days of cinema, music and food

2018-05-04

I, Tonya

[]I, Tonya 08:17


アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』を観て来ました。

1991年にアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、1994年リレハンメル五輪の選考会開催中、友人でありライバルだったナンシー・ケリガンを殴打させたとしてスキャンダルの渦中の人となったトーニャ・ハーディングの半生を描いています。


と言ってもかなりひねった作りの映画になっており、通常のドラマの合間に登場人物らがドキュメンタリカメラ(という設定の)こちらに向かって話し掛けるスタイルになっています。

しかも言っている内容が人物によってばらばら。

いわゆる羅生門スタイルを取っているのも面白い。

クレイグ・ギレスピー演出はブラックな笑いをまぶしつつ、社会の底辺にいるクズ人間たちを活写。

特にトーニャへの目線がクズはクズでもスターのクズとして描いています。

またケリガン襲撃事件の作戦も、クズ人間たちがよってたかってクズっぷりを披露した超いい加減なもの。

笑うしかありません。

かように映画は非常に面白い出来に仕上がりました。


ハーディング役マーゴット・ロビーも熱演ですが、その母親(今なら毒親)役アリソン・ジャニー怪物ぶりが凄い。

DV夫役セバスチャン・スタンはマーベル映画のときとまったく違う役どころで、これもまた強烈でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Horka/20180504