Insite: Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-06-14

[]不満足回答削減策立案

idea:2683、たててみた。大スポンサーのお陰もありまして、早々に1000株達成。


野球に例えてみればわかりやすいかも。


今の「回答ポイントランキング」は「塁打数」であり、これは打数と長打率に依存します。

「受取り率」は「打率」、「平均受取りポイント」は、「長打率」(回答数は打数)

野球で高い塁打数(=打数×長打率)を達成するには、打席数も長打率も高くなければならず、しかも打席数を稼ぐ(=出場できる)こと自体が大変です。


これに対し、はてなではどんな質問にも任意で参加できてしまいますので、高い「長打数」を稼ぎたい人は、どうしても「長打率」よりは「打数」を求めることになるのだと思います。もっとも、高い「打数」を達成するには尋常ならぬタフさが必要であり、そのものの価値を否定するわけではありません。

現在、「回答ポイントランキング」≒「多く回答した人ランキング」になっていて、回答の質的な面があまり反映されていないことが不満足回答増加の原因ではないでしょうか。はてなに現存する唯一のランキングシステム(アイデアポイントを除く)が回答の質を軽視してでも回答数を増やすインセンティブとなっています。政策的に改善の余地があるのではないかと考えます。

ということで、「受取り率」とか「平均受取りポイント」を併記するという策が、すごくパッチ的ですが費用対効果的にいい策ではないかと思います。


逆に「受取り率」とか「平均受取りポイント」自体のランキングは、規定打数の設定の問題もあり、導入するにしてもまだ議論する点が残っていると思います。


参考リンク:Yahoo!プロ野球 - セ・リーグ個人打者成績


(6/15 追)新しいアイデア用に100アイデアポイント分の資金を回収。まだ思いつかないけど。残りはこのアイデアが検討に上がるかダメっぽくなるまで保有する予定。


(6/16 追)ランキング表示自体がなくなってますね。question:1118902107がいつまで続くか興味深い。興味深いけど、「人力検索サイトはてな」がメタ的なところでいつまでも盛り上がるのはよくない。

(6/16 追)そして復活…1位の人の回答数とポイント、減ってますね。

(6/16 追)関係なかったのか。(http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatena/20050616/1118907097)