコン.

とれました.

f:id:Hie:20180617155121j:image:w360

ピストン内部が少し汚れていますが,これは拭いているうちにとれました.

f:id:Hie:20180617155444j:image:w360

ピストン側も問題なし.

f:id:Hie:20180615230029j:image:w360

ディスクブレーキシリンダキットRR は制研化学のものを使用.

こちらもOHに必要なものは一通り入っています.

f:id:Hie:20180617160800j:image:w360

Oリングを交換し,ラバーグリスを塗ったくってピストン挿入.

ある程度までピストンをいれた時点で,ダストブーツもピストンのミゾにはめます.

f:id:Hie:20180617160908j:image:w360

ある程度までピストンを押し込み,指で受け側のミゾに外縁部を落とします.

f:id:Hie:20180617160949j:image:w360

さらにもう少しピストンを押し込んでから,指&ドライバーなどで優しくミゾに落とし込んでからCリングをかませます.

f:id:Hie:20180617161236j:image:w360

最後にバンジョーボルトを外して,新品ガスケットを介して新しいホースにつなぎ替えます.

ブレーキフルード入れ

自作ワンマンブリーダーで,ブレーキフルードを入れてエア抜きします.

今回は男前モノタロウ DOT4 1L なのでジャブジャブ使いました.しあわせ.

まとめ

いやー,赤の塗料がねえ….

あと,フレアナットレンチは KTC のやつを買い直した方がいいかもしれないなーと思いました(遅)

でも,もうホース交換しちゃったし,あそこ取り外すこともないよね?本当は配管し直すべきなんですが….ま,助手席フロント側だし,配管も張り直すのも不可能ではないのですが….

悔いの残る作業でした.

ブレーキは今のところ正常に機能してるっぽいです.

誰もいない超田舎道までいってフルブレーキしてみましたが,ちゃんとABSが動くくらいには制動してるので,まあOKかと.

あとは各部からにじみがないか,注意していくことにします.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Hie/20180619