まあいいか。

2007.01/19 Fri. 流石に無視できなくなってきた

[] 零崎軋識の人間ノック

ようやく読了。

戯言シリーズから引き続き登場のキャラがオンパレードで、誰がどこで出てきたのか、思い出すだけで精一杯。つーか、大半が思い出せていない...。

しかし、こんな時こそ、『ザレゴトディクショナル』の出番です。これを片手に読むと、結構思い出せて良い感じ。まさかこんな使い方をする日が来るとは思いませんでしたが。

んでこの巻ですが、零崎一賊の1人、「零崎軋識」が一応? 主役。2重の顔を持ってるのにビックリです。時代は戯言シリーズの数年前位なんですが...この頃の玖渚、凄いね。

他にも、若かりし頃の潤とか出夢とか萩原子荻とか、ちょっと懐かしいキャラも登場。加えて、いつもどおりの戯言めいた言葉回し。面白かったです。けど、この登場人物の殆どが戯言シリーズで死亡すると言う事を考えると、ちょっと複雑な気分だなー。

2005.11/08 Tue. 何から読もうか迷う

[] ネコソギラジカル(下)

戯言シリーズ、遂に最終巻。

いーちゃんの成長物語と言う部分に徹して、全てが決着した1冊でした。何より読後感が良かったです。ここ何冊かは、あんまり読み終わった後にすっきりする事がなかったから、最終巻で良い終わり方をしたのは嬉しい限り。

第二十二幕のラスト、人類最強といーちゃんの会話が個人的には大ヒットです。流石は人類最強。この人にかかれば、どんな難問も笑い飛ばしてくれますね。ここで一気に盛り上がりました。

しかし、まさかこんな終わり方をするとは、欠片も思っていなかったから、少し拍子抜けしたのも事実。アッサリとした結末に正直、これで終わり? と思わないでもなく。どんな重い結末が待っているのか、ページをめくる度に、常に身構えながら読んでいたからなぁ。もっと素直に読めば良かった。

これにて戯言シリーズは完結。お疲れ様でした。他のシリーズも継続して追いかけていく方向で。

2005.11/07 Mon. 普通に売ってて助かった

[] 無事購入

戯言シリーズの最終巻ゲット。色々文句を言いつつも、ここまで読んできたからスゲー楽しみ。三田誠の『レンタルマギカ』を読み始めていたんですが、とりあえず中断です。

早く読も。

2005.06/17 Fri. 凄く出来の良い映画だった

[] ネコソギラジカル(中)

戯言シリーズ最終章の中巻です。

相変らずのキャラを大事にしない展開にちょっとゲンナリ。今に始まった事ではないけど...最近はあんまり幸せじゃない話を読むと、自分も一緒に元気がなくなるので辛いです。

サブタイトルにあるほど、人類最強の出番が無かったのが残念。好きなキャラなんですが、台詞もロクに無かったからなぁ。この巻の読み所は、奴が再登場した事と、次巻への引きぐらいですかね。

後一冊で完結かー。次の巻は玖渚もメインで出てきそうだし、狐さんも赤色もこのままリタイアする訳も無いだろうし。どんな終わり方をするのか、楽しみっす。

2005.06/07 Tue. どんどん買う量が増えている気がする

[] 新刊ゲット

電撃の新刊ゲット。シリーズ買い+新人買いで計10冊。さらに西尾維新戯言シリーズも新刊が出ていたので購入。有川浩の新刊は置いてなかったので、後日改めて探しますかね。しかし合わせて11冊は、流石に買い過ぎた気が。新人買いは少し控えたほうが良かったかも...。

そう言えば、シャナがアニメ化するそうで。シャナの新刊の帯にデカデカと書いてありました。詳細は不明ですが、TVなのかなぁ。