days of cinema, music and food

2018-09-29

”Crazy Rich Asians”

[]Crazy Rich Asians 00:59


クレイジー・リッチ!』鑑賞。生粋のニューヨーカーであるNY大学の経済学教授レイチェル・チュウ(コンスタンス・ウー)は、ある日、恋人のニック・ヤンヘンリー・ゴールディング)から春休みのシンガポール旅行に誘われる。ニックの幼馴染の結婚式に出席するためである。これでニックの家族に紹介されると喜ぶレイチェルだったが、現地に行って仰天する。なんとニックはシンガポールで一二を争う超大金持ち一家御曹司だったのだ。しかもニックの母エレノアミシェル・ヨー)は、レイチェルに対して露骨に冷たく、見下す態度を見せつける。現地の女性たちの嫉妬と羨望を一身に浴びるレイチェルとニックの関係や如何に。


アメリカで大ヒットを記録した、登場人物が全て中国系というハリウッド製ラブコメは、少女マンガのような王道の内容ながらも、しっかりした脚本と手堅い演出、そして活き活きとしたキャラを演じたキャストたちのお蔭で、かなり面白く仕上がっていた。興味深いのは、華僑からすると中国系アメリカ人は中華系ではなく「アメリカ人」だということ。劇中のレイチェルは外見はアジア系だが、二世ということで中国語は不得意だし、中身は現代アメリカ女性だ。家族最優先の伝統を守るニックの母エレノアからすると、異人なのである。アメリカと中国、キャリアウーマンと家と伝統を守る女性、といった文化衝突がかなり前面に出ている映画だ。こう書くとかなり真面目な映画に聞こえるかも知れないが、映画自体はカラフルな色彩とテンポの良いショット繋ぎでノリのよい映像になっている。愛嬌があって笑える脇役たちも活き活きとしており、最初から最後まで面白い。


シンガポールの超富裕層たちの物凄い金持ちぶりや、マリーナベイ・サンズマーライオン、ホーカーセンター(屋台村)といったシンガポールの名所など、見どころも沢山。ヘンリー・ゴールディングや従姉アストリッド役ジェンマ・チャンを始め、美男美女も目の保養だ。レイチェルがシンガポールに行くと、周りは皆、背が高くてスタイル抜群で高学歴の美女だらけというのも面白い。これが演技初体験というゴールディングは絵に描いたような理想の御曹司にはまっているし、ジェンマ・チャンはゴージャスな魅力を放っている。新婦ソノヤ・ミズノは『エクス・マキナ』と真逆の陽気でお喋りで楽しい。対照的にレイチェルの親友ペク役オークワフィナや、便利屋としてヤン家に重宝されているオリヴァーニコサントス、ペクの父役ケン・チョンらは美男美女とは言い難いが、画面を明るく弾ませている。コンスタンス・ウーも熱演、でも少々シリアスに演じ過ぎたように思う。これは監督ジョン・M・チュウの演出方針もあったろうが、少し生真面目すぎやしないか。基本はシリアスで良いものの、ヒロインにもう少しコメディエンヌ振りを発揮させれば、と思う。知恵も度胸もすわっている主人公が要所で笑わせてくれても、問題無かった筈なのだ。


ともあれミシェル・ヨーの貫禄振りも含めて、冒頭からロマンティックな結末まで、かなり楽しませてくれる映画なのだ。お勧め。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Horka/20180929