ヒューイ&デューイの日記(私見運用版) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-09-26

[]第54回全日本模型ホビーショー

f:id:HueyAndDewey:20140926165627j:image:w500

本日より開催東京ホビーショーのレポートです。例によって趣味性は高く速報性は低い。しかし例によって東京のホビーショーはキービジュアルが弱い…

f:id:HueyAndDewey:20140926165949j:image

まずはビーバーコーポレーションのブースからMENGモデル初の船舶模型「太平輪」です。近日公開予定の映画からの立体化となりますが、国共内戦時に台湾へ避難する途上事故で沈没した船…らしい。お話としては「中国版タイタニック」なのだそうです。


f:id:HueyAndDewey:20140926170313j:image

向こうじゃ有名…なのかな?会場では予告編も上映されてます。キットの方はスナップフィットにマルチカラー成型、電飾ギミックもありで既存の同社製品とは一線を画すものとなりそう。これまでがタミヤ風なら差し詰め今回はバンダイ風だとのコメントがありました。

一般公開日にはサンプル間に合うと良いのですけど。


f:id:HueyAndDewey:20140926171013j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926171101j:image

キティホークモデルからは1/32OV-10Dブロンコ、機首ターレット内部まで再現の大型モデルや、


f:id:HueyAndDewey:20140926171236j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926171419j:image

HKモデルの1/32ドルニエDo335B-2、エアフィックス1/72ビッカース・バリアントBK Mk.1など大型航空機モデルが数多く展示されています。


f:id:HueyAndDewey:20140926171602j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926171652j:image

陸戦モノではパネル展示ですがパンダホビーのトールM1自走地対空ミサイルやMATVなどの現用アイテム、


f:id:HueyAndDewey:20140926171843j:image

エデュアルドのM4A1シャーマンなどが発表されています。その他TAKOMやアミュージングホビーなど取扱品目のサンプル展示・販売も行われておりますので一般公開日には是非お立ち寄りくださいまし。


f:id:HueyAndDewey:20140926172134j:image

ツイッターで話題となったエレールの1/72シャーマンもあります!


f:id:HueyAndDewey:20140926172332j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926172541j:image

ここからはバンダイブース、みどころはやはりスターウォーズ製品の本気度合いでしょうか。1/72X-ウイングを皮切りに怒涛のペースで毎月アイテムリリースラッシュです。


f:id:HueyAndDewey:20140926172823j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926174654j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926173152j:image

胴部で分割されるアストロメク・ドロイドはR2-D2とR5-D4の二体がセット、ノーズ部分の形状違いも含めて劇中プロップの形状違いを再現しています。機体後部、M4シャーマンのプラモパーツが使われている有名なディティールもご覧の通り。


f:id:HueyAndDewey:20140926173747j:image

ダースベイダーアドヴァンスド・タイファイターのパーツはソーラーパネルのパネル部分とフレームでパーツを分割し、分割されたパーツをランナーのまま組み立てることが出来る模様。Vガンダムのキットを思い出すようでは人間が古いのだろうなあ……

その他先のおもちゃショーで発表されたアイテムも正式価格と販売日時が決定、そして数多くの新規アイテムが発表されていました。


f:id:HueyAndDewey:20140926174232j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926174326j:image

1/48AT-ST、1/4の大きなR2-D2、


f:id:HueyAndDewey:20140926174458j:image

スケール表示こそ無かったもののやたらとデカイAT-ATは電動で脚部をノシノシ頭部をグリグリ動かしてオマケに光る。


f:id:HueyAndDewey:20140926174745j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926174818j:image

パネル展示ではサンドトルーパーやスカウトトトルーパー&スピーダーバイクが新たに発表されってそうそう、AT-STも含めて「ジェダイの帰還」も版権取得したんですね。会場のモニタ映像では「シスの復讐」も流れていたけどそっち方面まで手を広げるんだろうか?


f:id:HueyAndDewey:20140926175146j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926175258j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926175332j:image

そしておどろいたのはスレーブ1やらY−ウイングやらおまけにスノースピーダーまで!


f:id:HueyAndDewey:20140926175647j:image

スノースピーダーだけは試作品がありました。会場ですごくギモンに感じたことがあったけど、さすがに杞憂だと思われる。そういえばミレニアム・ファルコンが並んでないのはフシギ……


f:id:HueyAndDewey:20140926180212j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926180304j:image

ヤマト2199はガトランティス帝国ナスカ級中型宇宙空母が1/1000シリーズにも登場です。メカコレサイズのデスバテーターが付属で……


f:id:HueyAndDewey:20140926180538j:image

下からのアングルで見上げると!飛行甲板を支える支柱が実に「航空母艦」してます。ナスカってこんなカッコよくなっていたのかー!!


f:id:HueyAndDewey:20140926180745j:image

波動砲口蓋や安定翼など追加パーツ付属のコスモリバースVer.ふくめて新作劇場版に向けたアイテムですね。


f:id:HueyAndDewey:20140926180947j:image

メカコレ新作のコスモファルコンなんだけど、会場に展示されていたのは光造形試作を着色したもののように見えましたが…・・・以前電撃ホビーマガジンに付属していたのとは別物になるのだろうか??


f:id:HueyAndDewey:20140926183255j:image

ガンプラ関連ではPGユニコーンガンダムが会場発表……とはいえパネルのアナウンスのみでした。


f:id:HueyAndDewey:20140926183435j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926183636j:image

RE/100のガンダムMK3ともども11月のガンダムEXPO待ちということでひとつ。今月模型雑誌の発売がわずかに先行しちゃったんで情報のタイミングがどうもなあって感じなのかな。

f:id:HueyAndDewey:20140926184029j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926184152j:image

とはいえR・ギャギャの試作は雑誌に載ってなかったのでこれが初お披露目。ノーマルのR・ジャジャへの発展も当然見込まれるでしょうね。

f:id:HueyAndDewey:20140926184423j:image

シールドの裏側には巨大なバルカンが隠されていてかなり凶悪。サザキ妹のキャラデザインもかなり……


f:id:HueyAndDewey:20140926184617j:image

「ひとりドラグナー」なんて言われていたガンダムEz-SRはたぶんこれ3体で1チームになるんでしょうね。ゲルポック隊なんてのもいたよな。


f:id:HueyAndDewey:20140926184919j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926184809j:image

追加兵装はEz-ARMSとして単品販売もされるんだけど、少なくともレーダードームは付属しないようでパーツ構成が気になりますね。


f:id:HueyAndDewey:20140926185157j:image

ベアッガイFは  あざとい  カワイイ。番組中でこれを作るのはカミキ・ミライさんだそうで、もしもチナ委員長(20)だったら俺死んでた。危ないところだった。 


f:id:HueyAndDewey:20140926185603j:image

ウイニングガンダムの飛行形態はアンテナが主翼になるのですか。SDの強みを活かしてか、なにげに完全新規なんだよなこれ。


f:id:HueyAndDewey:20140926185754j:image

ライトニングガンダムもどこにリガズィのパーツを使ってるんだか判然としないぐらい新規パーツは多そうです。コウサカ・ユウマくんがどんなキャラになるのかも判然としませんが、俺だけのオリジナルガンダム作るず!!でリガズィ選ぶあたり相当屈折した人物だと思って間違いあるまい。

f:id:HueyAndDewey:20140926191336j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926190207j:image

BB戦士でも発売されるビルドバーニングガンダムはまだよくわかりません!よくみるとインパルスっぽい形してるのは気になるところでありますが。


f:id:HueyAndDewey:20140926190550j:image

目下のところもっとも気になるのはラルさん役広瀬正志氏の体調不良と入院で、一日も早いご回復を願います。番組製作はまさに佳境というところですから、やはり誰かが代役と言うことになるのでしょうねぇ……


f:id:HueyAndDewey:20140926191715j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926192047j:image

RG新作はウイングガンダムゼロカスタム、羽裏ディティールは今回の売りです。やっぱりみんなズゴックよりもこういった機体のほうが好きなんだろうなあ。


f:id:HueyAndDewey:20140926191855j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926192209j:image

ツインバスターライフルの追加パーツは連載とタイアップしたガンダムエースの特別付録で、一応パネルにはフレーム共通で思わせぶりなシルエットである。


f:id:HueyAndDewey:20140926192541j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926192653j:image

MG新作はアストレイブルーフレームDです。白状してしまうとアストレイはずいぶん前からずいぶんわからないのだorz


HGUCの新作アイテムは無かったように思いますが、クロスボーンX1もアナウンス済みのものだ…よね?


f:id:HueyAndDewey:20140926192951j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926193040j:image

「Gのレコンギスタ」関連では宇宙用ジャハナム2種が発表されていました。ビルドファイターズトライもそうだけど大型キットの投入は(とりあえず)無いみたいで。


f:id:HueyAndDewey:20140926193322j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926193734j:image

情報は以前から出ているものでも、実際に見れば新しい要素はいくつも発見されます。モンテーロの肩関節はポリキャップの使い方が面白いし、グリモアに(やはりモンテーロにも)付属するビームワイヤーが薄い板状のカタチで安心しました。球状だったらヤバかったろうねえ、なにしろ主人公機がG−セルフっつーぐらいだからねえ。


f:id:HueyAndDewey:20140926193949j:image

そのG−セルフも宇宙用パックはコアファイターとセットでの単独製品化で、この「装備換装」のアイデアは富野カントクから出たものでは無いそうですしやっぱりビルドファイターズの売り方がうまく行ってるみたいです。おなじ装備換装MSといってもSEEDの頃とは事情が変わっているのだなあ。ガンダム本体を含まないことで各種バックパックのボリューム制約とかも変わってくるでしょうしね。


f:id:HueyAndDewey:20140926194329j:image

G−アルケインはごくフツーに変形ガンダムです(笑)


f:id:HueyAndDewey:20140926194811j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926195005j:image

レベルファイブ関連の新製品やマジンボーンのコーナー(かなり大規模)などは業者日よりも一般日のほうが温度高いかも知れません。


f:id:HueyAndDewey:20140926195213j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926195137j:image

ジバニャンはデカいプラモやら超合金やらと大人気で、大人気に水を差すようでアレですけど自縛霊と妖怪をごっちゃにしちゃって良いものなんだろうか。京極夏彦的な意味で。


f:id:HueyAndDewey:20140926195532j:image

コレクターズ事業部も出展していたのでAGPの愛宕さんと高雄さんを撮ってみる。顔よりムネにピントが合ってるのは気にするな。あと一般日でもこれを撮る時はガラス面に注意だ!うっかりするとこころが大破轟沈するようなモノが映りこんでしまうぞ!!


f:id:HueyAndDewey:20140926195945j:image

大和さんはまだ準備中でーす



f:id:HueyAndDewey:20140926200501j:image

ここからタミヤでMM新作IV号戦車70(V)ラング。砲身長くて見切れずに撮るのが結構大変。


f:id:HueyAndDewey:20140926200846j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926200918j:image

戦闘室上面ハッチは可動で砲身はナースホルンと同じく一体成型モノ。


f:id:HueyAndDewey:20140926201106j:image

パーツ一覧こんな感じで、鋼製転輪をのぞいた基本の足回りはナースホルンと共通のようですね。


f:id:HueyAndDewey:20140926201301j:image

新しい試みとしてはメタル砲身に主砲装填部分のランナーを同梱して車両単品の値段を下げるよう配慮しています。やっぱり今のまま天井知らずの価格高騰は不味いんだよなあ。


f:id:HueyAndDewey:20140926201711j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926201957j:image

パンツァーベルファーを「新式器材モルテイアー」と呼んじゃう男の人って……はともかく、連結キャタピラは非常に繊細なものです。


f:id:HueyAndDewey:20140926202323j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926202408j:image

トヨタAB型フェートンは実物を3Dスキャンした幌のディティールが売り物で、


f:id:HueyAndDewey:20140926202524j:image

完成見本でも見られるとおりボディの曲線は美しいものです。そして完成見本だとよく分からなかったけどボディ内側にもディティール在りますね。


f:id:HueyAndDewey:20140926202917j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926202951j:image

日本陸軍将校セットも実際の人物をスキャンしてモールドを作る最近のタミヤスタンダード。そして大事なことですが当初バイヤーズガイドで告知されたものとは付属品が変わっていて、よりいっそう「会議」的な状況に合致した無線機や電話機などがセットされます。前線では水筒代わりに重宝された湯たんぽもそれはそれで面白いんですが、それは将校よりは兵卒向きなアイテムで、今後の展開次第かなあ。


f:id:HueyAndDewey:20140926203401j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926203516j:image

ヨンパチ新作、装甲偵察車ディンゴMk.II。昔から有名なのは昔からタミヤがプラモで出してたからだよなあ。例えばアキリーズ自走砲と組み合わせたり出来るんだろうか、具体的な運用に関してはフィル・グリーンウッド氏に誰か聞いてきてください(丸投げ)


f:id:HueyAndDewey:20140926203814j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926204026j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926204059j:image

同じくヨンパチMM新作、一部パーツ追加でクルップの6輪トラックに牽引式ドアノッカーです。プラシャーシー化はソフトスキンにも進んでますね。


f:id:HueyAndDewey:20140926204343j:image

B1重戦車のシングルモーターライズは駆動系をボディ上部に供えてるところがユニークです。しかし今回のミリタリー関連新製品はガルパン要素高いぞなもし。


f:id:HueyAndDewey:20140926204537j:image

ブースには連合軍の車両とともに映画フューリーのチラシが掲示されていました、うまいこと連動してくれるとよいのですけれど。しかしですよ、1945年4月のドイツ兵300人って自転車に乗ったおじいさんと孫とか想像しますよすげえ弱そうですよ??


f:id:HueyAndDewey:20140926205150j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926205339j:image

1/32F4U-1Aコルセアは前作と同じようで色々違います。詳しいことは身の周りにいるコルセア好きのアメリカ人に聞いてみてください。


f:id:HueyAndDewey:20140926205518j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926205603j:image

……それで済ますとさすがに怒られるぞ。キャノピーはじめコックピット間連や、


f:id:HueyAndDewey:20140926205752j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926205852j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926205947j:image

増槽、500ポンド爆弾などが新規パーツとなっています。


f:id:HueyAndDewey:20140926210100j:image

今回の懐かしラジコン枠はファイティングバギー。リアサスペンションがよく作動するのを記憶しています。


f:id:HueyAndDewey:20140926210251j:image

ミニ四駆新製品は「Zウイングマグナム」で、フロントカウルを切除するとコロコロアニキに掲載された「ウイングマグナム」にもなるらしい。そんなことより


f:id:HueyAndDewey:20140926210601j:image

星馬豪くん大きくなりすぎ泣いた。なんで無精ヒゲとか生えてますかねこしたせんせいッ!!



f:id:HueyAndDewey:20140926211044j:image

ハセガワブースに移動しまして会場発表マクロス要塞艦。劇場版仕様で両腕はアームド級空母となってます。


f:id:HueyAndDewey:20140926211427j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926211617j:image

ガウォークバルキリーはTV版準拠でJ/A型仕様。思いのほか新作パーツ多めです。

f:id:HueyAndDewey:20140926211758j:image

スタンドも新作。


f:id:HueyAndDewey:20140926211926j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926212019j:image

昭和の香り濃厚なニッサンサニートラック、当初からオプションホイール同梱、車高調節ギミックありです。少ないパーツ点数ながら車体裏面まで完全再現で今回のホビーショー関連ではこれがイチオシ!だったりする。この青いボディが実に実に。


f:id:HueyAndDewey:20140926212351j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926212549j:image

1/48スケールの特別企画「撃墜王 蒼空の七人」は7機の機体、7人のパイロットフィギュアに加えてボーナスアイテムでリディア・リトヴァクが付属します。ヨンパチとはいえすげぇボリュームである。


f:id:HueyAndDewey:20140926212710j:image

ウォーターラインの天龍・龍田が完全新作リニューアルなんて数年前でさえ想像もつかないことでして。


f:id:HueyAndDewey:20140926212844j:image

1/12シリーズは三角コーンはじめとした「工事用保安器材」、プラヘルがいい味出してます。ハセガワブースのそこかしこでこの三角コーンが「お手を触れないで下さい」用途に使われてるのが面白かったっす。



f:id:HueyAndDewey:20140926213155j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926213309j:image

童友社ブースのホビーボス新製品ハンガリー軍タシュ重戦車。なるほど本物はこうなっていたのかって本物なんかネーヨ(w 模型だけ作って空襲により焼失……でしたっけ。この戦車についてはアーマーモデリング第5号の弱小枢軸国戦車特集に詳しい。いつの話だそれは。


f:id:HueyAndDewey:20140926213825j:image

童友社ブースに屹立するのは「城姫クエスト」のディスプレイ。城郭模型の老舗として是非この機会をつかまえてください。あと建設重機も萌えゲーム化されてますよチャンスですよ!



f:id:HueyAndDewey:20140926214236j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926214123j:image

アオシマブースでは機動戦闘車がいよいよ形になってました。サスペンションのギミック楽しい!!


f:id:HueyAndDewey:20140926214404j:image

ピットロードの74式戦車とコラボした特大型トレーラー。10式も乗るんだよねこれ。


f:id:HueyAndDewey:20140926214609j:image

リモコン磁力牽引車もロールアウト直前です。


f:id:HueyAndDewey:20140926214711j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926214749j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926214914j:image

カウルは透明パーツ、ロゴはデカールイプシロンロケットはずいぶん力の入った内容。


f:id:HueyAndDewey:20140926215052j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926215128j:image

ホビーショー開催前日に突然あおこのツイッターアカウントで公表されたUS-2は1/144スケールのプラモデル


f:id:HueyAndDewey:20140926215325j:image

おなじ1/144でもこちらは塗装済み完成品の自衛隊関連。まずはトラックからやるのがいかにもアオシマ的ですな。


f:id:HueyAndDewey:20140926215810j:image

アオシマブースでいちばんヒットしたのはこのアークロイヤルアオシマWLシリーズではリニューアルビスマルク以来?の外国艦、外国空母にいたってはキエフ級以来じゃないだろうか。


f:id:HueyAndDewey:20140926220026j:image

なんとブラックバーン・スクアが乗っているのだ。その他岡部いさく先生がみたら泣いてマーマイトを食べそうな艦載機群である……


f:id:HueyAndDewey:20140926220337j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926220745j:image

そんな冗談じみた話はともかく、舷側パーツがメリハリの効いたディティールで実にイイ感じです。最近は細かいパーツ分割よりも一体化されたパーツの中にどれだけの情報量やディティールを盛り込めるかが楽しい、そんな領域に達しつつある今日このごろ。



f:id:HueyAndDewey:20140926222931j:image

まるちぷるたいたんぱあ!はグリーンマックスのブースに展示。


f:id:HueyAndDewey:20140926223106j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926223136j:image:w500

夜間の保線作業をイメージして電飾完備。ガンヘッドコトブキヤのを使おう(そうじゃない)



f:id:HueyAndDewey:20140926223352j:image

なんて言ってるとコトブキヤのブースにはぴったりなサイズの連装砲ちゃんがあったりするのである。自分でも何を言ってるのかよくわからなくなってきました。


f:id:HueyAndDewey:20140926223559j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926223701j:image

Dスタイルボトムズ、バーグラリードッグはインジェクションで、ライトスコープドッグはレジンキャストでそれぞれ予定されとります。


f:id:HueyAndDewey:20140926223823j:image

ついに全裸男子のプラモデルが発売されます。世界よ、これがクールジャパンです。


f:id:HueyAndDewey:20140926224025j:image

キューポッシュには雷注意報が発令されています。八重歯の直撃にご注意ください。



f:id:HueyAndDewey:20140926224300j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926224342j:image

クレオスのブースから、激動のウクライナ情勢にもかかわらずミニアートの3号戦車B型サンプルが届いてました!


f:id:HueyAndDewey:20140926224454j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926224524j:image

C型とD型もリリース予定。


f:id:HueyAndDewey:20140926224714j:image

ズベズダのミニスケール新作はこちらもディンゴの、四輪操舵のMk.1型です。これの1/35はミニアートで出てましたな。


f:id:HueyAndDewey:20140926224932j:image

それでな、「クルセイダーIV」なるプラモが置いてあったんじゃが


f:id:HueyAndDewey:20140926225100j:image

どうみても巡航戦車(クルーザー)MK.IVです。本当にありがとうございます!!


f:id:HueyAndDewey:20140926225231j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926225301j:image

AFVクラブのチャーチルMK.IV工兵戦車(AVRE)ソダ束はホビーファンの品番だったんでレジンのカタマリらしいんですが……


f:id:HueyAndDewey:20140926225503j:image

カーペットレイヤーはカーペット付き。


f:id:HueyAndDewey:20140926225607j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926225713j:image

ようやく全貌を現したM60A1です。砲塔の鋳造表現も秀逸。


f:id:HueyAndDewey:20140926230237j:image

今度のショットカルはラム装備だっちゃ!


f:id:HueyAndDewey:20140926230349j:image

M24チャーフィーのWW2米軍仕様。ブロンコのキットは大変だって話なので、こいつが本命となりますかね。


f:id:HueyAndDewey:20140926225825j:image

ヨンパチでタイガー1とイージーエイトのセットはやっぱり映画を意識してでしょう。ところでヨンパチのイージーエイトってボスのかしら?


f:id:HueyAndDewey:20140926230030j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926230109j:image

AFVクラブがどこを目指しているのかよくわかりませんが、きっとそれは楽しいところなのだろうなあ。


と、AFVクラブの代理店はGSIクレオスなわけですが


f:id:HueyAndDewey:20140926230611j:image

エブロのブースになんの説明もなく置いてあった謎のディフォルメ戦車がAFVクラブ製だとの噂の真相を確かめるべくスタッフさんに尋ねてみたら……


「今はまだ言えない」ってどういうことなんでしょう?いちおーIV号D型とKV2、ねんぷちやにいてんごが納まりそうなキューポラですけど。


f:id:HueyAndDewey:20140926230934j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926231218j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926231339j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926231031j:image

プラッツブースのサイバーホビー関連ではもう何が発表されても驚かないけれど、エイブラムスはどこが違うんだかさっぱりわからなくて驚きます(w;


f:id:HueyAndDewey:20140926231453j:image

ウェーブのMA.K関連では遂に登場1/20グラジエーター。すごい迫力!そしてHJの連載初登場は曰くつきの回なんだよな確か。


f:id:HueyAndDewey:20140926231654j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926231746j:image

ゲーム関係ではハングオン筐体がイイですなーフィギュア絡めたいよねーこれ。


f:id:HueyAndDewey:20140926231858j:image

ビーチクイーンはプラウダ勢ですよ同志!


f:id:HueyAndDewey:20140926232016j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926232217j:image

またブース内では次のボトムズアイテムをターボカスタムかレッドショルダーか、いずれが良いかをアンケート調査していました。ワタクシ迷わず両方に丸つけて投票しようとしたところ「それはカウントされません」と止められたので仕方なく……皆さんならどっちが良いでしょうか?ホントは宇宙用ファッティーとかほしいんですけれど。


f:id:HueyAndDewey:20140926232511j:image

ピットロードに在ったシドニアはほぼ鈍器。

f:id:HueyAndDewey:20140926232613j:image

ガルパンエンディングシリーズはIV号F2型、フィギュアの方は試合用ユニフォームで新規造形です。


f:id:HueyAndDewey:20140926232801j:image

f:id:HueyAndDewey:20140926232838j:image

ガルパン関連ではファインモールドから塗装済み完成品USBメモリが2タイプ6種類。


f:id:HueyAndDewey:20140926232954j:image

会場発表はまさかの三菱リージョナルジェット、ファインモールド初のエアライナーアイテムでした。


f:id:HueyAndDewey:20140926233117j:image

意外に一般受けしそうではある。空港の売店とか、従来よりも広い販路を開拓くしていくような製品でしょう。

さてそろそろ日付も変わりそうなのでここらで仕舞いと致しますか。



f:id:HueyAndDewey:20140926233407j:image

一般日にはイベントも多く開催されますし、


f:id:HueyAndDewey:20140926233513j:image

会場内には綺麗どころも大勢いらっしゃいます。コンパニオンさんだけでなく、メーカースタッフにも美人さん多いのよ。


f:id:HueyAndDewey:20140926233723j:image

是非とも足を運ばれて、模型の楽しさにも存分に浸っていただきたい。


最後まで見てくれた方には特別、業者日の会場内でもごく限られた時間にタイミングが合わないと見られなかった、


f:id:HueyAndDewey:20140926233942j:image

バンダイブースの大和さんとアオシマブースの飛龍さん&金剛デース!さんの夢のスリーショットをちょっと大きな画像でサービスサービス!


f:id:HueyAndDewey:20140926234156j:image

でも個人的イチオシはトミーテックブースのAT-4ぶっ放すぞお姉さんです特に眼鏡が!大事なんです!!


おしまい。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

2014-07-28

[]ワンダーフェスティバル 2014夏 (その2)

f:id:HueyAndDewey:20140728071920j:image

企業ゾーンの続きから。


f:id:HueyAndDewey:20140728072051j:image

アオシマはいわゆる大手模型メーカーのなかでもワンフェスにうまく対応していて、ホビーショーと比べれば小さなスペースでも非常に集客効果が高い出展をやっています。今回の大きな会場発表は1/72スケールの機動戦闘車(プロトタイプ)パネルにあるとおり組み立て易さとギミックを両立させたものになりそう。


f:id:HueyAndDewey:20140728072604j:image

1/35でやると開発予算も期間も大きくなりそうで、旬のうちにリリースできるのも小回りが聞くミニスケールならではでしょうか。このスケールの自衛隊車両はアオシマが力を入れているジャンルで、小さなサイズでも内容の濃いものになるだろうとはシリーズ既存の製品からも期待できます。特大型トレーラーにも乗せられるのかなこれ。


f:id:HueyAndDewey:20140728073131j:image

イプシロンロケットも会場発表。固体燃料ロケットの内部再現とガントリーが付属して萌えポイント押さえています。


f:id:HueyAndDewey:20140728073345j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728073412j:image

未来少年コナンのファルコとバラクーダ号は試作展示。


f:id:HueyAndDewey:20140728073541j:image

艦むすトレーディングも各社から出る案配ですが、アオシマのものはガントリークレーンで吊り下げられてるのがカワイイ。普通のスタンドよりコンテンツに沿った製品内容がカワイイのであって、まさかここから縛ったりするような提督はおらんでしょうなあ(紳士的な笑み)


f:id:HueyAndDewey:20140728074254j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728074213j:image

1/350スケールイ19潜水艦は会場限定で艦これ版を販売していました。おまけのカラーレジンフィギュアがおまけとは思えぬほどの上出来ぶりに驚くと共に、いかにもワンフェスらしい付属品をつけてくるセンスが会場の空気と良く合っていて、なるほどワンフェスアオシマブースは盛り上がるわけなんだなと納得します。


f:id:HueyAndDewey:20140728074901j:image

メガハウスでは「世界制服作戦」の展開が大きくアピールされていました。


f:id:HueyAndDewey:20140728075231j:image

美少女アニメのキャラクターをそれぞれ「制服」を軸に立体化していくもので、女子中高生の多いこのジャンルならではということになるのかな。


f:id:HueyAndDewey:20140728075527j:image

オンタイムではない作品でも人気の度合いや制服デザインの面白さなど、これまでにない観点からの製品化が期待できそうです。


f:id:HueyAndDewey:20140728081907j:image

そして私は考える、うまくすれば学園百合っぷるだらけのシリーズに拡大することも夢ではないのではないだろうかいやアリだろむしろ。


f:id:HueyAndDewey:20140728082245j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728082149j:image

爆走兄弟レッツ&ゴーは塗装見本まで上がってました。付属の小さなソニックマグナムがいいねえ(初回生産分にはVソニックとVマグナムも同梱)


f:id:HueyAndDewey:20140728082615j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728082849j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728082657j:image

セーラームーンとか宇宙戦艦ヤマトとか、実に21世紀らしい空間でありました。


f:id:HueyAndDewey:20140728082934j:image

21世紀バンザイ!! \(^o^)/


f:id:HueyAndDewey:20140728083105j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728083205j:image

おおお、おおおお……


f:id:HueyAndDewey:20140728083307j:image

アシュラテンプルあたりで絶頂に達する。真面目な話80年代アニメのメカデザインって試行錯誤も多くて現在ほど洗練されてないところもあるけれど、現在でも十分通用する個性的なものが沢山あります。


f:id:HueyAndDewey:20140728083549j:image

これはボークスのブースにあった「青の騎士ベルゼルガ物語」テスタロッサの1/24スケールインジェクションキット(!)まったく長生きはするものである。


f:id:HueyAndDewey:20140728083742j:image

何も知らない人に「これはボトムズのメカなんですよ〜」と言っても信じてもらえないかもしれませんね。世に出た当時は(特に筋金入りのボトムズファンからは)賛否両論だった本機ではありますが、いまの人の目にはどう映るんだろう?朝日ソノラマも亡き今原作に接する機会も少ないものとは思われますが、むしろ背景設定とか知らずに純粋にカタチだけで評価されたらどういう結果になるのかしら。


f:id:HueyAndDewey:20140728084253j:image:w500

f:id:HueyAndDewey:20140728084424j:image

フジミのブースで「仮面ライダーBLACK」のバトルホッパーや「サーキットの狼ロータスヨーロッパスペシャル見てたら単に模型人口が高齢化してるだけじゃあるまいかという危惧を覚えなくも無いが(笑)


f:id:HueyAndDewey:20140728084740j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728084814j:image

初音ミクのフォーマットで Lobi がプラモデル化、またちび丸シリーズでは31/2大型トラックのパネルがありました。ちび丸ミリタリーは現用自衛隊アイテムで進めていくようですね。


f:id:HueyAndDewey:20140728085143j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728085342j:image

メディコス関連ではこれからアニメにも登場するジョジョ第三部の重要キャラたちがラインナップ。


f:id:HueyAndDewey:20140728085432j:image

イマイチ活躍の場が少ないマジシャンズレッドさんもフィギュアになればこんなにもかっけえのであります。


ここから先は一般ディーラーゾーンから、快く撮影を許可して下さった出展者の皆様に感謝いたしつつ、全てのブースを見て回れた訳ではない事をお詫びします。


f:id:HueyAndDewey:20140728085731j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728085823j:image

f-face/plasticaさま。コトブキヤから発売される新しいレイキャシールの試作品とデザイン画です。


f:id:HueyAndDewey:20140728090051j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728090129j:image

SHINZEN造形研究所さま。恐竜や怪獣はレジンキットならではの造形美が素敵で、むかしながらのワンフェスらしさを感じたりします。


f:id:HueyAndDewey:20140728090228j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728090301j:image

B.M.W.さま。メカと女の子も実にワンフェスらしいアイテム。


艦これ関係は実に数多くのディーラー様が出展されていました。ここに掲載するのはあくまでごく一部、世の中にはすべて網羅したレポートも存在するのだろうか……


f:id:HueyAndDewey:20140728090516j:image

アスパラベーコンさま。

f:id:HueyAndDewey:20140728091101j:image

ひびき出版さま。

f:id:HueyAndDewey:20140728091427j:image

METAL BOXさま。


f:id:HueyAndDewey:20140728091538j:image

EBOさま、カラーレジン成型の大鳳。

f:id:HueyAndDewey:20140728092905j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728093040j:image

剛本堂さま。

f:id:HueyAndDewey:20140728093311j:image

そらのかけらさま。でかい(確信)

f:id:HueyAndDewey:20140728090625j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728090916j:image

S-MISTさま。

f:id:HueyAndDewey:20140728091000j:image

DOG FIGHTさま。


f:id:HueyAndDewey:20140728091246j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728091314j:image

吉村報恩堂物販部さまのピンキースタイル艦娘。


f:id:HueyAndDewey:20140728091727j:image

ダイバディプロダクションさま。


f:id:HueyAndDewey:20140728092153j:image

R-FS11136さま。企業ゾーンでみかけたラインナップは比較的ストレートな造形が多かったのに対して、やはり一般ディーラーゾーンでは原型製作された各人による様々なアレンジが楽しめました。

f:id:HueyAndDewey:20140728093206j:image

工作部屋さま。

f:id:HueyAndDewey:20140728092455j:image

空想科学温泉街さま。妖精さんも企業ゾーンでは見かけない、ワンフェスらしいアイテムですね。


二次創作的なところでキャラクターの性格付けが成されている面もあるので艦隊これくしょんワンフェス向けのコンテンツと言えるかも知れません。ストリートファイター2がブームだったころと、ちょっと状況が似ているようにも思います。大手メーカーだけではカバーしきれない要素を、この先もうまく補完出来て行ければよいなと思います。ゲーム内容から考えてR18アイテムも多いかなと思われましたが、そっち方面はむしろ弱かった印象でもある。


そしてまだまだ元気な「ガールズ&パンツァー」アイテム。


f:id:HueyAndDewey:20140728094008j:image

S-MISTさま。


f:id:HueyAndDewey:20140728094716j:image

Off-Scoutingさま。


f:id:HueyAndDewey:20140728094208j:image:w500

f:id:HueyAndDewey:20140728094134j:image

H.D.F.さま。そういえば佐々木あけび役の中村桜さんをモデルカステンブースでお見かけしました。佐々木あけびちゃんに負けず劣らず素晴らしいその、なんだ……


f:id:HueyAndDewey:20140728094535j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728094608j:image

CARREYさま。

f:id:HueyAndDewey:20140728095141j:image

有限会社アミエグランさま。いまが旬のアンツィオ高アイテムは今回多かったですね〜。


f:id:HueyAndDewey:20140728100141j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728100341j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728100046j:image

かぐや姫さま。


f:id:HueyAndDewey:20140728100712j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728094432j:image

トライドリッパーさま。聖グロリアーナのアイテムも多かったように思います。劇場版での活躍が期待されます。


f:id:HueyAndDewey:20140728095330j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728095411j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728095502j:image

あらあらこまった堂さま。優れた製品なのに画像がヒドくて死にたい(泣)TVシリーズ最終話の優勝パレード仕様ならほぼすべてのキャラクターも網羅できるし、トークショーで言ってた曲がり松商店街のディオラマが作れるんじゃあるまいか。


f:id:HueyAndDewey:20140728095749j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728095908j:image

ナイトウモデルズさま。


f:id:HueyAndDewey:20140728094825j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728094925j:image

久保書店グレネード&COGさま。戦車模型と合わせるために1/35アイテムが多い中、タミヤの大型モデルに合わせた1/25スケールフィギュアです。


f:id:HueyAndDewey:20140728100515j:image

うさPハウスさまの水着西住殿は前回は発売された秋山殿とおそろいのデザイン。


f:id:HueyAndDewey:20140728101013j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728101055j:image

あかかた工房さまの、これはガルパンではなくオリジナルの1/35フィギュア。こういうものがどんどん増えると戦車模型の幅がモリモリ広がるのでバリバリやってください是非。


その他いろいろ、個人的にビビッときたものいくつかを。


f:id:HueyAndDewey:20140728101432j:image

skyさま。


f:id:HueyAndDewey:20140728101525j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728101602j:image

GIGA/妄想竹林さま。


f:id:HueyAndDewey:20140728101700j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728102049j:image

モデリズムさまのウィーゴをユーザーそれぞれがカスタマイズしたオリジナル作例の、ちょっとした展示会です。ただモノを売るだけでなく作り手からの、ちゃんと作ったユーザーからのレスポンスを見せるこのような展示はワンフェスの長い歴史の中でもかなり珍しいもののように感じます。いいなあこれ。


f:id:HueyAndDewey:20140728102259j:image

スタジオ猿分室仮設所+Klondikeさま


f:id:HueyAndDewey:20140728102559j:image

闇の眷属さま。


f:id:HueyAndDewey:20140728102701j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728102736j:image

爆炎乳さま。


f:id:HueyAndDewey:20140728102944j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728103030j:image

イワシ金属化さま。魚類の頭骨や甲殻類の実物を型どりし、金属注型したアクセサリー。小物からゴブリンシャーク頭骨(!)なんてマニアックなものまで様々取り揃えてあります。


f:id:HueyAndDewey:20140728103507j:image

春風の工房さま。衣装の柄はモールドです。


f:id:HueyAndDewey:20140728103626j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728103721j:image

D.F.F.SHOPさま。装甲回収車本がイカす!


f:id:HueyAndDewey:20140728104811j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728104928j:image

タンクリサイクラーズさまのところで嬉々として回収車を撮影してたら同ブースのヘリコプターをやはり嬉々として撮影している方がいる。なんと岡部いさく先生でありました。日頃著作や円盤コメンタリーでお世話になってる御礼を伝えようかと思ったけれど、あんまり楽しそうなので遠慮しておきました(^^; ああいうふうに齢をとりたいものである。


f:id:HueyAndDewey:20140728103901j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728104306j:image

ウォーロードゲームズさま。1/72の模型を使ったボードゲーム「ボルトアクション」製品はこれまでレジンとメタル複合素材のオリジナルキットで展開していましたが、今回イタレリの1/72キットとコラボレーションが発表されていました。イタレリの1/72アイテムは国内ではまだまだ流通が少ないのでこれを機会に広まってほしいものでありますし、ミニスケールのミリタリーモデルも浸透してくれるとよいのですが。


f:id:HueyAndDewey:20140728105308j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728105418j:image

うさPハウスさま。いろいろ好し!!


f:id:HueyAndDewey:20140728105549j:image

f:id:HueyAndDewey:20140728105708j:image

Lancy&Quincyさまのブースは「エリア88」アイテムがあるだけでも楽しくなっちゃうのに胸像のキャラ選択が実に渋い。渋すぎてふたりほど顔は分かるが名前が出てこなかった(汗)なぜこの人物チョイスなのですか、と伺ってみたところ


「私の好みです。」


すばらしい!これこそワンダーフェスティバルのセンスオブワンダーをすべて集約したひと言、まさに至言でありました。


今回は新しいカメラを使いこなせてなくて画像全般よろしくないのが申し訳ないのですが、最後までレポート拝読された皆様にも、この言葉を届けたくあります。


f:id:HueyAndDewey:20140728110237j:image

会場を撤収したのは16:30ごろ、外に出てみたら異様に湿気が高かったんですがどうやらゲリラ豪雨があったようで、全然気がつかなかった……

コスプレさんたちはだいじょぶだったのですかしら?

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

2014-07-27

[]ワンダーフェスティバル 2014夏

f:id:HueyAndDewey:20140727192644j:image

半年前は豪雪でしたが今回は猛暑の夏ワンフェス。参加された皆々様はご無事でありましたでしょうか?会場の熱気はモーレツなものでしたが、例によってレポートはヌルいや涼しげな空気感でお送りいたします( ˘ω˘)

f:id:HueyAndDewey:20140727193230j:image

会場発表で驚かされたのは海洋堂のスターウォーズ関連です。


f:id:HueyAndDewey:20140727193351j:image

完成品、アクションフィギュアでの展開で、既に発表済みのバンダイコレクターズ事業部製品と真っ向から激突するかたちとなるでしょうか。


f:id:HueyAndDewey:20140727193613j:image

リボルテック」のブランド名こそ冠されてはいませんでしたが試作品を見る限り関節部分はリボ球を使用している模様。ダースベイダーはマントにも可動部アリ。


f:id:HueyAndDewey:20140727193757j:image

こちらはストームトルーパー。ラインナップに関しても旧三部作のメカニカルなキャラクターで丸被りするところですが、かつてはレジンキャスト等でSWアイテムを多く輩出してきた海洋堂ですから、老舗の実力を期待してよいところでしょう。


f:id:HueyAndDewey:20140727194005j:image

今回デジカメを一新しているのですが、初の実戦投入だけにホワイトバランス調整などいささか画像に乱れがあることをお詫びします。


f:id:HueyAndDewey:20140727194130j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727194238j:image

この辺も定番ですけどR2-D2はプルバックゼンマイユニットと換装できるのがオモロ。


f:id:HueyAndDewey:20140727194511j:image

以下続報を待て。といったところ。ビークル系はサイズ価格とも未定でしたが、リボルテックサンダーバード2号や海底軍艦をやった経験が活かされるのかな?


f:id:HueyAndDewey:20140727194931j:image

海洋堂の新機軸「メガソフビアドバンス」から巨大なアイアンマンマーク42


f:id:HueyAndDewey:20140727195101j:image

同じくエヴァ初号機。メガソフビもSWアイテムも、90年代末からゼロ年代初頭ぐらいのノリを今に蘇らせるような、ちょっとそんな感じもあります。


f:id:HueyAndDewey:20140727195348j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727195532j:image

マイクロヤマグチ「リボルミニ」のシリーズではスネークキン肉マンが発表されていましたが、引き続いてご覧の通りにロビンマスクウォーズマンの超人師弟コンビ、ブラックホールペンタゴン四次元殺法コンビが待機しております。以前のリボルテックキン肉マンが出たときは試合相手に困る事態となりましたが今度は安心、このサイズならリングも作れそうな気がする。あと四次元殺法の二人はアスキーアート的に大活躍しそう(笑)


f:id:HueyAndDewey:20140727200129j:image

海洋堂と同じくユニオンクリエイティブのブースに展示されていた千値練のコンボイペン三種!


f:id:HueyAndDewey:20140727200651j:image

自在に可動するアクションフィギュアからソリッド感あふれるボールペンに完全変形!「コンボイ」らしく四角張っていて、ちょっと実写版の「プロトフォーム」っぽくもあります。


f:id:HueyAndDewey:20140727200957j:image

特に!この白いヤツがイチオシで合言葉はロディマスじゃなくて「ウルトラマグナス」です!!何故これを推すかといえばステマ乙じゃなくて堂々とやっているのだからこれも立派なパブリック・リレイションなのである。


f:id:HueyAndDewey:20140727202108j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727202302j:image

ミクロマン破裏拳ポリマーなど懐かし系のキャラのリメイクものが多い今回の千値練、

f:id:HueyAndDewey:20140727202527j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727202645j:image

なかでも目を惹いていたのは巨大なメガザラック&ブラックザラックで、参考で並んでいるフォートレスマキシマスと同サイズのものを作るのが担当氏の夢!であるそうです。しかしデカイなザラック様。実写TFでちっさい「スコルポノック」だった頃とは大違いですよ。ノベライズ版の邦訳じゃあれがメガザラック呼ばわりされてたんよ……


f:id:HueyAndDewey:20140727203140j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727203230j:image

進撃の巨人関連は企業ブースを中心にいくつも展示がありましたが、どこも女性ファンがアクティブに見入っていたのが印象的でした。


f:id:HueyAndDewey:20140727203438j:image

こういう小道具などはコスプレにそのまま使えそうで、男女の違いで売れ方や扱いが変わってきそうでもあります。売り場やお店の違いも影響しそうで、ぶっちゃけア○メイトで売れそうだなーと思ったりする。


f:id:HueyAndDewey:20140727203915j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727204016j:image

男の子的にはこの辺を推したい。千値練お得意のスーツ系アイテムということになりましょうか。


f:id:HueyAndDewey:20140727204328j:image

こちらは千値練というか正しくは輸入アイテムということになるのですが米国製の完成品トイ「アーマローダーズ」がついに日本上陸!

f:id:HueyAndDewey:20140727204523j:image

パッケージ画は天神英貴氏でちょうかっけEEEEEEEE!!よかった、いろいろよかった……


f:id:HueyAndDewey:20140727204848j:image

やまとから生まれ変わったアルカディアのブースでは完全変形VF-0Dフェニックス


f:id:HueyAndDewey:20140727205112j:image

やまと時代と変わらずいやそれ以上のクオリティを期待しつつ、


f:id:HueyAndDewey:20140727205356j:image

こういうものが鎮座してるノリは変わらずで大変喜ばしいものです。ミレーヌ・ジーナスのギターも出るとかポスター告知がありました。



f:id:HueyAndDewey:20140727211037j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727205647j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727205848j:image

コトブキヤのキューポッシュ、この辺は(ショップ限定カラーも含めて)規定ラインではあるのですが(ジョイントを加工すると他社製品に接合も可能らしい)

f:id:HueyAndDewey:20140727210037j:image

まさか実際に服着せるとは思わなかった。フィギュアだけでなくドール系のファンへもアピールする舵取りで、その昔武装神姫でも同様の企画はあったかと思われますが……


f:id:HueyAndDewey:20140727210409j:image

コトブキヤならではの実店舗のショーウインドウやWebサイトでのコンテストを通じて浸透と拡散が見込めそうです。


f:id:HueyAndDewey:20140727210556j:image

さや杏を結婚させよう(提案)


f:id:HueyAndDewey:20140727210907j:image

まどマギといえば反逆関連は今回ワンフェスから本格始動っぽいですね。


f:id:HueyAndDewey:20140727211154j:image

同じ艦これでもキャラデザインの違いで製品フォーマットを変えられるのは複数シリーズでラインを持ってるからの強みですね。


f:id:HueyAndDewey:20140727211408j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727211440j:image

この辺のラインナップは安心してみていられますね。


f:id:HueyAndDewey:20140727211608j:image

パネル展示のみでしたがCCさくらの告知が。時代はひと回りしているんだなあ……さくらさんなら衣装も多いからキューポッシュもいいと思うの。むしろ知世ちゃんを出すべきで!ありますッ!!


f:id:HueyAndDewey:20140727211924j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727212001j:image

コトブキヤスターウォーズ関連は健在!ハン・ソロチューバッカ、ルーク&レイアのそれぞれ2体セットでリリースされます。さすがに子育てダースベイダーは無いか……


f:id:HueyAndDewey:20140727212215j:image

シドニアの継衛はアニメ版で再リリース。


f:id:HueyAndDewey:20140727212336j:image

「↑」に従ってディスプレイケースの上を眺めたら

f:id:HueyAndDewey:20140727212440j:image

超高速弾体加速装置が突き出してました。なんかこー、びみょーに扱いづらそうなのが原作展開そのまんまである(笑)


f:id:HueyAndDewey:20140727213055j:image

「遂に」インジェクションキット化ニューノーチラス号のその横には


f:id:HueyAndDewey:20140727213200j:image

なんとスーパーX2があったのです。

「本当かよ?」

「本当です!」


f:id:HueyAndDewey:20140727213416j:image

スーパーX2と言えばやはりこの会話である。ファイアーミラー展開を始め各種ギミック(日本の特撮で始めてミサイルの弾道が描写されたメカなのだ!)再現、メーサー戦車も付属します。そういえばこれって「横山メカ」なんだよな。VSビオランテは先日行われたゴジラシリーズ総選挙で堂々トップとなった作品ですし、再評価の機運が高まってもまたよし。


f:id:HueyAndDewey:20140727213824j:image

Z−ナイトシリーズ第二弾マリンカイザーはZ−ナイトとはうって変わって横幅のあるアレンジがされてます。これは格好いいなあ。


f:id:HueyAndDewey:20140727214110j:image

凶鳥の眷属もコトブキヤに健在ですってことでスパロボ新作エグゼクスバイン。


f:id:HueyAndDewey:20140727214710j:image

キューズQのブースでは艦これフィギュアが大量展示されていました。


f:id:HueyAndDewey:20140727214819j:image

同型艦姉妹だったら艤装の設計データを流用できたりはするのかな???

f:id:HueyAndDewey:20140727220109j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727215045j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727215304j:image

どれもスタンダードな立ち絵を素直に立体化したものなのでゲーム画面そのままの姿の艦娘が手に入る、提督諸氏にはいちばん望まれる形かもしれませんね。てんりうちゃんのちくび造形が怖いお(^ω^)


f:id:HueyAndDewey:20140727215738j:image

ぜかましちゃんが中破モードなのはそれが一番スタンダードだからだ。陸軍としては海軍の提案に異論はない。


f:id:HueyAndDewey:20140727215931j:image

同様の理由で北上様も最初からスーパーモードで就役です。



f:id:HueyAndDewey:20140727220318j:image

艦これ関連と言えばグッスマなんですが、今回も見てる時間がありませんでしたッ><


f:id:HueyAndDewey:20140727220444j:image

相変わらず大量の新作アイテム発表に大盛況、今回はとうとうこんなパネルが出てました。CCさくら来てるってマジで。マジで。

f:id:HueyAndDewey:20140727221155j:image

艦これとスターウォーズが同じフォーマットでフィギュアになるって冷静に考えるとすげーな。


f:id:HueyAndDewey:20140727221315j:image

ブツは撮れなかったのでパネルだけ撮影してきたもの。れりごーれりごーありのままでいいの。


f:id:HueyAndDewey:20140727220718j:image

ガルパン関連では1/12IV号D型が目を引く中、何気にfigma冷泉麻子は今回の新発表でしたっけ?


f:id:HueyAndDewey:20140727220952j:image

IV号はねんぷちサイズでもリリースされます。このねんぷちサイズ戦車というのは重宝しそうなのでいろいろ出てほしいものでありますが。


f:id:HueyAndDewey:20140727221535j:image

日経でも記事になったダグラムシリーズは24部隊のコーチマスペシャルです。一体だけでは果てしなく弱いメカなので是非四体そろえようぜと気軽に。ミサイルポッドは7連装のままですねうううむ。


f:id:HueyAndDewey:20140727221813j:image

MAXファクトリーのチェインバーストライカーはプラモで展開。


f:id:HueyAndDewey:20140727221954j:image

画像ブレブレで申し訳ありませんが山下しゅんやデザインの1/24美少女フィギュアミリタリーキューティーズ。1/24スケールって一般ディーラーゾーンでも結構見かけたように思います。ラージサイズの完成品が高騰著しいのも確かなので、新しい布石は必要なのかも知れません。


f:id:HueyAndDewey:20140727222258j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727222415j:image

グッスマブースで参考展示、スピーシーズの「動くフィギュアシステム」ことMF201。詳しい情報は公式サイトを参照されたいのですが、これはいろいろ可能性が広がりそうです。ねんどろいどやfigmaが初めて世に出たときと同様、作り手が思いもよらないような活用法をユーザーが見つけ出しそうな気がする。可能性ってそういうものです。


f:id:HueyAndDewey:20140727223024j:image

f:id:HueyAndDewey:20140727223103j:image

ホビージャパンのブースに会ったガールズ&パンツァーの「キューポラフィギュア」。ガルパンもただキャラクターを立体化するだけではなく、コンテンツの特徴をよくつかんだ造形が増えてきたように思います、これで1/35の戦車プラモに装着とか出来たら多少のスケール違いは構わず面白いものになるんだけどなあ。


f:id:HueyAndDewey:20140727223419j:image

プラッツの1/35レジンフィギュア新作も実際にIV号戦車に乗り込める「あんこうチームパンツァージャケット版」が発表されていました。やっぱりね、フィギュアが乗ってるといろいろ見違えますよ。


f:id:HueyAndDewey:20140727223747j:image

隊長セットにつづいてアンツィオ高校セットでチョビ大人気です。画像がアレなのはナニであるが。


f:id:HueyAndDewey:20140727223935j:image

電撃ホビーマガジンに掲載されたイラストを再現するフィギュア5体+10式戦車試作型改造パーツのセット、一年生チームから丸山ちゃんが初の立体化であるあーいや、この画像では見えませんね全然ね……


f:id:HueyAndDewey:20140727224153j:image

そして会場先行販売されていたこのふたりの水着スタイルと、ここのところキャラクター展開が続いていたプラッツですが、同ブースで行われたガルパントークショウにおいてあんこうチームIV号D型、1/35スケールで「改修版」を発売するとの発表がありました。車体の箱組みや砲塔の複雑な構造を改め新金型でパーツ一体化をすすめて組み立てやすいものになるとの事です。OVAアンツィオ戦では久々にD型の勇姿が見られたのに既に市場にキットは無く……しかし劇場版の公開までには発売されそうかな?

その「ガールズ&パンツァー」劇場版に関しても公開期日についての重大な発表がありました。


みなさんおちついて聞いてくださいよ。


「いずれは完成します」

「首を長くして待っていてください」

だ、そうです……

き、今日はここまでにして続きは明日へ(ばたり

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

2014-06-13

[]東京おもちゃショー2014(その3)

f:id:HueyAndDewey:20140613095249j:image

ひと晩あけてタカラトミーブースの紹介です。

タカラトミーはロボット関連の展示を始めとして大盛況、うまいこと撮影できなかったものもいくつかありましたので「日本おもちゃ大賞」受賞商品展示コーナーからのフォトも混じっております、ご了承ください。

f:id:HueyAndDewey:20140613095505j:image

もっとも人気を博していたのはこの「ミップ」でありましょうか。セグウェイに人型上半身を生やしたような二輪走行ロボットですけれど、単軸二輪で十分バランスを取れる(この場合は動的安定なんだろうか)ロボットが、試作段階を越えて広く一般に流通する驚き。


f:id:HueyAndDewey:20140613095913j:image

カラーは白黒二色用意され、これ単品でも7つのモードで遊べる他に、


f:id:HueyAndDewey:20140613100021j:image

スマートフォンやタブレットPCを用いた外部コントロール、赤外線センサーを利用して人間の手の動きに追随することも出来ます。会場内は大勢の人と様々な光が乱れて結構大変なことになってましたが、実物を見てみると動きのユニークさはやはり楽しいものですし、2つのホイールで動くロボットはキャラクターとしても面白いカタチをしています。


f:id:HueyAndDewey:20140613100336j:image

犬型ロボットの「ズーマー」はソニーのアイボを犬らしくしたような外観ですが、音声認識で様々なアクションを起こすのがいちばんのポイント。イヌの着ぐるみおねえさんがいろいろやってくれています。もっとも会場内は光以上に様々な音が飛び交ってますからこちらもいろいろ大変そうではある。


ミップとズーマーどちらも「オムニボット」というシリーズ名が冠せられています。ちょっと懐かしい響きのこの名前は1980年代にトミー(当時)が発売していた家庭用ロボット玩具の名称を、ブランドとして蘇らせたもの。


f:id:HueyAndDewey:20140613100901j:image

ブース内には歴代のトミー(合併後のタカラトミーも含む)製ロボット玩具が展示されていてやべぇちょっと泣きそう。キクゾーっていたよなあ。


f:id:HueyAndDewey:20140613101100j:image

元祖オムニボットももちろん鎮座していました。なんかもう「文化財」だねえ君たちは。80年代後半はこういった製品がいろいろ流行で、セガの「ロボピッチャ」とか任天堂の「ファミリーコンピューターロボット」とかありましてね……


f:id:HueyAndDewey:20140613101528j:image

タカラトミーブースに入場して一番の一等地では「リニアライナー」なる鉄道玩具が大々的にデモンストレーションされていました。線路と車体にどちらも永久磁石を内蔵して磁力浮上(!)する列車のコイルをオンオフして前進するリニアモーターカーをJR東海に先駆けてご家庭内で運行できます。鉄道玩具としてかなり斬新なものなんですが斬新なだけに物自体は撮影NGで、皆様是非とも会場まで足を運んでその目で動きと素敵なおねえさんを楽しんでください。


f:id:HueyAndDewey:20140613102003j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613102222j:image

「ハイテク」って言葉が使い古されて久しいですがチョロQ新製品「Q-EYES」は赤外線センサーを搭載して障害物を検知、回避行動をとる自動走行車両です。ニッサンリーフの自動運転テストカー(総理大臣が乗ってましたな)はじめ四車種、コースとガレージのパーツをセットしてプレイバリューを拡張したアイテムも発売されます。


f:id:HueyAndDewey:20140613102517j:image

ちょっとした迷路走行みたいなことも出来て、もうチョロQをコントロールするのに10円玉投げつける必要もありません。考えてみればリニアモーターカーも自動運転自動車も、すぐ目の前にある未来社会をまず玩具として受容出来ると言う訳ですね。


f:id:HueyAndDewey:20140613102802j:image

未来とか社会とか関係なく、とにかく単純に楽しいのがこの「陸海空RC」です。ネーミングのストレート加減は実に賞賛に値する。


f:id:HueyAndDewey:20140613102931j:image

クアッドローターヘリの本体を防水にして浮力をつけて、地上も海上も四基のローターと姿勢制御で自在に走り回るラジコンです。クアッドヘリも様々なサイズや機能を持つ製品が各社から発売されている現在、ちょっとしたアイデアでこれまでにない遊び方を提示できる本品はなかなかにスグレモノかと思われる。


f:id:HueyAndDewey:20140613103215j:image

バックナンバーを調べたら最後におもちゃショーをレポートしたのが2011年、新製品として「プラレールアドバンス」が発表された時でした。あれから三年経ちまして、この度パワーアップしたプラレールアドバンスをふたたび紹介致します。


f:id:HueyAndDewey:20140613103506j:image

車両やレールだけではなくストラクチャーも新製品が投入され、プラレールの手軽さを保ったままでもひとつの「鉄道模型」としてより完成された姿に進化します。


f:id:HueyAndDewey:20140613103747j:image

大人にも人気のSLがラインナップに加わり「C-57山口号」は安価ながらこのままデスクに飾っても置けるような外観、製品グレードを持ちます。


f:id:HueyAndDewey:20140613103939j:image

そして今回の一番の目玉はこの「IRコントロールユニット」でしょう。Nゲージなどと違って線路に配線出来ないプラレールを、赤外線で操作します。IRコントローラーはタカラトミー製品としてはもうお手の物で、発進停止に加速減速思いのまま。日頃通勤電車の遅延に悩まされてるお父さんもウップン晴らしにガンガン増速させたり嫌がらせで止めてみたりなんでもやりたい放題ですよヒャッハー!大人サイコー!!(子供か)


f:id:HueyAndDewey:20140613104510j:image

例によって会場内ではコントローラーからの発振がなかなか上手く車両に当たってくれないのでおねえさん大変そうでした。土日の一般公開日には改善されてるかもしれませんが……


f:id:HueyAndDewey:20140613104644j:image

あたふたしているおねえさんを見るのも、それはそれで楽しいものです。大人だからな。 タカラトミーブースは会場内でもおねえさん率高くてよかったですねえいろいろと、ええ。


f:id:HueyAndDewey:20140613104839j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613104859j:image

タカラトミーは長らくスターウォーズ関係の製品を、それこそ業界が下火の時期でも変わらずに供給し続けてきたメーカーですが、今年から始まる新展開としてトミカのブランド・フォーマットでスターウォーズ製品です。


f:id:HueyAndDewey:20140613105122j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613105156j:image

パッケージも含めてスタイリッシュなデザイン、適度に省略されながら特徴を逃さない外観など安定と信頼のクオリティは、SWファンだけではなくトミカファンにも大きく訴求できるアイテムでしょう。


f:id:HueyAndDewey:20140613105417j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613105530j:image

トミカの名前こそ冠せられていませんがビーグルだけではなくキャラクターもほぼ同様の紙箱入りで発売されます。コレクターにも安心の製品構成(笑)


f:id:HueyAndDewey:20140613105654j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613105718j:image

ビーグル/キャラクターともこのラインナップはエピソードIVからの製品化と思われます。ディズニー傘下に移ってスターウォーズが始めるのはただ「続編」だけではなくマーチャンダイジング全体としての「再構築」のようですね。むろんこれらは旧三部作通じて活躍するビーグルなりキャラクターなりではありますが、


f:id:HueyAndDewey:20140613110029j:image

このデススタープレイセットを見ればエピソードIV「新しい希望」からの製品化であることは明らかかと。


f:id:HueyAndDewey:20140613110142j:image

感覚的にはかつて米国ガルーブ社から発売されていた「マイクロマシン」を彷彿とさせます。あたらしいSWアイテムを展開するに当たっては、これまでの(どちらかといえば)マニア層に向けたものではなく、幅広いターゲット特に児童をメインに据えて幼いころからジェダイテンプルに入門しそのまま評議員になる年齢までどっぷりと!こうね、ぎんがのへいわをまもるためにみなさんがんばってくださいという訳です。早く銀河帝国ランドつくろう。


f:id:HueyAndDewey:20140613110739j:image

スターウォーズコーナーでも映画公開当初からの歴代製品が展示されておりました。こ、これはお隣のナオキくんがもってたR2-D2ぢゃないかッ!!(誰だよ)


f:id:HueyAndDewey:20140613110722j:image

このようにスターウォーズとトミーの関係は遠い遠い昔から続いているものなのでした。考えてみればトミーの家庭用玩具ロボットが電子音鳴らして車輪で移動するのはR2-D2のデザインに影響受けてるんだろうなあ。


f:id:HueyAndDewey:20140613111111j:image

トランスフォーマーのブースでは遂にこの姿で登場するマスターピース・ウルトラマグナス!ただコンボイを白くしただけではなく、やはりこのスタイルこそが宇宙ペストに犯され

ロディマスのヒヨッコ野郎はどこだ!? ぶっ殺してやる!!」

との素晴らしい素晴らしい名言を残したウルトラマグナスさんに相応しいものです。


f:id:HueyAndDewey:20140613111528j:image

ファミコンソフト「コンボイの謎」ではスペランカー先生なみに強靭なところを見せてくれたウルトラマグナスの勇姿を、ぼくらは忘れはしないよ!


f:id:HueyAndDewey:20140613111716j:image

マスターピースではビーストウォーズも展開され、ちょいとキモいラットルやオプティマスが展示されてました。ウルトラマグナスもそうなんですけれど、マスターピース商品全体としてダイキャストパーツの使用率が下がった分、造形やキャラクター選定の幅は広がったようにも思います。痛し痒しでありましょうか?


f:id:HueyAndDewey:20140613111944j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613112009j:image

TFコーナーでは劇場新作「ロストエイジ」製品がいちばんの注目でした。撮影できたのは既存のものが主でしたが、撮影禁止で名称も正式発表されてないアイテムではディセプティコン(デストロン)マークが描かれたダイノボット(!)もいる模様でなにやら期待が膨らみます。もっともトイが発売されてもそのキャラが実際に映画本編に出てくるかどうかはわからないんだよなあ……前例を見てもね。



f:id:HueyAndDewey:20140613112333j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613112415j:image

トミーテック関連はホビーショーで発表済みでしょうから軽く流します。


f:id:HueyAndDewey:20140613112437j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613112454j:image

M82A2対物ライフルは実銃としてはイマイチぱっとしないものでしたが、肩撃ち式ということでフィギュアには持たせやすい鉄砲です。


f:id:HueyAndDewey:20140613112628j:image

ジャイロキャノピーはピザーラ仕様のこちらが本命でしょう。


f:id:HueyAndDewey:20140613112710j:image

技MIXのP3-C用動力ユニットは日本おもちゃ大賞を受賞する逸品です。このシステム使えば通常のプラモデルでも双発機や四発機を用意に動力化出来そうで、プロペラ航空機模型のプレイバリューが格段に広がりますね。そこまで見据えての受賞だったりはするのかな?


f:id:HueyAndDewey:20140613113019j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613113038j:image

タカラトミーアーツの艦これミクロマンアーツはなかなか膝曲げてくれませんねーうーむ。


f:id:HueyAndDewey:20140613113121j:image

着色カラー化写真を使用したクリアファイルは多方面から引き合いが多そうです。こういったことを通じてモノクロ写真を着色した「作品」と著作権についての正しい理解と正当な価値感が共有されることを願います。


f:id:HueyAndDewey:20140613113408j:image

ラブライブ勢はフィギュア本体はもとよりステージが実に凝った仕上がりで、これは一体なんであろうかとたずねてみたら「市販の製品を使用していまして…」ってああ、あれでしたかそうですねそういえばね(汗)


f:id:HueyAndDewey:20140613113758j:image

はっきり明示こそされていませんが同様のものはタカラトミーブースのリカちゃんコーナーでもステージセット組むのに使われておりまして、図らずもこの製品がメーカーのイベント展示にさえ用いられるクオリティだということが証明されていました。すごいぞPLUM


f:id:HueyAndDewey:20140613114212j:image

タカラトミーアーツではミギーとニャンコ先生が並んでるちょっとシュールな光景がイカしてましたが、


f:id:HueyAndDewey:20140613114349j:image

寿司がロボットに変形する「お寿司戦隊シャリダー」がピカイチでありました。これ外国人観光客向けに築地市場とか羽田や成田の空港で売ったら受けると思うぞー。


思いのほかボリューム多かったタカラトミー関連はここまで。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

[]東京おもちゃショー2014(その4)

f:id:HueyAndDewey:20140613114754j:image

その他いくつか印象に残ったものを。この見るからに河森正治のオーラが漂ってくるロボットはジェイアール東日本企画のブースにあった「プロジェクトE5」このロボットが直ちに製品化とかそういうことではないのですが、勇者シリーズも終了して久しいもので新幹線の新型車両をロボット化するラインをどこかに構築させたいものですね。


f:id:HueyAndDewey:20140613115112j:image

最近はツイッターなどでも話題になることが多いシルバニアファミリー。どっちかというとメーカーが意図していないようなブラックユーモアに使われるケースが少なくないのですが、長年幅広いアイテムをリリースし続けてきた同シリーズには、この先も大きな可能性が広がります。


f:id:HueyAndDewey:20140613115328j:image

こんなのどかなシルバニアファミリー村でも、ちょいとグッスマの1/12スケールIV号戦車とか置いたらきっとステキな光景に変わりますよーうっふん。


f:id:HueyAndDewey:20140613115510j:image

戦車といえば京商が今回は「京商エッグ」のレーベルで出展しておもにトイラジ関係をプロモーションしてたんですがこの!モンスターハンターの「RCネコ式火竜車」が!!なんだかスゴク楽しいのよ。


f:id:HueyAndDewey:20140613120105j:image

ユーモラスな形状は勿論2個の独立したモーターとギアボックスで動く姿がとにかく楽しい。ミサイル発射のギミックもあったりして……


f:id:HueyAndDewey:20140613120247j:image

アイルー2体も付属して12.000円はお得なプレイバリューですよこれ。おまけに勿論アイルーは乗り降りできますからして、ここにどなたか志願者を乗せれば

「平和なシルバニアファミリー村にも機甲化の波が押し寄せ…」

みたいな。サツバツ!!


f:id:HueyAndDewey:20140613120503j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613120515j:image

京商エッグではクアトロックスやモスキートなど世界最小クラスのRCヘリが目を引きます。ヘリコプターのRCもいわば飽和状態に近いものがありますから、これからはメーカー各社とも何がしかの特色を打ち出していく必要があるでしょう。


f:id:HueyAndDewey:20140613120805j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613120819j:image

ドリームズ・カム・トゥルーのブースで見かけた「陸上自衛隊卓上支援小隊」。文具や眼鏡などのホルダーでブラインドボックス仕様の製品です。ご覧のとおり自衛隊員を模した外観で、小物類をガッチリ押さえて卓上の災害を未然に防ぎます。


f:id:HueyAndDewey:20140613121035j:image

ハートアートコレクションではいわゆる3Dパズルを世界の名所旧跡などを中心に展示しています。


f:id:HueyAndDewey:20140613121201j:image

ロシア正教の寺院などはちょっと暖かみのある造形でほっこりしますが、


f:id:HueyAndDewey:20140613121304j:image

タイタニックとならんでアイエエ!!ナンデ!?ナンデ キ エ フ 級 航 空 母 艦 が!!(絶句)


f:id:HueyAndDewey:20140613121423j:image

実際安い。しかも艦載機はしっかりとフォージャーしているッ・・・(しめやかに失禁)


f:id:HueyAndDewey:20140613121611j:image

ホットトイズのブースではアイアンマンやスパイダーマンなど洋画のハイクォリティなアクションドールが煌びやかですが、


f:id:HueyAndDewey:20140613121717j:image

日本ではファミコンソフトのほうが有名な(?)「グーニーズ」のアクションフィギュアが面白いです。これ決して映画公開当時の復刻でもなんでもなく、


f:id:HueyAndDewey:20140613121821j:image

その頃、もしもこんな商品があったら……という架空のノスタルジーを形にしたものなのです。


f:id:HueyAndDewey:20140613122017j:image

洋物トイの精密製や再現性も行くところまで行き着いた感がありますから、一回まわってこういったスタイルのものが好まれたりしてるのかな?駄玩テイストというかなにかそんな感じの。

ところで撮影は自粛しましたけれどホットトイズブースは会場でも一、二を争うほど肌色率の高いおねえさんが複数いらっしゃいますのでその、やはりおもちゃショーは華やかでいいなあ。


f:id:HueyAndDewey:20140613122311j:image

f:id:HueyAndDewey:20140613123342j:image

撮影したのに昨日アップロードし忘れていた(ヲイ)バンダイブースの超合金アルカディア号。デカイ!そして光る。超合金も高価格路線で安定した感はありますね、その是非はともかくとして。


f:id:HueyAndDewey:20140613123532j:image

こちらはプレバン限定ですがガンプラ35周年記念セット。HGのG30THガンダムとUCハードグラフのザクヘッドをそれぞれ成形色変えしたものですが、スケール違いのアイテムを組み合わせて大河原邦男画伯イラストのような表現を見せるのは面白い試みです。シャアザクのツノは新規造形なのかこれ。


f:id:HueyAndDewey:20140613124015j:image

トヨタ自動車やニッサンなどの企業は一般日のほうが盛況なブースとなるでしょう。


f:id:HueyAndDewey:20140613124110j:image

日本大相撲協会ってどんな展示やってんだろうとwktkして行って見たらさあ、業者日は誰も居なくてただ遠藤関の撮影ポップがこう、ぽつーんと……


f:id:HueyAndDewey:20140613124243j:image

パズルやゲームなどあまり取り上げられなかったジャンルの商品・企業も数多く出展されています。カワダのブースには名作ボードゲーム「スコットランドヤード」の東京版がありました。人狼ゲームの流行でこういった推理ものパーティーゲームの需要も喚起されているようです。


f:id:HueyAndDewey:20140613124623j:image

ホビージャパンブースにあった新装版「フンタ」を見ていささか感動する。いやあこのゲームは名作ですよ?各プレイヤーは中南米の架空国家「バナナ共和国」の政治家となって汚職に利権に政敵弾圧にいそしむのだ、独裁者になったりクーデター起こしたりと実生活ではなかなか味わえないスリルが満点で、いよいよヤバくなったら外国大使館に逃げ込んで政治亡命です!さいこー!!

「新装版は現代が舞台なんでソ連大使館は無くなってますね」

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


ああ夢よサヨウナラという気分に浸りつつレポートを終えたいと思います。長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

2014-06-12

[]東京おもちゃショー2014(その2)

f:id:HueyAndDewey:20140612213736j:image

バンダイブースの続きです。

f:id:HueyAndDewey:20140612213717j:image

バンダイブースだけに限らないと思うのですが、会場内をストームトルーパーがノシノシ歩いて記念撮影に応じていました。画像の中央はベイダー卿ではなくて黒い衣装の一般の人だったのでショリショリする。


f:id:HueyAndDewey:20140612213951j:image

で、バンダイブースでの大きなニュースといえばビルドファイターズの二期発表でした。まさかの今秋からTV放送にビックリだよ。秋新番はてっきりトミノ御大の「Gのレコンキスタ」かと思ってましたが……


f:id:HueyAndDewey:20140612214220j:image

公式サイトのテイザーイラストと同様の展示が成されておりました。例によってなんだかさっぱりわからんちんでありますが、そこは心眼でみるのだ(笑)


f:id:HueyAndDewey:20140612214405j:image

主人公と思しき中央のMSはかなり細身のガンダムタイプ。特徴となりそうなパーツがまるで見当たらないのはワザとやってんでしょうなあこれ。これに関してはビルドファイターズだけでなくオールガンダムプロジェクトの展開と関係しそうですが、シルエット見る限りは平成ガンダムの何か、でしょうね。イラスト見返したら露骨にSEED系ですねー。


f:id:HueyAndDewey:20140612214632j:image

左側にいる機体は明らかにBB戦士、SDガンダムの何かです。イラストのほうではアンテナの形状からクスィーガンダムではあるまいかと囁かれていましたが、この展示ではアンテナ形状は確認できず。むしろイラストでは判然としなかった背部に二基箱状のユニットが確認できます。


f:id:HueyAndDewey:20140612214838j:image

右側の機体はアクシデントで傾いてたため、イラストでは見切れていた背部にゼータ系のテールスタビライザーが存在するのがはっきり確認できました。左右のバインダーはここから持ち上がるようなカタチが見て取れて、そういえばユニコーンの枠でゼータプラスがHGUC化しますね。いや母さんぜんぜんわかんないんだけどね!


・・・特に公式発表もされてないんで、与太話をあまり信じ込んでもいけませんぜ?


f:id:HueyAndDewey:20140612215201j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612215218j:image

その他特に新規情報などはなかったのですが、


f:id:HueyAndDewey:20140612215251j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612215432j:image

今年は静岡ホビーショーに行ってないので個人的な補完の意味も強いですハイ。


f:id:HueyAndDewey:20140612215635j:image

でもアナライザーとR2-D2がほぼ同等の製品グレードで同一会場にあるのはなんだか胸熱で、妙に得した気分だ(笑)


f:id:HueyAndDewey:20140612215803j:image

実写パトレイバーはこんど「怪獣」と戦うそうですね。怪獣と戦うのは何度目だパトレイバー……


f:id:HueyAndDewey:20140612220032j:image

やっと現物をこの目で見たHGUCネオジオングも、先日発売されたBB戦士版が素晴らしく活用されているのをみるにつけ、「愉快な乗り物」としての側面を意識せざるを得ないのであります。このサイズなら1/6のアクションドールでもイケそうな気がする。おおう高級な乗り物。


f:id:HueyAndDewey:20140612220410j:image

ハピネスチャージプリキュアゾーンはキュアフォーチュンがプッシュされていました。イラストでも手にしている星型の「フォーチュンタンバリン」と若干見切れていますがプリチェンカードをセットできる「フォーチュンピアノ」がキーアイテム。ピアノのほうはなかなか優れものでして、要するに手のひらサイズの電子ピアノなんですが差し込むカードに合わせてそれぞれ異なる鍵盤を叩くと、鍵盤の色に合わせて指輪の光る色も変わると

「まるで魔法のようなんです」と担当の人も満面の笑顔ですごいプッシュでした。お金で魔法が買えるのですからキャピタリズムって素晴らしいです!!


どんなアイテムがあろうと最終的にはブン殴って勝つのがプリキュアなので、世の親御さんがたはお子様たちに、プリキュアと一緒にパシフィック・リムも見せて差し上げてください……


f:id:HueyAndDewey:20140612221207j:image

既出且つ出オチというのもいかがなものかと思いますが、


f:id:HueyAndDewey:20140612221249j:image

それでもねえ、やっぱりやらずにいられませんね。


f:id:HueyAndDewey:20140612221326j:image

いやネット上でもさんざん話題になったゴンさんなんですけど、まじまじと実物を見て思うにこれは


f:id:HueyAndDewey:20140612221413j:image

人が刺せるんじゃね?

ってぐらいのこー、なんだかチャンバラ出来そうなバランスである。


f:id:HueyAndDewey:20140612221631j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612221646j:image

既出といえばこの辺も既出で新作ゴジラに関してはアメリカのトイフェアでも出てたアイテムばかりなのですけれど、


f:id:HueyAndDewey:20140612221754j:image

予告動画にも出てこないムートーさんのお披露目って日本ではこれが初?というか「ムートー」になったんですか日本語表記は。「武藤さん」までもう少しですよすよ。


f:id:HueyAndDewey:20140612221916j:image

トッキュウジャーは新作アイテム色々並んでいましたが、有力そうなものは軒並み撮影禁止だったので鉄道っぽいディスプレイをぱちりと。仮面ライダー鎧武は最終アイテムも発売中だしプレバンアイテム多しだったのだまーその、なんですな。


f:id:HueyAndDewey:20140612222156j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612222222j:image

超合金キティちゃんや太陽の塔はすでに発表済みアイテムでしたけど、


f:id:HueyAndDewey:20140612222334j:image

会場発表新作は「超合体!SF(すこし・ふしぎ)ロボット 藤子・F・不二雄キャラクターズ」です。おなじみの人気者たちがひとつに合体するとみんなレ○プ目!すごく・ふしぎです……


f:id:HueyAndDewey:20140612222550j:image

「股間にチンプイって少しどころかかなり・意味深ですよねデュフフフフ」とか言い出したらもう手遅れです。それは子供の発想ではなく単なる小汚いオヤジの悪趣味なギャグです。


f:id:HueyAndDewey:20140612222733j:image

そらおジャ魔女どれみから15年も経てば小汚いオヤジにもなりますわな。


15年前も小汚いオヤジでしたけれど。


えっ

……心身の深い傷に塩を盛り込みつつ、続きは明日に。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

[]東京おもちゃショー2014(その1)

f:id:HueyAndDewey:20140612163702j:image

最近模型関連イベントに出かけるたびに天気が悪いような気がします、がそれはともかく久し振りにおもちゃショーに行ってきました。開催概要などは公式サイトをご覧戴くとして、さても今回出向いてみたのは以前より水面下で噂が囁かれていたバンダイスターウォーズ製品がお披露目されるから…なのです。


おもちゃショーってホビーショーとはちょっと違って撮影禁止アイテムが多いのですが、幸いSW関係は撮影OKだったので色々見てきました。なお今回展示されているサンプルはあくまで試作品であり、各部のディティールやプロポーションなどは製品版とは異なる可能性があることをあらかじめご了承ください。

なにせほら、熱狂的なジェダイ騎士の皆様にとっては宗教的情熱を傾けるものでありますからして、一応念のため。


f:id:HueyAndDewey:20140612164137j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612164502j:image

X-ウィング、1/72スケールの組み立て式プラモデルです。


f:id:HueyAndDewey:20140612164650j:image

ご覧のとおりまだ形状試作の段階で、製品内容や価格等未定なのではありますが、バンダイのプラスチックモデルとしては久々の洋物SFアイテムですので期待は大きいです。こと日本市場ではファインモールドのキットが存在しますからあちらに匹敵するもの、上回るものを求めるのは自然な成り行きでありましょう。


f:id:HueyAndDewey:20140612165043j:image

先行他社と明確に異なる点としてはプロトン魚雷のエフェクトパーツとデススターの  恥ずかしい穴  排気口が付属します。この辺は最近のバンダイ製品のフォーマットが活かされているようですね。


f:id:HueyAndDewey:20140612165314j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612165345j:image

ダース・ベイダー専用タイ・アドバンスドX1、1/72スケールでX-ウイングに続くのはこの機体でした。敢えてこちらを先に出すのは「ガンダムの次にシャアザク」みたいな流れで如何にもバンダイらしいなと思ったり。


f:id:HueyAndDewey:20140612165647j:image

ベースの基部はX-ウィングとは異なるパターンですが規格としては同じサイズ、デススターの表層を模したデザインです。

f:id:HueyAndDewey:20140612171329j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612165944j:image

特徴的なソーラーパネルなど、ディティールを確認してください。なお会場のディスプレイにはX-ウイング、タイ・アドバンスドともタブレットPCが配置されてCADの設計ディティールを見ることが出来ます。今までに無い展示方法でそれはちょっと面白い。試作品では確認できないコックピット周辺のディティールも、そちらで見ることが可能です。またこの画像では後ろにノーマルのタイ・ファイターが写りこんでいますが


f:id:HueyAndDewey:20140612170350j:image

こちらはエピソードIVのクライマックスをイメージした参考展示です。ベイダー機にはレーザーのエフェクトパーツありますね。


f:id:HueyAndDewey:20140612170715j:image

似ている様でいろいろ違うタイ・ファイターですが、「帝国軍」のイメージリーダーとしてはベイダー機より量産型のほうがメジャーな気もしますので、正式発表が待たれるところ。


f:id:HueyAndDewey:20140612171502j:image

こちらのベースについてはX-ウイング、ベイダー機に付属のものに加えて2パターンほどのブロックを連結して構成しているようです。実際のプロップと比較してどうなのかはジェダイ騎士の皆様にお任せします。いずれにしろまだイメージモデルでありますのですし。


f:id:HueyAndDewey:20140612171741j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612172129j:image

1/72と並んで1/48スケールのX-ウイングも発表されておりました。順当といえば順当なものでありますが、


f:id:HueyAndDewey:20140612171855j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612172253j:image

大型化に伴う一層細かなディティールに加えて。キット標準で電飾が装備されます。ヤマト2199シリーズでの蓄積が反映されているのかな?


f:id:HueyAndDewey:20140612172357j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612172429j:image

エンジンの点灯に加えて主翼の開閉も電動ギミックで行われます。会場では自動で動いていましたが、


f:id:HueyAndDewey:20140612172553j:image

製品版ではおそらくボタン操作によるギミックになるのでしょう。内部機構、モーター配置や各ギアの作動システムなどはさすがに判然としませんでしたが、腕前のある人ならレーザー砲口やコックピットパネルの発光にまで、いろいろ盛り込みやすくなってるヨーダといいなあ。


f:id:HueyAndDewey:20140612173038j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612173327j:image

SW関係メカものとしてはもうひとつ、1/1700スケールの巨大なスター・デストロイヤーが鎮座していました。エピソードIVのベイダー艦ならインペリアル級というのですか?


f:id:HueyAndDewey:20140612173421j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612173517j:image

船体各部のディティールもなかなかの迫力。とはいえあくまで参考の、どちらかといえばイベント用の展示品に近いものかとは思います。これがこのままプラモデルになるのかどうかはわかりません。


f:id:HueyAndDewey:20140612173800j:image

電飾に関しては内部に大き目の光源を配置して、数多くの開口部分を通じて舷窓の明かりを見せている模様。特撮プロップらしいといえばらしい処置ですね。で、実際に出すならこれぐらい大きな物のほうが気持ちがいいでしょうねとバンダイブースの担当者様にお話して来ました。バンダイ製品としてはHGUCデンドロビウムや新製品のネオジオング、スターウォーズプラモとしてはファインモールド1/72ミレニアムファルコンの前例がありますし、小さくまとめてしまうとスターデストロイヤーの魅力を削ぐようにも思いますとそんな話をつらつらと。

バンダイとしても新規展開のシリーズなので、一般の反応は求めているようでした。それなりに厳しいとされる版権元の、いまだ監修途中のアイテムをここまで大々的に公開しているのも、そういう配慮を感じます。できればこれまで先行他社が出してこなかったもの、出せなかったものがリリースされると良いなあと思いますので一般日に来場されるみなさんはダイボマーとかタイボマーとかタイボマーとかをどんどんリクエストしようぜ!SWアイテムの暗黒面には素晴らしい魅力があふれているのだぜ!!


スターウォーズ製品について、版権取得はどの作品までなのか、海外特にバンダイアメリカでは販売されるのか非常に気になるところですが現時点では何ともわからないと言うことでした。会場でイキナリそんなこと聞いて教えてくれるわけがないのですけれど、一応聞いておかないといけないのよ。

ここからはフィギュア関連です。バンダイスターウォーズアイテムをフィギュア関連でも展開すると聞いて真っ先に気になったのはバンダイアメリカがDCのヒーローやHALOキャラのオリジナルキットで展開している「スプールキット」シリーズとの関係なんですが、直接関連するものではないとのことです。とはいえ北米市場で売らない訳がないのでしょうけど一応聞いておかないと(ry


f:id:HueyAndDewey:20140612175415j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612175534j:image


ダース・ベイダーのこちらは組み立て式のプラモデルとなります。ホビー事業部の範疇ですね。1/12スケールで、何を隠そうエピソードV版であります。なるほど「帝国の逆襲」関連アイテムを期待してもいいのか。


f:id:HueyAndDewey:20140612175743j:image:w500

f:id:HueyAndDewey:20140612175840j:image:w500

肘やひざの関節可動はフィギュアライズ6に相似したものが見られます(むろんこちらも試作品なので、このギミックがすなわち製品版であるとは断言できませんが)


f:id:HueyAndDewey:20140612180023j:image

マントに関してはプラパーツの分割による可動方式です。えーと最近何かで見たような気がするんだけどなんだっけな……ああウルトラアクトっぽいのか。あちらはコレクター事業部製品ですけれど、なんとなく似通ったものを感じます。


f:id:HueyAndDewey:20140612180254j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612180346j:image

ストームトルーパーは解説によると武器は2種類付属する模様。エピソードIV/V登場とありますが(あれ?VIはどうした??)いちおうベイダー卿と組み合わせるのが前提ですのでマスク脱いでもマーク・ハミルの顔は入ってませんよいや多分、ね。


f:id:HueyAndDewey:20140612180710j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612180746j:image

ストームトルーパーは直立姿勢で展示されていたので関節機構についてはなんとも。一見すると黒い素体に白いアーマー着せているようにも見えますが、それこそ目の錯覚であってバンダイのこのクラスのプラモデルと同様なのだろうなとは思います。

いずれにせよフィギュア関係については正面から捉えるとシルエットを魅せるような設計でありますので、ギミックに関してはディスプレイ後部の鏡で背部の詳細を確認するのが良いかと思われます。


f:id:HueyAndDewey:20140612183122j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612183209j:image

C-3POについては形状のみならず外装の「金色」表現がどうなるかがキモでありますので、今回のフィギュアモデルの中でもとりわけ製品版を待たないと正当な評価は下せないものかも知れません。以前超合金のくくりで12”PMのC-3POが発売されていましたが、考えてみればあの頃からバンダイはSW関連を広げて来ていたんだなあ……


f:id:HueyAndDewey:20140612183920j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612184020j:image

膝関節は簡単そうなつくりではありますが、それほどオーバーに動くヒト(人じゃねー)ではありませんしシンプルな外装は動きを妨げませんしこれで十分劇中再現は可能そう。肘のアクチュエーターは凝った機構のようで前述12インチモデルと同様のものに見えますね。そもそもオリジナルがどんなであったかといえば!


……その辺はジェダイ騎士の皆様にお任せする(´・ω・`)


f:id:HueyAndDewey:20140612184550j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612184751j:image

3POときたら相方のR2-D2ですが、今回はR5-D4とユニット組んでの発売です。R5くんもオビワンのフォースによる邪魔が無ければアストロメク・ドロイドとして大活躍できたのだろうかそんなことはないか。


f:id:HueyAndDewey:20140612184952j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612185024j:image

R5はドンガラのみのようですがR2はハッチオープンと各種オプションアームが付属します。どこぞの元老院議員よりコイツのほうがよっぽど宇宙の平和に貢献しているぞ、な万能ドロイドではありますが、全身に渡って開きすぎたりあまつさえブースト噴射でブイブイ空飛んで皆をビックリさせたエピソードIII版のギミックでは、ない。


会場内にはバンダイ以外にもスターウォーズ関連いくつもありまして、概ね旧三部作が中心でした。やはりライセンスがディズニーに委譲され新作エピソードVIIが製作されるにあたって、もう一度エピソードIVからの新たなる希望ならぬ新たなスタンダードを構築させているような、そんな雰囲気を感じます。EpiVIIにはX-ウイングやファルコン号のセットも登場するらしいですから妥当な戦略なんだろうなあこれは。

で、ことバンダイフィギュア関連がEpiIV〜Vだとして、みなが気になるEpiVの超大人気キャラクター、ランド・カルリシアン男爵はお前じゃない座ってろ。ボバ・フェット君はどこにいるのよと思ったらですね、


f:id:HueyAndDewey:20140612185907j:image

やっこさん、まだタマゴのままだったよ。


f:id:HueyAndDewey:20140612190214j:image

バンダイの既存フォーマットに合わせたスターウォーズ商品も展開されますよ、ということでここからは完成品フィギュアの部。


f:id:HueyAndDewey:20140612190553j:image

ボバ・フェットはマスコレにもありました。このラインナップを見てもEpiV登場キャラまでに限定されているのがなるほどという感触ですが、EpiVIまで絡めると一転してクマのぬいぐるみ劇団が始まるからまあアレだよなうんうん。


f:id:HueyAndDewey:20140612190942j:image

マスコレのラインナップから見て取れるのはマーク・ハミルやハリソン・フォードなど俳優個人の肖像権が関わってくるのもどうやらオッケイそうだという推測。ウェッジ・アンティリーズ出そうよデニス・ローソンなんて監修もライセンス料も甘々だよきっと。


f:id:HueyAndDewey:20140612191319j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612191400j:image

こちらは1/12フィギュアでも塗装済み完成品、コレクターズ事業部のSHフィギュアーツのベイダーとトルーパーです。魂STAGEでのディスプレイに注目で、このクラスの様々なアクションフィギュアと同様、いろいろ無茶が効きそうです。


f:id:HueyAndDewey:20140612191639j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612191721j:image

造形のほうは無論劇中再現なのですが、ユーザーの側は劇中どころかもういろんなことに多用されるのが今から目に浮かぶようです。子供育てるとかナー。


f:id:HueyAndDewey:20140612191912j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612191957j:image

バンダイの完成品トイでもオリジナルのアレンジを効かせたムービーリアライゼーションのフォーマットに乗せた「侍大将ダースベイダー」にはビックリしました。考えてみればこれまで五月人形もあったしトランスフォーマーに変形するのもあったけれど、ここまで劇中のプロップから「意図的に外した」製品がリリースされるのも驚きです。ダース・ベイダーも元々は日本の鎧兜をモチーフにしたデザインではありますが。


f:id:HueyAndDewey:20140612192454j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612192652j:image

兜の前立が帝国軍の紋章を和風アレンジしたものだったり日本刀風のライトセーバーとか実にイイ感じのアレで、特に後者はなんだかいろいろ真似されそうでもある。


f:id:HueyAndDewey:20140612192904j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612193001j:image

ディフォルメモデルのFWコンバージでもSW展開。アクションフィギュアやキャンディトイの類はあってもいわゆるスタチュー、バンダイ製品でいえばフィギュアーツゼロに相当するものが無いのはあまり深く考えないほうがいいんだろうなあ……

f:id:HueyAndDewey:20140612193309j:imagef:id:HueyAndDewey:20140612193353j:image

f:id:HueyAndDewey:20140612193450j:image:w500

バンダイスターウォーズアイテム最後を飾るのはインテリアホビー「スペースワープ」とのコラボレーション製品です。クリスマスツリーのオーナメントみたいでオモシロ。会場ではただ組んでおいてあるだけでしたが、これ実際に動かしたら見違えると思いますよ〜。BGMにタイトルテーマを延々リピートし続けたら遠い遠い昔、はるか銀河の片隅にトリップしそうである。



バンダイSW関係はここまでですが、少し休んでからいろいろ追加したいと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ