Hatena::ブログ(Diary)

幻想郷ではたらくひとたち Phantasmagoria of Exporter このページをアンテナに追加 RSSフィード

2020-10-13

お知らせ








f:id:InuInu_for_SS:20130505234653j:image

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=35463535

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=35735316

恐竜絶滅後の世界、生き残った哺乳類や真鳥類たちは何処へ行くのか?

妖怪たちのルーツに迫る東方古生物同人誌 第3弾

ComicZIN での委託が決まっています。


ComicZIN 通販 http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=16514



 既刊 射命丸文VS犬走椛 1億5千万年の戦い 

 f:id:InuInu_for_SS:20121215220216j:image

Pixiv http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=32208107

通販がはじまりました

http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=14923

 今から2億5千万年前の地球 八雲紫が起こした史上空前の異変が発生した。

 全生命種のおよそ90%が絶滅するという大異変である。

 その大異変を生き延びた二つの生命。彼らはお互いに争いながら進化の道を歩んでいった。

 八雲紫は何故このような異変を起こしたのか?

 その謎は射命丸文犬走椛の祖先が起こした 一億5千万年の確執に隠されている。

 最新の恐竜学を用い、彼女たちに何が起こったのか。

 そして彼女に立ちふさがる八雲紫の影とは?

 これは私たちに繋がるいのちのドラマである。


 幻想大進化

 f:id:InuInu_for_SS:20120927002820j:image

 現在ComicZIN様にて幻想大進化の委託販売が行われております。

 詳細はこちら

 http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=14175

幻想大進化とは?

 幻想郷にいる妖怪たちをひとつの生物種と仮定したとき、彼らの身体能力はいったいどこから来たのかを

 最新の科学を用いて考察した読み物です。

 妖怪たちはどこから生まれたのか?それは地球の大変動を乗り越えるためだった。

 母なる地球と思われていたこの星は最新の研究の結果大変動を繰り返してきた荒ぶる星だということがわかってきた。

 地球を襲う数々の異変を乗り越えるために我々は進化を重ねてきた。

 進化の過程と妖怪たちの生態に迫る本となっております。



幻想郷ではたらくひとたちの登場人物更新

こちら。

http://d.hatena.ne.jp/InuInu_for_SS/20070618

2017-12-15

□月 ●日  No4044 回避可能


 最近は霊能局の資本が入っているのか、スペルカードエンジン回りの

 アップデートがやたら早い。いつの間にかMODなるものができており

 基本弾幕に自分なりの味付けをするのが流行しているようだ。

 この方法だと事故もほとんど起こらない。非常に安定している。

 しかも従来ではほとんどツクール系の弾幕しか作れなかったのに

 今ではかなり詳細な設計も可能である。


 また、弾幕発射後の分布まで表示されるようになっており

 どのように回避されるかを確認したうえで、それに対して対策もとれるわけだ。

 すげえ話である。


 もっとも弾幕は完全回避不可にすると大変なことになります。

 一応回避可能であることが基本ルールなんですね。

 回避不可の場合は妖怪同士の私闘ってことになってます。

 まあ実際にはできるそうですけどね。



     

     

2017-12-14

□月 ●日  No4043 スペアは大事


 霊能局には巫女が複数人在籍していることは知られている。

 ここでいうところの巫女とは二つの定義が存在する。

 ひとつは霊能局のボスとアクセスできる巫女。


 もうひとつは低位ではあるが博麗神社の巫女の後継者ってことになっている。

 いろいろな要因で巫女の候補がでなければ、最終手段として

 やってくることになっているが、ここでいうにはすなわち

 暫定巫女ってことになる。新しい巫女が見つかればすぐに

 それに挿げ替えるのである。


 さらにいうと顕界の博麗神社すら複数個存在しているときている。

 誰が見てもボロボロに見える廃神社だが一部のマニアには

 異常なほどにとんでもない構造の建物であることが

 知られている。耐震性能も恐らく顕界の建物なみである。

 免震構造ができていて、ボロボロなんてのは見た目だけ

 果たしてその実態はサイボーグもサイボーグ。


 もちろん博麗神社が消失または焼失したとしても

 さらにスペアがある。

 まあいろいろと何かあったら対応できる体制なのである。


     

     

2017-12-13

□月 ●日  No4042 霊能局のほうから見るとこうなる


 八雲商事の連中ってよくわからないんです。

 完全に人外になるとまるで平然としているんですね。一方で人からあまり外れない相手だと

 恐怖を感じるとのこと。よくよく調べると高位の妖怪ばっかり相手にしているため

 人型のほうがおおむね危険だったりするんですね。

 凄惨な死体のほうがまだ攻撃してこないだけマシってのが彼らの発想だったのです。

 最悪見なきゃよいわけなので対処は容易ってことなんです。

 これでいいのかあいつら。


 道理で化け物相手に平然としていられるわけです。

 そのくせドッペルゲンガーの類とかは平気なんですよねあいつら。

 よくわからないんですが、彼らなりのルールがありそうです。


 あいつらときたら、化け物ならなんとかなるって

 あれどこからくる自信なんでしょうか。

 彼ら曰、人間相手なら攻撃したら訴訟の対象になりますが

 完全な化け物なら訴えられないっていうんですよね。

 

 彼らいったい何と戦っているのかよくわからなくなります。

 まあ確かに利用可能武装の制限もなくなるし間違えていろいろ壊しても

 化け物のせいにできるってのは事実ではある。

 


     

     

2017-12-12

□月 ●日  No4041 八雲商事のマウント勢


 全く霊能局の奴ときたら、プロだというのに戦闘能力はばっちりでも

 精神攻撃についてはからきしな奴が多い。

 ちょっとフレッシュゾンビがいたくらいで簡単に恐慌状態になる。

 たしかにいろいろとアレかもしれないが、美人さんじゃないか。

 脳みその中身が元男性であることを除けば問題ナッシングじゃないか。

 

 フレッシュゾンビってのはまあ生きた人間を組み合わせて人造人間を作るって代物で

 確かに出自を考えたら気持ち悪くもなるだろうが、一種の臓器移植

 究極の姿であり、フレッシュゾンビって言葉自体個人的には

 差別表現だろうって思っている。生体肝移植だってできる現代で

 どこからどこまでがゾンビなのかはわりと怪しいと思っている。

 そしたら培養した臓器はそれ自体人格を持つ生命体としてカウントすべきかって

 ことになるわけじゃないですか。


 その辺の割り切りがなってないとこの業界やっていけないと思うんですが

 どうでしょうね。