Hatena::ブログ(Diary)

HokkaidoCUDO最新情報

2009-06-29

会員の集いを開催しました

23:04

・と き 6月27日(土)14:00〜

・ところ 札幌市民ホール会議室

・参加者 22名

今回の会合は、色の区別をする際の工夫や知恵などを色弱の方にお話していただきました。その中で何点かご紹介いたします。

・暗記定規という赤と緑の定規を使い見比べて、緑と赤が区別できる。(この定規は100均などでも購入が可能)

・充電器などのLEDは、目を近づけると見分けがつく場合がある。

色弱矯正メガネを購入。赤は明るく、緑は暗く沈んで感じた。

・パソコンソフト「フォトショップ」のカラーピッカーという機能を使い、色を区別して塗り分ける事が可能。

携帯電話で色名を音声で教えてくれるものがある。

等々。

その他、教育問題に関する意見や要望が多数ありましたので抜粋してお知らせいたします。

・教科書で色を塗り分ける設問があり、困っている。

・教科書以外の教材でも、配慮してほしいものが多々ある。

文科省から以前配布されている「色覚問題に関する指導の資料」が、ほとんど活用されていない。

等々。

教育現場の問題は、やはりお子さんご本人とご両親、学校の先生のそれぞれの話し合いが大切です。平成15年に色覚検査が廃止され、以降、信頼関係を築いていく重要性は益々大きくなっていると感じます。この色覚の問題が希薄になっていかないように慎重に取組んでいく必要があると思います。

その他の報告事項として、

東京CUDOが出版した「カラーユニバーサルデザイン」の本の紹介がありました。

・今年の秋に開催する「CUD EXPO 2009」の簡単な紹介がありました。

10月30日から11月1日の3日間、市民ホール会議室で開催いたします。詳細は決まり次第ご案内いたしますので、ご期待下さい。

2009-06-16

広報誌「ほっかいどう」

00:53

隔月で発行されています広報誌「ほっかいどう」の5月号を、コンサルティングいたしました。

f:id:HokkaidoCUDO:20090617003734j:image

2009-06-14

札幌商工会議所様の主催CUDセミナー

08:22

6月11日札幌商工会議所様の主催で、CUDセミナーが開催されました。前半は栗田から「色弱者の本音」として、色弱とはどのような事なのか、色弱の特性や見え方感じ方について説明させていただきました。後半は谷越から「カラーユニバーサルの必要性」とのタイトルで、カラーユニバーサルデザインの概念や方法などを実際例の中から説明させていただきました。

今回は商工会議所様の主催という事もあり、企業の方が中心に参加されていらっしゃいました。昨年の春に「ポルト」で開催した「岡部先生vs石井ちゃん」の講演会にも参加して、今回も引き続きという方もいらっしゃり、とても嬉しく思いました。少しずつではございますが、確実にCUDが浸透してきていると感じています。この度の貴重な機会を与えていただいた商工会議所の皆さま、関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

f:id:HokkaidoCUDO:20090611142738j:imagef:id:HokkaidoCUDO:20090611140156j:imagef:id:HokkaidoCUDO:20090611145037j:image