Hatena::ブログ(Diary)

International Association of Fine-Art IAFA

2009-10-06 アブラハム・シフリンの再調査(1)

アブラハム・シフリンの再調査(1)


 1993年まで、KAL007の乗員乗客は全員死亡とロシア共和国大統領ボリス・エリツィンによって宣告されていたが、アブラハム・シフリンはKAL007便の生存者がいる事を告発した。シフリンの話によれば、乗客はKGBによって捕らえられ、荷物と一緒に矯正収容所へ連れ去られた。民間機を装ったスパイ機と知らされていれば、KGBは、KAL007の生存者たちを、いつ、どこへ連れて行き、何をさせていたか。シフリンはそれに関して詳しい情報を得ており、ソビエト社会の暗部の仕組みをまじえて告発した。その話の中には、非常に正確な情報もあるため、彼の話の全てを否定する事はできない。

f:id:IAFA:20100226123829j:image:w150

Jesse Alexander Helms

  1. アメリカ合衆国上院議員ジェシー・ヘルムズは、アブラハム・シフリンからKAL007に関する情報と報告書を受け取っている。
  2. ジェシー・ヘルムズ上院議員は、アンカレッジでKAL007に乗ったグレンフェル家の娘たち、3才のステーシーと5才のノエルを直接見送った。「例え1千年生きようとも、私はあの少女たちの事を忘れない。私の膝の上で遊び、笑い、頬に口付けしたあの娘たち。愛らしい2人の少女。忘れようにも忘れられるものではない。なぜ、あの少女たちが犠牲にならなければならないのだ」
  3. 1991年12月10日、ジェシー・ヘルムズ上院議員は、ロシア大統領ボリス・エリツィンにKAL007便に関する具体的な情報を求める書簡を送った。
  4. CIAに提出されたアメリカ合衆国「共和党局員論文」は、イズベスチア、CIA、NSA、アブラハム・シフリンの調査データに沿ったリポートの草稿で、ヘルムズ上院議員は、その報告書に同意し信頼を置いていた。ボリス・エリツィンへの要求と質問は下記内容だった。

ジェシー・ヘルムズJesse Alexander Helms上院議員からエリツィン大統領への質問内容

  1. KAL007着水の正確な位置
  2. 着水時の目撃録 
  3. KAL007に関連した軍の無線内容の転写物 
  4. 生存している乗員乗客名リスト 
  5. KAL007から取り去った貨物と荷物のリスト 
  6. ソビエト側の捜査救助報告書コピー 
  7. ラリー・マクドナルド氏Lawrence Larry Patton McDonaldの運命に関する詳細情報 
  8. KAL007の乗員乗客が連れ去られた収容所情報

CIAに提出された「共和党局員論文」に対しての返答

  1. エリツィン大統領は、1992年6月17日、KAL007便に関する文書の存在を報告。
  2. KGBによるKAL007覚え書きが存在する事を明らかにした。
  3. エリツィン大統領はその3ヵ月後、ブラックボックスの存在を認めた。
  4. 1992年10月28日、エリツィン大統領は、「生存者はいない」と返答。
  5. 「我々にはロシア政府の声明を疑う理由はない」と述べた。

 アブラハム・シフリンによる諜報活動と執筆、告発がなければ大韓航空機追撃事件は伏せられたままで、この事件は1990年にぶり返さず揉み消されていた。アブラハム・シフリンは、この時期のソビエト強制労働収容所の実態をアメリカ人に明らかにし、ソビエト政府が隠し持っているKAL007の証拠品、ブラックボックス、報告書の所在、乗員乗客の行方を告発した人であった。

 イスラエル国エルサレム市生まれのアブラハム・シフリンは、ソビエトからアメリカへ移住した強制収容所に詳しい情報収集家であり、KAL007に乗っていたラリー・マクドナルド下院議員の友人であった。シフリンのKAL007生存者説は、ソビエト強制労働収容所と精神矯正収容所のリサーチセンターから受け取った情報による。そのリサーチセンターの1989年〜1991年にかけての調査によれば、KAL007の乗員乗客はサハリンKGB基地へ連行されたと断定している。

 アブラハム・シフリンは、赤軍少佐とクリミア北東のクラスノダール地方検察官として責任ある地位に就いた後、エルサレムにリサーチセンターを設立し、理事となった。しかしアブラハム・シフリン自身、アメリカとイスラエルのためスパイ行為をした理由で裁判にかけられ、その判決の結果、10年間監獄生活。さらにその後の7年間、カザフスタンに流刑にされた。

アブラハム・シフリンは、サハリン西海岸ネべリスクの漁師と日本人漁師から、事件当日「着水した機体から乗客が救助された」目撃談を直接入手した。<解説1>その話が事件当日の何時ごろか、漁師から直接聞いたか、噂話を聞いたものか。イズベスチア新聞に彼が集めた目撃談と同じ内容の話があったり、CIA報告書の随所にシフリンの情報が付け加えられている。しかしこの目撃談も、曖昧な表現の仕方で、もし、シフリン本人がネベリスクで直接聞いた話であれば、この事件の重要な鍵となる目撃談取材に関して長々と正確に書くはず。