Hatena::ブログ(Diary)

カツくんのつれづれ日記

ページビュー
45428

2017-07-30

英会話の近道(その7)

 会話は単語とジェスチャー(身振り手振り)をメインにする。そして、それではどうしても伝えられない事だけをフレーズや文で補うーという形でOKです。実際、会話の50%は単語とジェスチャーでなんとかなります。また、ありがたいことに、単語とジェスチャーをメインにしていると、相手も単語とジェスチャーをメインにして話してきます。これはつまり、相手(ネイティブ)はこちらの英語レベルがわからないので「とりあえず、この人のやり方に合わせておこう。」という発想のようです。
(逆に、見栄を張って間接疑問文や仮定法過去文などを使うと、相手もそのレベルの文で返答してきますので聞き取りが大変になります。)なので、文を使う時もなるべく平易な文を使うようにしましょう。

フレーズとは何か
 これは2〜4コくらいの単語からできている「かたまり」、つまり単語と文の間のようなものです。
フレーズを日本語に訳すと「句」です。この「句(フレーズ)」をマスターすると、全ての会話のうち80%くらいまでカバーすることができます。
YouTube動画にて、入門的なフレーズを2動画作成してみましたので、とりあえずやってみてください。フレーズとは何かがわかるはずです。
 「日本語を聞いてあなたが英語で答える」形です。内容は海外旅行で一番使うであろう数字とその単位のフレーズです。(クリックしてください↓)
https://www.youtube.com/watch?v=N77mkmTUEkQ
https://www.youtube.com/watch?v=4pEj011y4Rs

会話で一番使うのが「数字」
 たとえば、チケット販売窓口で料金を支払います。相手の窓口担当官は言いますー”◯dollars □cents.” ここで◯dollars □centsが聞き取れないと、いくら支払ってよいのかわかりません。聞き直すーといっても、もう1回が限度でしょう。担当官はイラつきますし、あなたの後ろには大勢の観光客が並んで「早く」と待っているのですから。
オプショナルツァーなどでは集合時間も加わってきます。明日朝の集合時間―”Tomorrow morning,8:30,here”、また現地で自由行動終了後の再集合時間などを聞き間違えると大変です。ネイティブガイドは”3:15 pm”と言ったのに、あなたは”3:50 pm”と間違えて聞き取ると、帰りの乗り物に乗れなくなる可能性が大です。外国では日本のガイドのように丁寧ではなく、再集合時間に不在のあなたを「探しまくる」というようなことはしないようです。あらゆる場面で「自己責任」という考え方が強い。例えば、海辺の断崖絶壁でも柵(フェンス)が設置してないのはそのいい例です。
f:id:IDktskn:20170730143535p:image

f:id:IDktskn:20170730143531p:image:right
 数字の会話練習は上記2動画では当然足りません。日常、数字を見かけたら、「英語で言ってみる」というのは非常に効果的です。またカレンダーの「タテ読み」も効果的です。

2017-07-03

「新幹線」の話

運賃は割高
 東海道新幹線の経営はJR東海が担当しており、運賃は「割増し」料金に設定されている。これは、1991年の民営化直後に新幹線建設費のうち5兆円分の借金を引き継いだためだ。そのため借金を完済するまで通常運賃に20%ほどの上乗せされた運賃が設定されている。が、新幹線はそれでも大人気で、その結果かなりのハイペースで借金を返し続けており、現在の債務残高は3兆円を下回るところまで来ているようだ。借金を完済したあかつきには運賃は通常運賃に戻す予定であったが、今の割増運賃でも乗客は多いので割増運賃を続けたいーこともあり、東京名古屋間の「リニア新幹線」建設をぶちあげた。で、結局もくろみどおり「リニア新幹線の建設費を稼ぐ」ということで割増運賃はほぼ「無期限継続」となったようだ。

大人気の新幹線
 群馬県御巣鷹山に墜落した日航機事故の記憶はいまだに強い。「飛行機は速いが、危険だからねえ。」ということで、大阪はもとより広島福岡へ行く場合でも、運賃は高くても、飛行機より多少は時間がかかっても、「新幹線」を利用する人は多い。JRの方も心得ているので「死者が0の新幹線スローガンを全面に打ち出してアピールしている。そのため最も速い「のぞみ号」は一番人気だ。
 さて、下の東京駅発18:30〜19:30(2時間分)の時刻表を見てみよう。繁忙期(ゴールデンウィークお盆時期)にはのぞみが11本、ひかりが3本、こだまが6本(うち2本は名古屋駅発)運行されている。東京駅発分だけをみても2時間内で18本の新幹線が発車している。約6分40秒に1本の割合だ。のぞみが最高速度275kmで走ることから、安全性から見ると列車の間隔はもう限界に達していると言っていい。実際に何度か乗っているのだが、車内の座席はいつも人でいっぱい。大阪駅で「前方で1席空いたな。」と思ったら、次の京都駅でもう埋まってしまう。繁忙期外でも常に満席に近い状態だ。
f:id:IDktskn:20170703212812p:image
 のぞみの発車間隔がこれだけ短いと問題も発生する。ついうっかりと1つ早いのぞみに乗ってしまいそうになるのだ。新幹線のホームに上ると、のぞみが3本くらい表示されている。どれも到着時間が似ていて、しかも「のぞみ397号」「のぞみ399号」など、わずかな数字番号の違いしかない場合もあるので、ついついうっかりと1つ早いのぞみに乗ってしまいそうになる。列車はその到着時間が少し遅れる事もよくある事なので、そうなると到着時刻も変わってしまい、ますます間違えやすい。のぞみ号に乗る予定のある方は、切符に居印刷してある「のぞみ列車番号」に最も気をつけましょう。(座席位置などは乗ってからでもなんとかなるので)

こだま」は空(す)いている
 のぞみ増発のあおりを食っているのが「こだま号」。最近は各駅で5分以上停車することがとても多くなった。場合によっては「10分待ち」ということもある。後ろから来る「のぞみ」を先に通すためだ。こうなるともはやこだまは「特急列車」と呼ぶのはどうなのかーとなってくる。
 さて、採算上、こだまの適正車両数は12両だそうだ。ところが、ダイヤの編成上16両にしたほうが全体の運行は都合がいいのだという。それは「到着駅でこだまをすぐ、ひかりやのぞみに切り替えられるから」。例えば東京名古屋間を「こだま」として運行、そしてその列車は車内清掃の後、そのまま名古屋発の「ひかり」として発車できるからだ。空席が多くなっても車両基地に移動し車両の追加をし、また戻すことを考えればよほど効率的なのだという。そのためこだまは座席数に余裕がある。1車両のうち1/3しか座席が埋まっていないということもある。
 そこで提案だが、「こだま定期券」でも作れば通勤客を中心に乗りたい人はかなりいるのではないか。在来線は朝などは通勤客で殺人的な混雑となっている区間もあると聞いているので。

まとめ
 世界的にも例がない高架型の専用軌道と独特の運行システムで大成功した新幹線。しかし、日本列島地殻的に不安定な陸地だ。巨大地震、最近の集中豪雨等への備えはどうか、トンネル内で断層が発生することはないのか(例えば熱海駅から三島駅の間にある丹那トンネル付近には丹那断層が走っている)。
 自然の災害はしばしば「人間の想定外」のレベルになることがある。リニアはとりあえず山梨駅で止めておいて、10年くらいかけてじっくりと超高速列車の経験を蓄積することにして、主な予算は在来線新幹線の既存トンネル、橋などの点検強化、整備、補強等を行った方が経営的にも正しい方向かと思うのであるが。
f:id:IDktskn:20170703212809p:image:w360:right

2017-06-09

古い車は強い?

 最近、ケーサツがネズミ取り(速度取締り)をやらなくなったせいか、後ろから車間を詰めてくる、いわゆる「巾寄せ」を仕掛けてくる車が多くなった。もしこちらが急ブレーキを踏めば確実に追突される。そうまでして、ぶつかる危険を犯してまで速く走りたい理由は何なのかーと思うのであるが。トラックあり、普通車あり、はたまた軽自動車でも煽(あお)ってくるのが少なくない。まあ、だいたい態度は傲慢で、「(前の車は)遅い、遅い」という雰囲気を醸し出し、偉そうである。が、そんな時武器になるのが僕の車の「古さ」。もう10年を超えているので、「ぶつけられるなら、それも仕方ない。」と思っている。そのため煽られてもスピードはあまり上げない。その気持ちがわかるのか、ハッと急に減速し、車間を空ける車もある。古さが対抗する武器になっている。しかし、これが新車で、しかもリヤバンパーが無い車だと大変だ。
 最近はリヤバンパーが無い、あるいは貧弱な新車が多くなった。メーカーとしてはリヤバンパーだけの破損、交換よりボディに損傷が出たほうが修理代が跳ね上がり儲けが大きくなるのでそうしているのかと思われるが、購入する側のユーザーの立場ではそのような車は評価を低くせざるをえない。
 その昔、友人の車でスキーに行った時、雪道で滑った大型トラックに後方から追突されたことがあった。その場は住所を交換して別れ、後で電話で修理代を請求したが、「あ〜ん?」というような返事で支払う気は乏(とぼ)しかった。その後、電話の相手は社長に代わったが、いつも「支払いますよ。」という返事はもらうのだが、何回電話しても、「支払いますよ。」という返事だけで半年経っても送金や振込はなかった。相手の運送会社の所在地は名古屋で遠方であり、どうやらそのまま時間経過、自然消滅を狙っていたようだ。そしてとうとうしびれを切らした僕が「裁判をやりますよ。」と伝えたため、それは困ると思ったのか修理代の90%を振り込むーと言ってきた(10%は左ウィンカーを点灯せずに止まった当方の落ち度分―だと言う)。仕方がないのでそれで示談にしたが、さらに問題があり、振り込むのは東海銀行だと言う。気が変わるといけないので、仕方がないので、わざわざこのためだけに東海銀行の口座を作った(この口座は一度この振込みに使われただけでその後は何も使われていない)。皆さんは「オカマを掘られたら、100%支払ってもらえばいいや」と軽く考えているかもしれないが、実は現実はそんなに甘くはない。
 まあ、そんなわけで来年早々には11年目の車検を控えている現車であるが、ガタも来ていないし、煽られても気が楽なこの車、「もう1回車検を通そうか。」という気持ちが強くなっている今日このごろである。

2017-05-03

英会話の近道(その6)

「英語を英語として理解」できるようにするにはー
 既に英語として脳に直定着している「Thank you.」を例にしましょう。どうして定着したのでしょうか?それは、いろいろな場面で何度も「Thank you.」を聞いたり言ったりしたためです。ある時はテレビから、ある時は友達から「聞かされた」。またある時は感謝の気持ちを伝えるために軽く「言ってみた」。この「聞かされた」、「言ってみた」を何回も繰り返した結果、何十回も経験した結果、脳に直に定着したのです。
 次の例です。このブログを読んでいるあなたは「Excuse me.」や「Nice to meet you」くらいは脳に直定着していますよね。「そのくらいは、まあできるよ」と言われるかもしれません。ところが、英語を全くやっていない人「おじさん、おばさん」としましょう。「Excuse me.」や「Nice to meet you」の意味がわかるでしょうか?直定着どころか、たとえ英語で字幕が出たとしても全く意味がわからないでしょう。これが「いろいろな場面を経験しているか、いないか」の差です。

Nice to meet you.の日本語訳は?
f:id:IDktskn:20170503211906p:image:right
 上記の、英語を全くやっていない人から「ねえ、Nice to meet you.ってどうゆう意味なの?」と聞かれた時、すぐ日本語訳が出てくるでしょうか?そうではなくて、代わりに「過去に見た番組で外人が「Nice to meet you.」を言っている場面が2,3つイメージとして頭に浮かんでくる」のではないでしょうか。これがつまり、「Nice to meet you」を「英語を英語として理解」しつつある状況です。
 英語に関心のあるあなたはテレビで、「外国への旅番組」などを時々見るはずです。そして一番出てくる文が「Excuse me.」と「Nice to meet you」ですね。そして時折ふざけて、「Excuse me.」とか、「Nice to meet you〜♪」などとマネしてみたりしているはずです。いろいろな旅番組を見たことで、一番出てくる「Excuse me.」と「Nice to meet you」が脳に直定着しつつあるのです。

自分のレベルよりやや易しい教材をいろいろ使用する
 まとめです。いろいろな場面で「聞く」「言う」―それには、つまり、同じレベルの教材をいろいろやってみることです。同じレベルの教材をやっていると、重複する文やフレーズが出てくる。実はそれが重要文や重要フレーズだったりするので、「同じレベルの教材をいろいろやることは、会話の重要部分を英語として脳に直定着させやすくなる」ーということのようです。
f:id:IDktskn:20170503204336p:image
f:id:IDktskn:20170503204335p:image:w360:right
 僕は本格的に8年の間英語に取り組んでいるので、上の教材のうち、左3つが「やや易しいレベル」と感じますが、皆さんはもっと易しいレベルの教材をいろいろと使用することをお勧めします(「基礎英語1」とか「プレ基礎」とかのレベルですね)。そして、教材はテキストだけでなく英検の5級〜3級、またネイティブが講師の初級講座などもやると場面が大きく変わるのでもっと効果的です。ここで1つ注意なのですが、少し上達してくると、すぐ自分のレベルより上の英会話へ行こうとする「見栄張り」の人が少なからずいるのですがこれは大間違いです。英語の場合は「自分のレベルより1つ下の教材をいろいろと豊富にやってみる。」方が効果があるーと感じています。つまり基礎を徹底的に固めて、「このレベルならばいつでも95点以上取れる」状態にしてから次のレベルへーというのが正解のようです。というか、ごく自然に次のレベルへ行ってしまいます。

2017-03-29

飛蚊症(目の病気)になった。そして−

f:id:IDktskn:20170329214608p:image:right
2月21日、職場で大型モニター(パソコン)を見ていたら、突然ジェル状のタバコのの輪のような物が右目に現れた。何だろう?まつ毛にゴミでも付いたかな。と思い、洗面所で目を洗ったが、一向に異物は取れない。うーん、これはもしかすると、うわさに聞いたことがある「飛蚊症」なのではと思った。このところ、昼休みもスマホを見るようになって目が休憩する時が無くなっていた。「しまったな」と思ったが、後の祭り。
 この日、帰りの列車内ではいつもは終着駅まで1時間ほどスマホをずっと見ているのだが、本日は無し。というか、見る訳にはいかない。画面を開き、いつも聞いている「Enjoy Simple English」のスタートボタンだけ押して目をつむって聞いている。2日分聞くので所要時間は約25分、あとはすることは無し。

f:id:IDktskn:20170329210426p:image:right

 家に帰って、パソコンで「飛蚊症」を検索。画面を見て検索する事自体、目には良くないのだが、致し方ない。なるほど、硝子体の濁りか。車のランプの経年劣化(黄色くなったりする)と同じようなものか。(動きは下記動画を参照)
https://www.youtube.com/watch?v=z0olyZrcBx4
 この日から「目へのいたわり」が始まった。まず、仕事場の、家庭のパソコンの明るさやコントラストを限界見えるギリギリのところまで下げた。そして、必要なもの以外は見ない(HPの「読み込み中」などの状態の時は下を向いて画面を見ない)。テレビもあまり見ないようにした。というわけで、電車内や帰宅後にする事がかなり限定されるようになった。主な作業は暗闇(くらやみ)リスニングスピーキング英会話)となった。それまでも月〜金曜日は英語を聞く、話すトレーニング(電車内ではリスニングのみ)を毎日述べ1時間程度行っていたが、目を使う作業、娯楽ができなくなったので、倍の2時間に増えた。おかげで、この約1ヶ月で英語力はかなりアップした感じだ。

 休みの日は野山への散歩が多くなった。自然の風景(特に遠景)を長時間見ることは目にはとてもいいようだ。人間の目というものは小さなネズミのような哺乳類の時代から何千万年もの間、自然の風景、実際に目の前にある物をよく見る方向で進化してきたので、自然の風景ならばたとえ鮮やかな色合いの物であっても目に毒ではなく、むしろ良い対象であるようだ。

 逆に人工光(パソコン、スマホ、そして蛍光灯までも)は目には良くないようだ。その後、ネットの検索で調べたところ、特に「ブルーライト(青い光)が良くない」ということがわかった。目の状態が良い時を見計らってさらに検索を続けたところ、パソコン、スマホそれぞれにブルーライトを減光する機能がある事を発見した。そして、さっそくそれぞれの青色を減光したところ、その日以降、症状はかなり軽くなった。特に職場ではパソコンは必需品、「画面を見なければ仕事にならない」機器であるだけにブルーライトを減光する機能の発見は大きな一歩となった。そして減光設定以降、ある程度これら機器を見ていても症状がどんどん悪くなるという事はなくなった。そして現在、症状が約1/10にまで改善してきたので、ようやくパソコン画面でWORDでこの原稿を書いているところである。

 飛蚊症は「治らない」と言われていますが、発生直後にすぐ「目をいたわる」対応をすれば症状はかなり回復する可能性があると思われます。自分の場合は苦しい節制生活を続けてきた結果、ようやく何とか良くなってきたので、「やれやれ」という感じで現在毎日を過ごしているところです。
f:id:IDktskn:20170329212350p:image