Hatena::ブログ(Diary)

幻想郷ではたらくひとたち Phantasmagoria of Exporter このページをアンテナに追加 RSSフィード

2020-10-13

お知らせ








f:id:InuInu_for_SS:20130505234653j:image

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=35463535

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=35735316

恐竜絶滅後の世界、生き残った哺乳類や真鳥類たちは何処へ行くのか?

妖怪たちのルーツに迫る東方古生物同人誌 第3弾

ComicZIN での委託が決まっています。


ComicZIN 通販 http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=16514

大須マニアックスでは店頭頒布となります


 既刊 射命丸文VS犬走椛 1億5千万年の戦い 

 f:id:InuInu_for_SS:20121215220216j:image

Pixiv http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=32208107

通販がはじまりました

http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=14923

 今から2億5千万年前の地球 八雲紫が起こした史上空前の異変が発生した。

 全生命種のおよそ90%が絶滅するという大異変である。

 その大異変を生き延びた二つの生命。彼らはお互いに争いながら進化の道を歩んでいった。

 八雲紫は何故このような異変を起こしたのか?

 その謎は射命丸文犬走椛の祖先が起こした 一億5千万年の確執に隠されている。

 最新の恐竜学を用い、彼女たちに何が起こったのか。

 そして彼女に立ちふさがる八雲紫の影とは?

 これは私たちに繋がるいのちのドラマである。


 幻想大進化

 f:id:InuInu_for_SS:20120927002820j:image

 現在ComicZIN様 大須マニアックス様にて幻想大進化の委託販売が行われております。

 詳細はこちら

 http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=14175

幻想大進化とは?

 幻想郷にいる妖怪たちをひとつの生物種と仮定したとき、彼らの身体能力はいったいどこから来たのかを

 最新の科学を用いて考察した読み物です。

 妖怪たちはどこから生まれたのか?それは地球の大変動を乗り越えるためだった。

 母なる地球と思われていたこの星は最新の研究の結果大変動を繰り返してきた荒ぶる星だということがわかってきた。

 地球を襲う数々の異変を乗り越えるために我々は進化を重ねてきた。

 進化の過程と妖怪たちの生態に迫る本となっております。



幻想郷ではたらくひとたちの登場人物更新

こちら。

http://d.hatena.ne.jp/InuInu_for_SS/20070618

2017-09-26

□月 ●日  No3970 お互い迷惑の事例


 まあ幻想世界に飛行機が飛来したことは何度かありまして

 困ったことにそのほとんどは墜落させられている。

 やめてくれと言ってもダメで、仕方がないから

 神隠しとかバミューダなんとかとか言ってごまかしている。

 ついでに言えば、そのあとで残骸を集めて顕界に移送すれば

 なんとかごまかせる。


 結局問題はというと載っている奴がちゃっかり

 幻想世界に侵入しようとするからである。

 だいたいの原因はこれにつきる。

 やめてほしいというかもはやテロだ。

 しかも、移送後は思った以上に高度が下がっている。

 

 それで地上を確認しようと高度を下げると

 妖精たちに捕捉されて手遅れとなる。

 うまく誘導できるときもあるが

 それはだいたい自動航行システムだけで

 移動しているときである。


 まあ、航空会社も対策を取るようになっているので

 昔ほどはこんな事故は起こりません。

 むしろ航空機から落下する部品類とかが

 ネックです。どうしても幻想世界から顕界に戻るときに起こる

 外皮劣化がネックなんですよね。


 

 


     

     

2017-09-25

□月 ●日  No3969 霊能局の紹介 武装篇


 皆さんこんにちは、霊能局に所属している櫻崎です。

 今回は霊能局の武装についてかいつまんでお話ししますね。

 霊能局といっても装備できるのは自衛軍の普通科装備が限界です。

 妖怪相手の場合は象狩りクラスの火器が必要ですが

 当然望めません。そこで魔術系の武器を使用するのです。

 どう見ても自分に当たりそうなデザインとか、装飾だらけの装備があれば

 だいたいそれです。現代では解析が進んで、かなり普通のデザインになりました。

 それで装備できるわけです。


 妖怪相手のハンドガンとかもあるくらいですから。

 ただアレも実際は数発撃ったら使い物になりません。

 命中精度も極端に落ちます。

 あれは単に武器を格納しているだけだと思った方がいいと思います。

 最終的にはお札とかになりますが、こちらも決して威力があるとは

 言い難いのです。最終的には許可を取って

 火器を使えたら楽なんですね。


 もっとも重火器は経戦能力がないので

 補給問題を考えるとかんがえものなのですよね。

 だから私は陰陽玉のエミュレータを使っているわけですね。

 

 


     

     

2017-09-24

□月 ●日  No3968 結構前の話


 紅魔館建設に当たって大問題は悪臭対策です。

 悪臭対策を制する者はなんとやらでした。

 実のところ大問題は蝋燭でした。トイレの問題はトイレを

 入れれば済む話だからです。

 移転前は敷地外にあったトイレですが、現代ではきちんと

 建物内部に設置されています。


 で、蝋燭ですが、最大の問題が動物性油を使用するための

 悪臭でした。匂い対策は最終的に顕界で対応としたいのですが

 蝋燭の維持のために結構なお金を使っていることもわかり

 魔術でどうにかしていたんじゃないのかと思うことしかりです。

 つまるところ、ロスを減らすための魔術をかけていても

 ずっと維持することはかなわないってことですね。

 

 電灯などで維持するって手もあるのですが

 消費電力が大きくキュービクルが必要になりました。

 そうなると美観がネックになりお嬢様より却下されました。


 結局ですね、換気口をつくることで話が付きました。

 なんか顕界の新建材を見えないようにつける方がかっこいい

 ってことになりまして、それを設置しています。

 費用も安いってのは秘密でいいでしょう。

 



     

     

2017-09-23

□月 ●日  No3967 取材ですから


 妖怪が乗り物などに擬態するケースは枚挙にいとまがない。

 理由は簡単で、速度などを出すには既存のテクノロジーを

 取り入れた方がはるかに楽だからだ。

 もちろん簡単ではない。たとえば外観をコピーしても

 制御系のコンピューターはソフトをコピーしないとならず

 制御系のデータ回りなどはその都度転送しないといけない。

 実はかなり面倒である。


 そこで先行で半導体のコピーを優先し、そこから胴体をくみ上げている間に

 データをコピーする方法が上がっている。

 この方法だと結構うまくいくらしいが、カーナビゲーションのデータで

 引っ掛かり結構大変だったらしい。


 今ではカーナビ携帯電話のナビゲーションに変わりつつあり

 それはそれで寂しいとのこと。

 地図を更新できるとあって結構便利だったんだとか。


 ちなみにぼろ車がしばしば擬態対象になるのは

 単純に構造が簡単か、昔のノウハウが使えるからである。

 新しい車はそれだけ難しいのだ。

 バックモニターの実装方法で大騒ぎしていたモーターショーに

 いる妖怪変化たちの愚痴でした。