Hatena::ブログ(Diary)

幅員5.5m未満をゆく

2016-05-08

梅ノ木峠

| 17:54

連休ツーリングが終わって一段落してプチ脱力感なところ、N川さんが松ノ木峠へ行くということでご一緒させていただきました。
N川さんとは以前冬の巌道峠でお会いしたのがきっかけで何度かご一緒しています。
その時はACF(ALPS Cycle Friends)の集まりでしたが、今回は大学時代(?)のお仲間らしいです。平均年齢が65歳とか (^^;

http://yahoo.jp/dCIV-K

待ち合わせの五日市駅に9時過ぎに到着。いつもの日帰りサイクリングと同じ6時起きでちょうどよかったです。
一人、二人、と集まって僕を入れて6人。
グループサイクリングではこのくらいの人数がいいですね。これ以上になってしまうと一人ひとりとお話しできなくなってしまいます。

前情報の通り、皆さんレジェンドな方達であります。
既にお仕事を引退されている方や、そろそろ引退(?)の方など。髪は綺麗な白髪!
健康でありさえすれば僕もあと20年くらいは走れるってことですね (^^)

お喋りしていると匂いを嗅ぎつけて「山猫軒」のご主人もやって来ました。




今回皆さん殆どがクロモリオーダー車です(お一方はBSモールトン)。
しかも、ご自身で工作したりカスタマイズしているので、目の保養にさせていただきました。
しかもしかも、ちゃんと走っている自転車達です(床の間自転車ではありません)。
今回のコースもダートメインですしね。












五日市からつるつる温泉へ向かう途中から、右手の細い林道を尾根筋まで上ります。
急勾配は皆で仲良くお喋りしながら♪押し歩き。
それでも押したのはここだけで後はジワリジワリ上っていました。
普段の僕のペースと変わりありません。御見それしましたm(__)m








途中、休憩している時にまたヤラれてしまいました。ブヨです (>_<)
すかさずポイズンリムーバーで吸引しましたが、翌日になって見てみるともう一箇所刺されていて、結局腫れ上がってしまいました。
う〜む。前日の幼馴染み飲み会のビールの影響です。




梅ノ木峠は、汗ばんだ身体に心地よい風と、南西側の伐採地でとても見晴らしがいいです。
N川さんが登山道を上がった所に良い昼食休憩場所を探してくれました。
皆さんそれぞれ使い込んだアイテムを取り出して昼食にしました。






さて、お腹が満たされたら重力に引っ張られて下ります。
皆さんのオーダー車はカンチではなくセンタープルブレーキ。
デザイン的に好まれることももちろんですが、やはり効きの良さはカンチよりも上ですからね。
右に左にひらりひらりと自転車を倒しながら下りを楽しみました。










下りきったところで皆さんとはお別れ。
輪行で帰るとのことで、その前に澤井酒造と打上げ会だそうです (^^)
僕は自走でのんびり余韻にひたりながら帰途につきました。

スポルティーフ欲しいなぁ…


その他の写真
https://picasaweb.google.com/102022339073463920028/6282577641427035233

走行距離 110km

06:40 出発
09:12 五日市駅
12:12 梅ノ木峠
17:10 帰宅

jamjam 2016/05/10 13:23 何度も読み直しちゃいました。
メンバー、雰囲気共に良いですね〜

パスハンターパスハンター 2016/05/10 22:36 ACFの元怪鳥お友達です(^^)v(笑)梅ノ木峠のつるつる温泉よりの崩れかかって居た所は、去年御嶽山から日ノ出山に登った時通って見たら法面に、コンクリートで、補強工事されて居ました…以前ネットが張られ居て落石防護のネットが有りましたが…すっかり無く成って居て綺麗なコンクリートに成って居ました!!

INTER8INTER8 2016/05/11 00:13 ★ jam さん
ツーリスト同士だと趣向が似ていますので、話しも弾みますし、走る場所、休む場所も似てきます。その分気兼ねないですね。
jamさんのブログでは記事が楽しくてその話題が多いですが、写真を拝見すると愛車も見ごたえがありますよね。

★ パスハンター さん
ツーリストは総人口が少ないですから、皆さんどこかで繋がっているようです。どこどこで出会ったあの人が、実はあちらと繋がっていたり。
僕は特定のクラブには所属していませんが、ツーリング先で出会った人やブログやSNSで知り合った人が、複雑に絡み合って、実は狭い業界だなぁ、なんて感じてます。
先週行った木曽方面で感じましたが、何十年(何百年?)あった古道がここ数年で崩壊しているのは、やはり気象変動なんだと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/INTER8/20160508/1462784053