Hatena::ブログ(Diary)

まいのりてぃ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-09-19 琵琶湖周遊ドライブ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

琵琶湖を1周ドライブするときに、色々と撮影しました。

これは、しんあさひ風車村 に立ち寄ったときに。

京都新聞写真コンテスト に応募する。

題名
旅立ちの準備はOKだ

f:id:IGA-OS:20110919102415j:image:w360

撮影日
2011.09.19
場所
しんあさひ風車村
レンズ
EF-S18-135mm
絞り
F5.0
シャッタースピード
1/2000秒
ISO
400

京都新聞写真コンテスト

京都新聞写真コンテストとは編集

2010-03-10

風来房のつけ担々麺

住居の近所である長岡京に、担々麺のつけ麺を提供する「風来房」という店があるのですが、これまで一度も行ったことがなかったので初めて食べに行った。

風来房風来房の「白虎」

注文したのは、スタンダードな「白虎」。

どちらかと言えば甘みの勝ったスープで、酸味は弱い。辛みは標準だったけど、それほど気になるレベルじゃなかった。ハッキリ言って、かなりこれは美味しい。辛いのが苦手という人でもたぶん大丈夫じゃないかな。

スープには角煮が入っていました。これも柔らかくて美味しい。そぼろみたいなのもちょっと入っていて、これは担々麺っぽい。

麺は冷たいモノと温かいものを選択できたけど、温かい方を選択しました。たぶん結果的には冷たい方が良いと思います。麺が柔らかくなるというのもありますが、熱で水分が飛んでしまい、麺がくっついてしまいます。麺はしっかりモチモチでよくスープも絡みます。

スープ割り用のダシ汁がテーブルに置いているので、食べ終わったらスープ割りを楽しめます。ただし、スープが元からかなり多めに入っており、スープ割りをするなら別の容器に移してから行うことをオススメしたい。

近いので、また行きたいお店です。

風来房の情報

土日はかなり混んでます。よく店の前まで並んでいます。

平日の閉店前なら意外と空いている時もあるので、なるべく平日にいくことがオススメかと。

2010-02-01

ラーメン はなふく/つけ麺 わかば

会社の先輩に連れられて、伏見にある「ラーメン はなふく」に食べに行った。

しかし・・・実は、このお店は昼と夜でメニューが違う。

昼はラーメンを出しており、このときは「ラーメン はなふく」として店をしている。

ところが夜になると、つけ麺のお店になり、このときの屋号は「つけ麺 わかば」になるらしい。

今日は会社帰りなので夜の部。

「鶏濃厚つけ麺」について

注文したのは「鶏濃厚つけ麺」。

f:id:IGA-OS:20100201195819j:image

スープは鶏豚骨という結構珍しいもの。そして、おそらく魚介系のミックスだったように思う。これが濃厚で・・・天下一品の濃いめよりもうちょっとドロッとした感じ。麺はモチモチとした太麺で食感が良い。これが良く絡むんだわ・・・。

私は並を注文したけど、普通にスープに付けて食べるとほとんどスープが無くなってしまった。麺の大盛りもあるけど、メニューには「スープが無くならないように注意してください」って書いてるくらいw

スープが冷めたら、レンジでチンしてくれるサービスもある。

チャーシューはコロコロだけど、味も濃くてスープに負けない味。脂身のバランスも良く、美味しい。

カウンターにはスープ割り用の温かいダシが置いてあるので、スープ割りにも挑戦。つけ麺のスープ割りは色々と挑戦してきたが、どこもあまり美味しいというのは無かったけど・・・ここのは美味しかった。少し薄めにしたのが良かったのかも。

ニンニクを入れるか最初に聞いてくれるけど、次の日が仕事とか人と会うヒトは注意ください。結構たっぷりと入っています。食べ始めには少し気になるけど、そのうち全然気にならなくなってしまいます。帰宅して自分の呼気を嗅いで驚くことになるかと・・・(笑)

お店について

店はカウンターと4人掛けの席があるだけのとても小さなお店。そして、とても丁寧にラーメンを作るので・・・正直なところかなり客の回転は悪い。

1時間くらい並ぶのはザラってことなので、食べに行く場合は覚悟して行った方が良い。

駐車場もあるけど、2つだけということで近くのコインパーキングを利用しても良い。

近くに、元阪神タイガースの川藤が開いてる「川藤」というラーメン屋と、二郎系ラーメンの「地球規模で考えろ」が並んでるので目印になる。

行く前には、お店のブログを見ていくと良いみたい。結構日替わりでメニューが増えてるようなので、ブログを見てから行くとその日にあるメニューが分かる用になっています。

2009-12-22

たから家 京都駅前店

会社の忘年会帰りに二次会が無くなったので、ソロでラーメン屋を探して京都駅周辺を彷徨いました。

アバンティの向かい側にあるラーメン屋の「たから家」に行ってきました。

f:id:IGA-OS:20091222222232j:image

京都駅ビルのラーメン小路にも「宝屋」というラーメン屋が入っているが、そことはまったく別の店。

アゴとかの魚系がベースのスープ。スッキリした醤油スープです。

チャーシューは非常にアッサリしたもの。脂身が入ってないので、個人的にはあまり好きではない。パサパサ。

麺は割と普通かな。

京都ラーメンって感じの背脂チャッチャ系?かと思ったらそれほどコッテリしてない。どちらかと言えばアッサリと食べられる。

以前に食べたことがあるが、そのときはそれほど美味しいとも思わなかったんだが、呑んだ後に食べに行くと全然違う印象。胃が休まる感じで美味しかった。

評価は★★★かなー。

http://r.tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26003387/

たから家 京都駅前店

電話番号:075-672-2989

住所:京都京都市南区東九条上殿田町42-1

営業時間:11:00〜15:00 17:30〜翌2:00

2009-12-19

鶏がららーめん 門扇

友人の披露宴二次会の帰りにラーメンをどうしても食べたくなって、終電時間との戦いで探したラーメン屋さん。

京都で焼鳥屋さんをやってる門扇さんが、ラーメン屋として新規出店したところらしい。

f:id:IGA-OS:20091219234053j:imagef:id:IGA-OS:20091219233148j:image

注文したのは酒粕ラーメン

やはり鶏の専門店ということで、チャーシューも鶏肉。とてもアッサリとしていて良い。

酒粕ということでスープも全体的には甘めの味付け。チャーシューが完全に味で負けてしまっており、この点は残念であった。

しかし、酒粕スープは冷えた身体を温めるには最高だった。粕汁みたいないかにも「酒」って感じでもなく、たぶん鶏ガラだしをベースにした酒粕スープだと思う。いくらでも飲める。

麺は一蘭のような極細麺。ほとんど同じ麺なんじゃないかな?個人的にはとても好きな麺なので、スープとも良く絡まって美味しかった。

替え玉も用意されており、本格的な福岡のラーメン屋さんを目指しているように思う。

総合点では★★。

次は普通のラーメンを食べてみたい。

http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26014507/

鶏がららーめん 門扇 (もんせん)

電話番号:075-255-7123

住所:京都京都市中京区二筋目西入ル紙屋町 KGビル 1F

営業時間:21:00〜翌7:00 夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、始発まで営業、日曜営業