Hatena::ブログ(Diary)

limit not world

2015.07.01(水)




https://www.berlinale.de/
【映】2015.02.05(木)-2015.02.13(日)
第65回ベルリン国際映画祭



http://littleforest-movie.jp/sp/ws/
リトル・フォレスト(1) (ワイドKC)リトル・フォレスト(2) (ワイドKC)
【映】2015.02.14(土) リトル・フォレスト 冬・春編
※リトル・フォレスト夏・秋編(2015.01.28発売)

リトル・フォレスト 夏・秋 [DVD]

リトル・フォレスト 夏・秋 [DVD]

【映画パンフレット】  リトル・フォレスト 夏編・秋編 監督 森淳一 出演 橋本愛, 三浦貴大, 松岡茉優, 温水洋一, 桐島かれん



http://hakase.link/sp/

【映】2015.03.13(金) 博士と彼女のセオリー



http://imitationgame.gaga.ne.jp

【映】2015.03.13(金) イミテーション・ゲーム



GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組

GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組

【映】2015.02.25(水) “GODZILLA-ゴジラ-”

【映】2015.02.04(水) 猿の惑星:新世紀(ライジング)

太秦ライムライト [DVD]

太秦ライムライト [DVD]

【映】2015.01.21(水) 太泰ライムライト



【音】2015.03.04(水) 光の音色−THE BACK HORN Film−

BRANDNEW DAYS

BRANDNEW DAYS

【音】2015.02.25(水) BRANDNEW DAYS

【音】2015.02.04(水) BUMP OF CHICKEN WILLPOLIS 2014

【音】2015.01.21(水) 
Do As Infinity 15th Anniversary-Dive At It Lmited Live 2014

※【映】は映像関連。【音】は音楽関連であり
曲の映像作品や公演映像等も含みます。

【音】2015.03.16 dodecahedron mix
【映】2015.03.18 思い出のマーニー
【音】2015.03.18 Easter
【音】2015.03.31 葡萄
【映】2015.04.08 インターステラー
【音】2015.04.22 コロニー/Hello,world!
【映】2015.04.25 寄生獣 完結編
【映】2015.04.29 寄生獣


2015.03.05  【最終更新】

2015.03.06(金)

「博士と彼女のセオリー」来週上映

車椅子の物理学者として知られている
スティーブン・ホーキング氏の半生を描いた
「博士と彼女のセオリー
(英題:The Theory of Everything)」が来週上映となります。

原作は元妻であるジェーン・ホーキングさんの執筆した
“Traveling to infinity:My life with stephen
(読み:トラベリング・トゥ・インフィニティー
:マイ・ライフ・ウィズ・スティーブン)”です。

(和訳版が見つかりませんでしたのであしからず)

ホーキング氏は21歳の頃に身体の筋肉が急速に衰える
筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症しました。
筋ジストロフィーよりも急速型の病気です。
ALSは通常、余命数年といわれる難病にもかかわらず
ホーキング氏は50年以上経った今でも生きている上に
理論物理学者としても健在です。
なぜそうなったのかはハッキリとは分かりません。
こちらの作品は、そんな数奇で不思議な人生を描いたものなります。



http://hakase.link/sp/

「イミテーション・ゲーム」来週上映

イギリスの数学者であり論理学者でもある
アラン・チューリング氏の生涯を描いた
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
(英題:The imitation game)」が
来週である2015.03.13(金)上映されます。
本来の題名には更にエニグマと天才数学者の秘密とあるわけですが
文字数の都合と私的に天才と題するたとどうもしょぼい印象があるので
見出しでは題名を一部省いてます。

イミテーション・ゲームというのは考案者のアラン・チューリング氏にちなみ
別名チューリングテストとも呼ばれています。
これはコンピュータの性能を確認する為のものです。
簡単に説明すると、コンピュータと人に何かしらの質問をさせて
その回答が人とコンピュータのどちらか他の人達に当ててもらうというものです。
現在は人工知能の性能確認の一つとして用いられています。
コンピュータの進化系ともいえる人工知能は自ら考え判断することのできる産物です。
基本的にコンピュータはキーボードやタッチパネルなどの
指示といった人の入力にしか応じられませんが
人工知能となれば話や行動といった人の対応に応じることができるようになります。
その上で人と見分けがつかないような自然な回答ができるようになる必要があるわけです。
これが進歩すればドラえもんのような
人と自然に接するようなロボットができるのも現実味を帯びてくるでしょうね。
ただ、いろいろ書いてはいますが
この作品において人工知能どうこうの話は一切関係ありません。
結果的にイミテーション・ゲームが人工知能開発に応用されているという話です。

まだアラン・チューリング氏の話はありますけれども
公開当日の記事に書くとします。



http://imitationgame.gaga.ne.jp

2015.03.05(木)



「光の音色-THE BACK HORN Film-」本日発売

「光の音色-THE BACK HORN Film-
(読み:ひかりのねいろザ・バック・ホーン・フィルム)」
のDVDが昨日発売となりました。
できれば発売当日に掲載したかったのですが
訳あり本日に至ります。



他に発売や公演情報というのは現時点はありませんので
以上となります。

明治安田生命JL、明後日開幕&次期監督内定

明治安田生命JLが明後日開幕となります。
今年も開幕戦は全試合無料放送となっています。
少し関心はあるけれども
競技場まで足を運ぶほど関心はないという方も
この機会をぜひ。
日程はこちらとなります。
JL,J1-1st日程
地上波放送の日程も
分かり次第随時記載してまいります。
JLやサッカーのみならず
包括的な試合の日程表を今作成しておりまして
後日掲載しますので。

あと、速報的な話題ですが
ハビエル・アギーレ前監督後の次期日本代表監督が
ヴァヒド・ハリルホジッチさんで内定されることが明らかになりました。

ハリルホジッチさんはオシム先生と同じ
ボスニア・ヘルツェゴビナ国籍の監督だそうです。
去年のワールドカップでは
本戦出場が関の山だったアフリカのアルジェリア代表を
ベスト16まで導いた実績をお持ちの方だそうです。
名前はハリルジャパンかハリホジジャパンかそれ以外か。

スポーツ紙通りでしたね。
次期監督の話題がある時期はコンビニとか行くと
無意識にスポーツ紙をチラ見して
次期監督が誰なのか見出しをチェックしてしまいますよね。

今月に行われる日本代表の強化試合において
指揮をとるかは若干性急な話ですので不明ですけれども
就任会見が今月中に行われる可能性は高いです。

2015.03.04(水)

-23:10

本日の更新はここまで。
この数日かなり大変ですよ。
かなりぐったりしてます。
記事に手抜かりあるのもそれゆえかもしれない。
記事の備蓄もないし。
だが、なんとかしますよ。

あとACLは酷いね。もう無理だな、これ。
グループステージで殆どやられますよ。代表の国内組選手もいるのにさ。
本戦行けないかもしれませんね。
結構現実味帯びてきた。

2015.03.03(火)



今週のお題「ひな祭り」

今回はひな祭りです。
ひな祭りは3月3日。
この記事を更新している日はその日にあたります。
これは節句(読み:せっく)の1つですね。
節句(読み:せっく)とは
日本の二十四節気のようなもので
計5つあることから五節句とも呼ばれています。
基本的には奇数のぞろ目の日であり
3月3日、5月5日、7月7日、9月9日と
規則的な日になります。
(ただし、1のみは1月7日で11月11日は特になし)

ひな祭りはいわば古からの女の子の日です。
桃の節句とも呼ばれたりしますし
ひな人形といえばひな人形。
これは平安時代に行われていた
雛遊び(読み:ひいなあそび)が由来なんだそうです。
当初は大人が主流だったことから
今で言うフィギアのようなものだったのかもしれません。
9月9日は菊の節句でも
ひな人形を飾ったりするようです。
一方、次の節句である5月5日は
古からの男の子の日です。
こちらは菖蒲の節句とも呼ばれており
鯉のぼりとかが恒例ですね。

日本の祝日にはこどもの日があり
その日はぞろ目の5月5日。
日本のぞろ目の日は
子供の健やかな成長を願う日でもある訳ですね。

「かぐや姫の物語」2014.12.03(水)発売

2013年に上映されたスタジオジブリ制作の
「かぐや姫の物語」が2014.12.03(水)発売となりました。
アメリカ国内で現地時間2015.02.22(日)開かれました
アメリカの映画賞となるアカデミー賞長編アニメーション部門にて
日本作品で唯一候補にもなりました。
惜しくも受賞は逃しましたが
その件で記憶に新しい方も多いかと思います。

題名でお察しかもしれませんが
これは童話「竹取物語(かぐや姫)」が原作となっています。
(かぐや姫の物語とも呼ばれていますけれども)
筆で描いたようなどこかおぼろげで
現代のアニメとは一線を画くような描き方も特徴的です。
私個人はこの描き方は作品に合っていてかなり気に入ってはいます。

そしてこの度アカデミー賞受賞候補になったこともあってか
スタジオジブリとゆかりの深い日本テレビ系列にて
2015.03.13(金)19:54から放送されることになりました。
日本テレビ系列は毎週金曜21:00頃から映画放送をしていますが
今回は前倒しての放送らしいです。
興味のある方はぜひともご覧くださいませ。

竹取物語 [1] (国立図書館コレクション)

竹取物語 [1] (国立図書館コレクション)

2015.03.02(月)



2015年の富士ゼロックス・スーパー杯、勝者は・・・ガンバ大阪!

Jリーグの前哨戦ともいえる
神奈川県内の日産スタジアムにて
昨日行われました富士ゼロックス・スーパー杯。
勝利したのは・・・

ガンバ大阪

となりました。
おめでとうございます。
見逃した方は
3/9(日)02:45、3/17(火)16:30
日テレG+(Ch.257)放送予定です。

その試合前に行われました
今年で第6回となる部活対クラブの選抜対抗戦、
ネクスト・ジェネレーション・マッチは
部活側となる日本高校サッカー選抜が勝利しました。
これで対戦成績は
となります。
この試合の模様は
3/6(金)22:00、3/9(月)01:00、
3/18(水)14:45に
日テレG+(Ch.257)にて録画放送予定です。
興味のある方はどうぞ。
どちらも衛星放送の日テレG+が担っています。
この放送局はプロ野球チームの
ジャイアンツ関連の放送が結構ありますけど
私はジャイアンツとかに勝ってほしくありませんけどね。
変わらずタイガース・ドラゴンズとホークス応援してます。
竜虎と鷹です。
ドラゴンズは名前に自分とゆかりがあるからと
ホークスは出身にまつわるからであり
タイガースは私の恩師が応援しているからです。
あの方には大変お世話になりました。

そしてJリーグチームのゆるキャラ人気投票とも言える
今年で第3回のJリーグマスコット総選挙。
順位は以下の通りとなりました。

1位 サンチェ(サンフレッチェ広島)
2位 ドーレくん(コンサドーレ札幌)
3位 ディーオ(モンテディオ山形)
4位 ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)
5位 ベガッ太(ベガルタ仙台)
6位 ふろん太(川崎フロンターレ)
7位 ガンズくん(松本山雅FC)
8位 ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府)
9位 マリノスケ(横浜F・マリノス)

10位 グランパスくん(名古屋グランパス)
11位 東京ドロンパ(FC東京)
12位 ガンバボーイ(ガンバ大阪)
13位 モーヴィ(ヴィッセル神戸)
14位 ニータン(大分トリニータ)
15位 アビーくん(アビスパ福岡)
16位 パルちゃん(清水エスパルス)
17位 ウィントス(サガン鳥栖)
18位 ヴェルディ君(東京ヴェルディ)
19位 しかお(鹿島アントラーズ)
20位 トッキー(栃木SC)

21位 レディア(浦和レッズ)
22位 アルビくん(アルビレックス新潟)
23位 ヴォルタくん(徳島ヴォルティス)
24位 ゲンゾー(ツエーゲン金沢)
25位 ロビー(セレッソ大阪)
26位 キングベル一世(湘南ベルマーレ)
27位 アルディ(大宮アルディージャ)
28位 ロアッソくん(ロアッソ熊本)
29位 レイくん(柏レイソル)
30位 湯友(読み:ゆうと)(ザスパクサツ群馬)

31位 ジェフィ(ジェフユナイテッド千葉)
32位 Mr.ピッチ(Jリーグ)
33位 フリ丸(横浜FC)
34位 パーサくん(京都サンガF.C.)
35位 伊予柑太(読み:いよかんた)(愛媛FC)
36位 ジュビロくん(ジュビロ磐田)
37位 ファジ丸(ファジアーノ岡山)
38位 ホーリーくん(水戸ホーリーホック)
39位 ギラン(ギラヴァンツ北九州)
40位 ミナモ(FC岐阜)

JLはJ1,J2で計40チームなのですが
カマタマーレ讃岐はマスコットがいなくてですね。
昔はいたはいたのですが
それはあくまで構想段階でして
いろいろあって現在はマスコットは存在しません。
ですので変わりに
JLのマスコットのMr.ピッチが参加しています。
Mr.ピッチというのは2003年に
さりげなく発表されまして
妖怪ぬりかべに緑のコケが生えたような姿です。

これらのマスコットは各試合にたまに登場しますので
興味のある方はご覧ください。

2015年のデンソーカップチャレンジサッカー、優勝は・・・全日本選抜!

2015.02.26(木)-2015.02.28(土)
広島県にて開かれました。
第29回デンソーカップチャレンジサッカー大会
優勝したのは・・・

全日本選抜

となりました。
おめでとうございます。

全日程・結果と順位は以下の通りとなります。
第29回デンソーチャレンジカップサッカー大会・全日程&結果

順位

1位 全日本選抜
2位 九州選抜
3位 関西選抜
4位 関東選抜A
5位 東海・北信越選抜
6位 関東選抜B
7位 中国・四国選抜
8位 北海道・東北選抜

この全日本選抜というのは
大学サッカーの日本代表のようなものです。
同じ年齢となるU-22日本代表というのもありますが
あれは大学に進学せず
プロとして活躍してる選手を含めてのものですので少々違います。
関東はA・Bと出場となっていますが
これに限らず大学サッカーでは
関東地区が割合が多いんですよね。
2大タイトルの総理大臣杯でもインカレでも
本戦の出場枠は関東地区が多めになっているんです。
ですから全ての地区でもう少し均等になればと思ったりはします。
次はデンソー主催の日韓戦です。
これ以降は各地区でリーグが始まりまして
本格的な幕開けとなります。

2015.03.01(日)

本月の抱負 2015年3月

本月の抱負は・・・




明日のことは今日済ませよう
来月のことは今調べとこう。
備えあれば時間あり。


です。
少し増えました。

2015.02.28(土)



祝・フルカワユタカ氏(2/28)&須藤寿氏(2/28)&髭(HiGE)一同

2月28日はフルカワユタカこと古川裕さん、須藤寿さんのお誕生日です。
そして須藤寿さん属する髭(HiGE)での誕生日が不明な
ベース担当の宮川トモユキこと宮川智之さん
ギター・ピアノ担当の斉藤祐樹さん
パーカッション・ドラム担当の
佐藤“コテイスイ”康一こと佐藤康一さん
元メンバーの
川崎“フィリポ”裕利こと川崎裕利さん
サポートの佐藤謙介さん。
去年と今年の分を先取りという形で
お二方と合わせて、お祝い申し上げます。

お誕生日おめでとうございます。

さて、このお二方、
近日発売されるCDやDVDといった情報は
更新した時点ではございませんが
公演情報はあります。

まずは須藤寿さん属する髭(HiGE)は
公演が二つあります。
一つは2015.03.13(金)19:00
東京都の渋谷区内にあります
WWW(読み:ダブリュー・ダブリュー・ダブリュー)
(東京WWW、渋谷WWWとも呼ばれます)にて
CLUB JASON(読み:クラブ・ジェイソン)が
開かれます。
これは仮装公演でして
ジェイソンはホラー映画作品である
「13日の金曜日」のジェイソンが由来となります。
公演日もそれに合わせ
13日の金曜日である2015.03.13(金)としています。
クラブジェイソンにまつわる情報はこちら
http://www.higerock.com/clubjasonsite/
そして同じくWWWにて
Party Mustache(読み:パーティ・マスタッシュ)という公演が
日付変わった2015.03.14(土)00:00から開かれます。
ですのでこれは深夜公演となり、
ぶっ続けの連続公演となるわけです。
ちなみにムスタッシュというのは英語で口ひげを意味します。

フルカワユタカ氏は
2015.05.17(日)18:00から
「無限大ダンスタイム2015」という公演を
奇しくも同じ東京都内にあるWWWにて開かれます。
無限大ダンスタイムというのは
ドーピングパンダ時代から言われている言葉ですので
継承するような形になるのかもしれませんし
そうならないのかもしれません、
結局は見ないと分かりません。

このWWWというのは衛星放送で曲の映像作品や公演など放送している
スペースシャワーTV(Ch.)の企画したもので
2010年11月に完成した元映画館を再活用した公演所となっています。
当初はいったいどう読むんだ?と声もあったらしく
サイトのどこかにフリガナを記して頂ければなと思ったりはします。
ただ、WWWでダブリュー・ダブリュー・ダブリューという読みは
私としてはとても自然で真っ当で全く問題ないとは思います。
(ネット上のサイトもhttp://の後は殆んどwwwですからね)
無理な当て字による自己満足の言葉のようにそんな読み方させんなよとかではなく、
奇抜すぎるゆえにそういえばそう読めるなという
読めるはずなのに読めないという
皮肉なのか斬新なのかよく分からないものにはなってますけれども。

何にせよお祝い申し上げると共に
公演情報やWWWな名前もお気に留めて頂ければと存じます。

上記の計3公演は同じWWWで開かれますので
興味のある方は
問い合わせ先を記しておきます。

WWW

http://www-shibuya.jp/index.html

WWW・場所、連絡先

http://www-shibuya.jp/access/
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
03-5458-7685

2015.02.27(金)



2014年の関東サッカーリーグ、優勝は・・・浦安SC!

2014年に関東地方各地にて行われました
第回関東サッカーリーグ。
優勝したのは・・・

浦安SC

となりました。
おめでとうございます。

順位は以下の通りとなります。

1部

1位 浦安SC(−)
2位 東京23FC(↑)
3位 VONDS市原FC(−)
4位 FC KOREA
5位 流通経済大学FC(↑)
6位 ヴェルフェたかはら那須
7位 tonan前橋
8位 日立ビルシステム
9位 さいたまSC
10位 エリースFC東京

2部

1位 ジョイフル本田つくばFC(−)
2位 クラブ・ドラゴンズ(−)
3位 横浜蹴猛
4位 海自厚木マーカス(↑)
5位 日本工学院F・マリノス(↑)
6位 神奈川県教員SC
7位 東邦チタニウム(−)
8位 大成シティFC坂戸
9位 tonan前橋サテライト(−)
10位 東京海上日動

記号(−)があるのは前年昇降格したチーム。
他の記号(↑)があるのは
前年より順位を上げたチームとなります。
おめでとうございます。
そして関東地方での都道府県リーグから地域リーグ進出を決める
関東社会人サッカー大会が昨年11月に群馬県内にて開かれ
上位となった早稲田ユナイテッド(東京都)、FC TIU(埼玉県)が
2015年から関東サッカーリーグ進出となり
2部最下位の東京海上日動(東京都)は
残念ながら都道府県リーグに属すことになります。
奇しくも早稲田ユナイテッドは早稲田大学、FC TIUは東京国際大学の
いわば大学の武者修行組のチームのようです。
私の想像する以上に武者修行する大学チームがいるようですね。

そして今年の順位は2014年に昇格したチームの
勢いが凄まじい結果となりました。
クラブ・ドラゴンズは別の記事にて述べました通り
全国社会人サッカー選手権大会並びに
全国地域サッカーリーグ決勝大会での好成績により
地方規模の関東サッカーリーグ2部から
全国規模のJFLへ参入となりました。
リーグで不振であっても
全国社会人サッカー選手権大会で好成績であれば
ありえなくはない話です。
(それだけこの大会というものが
どんでん返しの飛躍の可能性がある大会でもあるわけです)
JFL参入に伴い
流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎へと改名となるのですが
同じリーグにいる流通経済大学FCが
2015年に統合されるのかそのままなのかは不明です。
それ次第で昇降格の数にも変動がありますから
確定的には書けませんが
ジョイフル本田つくばFCが1部に昇格は確定となります。
基本的にはリーグ戦なので昇降格よりも
リーグの決まったチーム数が重視されますから
昇降格の数が毎年異なったりするのはよくあることです。

2015.02.26(木)



「トランセンデンス」2014.12.02(火)発売

2014年の初夏に上映された
「トランセンデンス(英題:Transcendence)」が
同年の2014.12.02(火)DVD、BDが発売となりました。

トランセンデンス(Transcendence)とは
超越、卓越を意味しており、
作中では人工知能ピンが人類を越える猛威となる様が描かれており
科学技術の在り方を問う今回の作品。
制作には中国・イギリス・アメリカの参加国が携わっています。
イギリス・アメリカの制作というのはたまにありますけれども
中国とアメリカが制作に携わるというのはなかなかありません。

トランセンデンス [DVD]

トランセンデンス [DVD]

トランセンデンス [Blu-ray]

トランセンデンス [Blu-ray]

“RADWIMPS LIVE&DOCUMENT 2014「×と○と君と」”2014.12.03(水)

発売
“RADWIMPS LIVE&DOCUMENT 2014「×と○と君と」
(読み:ラッドウィンプス・ライブ・アンド・ドキュメント
・トゥエンティフォーティ「バツとマルときみと」)が
2014.12.03(水)発売していました。

これは2014年に国内外で計44ヶ所開かれた巡業公演、
「RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継
(読み:ラッドウィンプス・グランプリ・
トゥエンティフォーティ・じっきょうなまちゅうけい)」
この公演や巡業での様子を収めたDVD、BDとなっています。

今週のお題「ふつうに良かった映画」

今回は「ふつうに良かった映画」です。
ふつうに良かった映画・・・ありますね、ふつうにあります。
ふつうのもありましたけど、ふつうに良かったのもふつうにあります。
そんなのはふつうにあることです。
ふつうに考えてもふつうに良かった映画は誰にだってあります。
それは他の人はふつうでも
その人にとってはふつうに良い映画なんだと思います。
ですのでふつうに良い映画は
全ての人とってふつうとは限りませんし、
全ての人とってふつうに良い映画とは限らないんです。
ですから人の感想は千差万別ということです。
それがふつうとふつうに良い映画である、ふつうのことなんです。

まあこの内容自体が
とてもふつうではありませんがね。

2015.02.25(水)

“BRANDNEW DAYS”本日発売

ドゥ・アズ・インフィニティ(Do As Infinity)の
今年第1弾のCDとなる
“BRANDNEW DAYS(読み:ブランニュー・デイズ)”
本日発売となります。

BRANDNEW DAYS

BRANDNEW DAYS

昨年の発売されたCD
“Mysterious Magic(読み:ミステリアス・マジック)”
も収録されているようです。


他に何か告知があればこれに兼ねてするつもりでしたが
特にありませんので、以上になります。

“GODZILLA-ゴジラ-”本日発売

昨年上映された“GODZILLA-ゴジラ-(英題:GODZILLA)”の
DVD、BD(ブルーレイ)が本日発売となりました。
レンタルとしては既に貸し出しが始まってはいましたが
こちらは特典ディスクがありますからね。
それはレンタルではお目にかかれないものばかり収められてます。

次回作は2018年に上映予定で3部作構成らしく次は2番目となるようです。

GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組

GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組



そして前回合わせてご紹介したゲームも動画は使い回しですが引き続きご紹介。

「光の音色-THE BACK HORN Film-」来週発売

昨年上映された「光の音色-THE BACK HORN Film-」のDVDが
来週となる2015.03.04(水)発売となります。



こちらは挿入歌を担当するザ・バックホーン(THE BACK HORN)が
影の主役のような映画作品です。





アジアの頂点を決めるACL本戦始まる。

昨日からアジア各地にて
ACLの本戦が始まりました・・・が
ガンバ大阪がいきなりの敗戦。
柏レイソルは引き分けとなりました。
結果はこちら。
第13回AFCチャンピオンズリーグ・グループリーグ
出だしは正直イマイチなものとなりましたが
前向きに捉えれば良い緊張感を作り出せたとも言えますし
ここから気を引き締めて挽回できばと願うばかりです。
というかそうでないと大変困るんですけれども。
本日も日本勢の試合があり
この記事を更新している頃には
既に試合の最中となります。
対戦するのは鹿島アントラーズは前年度覇者である
オーストラリアのウエスタン・シドニー・ワンダーラーズと試合。
浦和レッズは韓国の水原三星ブルーウイングスと試合となります。

水原三星はスウォン・サムスンと読みます。
水原(読み:スウォン)というのは韓国の地名です。
三星(読み:サムスン)は、
そうですね、韓国の電化製品に
サムスン(SAUSUNG)というものがあり
一度は耳にした事のある方もいらっしゃるかと思いますが
その漢字表記が三星なんです。
三星はそもそもは韓国の財閥であり、
サムスン電子とかああいうのは財閥の会社ということです。
ちなみに韓国の電化製品の中には
LGというものもありますが
これは漢字表記で金星(読み:クムソン)と表されることもあります。
クムソン(金星)も韓国の財閥の1つであり
LGのGは金星の頭文字となります。
じゃあLは何の頭文字かというと
なんとラッキー(Lucky)のLなんだそうです。
幸運や運が良いという意味のあのラッキーです。
ですので、ラッキー金星の略称でLGというなっています。
日本には四大財閥として三井・住友・三菱・安田とありまして
それがラッキー三井、ラッキー住友、
ラッキー三菱、ラッキー安田などと言ってるようなものですよ。
日本では芸名やペンネームのような名前の響きですね。
ただし、この場合での英語表記は
クムソンは本来のGeum-seongではなく
金星をGoldstarとして
Lucky Goldstarと表されています。

少々話がそれましたが、
先月のアジアカップ、先週末の日泰戦と
日本の国際戦というのは不振気味なのが現状です。
さらに数ヵ月後には次回W杯での予選も行われることになります。
日本サッカー界としてはここでも不振だと
暗黒時代まっしぐらな状態になって本当に困る話なんですよ。
ですので私としては
日本のリーグなんて後回しにして全然構わないから
こちらに全身全霊で望んでほしいくらいですよ。
何にせよまだ始まったばかりです、ここからですよ、ここから。

Connection: close