Hatena::ブログ(Diary)

Nightwishの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-24

トマトと海老のパスタサラダ

f:id:HiroshiMatsushima:20080824112420j:image

材料

ショートパスタ(ファルファッレやフジッリなど、ペンネは水きり)200g

完熟トマト3つ

海老 (すでに茹でてある小さい海老でよい)

空豆

コーン

ルッコラ (別になくてもよい)


バジルイスト(市販のもの)

こしょう、

オリーブオイル


作り方


鍋で湯を沸かす。


トマトを3ついれる。30秒でとりだして、冷水につけ、皮をむいて、ざく切りしておく。


そのお湯に塩をいれてパスタをいれる。(ゆで具合は袋にかいてあるとおりでよい。アルデンテにはしないほうがいい。)


茹であがる4分前に空豆をいれる。


パスタがゆであがったら、空豆といっしょにざるにとり、水にさらして冷やす。


ボールに、トマトパスタ、空豆、コーン、海老をいれて混ぜる。


小さじ一杯のバジルペーストをまぜて香りをつける。あまりバジルペーストをいれると下品になるので、注意。


このみで塩、こしょう、酢、オリーブオイルで味を強くする。



ルッコラを持った皿にもりつける。


めちゃ簡単です。

パパイヤスープ


f:id:HiroshiMatsushima:20080307070822j:image


材料 (一人分)

パパイヤ 1個

豚肉 1切れ

とりささみ 1切れ

ホタテ貝 1切れ

キクラゲ 少々

コンソメスープ 100ml

塩・コショウ


作り方


パパイヤの上部をきりとり、種を取り出す。


パパイヤを支える容器にいれたまま4分ほど蒸す。


油をひいた鍋に鶏肉、豚肉、ホタテ肉、をいれて色が変わるまで炒める。


コンソメスープをいれて、しばらく煮込む。このみ醤油をたらしてもOK.


塩・コショウで味を調える。


パパイヤにスープを盛り込んでできあがり。

タイの地中海風


パエリャ鍋をお持ちの人にはお薦め、手間がかからなくて簡単なわりに見た目が派手なのでパーティーでは重宝するメニューです。

f:id:HiroshiMatsushima:20080824131030j:image


材料


黒鯛 400g程度のものを2匹

じゃがいも 大二個

トマト 4個

玉ねぎ 大1個

オリーブオイル おおさじ3

塩  適宜

コショウ  適宜

白ワイン 少々

水 150ml




作り方

鯛は、鱗と内臓をとる。

ジャガイモは、5mm薄の輪切りにする。

トマトは1cm程度の輪切りにする。

玉ねぎは縦に切る。


オリーブオイルをパエリャ鍋(大きめのフライパン)にいれて、玉ねぎをしなるまで強火で炒める。


そこにジャガイモトマトをいれて熱を通したあと、鯛を二匹並べておいて、白ワインをいれて一旦蓋をする。

3分後に蓋を開けて、塩・コショウをしてさらに水をいれる。

蓋をして16分ほど中火で火を通せばできあがり。

大きなオーブンがある人はこのあとで220度のオーブンに5分ほどいれて焼き目をつける。ない人はガスバーナーで焼き目をいれる。

タイ風炊き込みカレーご飯



同時並行で複数の料理をつくらなければならないときに、煮込みのために超時間コンロを使うカレー料理は不向きです。そこでできるだけ炊飯器のような開いている料理器具を使うことで短時間に効率よくつくれるカレーはないかと考案したのがこれです。

f:id:HiroshiMatsushima:20080824111620j:image


材料

米(インディカ米)3合

ターメリック 小さじ2杯

鳥の胸肉 120g

玉ねぎ 1/2個

バター おおさじ1杯

塩 小さじ一杯

パセリ 適宜



ソース

ココナッツミルク 400ml

カレー

コリアンダー

ガラムマサラ

クミン

カイエンペッパー

ブラックペッパー



作り方

鳥の胸肉は5mm四方に、玉ねぎはみじん切りにする。

米は洗わずに炊飯器に入れる。

ターメリック、鶏肉、玉ねぎ、バター、塩をいれたあとに水を3合になるようにいれて炊く。



ソースを作る。

ココナッツミルクを鍋に開けて、弱火で火を通しながらその他のスパイスをいれていく。辛いのがこの未ならカイエンペッパーブラックペッパー、を多めにする。ガラムマサラは最後にいれること。

炊きあがったご飯を皿に盛りつけ、パセリを散らす。ソースをからめながらいただく。