Hatena::ブログ(Diary)

イノベートな非日常 Twitter

2017-02-01

デスクトップ上のdesktop.iniだけ非表示

前提として、すべてのフォルダの設定で、隠しフォルダ、オペレーティングシステムのファイルを表示しないのチェックが外れている。だけど、デスクトップではdesktop.iniを隠したい場合

エクスプローラーから、デスクトップを選択

整理>フォルダーと検索のオプション>フォルダオプション>表示

保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)のチェックを付ける

ここで、フォルダに適用をクリックする、ここで、この種類のフォルダーすべてについて現在のフォルダーの表示設定を適用しますか?と聞かれるので【いいえ】を選択

2017-01-30

Windows7 OS起動ディスクの整理

OSを起動しているSSDのディスクの容量が限界に達したので整理する

2017-01-27

Ubuntu 14.04.5 LTSにnvidia dockerインストール

まずは、CUDA8.0とnvidiaのドライバを入れる

こちらを参考にインストールしたが動かない

  • 最新のnvidir-dockerでは、以下のsetupというオプションが無くなっているので注意!!
nvidir-docker volume setup

そもそも最新版では、nvidir-docker volume コマンドを使う必要さえなくなっている。

以下のREADEME.md 通り実行すれば正常に動作する。

 wget -P /tmp https://github.com/NVIDIA/nvidia-docker/releases/download/v1.0.0/nvidia-docker_1.0.0-1_amd64.deb
sudo dpkg -i /tmp/nvidia-docker*.deb && rm /tmp/nvidia-docker*.deb
nvidia-docker run --rm nvidia/cuda nvidia-smi 

ASUS STRIX Z270F + GTX-1080 に ubuntu インストール

Windows 10のディスクボリュームを縮小するところまでの手順は問題なし

第1の過ちゲーミングマザーボード(ASUS STRIX Z270F)の購入

  • 大抵の場合ゲームに特化したintel系の特殊イーサネットチップ(I219-V)を使っている。そうすると、だいたい付属のネットワークドライバじゃ動作しない
 lspci |grep Ethernet
00:1f.6 Ethernet controller: Intel Corporation Ethernet Connection (2) I219-V

ここを参考にドライバをインストール

しかも、ただ、コンパイルしてインストールするだけじゃなく

チェックサムを無効化しないと動かないので注意!!

第2の過ちCD-ROMドライブなしモデルの購入

  • USBメモリで、ubuntu serverをインストールを完遂するのは困難を極める。実質無理。まだ、早かったんや
    • Ubuntu 16.04.1 LTS (Xenial Xerus)
      • UNetbootinで不具合起きるかもよ?と言われるもののOS自体のセットアップは無事完了
      • しかし、ネットワークドライバが特殊だった為、ネットワークドライバのインストールが必要
      • ネットワークドライバのインストールには開発ツールが必要(apt-get install build-essential)
      • 開発ツールのインストールにはネットワーク接続が必要
      • つまり、このままじゃ詰み
      • USBイーサを購入してこの局面を乗り切る(or dockerかvirtualboxUbuntu 16.04.1 LTS環境を作って、そこでコンパイルした、e1000e.koを持っていくか)
      • Amazon CAPTCHAを購入
modprobe r8152
ifconfig -a

USBイーサネットのネットワーク接続

自動でネットワークカード検出や、接続設定してくれないので、自前で設定する必要あり

modprobe r8152
ifconfig -a
cat /etc/network/interfaces 
auto eth1
iface eth1 inet dhcp
ifup eth0 

2016-08-14

2016-08-12

Windows 7で毎月Windows Updateがコケルので対処方法を備忘録として記載しておく

Windows Updateのサーバーに接続しに行くが、うまく接続できず、その後Windows Update サービスも停止できないというどうにもできない状態になる。こうなると、再起動するしかないが、Windows Updateは再起動時にまた実行されるため、予めインターネット接続を切っておくしかない。

対処方法としては

(1) 毎月必要となるWindows Upadateを手動でダウンロード。

(2) インターネットの接続を無効化・再起動

(3) 毎月必要となるWindows Upadateを手動でインストール。

(4) インターネットの接続を有効化

gitbookを使ってみた

ローカルで使うのは正直微妙かな。

クラウド版ならwebでのオンラインmarkdown編集が付いているが

ローカルではコマンドベースで、特にwebでのオンラインmarkdown編集が付いているわけではない。

もっともクラウドで使って欲しいんだろうけ....。

mobile safariでweb アプリを作ったらキャッシュがエターナルキャッシュだった件

WEBアプリモードの設定を行い、

<meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes">

Webでもフルスクリーンで表示できるようにしてみた。

しかし、いろいろなトラップが...。

キャッシュがmobile safariと違うところにあるらしく、mobile safariのすべてのキャッシュを消してもキャッシュが消えない....。しかも、エターナルなキャッシュ...。

どうしても消したい場合は、jailbreakして消すしかない....。

あと、リンククリックはjaascriptで遷移するようにしてあげる必要がある....。

対処方法としては、?時間のように昔のflashのようにurlを毎度変えてあげる必要がある。

2016-07-30

2016-07-29

Ruby on Rails 3.0入門

まず、ローカル環境を作る。

dockerで作りたいところだが、mysqlの連携等、docker-composeの設定ががめんどくさいので、vagrantで作る。

ruby単体とかのテストならdockerは便利だが、rorみたいなwebフレームワークとかの場合は、mysqlや、web serverが必要になって来るのでvagrantを使った方が楽かも。

cd vagrant
git clone https://github.com/rails/rails-dev-box.git
cd rails-dev-box
vagrant up

boxにrails入ってるわけじゃないので、インストール必要。

それで、あとはドットインストールを見ておけばいいんじゃね

  • 必要であればrubyも見ておく