Hatena::ブログ(Diary)

幅員5.5m未満をゆく

2016-07-30

和田峠〜綱子

| 10:46

夕方に用事があったので16時くらいには帰宅できるコースを選びました。
和田峠は何度も上っていますが今回は小津町も醍醐林道へも行かず王道の陣馬街道にしました。

http://yahoo.jp/NZQWF8

町田街道を快走して相原で、信号待ちでスマホを確認しているロードを抜かすと、しばらくして追撃されました。
高尾から恩方までは結構アップダウンがあるのでシンドイ。
後方を意識しながら気合を入れて上ったので、恩方から陣馬街道に入ったらスローペースにしました。
「こんにちは〜」と挨拶して追い抜いていきました。

思い起こしてみると陣馬街道から和田峠への道はゆっくり走ったことがありませんでした。
改めて周りを見てみると、これがなかなかいい味のある農村が広がっています。

今までロードのヒルクライムが多いからと敬遠していましたが、この日はサイクリストは少なめでゆっくりできました。



<imig src="https://lh3.googleusercontent.com/-Oy-aKiK1EsI/V51DfF1Yw5I/AAAAAAAAZTw/MBYwfHBmGgEgJOyuuZnoJJ63eBGtyR4IgCCo/s480/IMG_4879.jpg">




和田峠は平均勾配10%で標高差350m。
先日の風張林道に比べれば軽めですがキツイことには変わりありません。じんわりじんわりと踏んでゆっくり上りました。
何人かに抜かれて、頂上が近づいたところで後方から来たロードの方が「INTER8さん!」。
数年前に風張林道の入口の藤倉バス停でお会いしたクロモリロードの方でした。
上りながらのお話しもキツイので「峠で待っててくださ〜い」。




この方クロモリが好きで、実践用のカーボンロードも持っていても普段はクロモリに乗っているそうです。
今回は最近新しく購入したミヤタのクロモリに乗っていました。ラグレスのフィレット仕上げがとても美しい。
そんなクロモリ好きなので僕の自転車も気に入ってくれていて、それで覚えてくれていたようです。
ちなみに和田峠はのタイム17分とのこと。バリバリのクライマーです。




今日はこれから奥多摩へ向かうとのこと。
「じゃ、またどこかで。気をつけて〜」




僕はこの後は綱子へ抜けて道志みちへ出ます。
シュタイナー学園の前の林が切りらて上野原方面の展望が開けていました。
権現山から手前、いつも走っている界隈がよく見渡せます。




ジリジリと日差しが強くなってきましたが、山の気温は低め。
細い道なら日影も多いので暑さはあまり感じません。
補給食を買い忘れたので道志のコンビニまでお預け。奥牧野の格安自販機で冷たいミルクティーを飲みました。
隣にはビールもたくさんありましたが、ガマンガマン。






綱子へは舟久保から入ることにしました。
ここからは綱子方面の谷から奥にある西丹沢の山々が見渡せます。






綱子集落は日影が少なく、水場でボトルを満たしただけで先へ進みました。








伏馬田を下って道志みちへの上り返しで、不思議な水玉模様の木漏れ日がありました。
どういった具合で丸い光になるのでしょう。




どうし道に出ると直ぐにセブンイレブンがありますが、最近はもう少し先にあるサークルKを利用しています。
ベンチもありますし好いていば中のイートインも使えますので、ゆっくり食事できるんです。

イートインで隣に座った若いロード乗りとおしゃべりしながら楽しい一時となりました。
まだ二十歳くらいだったでしょうか。以前は埼玉に住んでいて秩父方面を走っていたそうですが、稲城へ越してきてからこちらのルートを開拓しているようでした。

山から街へ出ると気温が明らかに高くなります。信号で止まるとモワ〜。
走っていれば汗で冷却されるので少しはいいです。

町田街道に戻ってきて相原のコンビニでアイス休憩。
抜かれたロードを追走して帰宅しました。

その他の写真
https://picasaweb.google.com/102022339073463920028/6313276453358593281#

走行距離 110km

07:16 出発
08:55 恩方
09:32 和田峠麓
10:05 和田峠
12:09 綱子
15:30 帰宅