days of cinema, music and food

2014-08-02

カーボンブラックエンブレム

[]こんにちは、真っ黒さん 07:56


諸般の事情により車を買いました。

新車は初めてです。

本音を言うと、1998年型アウディA4クワトロは運転していてとても楽しく、修理してまだまだ乗りたかったのです。

しかしエンジンルームからの助手席列の床上浸水、運転席パワーウィンドウ故障寸前、運転席列後部ドアが内側から開けられず…と故障連発。

特に床上浸水は深刻で、厚さ10cm以上もあるスポンジ製の床は常にジトジトと湿っており、子供らが物を落とすと1日でカビが生える始末。

高温多湿ですからね、日中の車内は。

このままでは床が錆びて抜けます。

新しい車は急を要する事になって来ました。

総走行距離は10万キロ弱と、日本車と違って寿命のまだ1/2とあって乗れる筈なのですが、維持費がバカにならなくなってきました。

足回りなどは全く問題ないにも関わらず。

そこで残念ながら手放す事にしたのです。

今までありがとう。

娘も「トロちゃん(クワトロちゃんの意味)」と言って、可愛がっていましたしね。

f:id:Horka:20140810214922j:image

f:id:Horka:20140810214929j:image

f:id:Horka:20140810214935j:image


長年MT車を運転している私にとっては、次の車もMTである事が大前提でした。

しかもトロちゃんで4WDの楽しさ、快適さに目覚めたとあっては、出来れば4WDが望ましい。

次もアウディで、クワトロで、MTで…と思っていたのですが、これが本当に見つかりません。

しかも妻からは新しい顔…つまり近年のフロントグリルが大きくなったものが良いとの要望も出ました。

この3条件で当てはまるものはアウディ認定中古車ではゼロ。

街のアウディを扱っている中古車屋もかたっぱしから周りましたが、こちらは本当にMTは見つからず。

ネットで探しまくっても、現行に近い型(つまりフトントグリルが旧タイプ)のものか、4人乗りとのスペックは大嘘の(後部座席は子供も乗れません)実質2シーターのTT、2シーターの2千万円車R8、もしくは7-800万円のRSといったものばかり。

RSは4ドアだし興味はありますが、強力なエンジン搭載の車は維持費がバカにならないので、これもパスです。

そこで新車でもMTを出しているBMWも候補に挙げる事にしました。

正直、長年の間ブタ鼻が気に食わなかったので全く食指も動かなかったのですが、近年のはブタ鼻でなくなりつつあるので、まぁいっかと。

ディーラーに行ってAT車を試乗したら取り回しも良さそう。

ハンドルが軽すぎて不安を感じましたが、ネットではMTはハンドルが少し重いとの事。

そこで新車でBMW 320i M sportを購入する事になりました。


ディーラー2つ相手に相みつを取ったら、かなりの値引き合戦。

色々付けてもらったのもあって、結果的に実質100万円程の値引きを勝ち取りました。

車の値段とは恐ろしいものですね。

売る相手によって値段が全く違うという事ですから。

また100万円値引きしても利益が出るのですから…いやはや。


納車が急を要するので、色は黒か白の二者択一。

迷いなく黒にしました。


契約が決まってからの娘はトロちゃんとの別れが余程悲しかったらしく、ここ2週間程、「トロちゃん…」「トロちゃんと別れたくない〜」と言って、さめざめ泣いていました。

そこで妻の案で、今のトロちゃんに入っている妖精が次のトロちゃんにも乗り移るんだよ、という事にしました。

納車前夜には妻子2人で妖精ちゃんを捕まえる儀式を行い、当日朝、新しいトロちゃんに移しました。

そう、アウディのクワトロでもないのに、新しい320iもトロちゃんと呼ぶ事になったのです。

ナンバープレートも下四桁は前のと同じ番号にしました。


納車当日は朝からディーラーに行っての交換です。

f:id:Horka:20140809215948j:image

新旧トロちゃんのツーショット。

右が1998年型アウディ A4 クワトロ 1.8L MT車。

左が2012年型BMW 320i M Sport 2.0L MT車。

クワトロのトロちゃんはかなりクセがあって、クラッチ繋ぎを如何にスムースにするかが、毎回の運転の際の課題でした。

でも荒々しくて運転していて楽しかったなぁ。


旧トロちゃんとの別れが悲しい余り、娘は助手席から出て来ませんでした。

取説やらを入れた分厚い袋を抱きしめながら大泣き。

妻が何とかなだめて出します。


f:id:Horka:20140809124806j:image

今度の車もMT車ですが、長年MT車だから楽勝…とは中々いかないもの。

第一関門は、車によってギアやクラッチを繋ぐ位置にクセがある事です。

今まで乗っていた車は5速のばかりで、シフトの位置も5の次がRだったのですが、今度のは6速、Rの位置も1番左上ですし。

キーを差さない車なので、そもそもエンジンの掛け方も分からなかったのですが、まずディーラーから出る時にエンストしまくり。

今までの1の位置と3の位置が感覚的に同じだったので、3に入れて発車しようとしていたのですね。

そりゃエンストする訳です。

クラッチも早速焦がしてしまい、車内では娘が心配そうに「パパ、これしているの…?」。

皆で爆笑で娘も泣きやみました。

お店を出て直ぐにシフトの位置も感覚的に分かって、それからはむしろ過去最高にスムースなシフトチェンジが出来ましたが。

大体にしてエンストしてもエンジンを掛け直す必要がなく、正しい位置にシフトレバーが入るとまた動き出すます。

最近のMT車はこんなんなんですね。

カーナビやら何やら、色々と付いていて操作方法もさっぱり分からないのですが、取り敢えず運転とライト点灯とエアコン操作は分かったし、私のiPhoneBT接続でiTunes Matchも聴けるしで、ぼちぼち覚えていきましょう。

f:id:Horka:20140809221628j:image


納車して数時間後には、計器類の操作方法もロクに分からぬまま、息子を乗せて汐留まで行って実家に泊る妻と娘に引き渡し、ドライブなどしながら帰って来ました。

本当は取扱説明書をざっと見たかったのですが、観劇に出掛ける妻娘を送ってからは、息子の通院、食事、チャイルドシートの取り付けやらで、そんなのを読む時間なぞ皆無だったのです。

まぁ仕方ないですね。

私の父に朝から来てもらっていたので、ディーラーでの納車にも来てもらって息子の面倒も見てもらい、助かりました。


高速も使っての運転の印象は、「軽快な優等生」。

MT車はこれで3台目ですが、技術の発達は大きい。

今までのクラッチ繋ぎに失敗すると即エンスト、等と言う事はなく、アイドリングストップするだけのようです。

クラッチを繋ぎ直すとちゃんと再始動しますから。

また全部で6速なのに、2速で既に60kmくらいスピードが出るので、シフトチェンジするのを忘れてしまうくらいです。

エンジンの回転数は相当上がっているのに、かなり静かなので気付かないのです。

今までは大よその回転数を音で判断していたので、これには戸惑いました。

つまりタコメーターに注意しないといけないって事ですね。

まぁ低速シフトでスピード出していても、燃費くらいでしょうけどね、問題になるのは…。

シフトチェンジも極めて滑らかで、ちょいタイミングがずれると「ガタガタ」言っていたトロちゃんとは大違い。

殆どAT車感覚ですよ。

ここら辺は技術の進化なのでしょう。

もっとも1998年式と2012年式を比べるのも可哀想ですが…。


シフトチェンジ時には注意点もあって、クラッチは床まで目いっぱい踏み込まないと中々変えられません。

これは左足薬指骨折の傷が癒えていない私には、ちょっとした負担です。

足裏全体で踏み込みたいのに、左足を置く台とクラッチペダルが近過ぎて、すぐに足台に左足左側が当ってしまいます。

納車時はかかとをしっかり固定出来るサンダルを履いていたのですが、足台裏にサンダルが挟まれそうになります。

これは何とかしてもらいたい。

AT車仕様だからなのでしょうね、この足台は。


全体にキビキビとした動作は快適で、先代トロちゃんはクワトロで四輪駆動だったのに対し、こちらは後輪駆動なのでハンドリングが非常に滑らか。

試乗したAT車ではハンドルが軽すぎてちょっといかんかったものの、評判通りなのかこのMT車だと丁度良い硬さです。


2リッターエンジンは余裕で、高速では気付くと4速で120km出ています。

高速は物凄く楽しく、6速だと120kmは全く物足りないくらい。

スピード出し過ぎに気を付けないと、いつの間にかかなり出ているくらいですから。

平日は子どもたちの送り迎えと買物を近所で行うだけなので、3速まであれば十分なのではないでしょうか。


M Sportという事で足回りはノーマルより硬めらしいとの事ですが、これも先代トロちゃんと比べたら特にそんな事も思いませんでした。

むしろ路面をしっかり感じられて楽しい。

但し道路を噛んでいる感は、先代トロちゃんの方がかなり上です。

あちらは四駆だったから。

致し方ありません。


内装もスポーツ仕様とあって、味も素っ気も無い、ぶっきらぼう仕様。

先代トロちゃんのように、メーター類が真っ赤っ赤に点灯する…などという色気も皆無。

文字通りの硬派。

もっとも安っぽさは無く、そこはちゃんと作られています。

モノトーンを基調に、所々金属を出したデザインは悪くありません。


BMW独自のナビやオーディオなどを操作するiDrive。

今までのカーナビはタッチパネル式だったのが、こちらはダイヤル式。

かなり慣れが必要か…と思っていたら、帰宅時にはかなり慣れていました。

案外使いやすかったです。

不満点はオーディオの音。

はっきり言って良くありません。

全体にベールがかかっているような…。

オーディオにお金を掛けられなかったのかな?


そもそもはAT車の良さを知りつつもMT車でないと嫌だ、しかも出来ればアウディのMTでクワトロが良い…という事に端を発して、今度の320iのMT仕様に行き着いたという顛末。

なので元々BMWは特に好きでも無かった訳ですが、これで愛着も湧いてBMWも好きになりそう。

獰猛さには欠けるけれども、洗練された動きを楽しみたいものです。

f:id:Horka:20140810220042j:image


エンブレムもカーボンタイプにして、文字通りの真っ黒黒助。

暫くは宜しくね、Newトロちゃん。

2013-11-24

アストンマーチン カタログ

[]アストンマーチン カタログ 01:31


デザイン関連の研究所との打ち合わせで、ラグジュアリー・カー販売店にて取材を行った方(Mさん)の報告がありました。

Mさんは30歳男性。

普段はFitに乗っているそうです。

明らかに買いそうもないのに(自称です)、ベントレーやアストン、メルセデスBMW、さらには1台2億円弱のスポーツカーまで観に行ったのです。

お店に入るのにも相当勇気を出されたと想像されますが、デザイナー視点での取材報告は非常に面白いものでした。

で、報告後、カタログを見せてくださいと言ったら、「お貸ししますよ」とこやつを貸して下さったのです。

因みにこのカタログ、タダではなく1冊1,500円。

有料ですか…。

自腹切って買われたそうです。

ランボルギーニだかフェラーリだかは7,000円だったとか。

そちらは買わなかったようですが、そちらは後日、また別途報告して下さるとの事で楽しみにしましょう。


カタログですが、いきなり箱入りですよ(トップ写真)。

歴史を誇る年代入り。

B5サイズだから大きくはありません。

アストンの羽根を模したエンブレム右上から、水玉のような模様が出て来て、それが「100」になります。

そう、今年は100周年なのですね。


カタログ表紙。

f:id:Horka:20131121235955j:image

各写真は光沢があり、やや鈍く光る銀色の表紙の地との差がはっきり分かるようになっています。

厚手の紙で全88ページ。


アストンの歴史が紹介。

f:id:Horka:20131122000033j:image

こうやって重み付けしていくのね。

もちろんDB5の項では『ゴールドフィンガー』に搭乗した旨、記載もばっちり。


色々とこだわっていますよとアピール。

f:id:Horka:20131122000143j:image


ラインナップ一覧。

f:id:Horka:20131122000217j:image

因みに1番左下のCygnetはトヨタiQがベースの車種です。

トヨタからの納品後、外内装は全てとっぱらわれ、全て職人によってカスタマイズされるとか。

外見も正面から見るとちゃんとアストンになっているのですよね。


憧れのDB9ですよ。

f:id:Horka:20131122000326j:image

水の流れを感じさせるような流線型が美しいですね。

あれれ、日本国内ではセミオートマしか出ていないのか…。

残念。

買わ(え)ないけど。


内装。

f:id:Horka:20131122000355j:image

これは凄そうだなぁ。

重量感たっぷり。


Rapide S。

f:id:Horka:20131122000413j:image

先日の立体駐車場で目撃した車種ですね。

あと六本木ヒルズで金持ちそうな3人家族も乗っていました。


Rapide Sの内装。

f:id:Horka:20131122000443j:image

Mさんによると、後部座席もゴージャスなだけでなく、細かいところまで使いやすさが配慮されていたとか。

しかもその工夫がこれ見よがしでなく、しかも安っぽくないような仕上げとの事です。


V8 Vantage。

f:id:Horka:20131122000600j:image

これもカッコ良いですなぁ。

MT車ありですよ、旦那。

左ページ左下の写真はエンジンキーですね。

本体は透明で、それを運転席・助手席の間、センターに差し込むと、ゆっくり引き込まれていく仕組み。

ドアの開閉もですが、急ぐ日常ではなく、車との時間そのものをゆっくり楽しんでね、というコンセプトなのでしょう。


どうせ車を買えないのなら、せめてバッグや椅子だけでも…という人が居るのか居ないのか分かりませんが、やはり革皮カワなんですね。

f:id:Horka:20131122000911j:image


アストンのショウルームではボンドカーことDB9と、4ドアのRapide Sを見せてもらったそうです。

外観からして美しいフォルムと仕上げだったとか。

お値段も2千万円ですからね。

家が買えますからして。


DB9の車内に入ろうとすると、まずドアの開け方が分かりません。

普通はドアノブを手前に引っ張り出せるようにくぼみがあるのに、これにはそれが無いのです。

どうしたものかと思い、しかしお店の人に訊かないでカッコ良く乗り込みたかったので、試しにノブを押してみたら浮き出て来ました。

それを引っ張ると、「ぼすっ」という気圧ドアのような音と共にドアが少し開いたそうです。

それを手で引きあけて乗り込むのです。

ひゃー。

元々は機能的なものとはいえ、ちょっとした儀式になりますが、それがオーナーの心をくすぐるのでしょうね。


内装も恐ろしく豪華で総レザー。

しかし起毛部分と本革部分、さらに金属部分との触感の違いも明確で、見た目だけではなく素材の温度差もアクセントを付けています。

計器類もぎゅぎゅっとセンターに寄っていて、使いやすさも配慮されたレイアウト

丸いメーター類もメカニカルでドイツ車の影響があるのかな、と。

細部にまで非常にこだわっていてゴージャスなのに、これ見よがしではなく、いわゆる成金趣味では全くありません。


Mさんは特に車に詳しい訳でもないそうですが、これは欲しい!と思ったそうです。


所有欲を満たす高級品って、そのモノとの時間を楽しむ、というものでもあるのですね。

アストンの場合は、上記ドアの開閉や、写真にコメントしたエンジンキーの動作といったゆったりとした動作と、オーナー自身がそれを楽しむ時間にも表れているのでしょう。


2013-09-07

特別展マンモスYUKAの列

[][][]特別展マンモスYUKA@パシフィコ横浜、マセラティ、D&D… 22:31


開催期間が来週でおしまいという事で、以前から娘に連れて行くようせがまれていた掲題の展示会に行って来ました。

シベリアの永久凍土の中から見つかった10歳の雌のマンモスは、鼻や脳、毛などが残っていたのです。

恐竜好きなだけではなく、マンモスにも興味のある娘ですから、幼稚園に合った割引券も目ざとく見つけたのですね。

色々と興味を持つのは結構な事ですし、私もこの手の展示は大好きですので、行きますよ、えぇ。

この手の博物系の展示を家族4人で観るのは初めてです。

高速を飛ばして行ったのは良いのですが、既に夕方とあって建物の駐車場は満車。

数分程歩いた高層ビル地下の駐車場に停めました。

15時半に着いた展示会は17時までの展示なので、まぁ1時間半もあれば観るのに十分だろう…と思っていたら。

あらら、チケット売り場は長蛇の列、しかも30分待ち。

私だけ並び、妻子ら3人は近場で休んでいました。

当日入場料が大人は何と1人2,200円もしましたが、幼稚園でもらった割引券で200円引き。

余りお得感はありませんが。

ともあれ、ようやく中に入りましたよ。

わくわくしますね。


f:id:Horka:20130907161433j:image

f:id:Horka:20130907161621j:image

f:id:Horka:20130907161804j:image


マンモスの大腿骨に触れたり…

f:id:Horka:20130907161835j:image

マンモスの毛に触れたりします。

f:id:Horka:20130907162421j:image


これほど天井が高い博物系の展示会は初めてかも知れませんね。

いや、子供の時に観た恐竜展とかはこうだったのかも。

f:id:Horka:20130907162552j:image

f:id:Horka:20130907162845j:image

f:id:Horka:20130907163156j:image

天井が高いので解放感があります。

そしていよいよYUKA。

撮影は禁止の密閉された冷凍庫(?)のような小部屋の中に安置されていました。

f:id:Horka:20130907163533j:image

三方にある窓から中が見えるようになっています。

乾燥している死体ですが、不思議というか感銘を受けますね。

そっか、10歳で死んだのか、と。

娘もじっと見入っていました。


駆け足の1時間でしたが、これで子連れには丁度良かったかも。

残念ながらカフェのマンモス系は食べられなかったですが。

f:id:Horka:20130907171044j:image



駐車場のあるビルに行くと、1階にはマセラティ屋さんがあって、売っていましたよ。

f:id:Horka:20130907172051j:image

お値段1,750万円でした。

思っていたよりもお安いのですね(いや、高いですけど)。



夕食は横浜に出て、そごうにてDEAN & DELUCAにて買物。

幸いにも子供らがぱっぱと寝てしまったので、大人はワインと共にゆっくり食事が出来ました。

f:id:Horka:20130907214939j:image

D&Dはいつ行っても楽しい、お勧めのお店ですね。


  • DEAN & DELUCA 横浜店
  • 住所:神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店 B2 食品売場
  • 電話:045-444-1401
  • 公式サイト:http://www.deandeluca.co.jp/

2013-08-07

代車のAudi A3

[]代車のAudi A3 11:49


愛車のトロちゃん事Audi A4 Quattoroを2泊3日の修理に出したので、代車としてやってきたA3君。

トロと違ってATだしクワトロでもなく、5ドアのハッチバックです。

しかもバリバリの新車

総走行距離が200km弱でしたから。

車幅は我が家のA4トロとほぼ同じなので、扱いやすかった。

現行のA4は一回り大きいのですよね。

頑丈にするためにと色々追加していったら大きくなったらしいです。


で、このA3君はアイドリング・ストップ車でした。

アイドリング・ストップ車は初めて運転しましたが、変な感じです。

信号待ちだと勝手にエンジンが止まり、ブレーキペダルから足を外すとエンジン再始動。

最初は一瞬、軽い戸惑いを感じました。

すぐに慣れましたけどね。

でもバックカメラが付いていたりで便利機能は色々と搭載。

取り回しも良いし、アウディはやはり良いなぁ、とも思ったのでした。

f:id:Horka:20130728171002j:image

f:id:Horka:20130730191642j:image


いえいえ、今のトロでもう少し乗りますけれどもね。

まだ総走行距離は7万5千キロ、日本車と違って20万キロぐらいまでは余裕で走れるそうです。

いつまでどこまで乗るか分かりませんが、暫くは活躍してもらいましょう。

2013-07-01

Audi R8@アウディ横浜青葉

[]Audi R8@アウディ横浜青葉 02:12


一家4人で愛車トロちゃんことA4 クワトロのオイル漏れ疑惑で点検に行ったら、まさかのスーパーカー、R8 Spyderが販売されていました。

Wikipedia等によると、同車は限定された店でしか販売許可が下りないそうです。

以前からここの店では売りたいと言っていたようなのですが、中々許可が下りないと担当の方が言っていました。

念願かなって、なのですね。

お値段は2,400万円也。

文字通りのスーパーカー。

因みにまだ、売れていないそうです (^^;


美しいデザインのフロント。

f:id:Horka:20130701181632j:image

威圧感も適度にあり、スーパーカーとしての風貌に不足ありません。


中々結構なお値段です ゞ(^^;

f:id:Horka:20130701182134j:image

5.2リッター、クワトロ(4WD)ですものねぇ。

因みにAT車です。

MT車も出ていますが、オープンカータイプではなく、屋根付きになります。


もちろん、総革張り。

f:id:Horka:20130701182206j:image

赤い内装もカッコ良いですね。


お尻も素敵♪

f:id:Horka:20130701182231j:image

ルーフは椅子後部の蓋の内側に畳まれています。


乗ろうと思ったらドアにロックがかけられていました。

値段が値段だけに、簡単には乗せないヨ、という事のようです。

しかしここで諦める訳にはいきません。

営業の方に言って開けてもらいました。

当然のように娘は先人切って運転席に乗り込みます。

f:id:Horka:20130701183531j:image

私は助手席に。

結構広いのですよ。

車幅も1.9m以上ですし、座席自体は左右前後、かなりゆったりしています。

さすが超高級ツーシーター。

そんな私の感想なぞ知らぬ娘は、がちゃがちゃ、ぐいぐい、ぱちぱち。

値段なぞ知らないから、いつものように激しく動かします。

写真奥の営業は、片時も離れなませんでした。

内心、どう思っていたのやら (^^;

2-3分遊んでいたら、営業のそろそろ降りて欲しいオーラを感じたので、娘を誘導して降りました。

私も運転席に座りたかったなぁ。

2013-05-22

憧れのDBS

[]たまプラーザ or あざみ野アストンマーチン事情 01:50


このところ、ボンドカーでもあるアストン・マーティンを立て続けに目撃して嬉しいのです。

まずは4月28日、駅前通りで憧れのアストン・マーティンDBSを目撃!

そう、『カジノ・ロワイヤル』に初登場し、『慰めの報酬』冒頭でも活躍した、フラッグシップカーです。

走っているのを見たのは2度目でしょうか。

色はカジノ・アイスじゃなくてガンメタル系の色でしたが、カッコ良いなぁ。

因みにお値段は新車で3千4百万円くらいナリ f^_^;


お次は今月19日、またしても近所でRAPIDE(ラピード)を目撃!

4ドア4人乗りのAT車ですね。

お値段は新車だと2,300万円くらいとの事。

このRAPIDEは色もボンドカーDBSに近い、光沢ありの明るめのグレイでした。

f:id:Horka:20130519112712j:image


この近所は、M田さん情報では日本一外車が多い地区とか。

確かにベンツ、BMV、アウディがごろごろ、ポルシェとフィアットも珍しくありません。

腐るほど見掛けます。

でもさすがにアストンマーチンは価格がそれらと桁外れに違うからか、滅多に見ないなぁ…と思っていたら、近所にオーナーが何人かいるようです。

いや、ひょっとしたら同じ人かも知れないけれど。

…いや、ひょっとしたらジェームズ・ボンドが住んでいるのかも知れないけれど。

bird1523bird1523 2013/05/27 10:19 確かにこの辺りの高級車率は異常ですよね。なんでも最終学歴が大学院って人の割合が全国でも1〜2を争うらしいですから、高額所得者が多いのでしょうね。私の住まいのある川崎の麻生区も大学院への進学率は高いらしいのですがあまり高級車は見かけません(;´Д`)

HorkaHorka 2013/05/28 02:26 bird1523さん、今晩は。
高額所得者が多いのは間違いないでしょうね。
要塞みたいに高い塀に囲まれた豪邸もあちこちにありますし。
そういう家には監視カメラも設置されているので、カメラの前にうっかり出たら撃たれそうです (^^;

2012-04-18

A3運転席

[]代車はえーすりーちゃん 21:15


1年点検の時期になりましたので、愛車のアウディA4 Quattroことトロちゃん(娘はそういって可愛がっています)を点検に出しました。

幼稚園の迎えに行き、「トロちゃんは今日、お泊りだから、これから連れて行こうね」と言うと、娘は涙ぐんでしまいました。

大丈夫だから、明日には帰って来るよと言うと、涙をぽろぽろ流しながら納得してくれました。

4月から幼稚園に転園したので、別れとかに敏感になっているようです。


雨中、ディーラーにて車を交換。

明日お迎えに来ようね、今日はこの子だからねと娘に言うと、娘は「なんておなまえなのー?」と訊いてきます。

一瞬考えて「えーすりーちゃん」と教えてあげました。

我が家のA4よりグレードは1つ下のA3でしたが、新車なものですから、最近のアウディの傾向通りに車体はかつてより大き目です。

実質、我が家のトロちゃんと殆ど同じ大きさです。

車幅はほぼ同じ、室内はむしろ広く感じられます。

ハッチバックタイプのものを借りたのでトランクは大きい…と言いたいところですが、幅が狭い。

ベビーカーは横に入りません。

これはオーディオ用のアンプが大きくなったからだそうです。


MTのトロちゃんに対し、こちらはAT車

最近の車らsく何やらボタンやらスイッチやらがたくさん付いていますが、さっぱり分からず。

まぁ一晩だから運転さえ出来れば良いでしょう。

計器類の発光がカッコ良いですね。

アクセルの反応も良く、踏むと簡単にスピードが上がります。

まぁ、MT車に慣れていると、それが怖いのでもありますが…


最近のアウディを代車で借りる度に思うのですが、どうもブレーキに慣れません。

ちょっと踏むとカックンと止まります。

妻も運転するとカックンとなります(^^;

ディーラーに聞いたところ、昨今のアウディは安全対策で制動距離を短くする方向でブレーキ調整しているのだとか。

カックン・ブレーキを滑らかに停車するのは殆ど出来なかったですね。

まぁしかし、全体に小気味良い運転が出来るのは確か。

外観も内装もデザインが良いし、ここ数年のアウディの好調振りが分かります。

このようなファミリーカー的存在でさえそうなのですから、高級車になればもっと実感するのでしょう。

スポーツカーのR8とかも一度で良いから運転してみたいものですよねぇ。


f:id:Horka:20120414125305j:image


翌日、トロちゃんは殆どNGも出ずに帰宅しました。

但し車軸周りのブーツ交換が発生したので、こちらはボーナスが出てからにしましょうか。

トロちゃんはかくも金食い虫でもあったのでした(^^;

2011-04-22

代車のEKワゴン

[]ようやっとの帰還 22:17


先月触れたように、我が家のトロを車検に出す事になりました。

結局ディーラーではなく外車専門の車検屋をネットで見つけ、評価も高かったのでそこにお願いしました。



車検、修理費用は込みこみで70万円とディーラーと余り変わらずでしたが、今回は資金不足もあったので車検+安全性に関わる個所の修理と依頼しました。

それでも結局40万円以上掛りましたが。


車検費用の最高記録更新です \(T_T ) ( T_T)/


営業担当に来宅してもらい、その場で大雑把な検分、代車と交換で渡しました。

担当の方は大の車好きのようです。

話も面白かった。

シャーシが日本車の偽フェラーリ等は7-800万円もするが、結構需要があるとか、色々と興味深い話を聞かせてもらいました。

アウディのA4でマニュアルは珍しいですねぇ。貴重ですよ」等と嬉しい事も言ってくれます。

お上手ですね。

代車は三菱のEKワゴン。

軽の代車は初めてですね。

軽自動車というと燃費が良いのかと思っていましたが、とにかくガソリンがあっという間に無くなるのに少々驚きました。

タンクが小さいというのもあるのでしょう。

また自分の車に比してスピードが相当遅いので、ついついアクセルを踏んでしまうというのもあるのでしょう。

まぁハイオクではなくレギュラーなのが救いでしたが。

車体は後ろも前も短いので、車幅感覚が掴みやすく小回りもしやすかったです。

保育園の送り迎えにも活躍してくれました。

コラム式なのも変わっているので楽しい。

もっともAT車は運転中にする事が少なくて眠くなります。

普通の人はそんな事はないのでしょうか。

代車はこちらでは珍しい「なにわ」ナンバー(^^

さくら車検の事務所が大阪にもあるからだそうです。


さてようやくこの日に戻って来たトロ。

足回りも含めて綺麗になっていました。

ブレーキパッドは残り2cmだったので、ダストが出ないタイプに交換。

エンジン部のベルトもひび割れていたので交換。

その他あれやこれやで結構メンテナンスされました。

問題はクラッチ

かなりへたっているので近々交換が必要との事。

これが20万円程掛ります。

年内に費用を工面しないとなぁ。

f:id:Horka:20110422225514j:image


営業担当が言うには、「調べれば調べる程、貴重な車だと分かりました。人気もあるので、きちんと整備すれば売れますよ。部品調達の為にアウディに電話したら、”まだ乗っているお客さんがいるんですか”と言われました(笑)」との事でした。

何でも10万キロが廃車の目安となる日本車と違い、この車は16万キロくらいまで余裕とか。

理由を尋ねると部品の違いがあるとか。

逆に高級車でもアメ車は四季の無い、乾燥したアメリカ国土を想定しているので、日本に持ってくると湿気にやられてしまうそうです。

以前白須さんから伺った、JBLのスピーカの話を思い出しました。

因みにこの営業の方、首からスクウェアエニックスのストラップを付けていたので訊ねた所、以前そちらで働いていたとか。

奥様は未だにスクエニ勤務だとかで、2-3年後に出す予定のゲームにも関わっているそうです。


しかしこうしてみると、家のローンと車の維持費は、老後も含めた家計からすると馬鹿らしい、という意見にも概ね賛成してしまいます。

それでも気分的な快適さを求めると、家も車も頑張って自分のものを手に入れようとしてしまう。

カーマニアでもない私でさえそうなのですから。

結局は自分(達)の人生に何を求めてしまうか、という価値観に依りますけれどもね。

ajisaiajisai 2011/05/01 19:35 なにわナンバーのajisaiです(笑)

40万も掛かったんですか。
すごいなあ〜〜〜〜。
私なんて〜〜〜〜、スイフトどこかに逝っちゃうかも?
維持できないんですよね。2台あるし。。。。
でも、スイフトをってことも考えるのですが。。。。難しい。

家はまだしも、車は、かなりの消耗品なので、形があってないようなものですね。ず〜〜〜と所有しておくのは無理ですし。

HorkaHorka 2011/05/01 22:20 ajisaiさん、今晩は。
お陰様で世帯当たりの金欠度がかなり高いです(T0T)ノ
車が消耗品というのはその通りですね。
なのでどこまでお金を掛けるのか、その人の趣味度や経済面に左右されると思います。
だから若者の車離れも激しいのではないでしょうか。
もっとも楽しい車を啓蒙してこなかったメーカーの責任は重大ですけれども。

2011-03-26

アウディA4ステーションワゴン

[]Audi A4 × 2 22:35


愛車のアウディA4クワトロディーラーに持って行き、車検の見積もりを依頼しました。

すると今日は数時間掛るとの事。

いきなり持って行きましたからね。

車が無いと困ると言うと、たまたま1台代車が空いていたので借りる事になりました。

諸々の手続き等の間、妻子はブロックで遊んだり、塗り絵をしたり。

ここは子供が勝手に遊んでくれるので、親としては楽で有り難い店なのです。


代車は同じくA4のステーションワゴンタイプです。

中に入ると、おぉ広い。

前後だけではなく左右もかなり広く、車幅感覚も少々違います。

で、例によってオートマ(AT)車。

愛車のトロはマニュアル(MT)車なので、AT運転は「たどたどしい運転だね」と妻にも言われてしまいましたぁ (#・∀・)


最近のAT車は、もう教えてもらわないとよく分かりません。

エンジンの掛け方も担当ディーラーに教えてもらった分かりました。

キー自体、いわゆる鍵状でないし。

f:id:Horka:20110326152551j:image

前後対象の形状なのです、これが。

差し込んだ先にキー状部分などありません。

これはこのメーカーの個性なのかも知れませんが。

ブレーキペダルを踏み付けながらハンドルの左側の窪みにぐっと差し込むと、静かにエンジンが掛ります。

キー自体を回したりもせず。

そういや『カジノ・ロワイヤル』と『慰めの報酬』に搭乗したアストン・マーティンDBSも、透明プラスティック板状のキーを差し込むと、ゆっくり吸いこまれてエンジンが掛るそうですね。

カッコ良いなぁ。

このA4で一瞬困ったのは、一見するとサイドブレーキが見当たらない事でした。

教えてもらわなかったので、はてどうしたものか。

シートの横手にレバー式ブレーキが無いのは最近の車らしいですが、国産車でよくあるらしい、MT車クラッチ位置にあるペダル形式のブレーキもありません。

ふと見ると、シフトレバーの近くに「P」を○で囲んだアイコンが印字されているスイッチがあります(下記写真赤丸部分)。

f:id:Horka:20110330223408j:image

これを引っ張るとスイッチのランプが点灯。

どうやらこれらしい。

一応、マニュアルとダッシュボードから引っ張り出して確認したら当たっていました。

ハンドル部分も意味不明なスイッチ類だらけ。

f:id:Horka:20110326152611j:image

ついぞよく分かりませんでした。

ふう。


運転してみての感触は、私が乗っているトロに比べてハンドル操作が繊細に感じられる事。

車体は大きくなったのに小回りが利くのです。

作りが上手いのでしょうね。

かと言ってゆるゆるで不安定ではなく、しっかりしています。

この感触には好感を持ちました。

トロ購入前に検討したメルセデス・ベンツEクラス(もちろん中古)も試乗したら、同様の感触を得た事を思い出しましたね。

ステーションワゴンタイプでしたが、確かに荷物は多く積めそうだけど、今でも十分以上に荷物を積めるので、その点には余り魅力を感じませんでした。

カッコ良くないし(^-^;


さて夕方、見積もりを確認&代車返却の為にディーラーに行くと、ありゃびっくり。

車検見積もり75万円と出て来ましたとさ。

車検に関係ない、修理項目もありましたが、車検と無関係の要修理項目も雨あられ。

要修理項目込みで50万円は掛ります。

総走行距離が6万キロであっても1998年生産の車なので、あちこちガタが来ていたようです。

こりゃ困った。

そんなお金も無いし。

しかし安全性には変えられないし。

車買い直すか?

いえいえ、それもまたお金無いですよー。

担当の方とは色々とお話伺って面白かったですけれどもね。

アウディは自前の工場にて車検を行っていて、陸運局よりも厳しい査定を行っているとか。

陸運局の抜き打ち検査でまずい事が見つかると、自前の工場で車検を行えなくなるので、厳し目の車検を行っているそうです。

また私だけでなくMT車好きは多く、MT車販売の要望も多い。

そこで数年前にBMWがMT車を出したら、予想以上に全く売れず、すぐにラインナップから外れてしまった。

MT車を望む声と実際に買うお客さんの数には相当に開きがあるのではないか、と。

これは十分考えられそうですね。

首都圏近郊で家族ありだと、MT車は買いにくいでしょうし。

因みに今のアウディでMT車は『アイアンマン』でロバート・ダウニー・Jrが乗っていたR8のみ。

担当の方はMT車好きだそうで、R8は「運転してとても良かったです」とおっしゃっていました。

まぁそうでしょうねぇ。

1,600万円もする車だし。


等とお話伺っていましたが、私の帰り際に「今のアウディAT車に搭載されているSトロニックは良いですよ。あれを運転すると、MT車の時代は終わったのかも知れない、と思います」とおっしゃいます。

すかさず営業活動ですか。

隙を見逃しませんね。

今は買いませんが、試乗させてもらいましょう。

運転したのはやはりA4のSトロニック搭載版。

基本はマニュアル構造だそうです。

エンジンの掛け方等は先のA4同様。

シフトレバーの「D」の所でボタンを押しながらレバーを左側に動かすと、Sトロニックが駆動するようになっています。

このモードでのマニュアルでのシフトチェンジは、ハンドル奥左右にある「−」と「+」を書かれた像の耳のようなボタンを使います。

上げたい場合は右手で「+」と、下げたい場合は左手で「−」を押します。

するとギアが変わるのです。

Sトロニックの間は、アクセルをいくら踏んでも通常のMT車のように勝手にシフトが勝手に上がって行ったりしません。

AT車の何が怖いって、勝手にスピードが出てしまう事ですからね。

運転しての感触は、「エンストしないMT車」。

シフトレバーが無いのは寂しいですが、非常に合理的に出来ていました。

チェンジする場合もハンドルから手を離さないのだから、安全上も有利な筈。

エンジンブレーキも良く効きます。

AT車嫌いの私でも良いなぁと思いました。

でもやっぱりシフトレバーが欲しいですけど(*^-^*)


結局、先立つ物も無いし、車でローンなどしたくないので、今のトロを乗り続ける事にしました。

車検は外車専門の車検屋に依頼しましたが、さてどのような値段になるのかは分かりませんけどね。

多少、安くなる筈です。

take51take51 2011/03/31 22:29 最近の車は座っても戸惑うばかりです!

お客さんのレクサスを運転した時の話です。
まず座ってもエンジンのかけ方は解らない(汗)
いざ掛かっても、ドライブの入れ方が解りませんでした(笑)

面白かったのは持ち主であるお客さんも
使い方を全く解ってないこと。そんなものなんでしょうね(笑)

しかし車検で75万は凄いですね(^▽^;)

HorkaHorka 2011/03/31 22:59 take51さん、今晩は。
昨夏借りた国産レンタカーのAT車は分からないという事は無かったのですが、アウディやレクサスといった高級車は色々と複雑な機能が付いているのでしょうね。
オーナーも使いこなせないくれいに複雑な機能って、AVアンプにも通じるような気がします(^^;

75万円、払えませン (>0<)

ajisaiajisai 2011/04/01 12:31 75万円ですか〜〜。軽自動車買えちゃいますね。

うちも、今いろいろとお悩み中です。
ワゴンR、お父さんの形見のスイフト(この間、乗っていったものですね)
ワゴンR、まだ、乗れるんですよね(13年目ですが、悪いところがまだないので)
スイフトは、もうそろそろ、判断して欲しいとの事。
うちの今の現状では維持できないんですよね(汗)

うーーーん、昨日も弟君と妻交えて、話し合っていたのですが、なかなか答え出ずです。

HorkaHorka 2011/04/01 18:42 ajisaiさん、今晩は。
75万円だと軽が買えちゃうのですか。やはり軽は安いのですねぇ。
そちらもお悩みとの事。
車って維持費も掛かるので、こういうときに色々と悩んじゃいますよね。
でも思い入れもあるし、簡単に手放せませんし…(´・ω・`)

2010-08-22

FACE-PROの代車ポロちゃん

[]新車みたいにぴっかぴか 15:51


最初に言っておくと、トップ写真の車は借り物になります。


もっと前にする予定でしたが、色々と出費が重なったので、車のコーティングが今頃になってしまいました。

本来は半年以上前にするつもりだったのですが、止むを得ません。


自動車好きの方はマメにワックスがけも含めた洗車をするのでしょうが、元々不精なものですから、今のクワトロ(通称:トロ)になってからはガラス系樹脂コーティングをしています。

ワックスがけ不要、シャンプーでの洗車のみでOKというのが理由です。

ワックスはいざ実際にすれば楽しいのですが、中々腰が重くって…(^^;

前のホンダ コンチェルト(通称:コン太)は、余りにワックスがけしなかったので、最後の2年くらいは塗装がはげてしまっていた箇所もあったくらいです。

しかし今の車は中古で購入したとは言え、はげてしまうとみっともない。

そこでコーティング、という訳です。


中古で購入直後にガラスコーティングをお願いしたのと同じ店…と思っていたのですが、領収書など見つからず。

ネット検索したら同じロゴマークがあったので同じ店かと思いきや、どうやらフランチャイズが同じで違う店だったようです。

ともあれ、店長の堀水さんとメールでやりとりし、色々な種類がどう違うのかなどを確認した上で、S7というワニスを使ったコーティングを依頼することになりました。

S7は雨染みも付きにくく、水の流れはやや親水とのこと。

擦り傷にはやや弱いとのことですが、擦ったら他のコーティングでも傷が付くだろうと、これに決めたのです。

質問にも丁寧に回答して頂けたので、印象も良かったです。


娘の保育園送り迎えがあるので代車が必要な旨伝えたら、無料でフォルクスワーゲン・ポロ(1999年)を貸してもらいました。

お店のサイトによると、ポロちゃんと言うそうです。

さすがに外も中も綺麗です。

はい、もちろんオートマ(AT)、カーナビ付き。

すっかりMTの運転が染み付いているので、少々たどたどしく運転してしまいました。

問題はウィンカーやワイパーなどの操作です。

私のA4は右ハンドルでもウィンカーとワイパーは国産車と逆に付いています。

つまりウィンカーがハンドルの左側で、ワイパーが右側。

ところがポロは国産車と同じ左右に位置していました。

左折しようとしたらワイパーがしゃー、しゃー、と動き出し、後部座席にいる妻に「こわいよー」と笑われてしまいました(^^;

アウディはワーゲンと同じグループ会社なのに何故違うのだ?などとぶつぶつ言いながらでしたが、5ドアのハッチバックは小回りが効いて車庫入れし易いですね。

ポロちゃんの我が家での2泊3日の間に、ごく近所の温泉センターに行ったりしましたが、とても扱い易かったです。


さて納車の日。

雨もない猛暑の昼に帰宅したトロは、まるで新車のようにピッカピカでまぶしいくらいでした。

f:id:Horka:20100821151801j:image

ホイールから何から何まで、ぴかぴか。

中も娘の煎餅の食べこぼしなどで粉っぽかったのが、綺麗綺麗。

もう汚させないぞ、と誓うのでした(直ぐに粉々するでしょうけれども)。


綺麗に納車されると、何でこうも嬉しくなるのでしょうね。

不思議なものです。

それにしても、ドアの内側から何から、いちいちあちこち綺麗になっていて感心しました。

さすがプロ。

仕事振りが美しい。

お願いしたのはコーティングだけなのに、とにかく綺麗です。

コーティングでピカピカに納車されたのに、もし室内は埃やゴミが残っていたら、ちょっと気分がそがれますからね。

顧客起点でお仕事されている証しだと思いました。


因みに娘はポロちゃんを「おにいしゃんのくるま」(堀水さんのことを「お兄ちゃん」という意味で)、トロのことは「○○ちゃんのくるま」(○○は自分の名前)と言っていました。

自分の車ならば、尚更綺麗にしてくれよぉ。


スタッフの方々の仕事振りには満足しました。

また次回もお願いしたいと思っています。


  • FACE-PRO (有限会社 フェイス)
  • 住所:神奈川県川崎市多摩区宿河原5-17-1
  • 電話:044-922-9911
  • 公式サイト:http://www.face-pro.co.jp/

ajisaiajisai 2010/08/23 18:36 すごく写りこんでいますね。
綺麗!!

久々にオートマ乗るとって分かる分かる(笑)
私も、今、妻の実家の車を借りているのですが、カクンカクンしちゅいますから。

horimizuhorimizu 2010/08/23 22:22 こんばんは!
この度は真にありがとうございました。只今、感激しております。
何かございましたらいつでもご用命下さいませ。
ちなみにこの私、“お兄ちゃん”って歳でもないんですが・・・。お恥ずかしい。
4?歳ですから・・・。
またのご依頼、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。
この度は、真にありがとうございました。

HorkaHorka 2010/08/23 23:57 ajisaiさん、そうなんです、とても綺麗にしてもらいました。
久々オートマの感覚、お分かりですか(^^
ATの方が操作が簡単なのに、人間は慣れからの瞬時脱却は難しいというのがよく分かります。
瞬時に適応するボンドやボーンの凄さがよく分かります(^^

HorkaHorka 2010/08/23 23:59 horimizuさん、今晩は。
わざわざコメントありがとうございます。お陰様で楽しい思いをしました。今日早速、娘が車内で煎餅を砕いてしまいましたが…(^^; 週末の明るい内に掃除機掛けないといけません。
今後とも宜しくお願いします。

えびパンえびパン 2010/08/24 12:25 コーティングも本当に色々あり、どれが自分にとってのベストなのか悩みますね。
前車新車時にガラスコートの初期タイプを処理して良かったので、現車にも新タイプを施工して
満足してます。
でも結局信頼のおけるショップさんと出会えるかが大事だったりしますが。

自分もトロと同じウインカーで8年乗ってますが、たまに借りた国産車に乗ると交差点ワイパーやっちゃいますねwww

昔疑問に思って調べたのですが、日本のレバー位置(右ウインカー・左ワイパ−)は世界的にも珍しいそうで
何で日本だけ世界標準とは逆なのかは世界標準を決める時に主要国ではイギリスと日本が今の日本式を主張したが、土壇場でイギリスが寝返ったので日本だけが今の位置になったそうです。
ポロやゴルフは世界的にも販売台数自体が多いので日本仕様レバーを作ってもペイ出来るからと聞きました。

ponkichiponkichi 2010/08/24 13:06 こんにちは。
初めまして。私はS7について少し詳しい人間です。
このコーティング剤は従来のコーティング剤とは異なり最新の技術が詰め込まれております。
耐スリキズ性の考え方を、従来の硬さにより耐スリキズ効果を得るのではなく被膜自体に柔軟さ
を持たすことにより衝撃を受け止めキズを入れにくくするという発想です。
この発想は自動車に使われている最新耐スリキズ性クリヤの考え方からきています。
通常の環境下と通常のお手入れでは、従来のコーティングよりよりキズが入りにくく
又厚みの有る被膜感と光沢に優れています。水の動きは超撥水(水玉コロコロ)には
ならず流れ落ちるような動きから幕引きをするような水の動きになりますので汚れにくく
お手入れも簡単です。
コーティング剤が優れた能力を持っていてもその効果と美観を発揮するには加工前の処理が
一番の肝になっております。今回のお車が素晴らしくキレイなのは時間をかけ細部に渡り汚れ
という汚れを完全に落とし、スクラッチキズと言われるコキズを全て丁寧な研磨作業により
除去しているからしの美しさは成り立つのです。
良い施工店で加工をしてもらい良かったですね。

HorkaHorka 2010/08/24 23:29 えびパンさん、今晩は。
ポロの日本仕様レバー位置はそういうことでしたか。勉強になります。確かにアウディに比べたら生産台数も全く違うでしょうしね。
交差点ワイパーは、やはりそうですよね(^^
今回、信頼出来るお店と知り合えて良かったです。こういうのは本当に縁だと思います。

HorkaHorka 2010/08/24 23:32 ponkichiさん、始めまして。拙blogにようこそ。
S7についての解説、ありがとうございます。
今回、堀水さんのお勧めと、こちらの質問に対して納得の行く答えが得られたので、S7にしましたが、正解だったようですね。
それと確かにスクラッチキズが見当たりませんでした。なるほど、かなり入念な下準備がされているからなのですね。勉強になります。。
仰るとおり、こちらのお店にお任せして良かったと思っています。こういう縁は大切にしたいものです。

HAMAHAMA 2010/08/24 23:59 綺麗ですね・・・。車はゴテゴテといろいろ付けるより、磨くのが一番ですね。私のミニは週一、洗車&ワックスをしています。当初、固形ワックス使ってましたが、今は作業性が格段に良い液体ワックスを使っています。ミニは表面積がたいしてないので、作業が気にならないのですが、カミさんのフリードはそうもいきません。新車購入時にコーティング・オプションがあったので、やっとけば良かったかな、なんて最近は思いますね。

ところで、交差点ワイパー、私は今だにやっちゃって恥ずかしくなります。両方の車を交互に運転したときは、殆どお約束事ですね。

HorkaHorka 2010/08/25 21:57 HAMAさん、今晩は。
2台洗車とは大変ですね…。私にはとても出来そうもありません。HAMAさんのミニは営業車も兼ねているので、かなりきっちりピカピカに磨かれているのではないでしょうか。
私も以前、ワックスがけをちゃんとやっていたときは、液体ワックスにしていました。父は固形ワックスを使っていて手伝うとかなり大変だったのですが、友人の洗車を手伝ったときに液体を使っていて、かなり楽だったのです。
交差点ワイパー、やはりされていますか(^^;
交差点でワイパーが動いている車を目撃したら、ナルホドそういう運転手さんですか、と納得出来ますね。