世界の果ての崖っぷちで

20041112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
20120102030405060708091011
20130102030411
201402
201604

2008-11-25 (火)

[]日本人よ、人との交わりを恐れるな

 いないと思うけど、セックスの話だと思った人は今すぐお帰りください。


 オンラインプレイトラブルが怖い、人間関係が面倒そう。そう思って敬遠しているあなた! そう、あなた!

 次世代機では全てのハードネット接続が前提となりました。ソフトはまだまだオフライン専用のものも多いですが、しかし、これからは日本ゲームでもどんどんオンライン対応のものが増えていくのは確実。せっかく6,000円や7,000円、ものによっては8,000円も出してゲームソフトを買うのに、オフラインモードでしか遊ばないなんて勿体無い。

 お金のことだけじゃありません。人間相手の遊びと言うのは、それだけで楽しいものなのです。そこにはAI相手では味わえない、興奮と満足があるのです。オフラインモードでしか遊ばないなんて、勿体無い。


オンラインゲームネット現実も、リスクは一緒

 オンラインは怖くない。それを知って欲しい。よくトラブルの話を聞く? 怖いメッセージを送られたりしそう? 変な人に目を付けられてネット掲示板IDなどを晒されたら嫌だ? いやいやいやいや。確かにそう言うこともあるでしょう。全く無いとは言いません。でもそれは、あくまで「悪い事態」の例です。「よくある事態」の例ではないのです。飛行機に乗らなければ飛行機の墜落事故には遭いませんが、だからと言って飛行機に乗れば必ず墜落事故に遭うというわけではありません。でも、絶対に事故に遭わないわけでもありません。それと同じです。まったく同じです。いちいち気にしても意味が無いことなのですね。ピンと来ないようでしたら、「飛行機」を「電車」や「自動車」に置き換えていただいても結構です。同じことです。「事故に遭いたくないから外出しない!」なんて言う人がいたら、あなたはどう思いますか。

 絶対にトラブルが無いわけではありません。例え自身に一切責任がなくても、誤解などで厄介なトラブルに巻き込まれることはあります。そうなればまず必要なのは自衛ですから、そのために手段を確認しておくことは大切です。サポートの窓口はどうなっているのか? 速やかな苦情報告の手段は? でもそれさえ確認したら、あとはいいのです。気にしてもしょうがないのです。悪い方に考えようとすれば、際限がありません。なるようになる。それだけです。

 例えばあなたは、今この記事を読んでいるということはネット接続していますよね。掲示板に書き込んだことはありますか? ブログは持っていますか? ミクシィなどはやっていませんか? 何がしかのサービスを利用し、どこかしらのコミュニティに所属しているのではないでしょうか。それがトラブルの元になるとは思わないのですか? いろいろありますよ。ブログなどに自分で変な記事を書いて炎上するだけでなく、自分は何もしていなくとも、スパムが大量に送られてくるとか、変な人にストーカーされるとか、やってもいないことをやったと決め付けられて不快コメントを付けられるとか。トラブルの元はいつだって、どこにだってあるのです。ゲームのオラインプレイだけ特別にどうと言うことではありません。でも普段はそんなこと気にしないのです。他の場面ではまったく気にしないようなことを、いまさら気にしてどうしますか。取り越し苦労。そう、そうです。そんなことでゲームを半分しか楽しまないだなんて、勿体無いじゃないですか。せっかく買ったのだから、オフラインモードだけではなくオンラインプレイも、試しにやってみようじゃありませんか。


あなたが他人をいちいち気にしないように、他人もあなたを気にしない

 そもそもですね、これはネットに限ったことではありませんが、人間自分が思っているほど周囲は自分のことなど気にしていないのです。自分が普段何を持っていますか。そんなに周囲の人を気にして「あの人は」「そこの人は」と思っていたりしますか? 心の中で悪口ばかり言っていますか? そんなことはないでしょう。同じです。

 ゲームが上手くないから、対戦をやっても相手を失望させてしまう。チーム対戦なんてしたら、味方に迷惑をかけてしまう。そういうこともあるでしょう。でも、最近ゲームマッチング(対戦相手の検索・設定)がちゃんとしています。自動的に同じ程度の力量同士が集まるようになっているのです。そういうものが用意されています。それに、上手い下手はお互い様です。味方のせいで負けることがあれば、味方のおかげで勝つこともあり、また自分のせいで負けることも、自分の勲功で勝てたということもある。全てのプレイヤーが、その全ての状況を経験するのです。そういうものなのです。その程度のことでしかないのです。あれこれ気にしてどうしますか。

 プレイヤーがヘマをすれば「うーん、今回はこっちのチームに下手な人がいるみたいだな」と思われますが、でも大抵はそれだけのことなのです。いちいちIDをチェックして、「あいつ2ちゃんねるに晒してやる!」だなんて考えやしません。どうせ即席で結成されたチーム、せいぜい数回戦をやったらそれっきりなのです。あなたならどうですか。味方にあまり上手くない人がいるとして、いちいちチェックしますか。しないでしょう。「今回はチーム分けがうまくなかったな。運が悪かった」くらいのことです。どうしても我慢できなければ、対戦を途中で抜けてもう一度マッチングしてもいいのです。

 あ、ただしこれはゲームにもよります。例えば1対1のゲームで片方が途中退場をやると、強制的にゲーム終了となって相手は何も出来なくなってしまいますから、これは悪質なマナー違反と見做されます。ゲームによってはポイントなどでペナルティが課せられます。どんなゲームなら許されるかは、もし自分が相手にそれをされた場合を考えてみましょう。大人数のチーム対戦なら、一人くらい途中でいなくなったり増えたりしてもあまり気になりません。というか、気が付きません。少人数だったり、プレイヤーの人数が重要ゲームの場合は、少し気にしておきましょう。また、実際にそのゲームをやってみて、他の人がどうしているかを見るのも有効です。まぁ、やむを得ぬ事情で途中で抜けなければいけない、ということは誰にでもあります。電話がかかってきてしまって、コントローラを置いて電話に出なきゃいけない、とかですね。そういった事情は世界中どのプレイヤーも同じですから、深く考えることは無いでしょう。


戦えば勝つか負けるか皆どちらかになる、それだけのこと

 負けるのが悔しい、という人もいるかもしれませんね。ほとんどのゲームでは対戦記録が付きますから、勝利回数より敗北回数が多いのは嫌だ、と思うかもしれません。でも、練習しなければ勝てるようになれません。何の経験努力もなしでホイホイ勝てる、などということはありません。勝ちたいのならこそ、勝負を続けるのが一番なのではないでしょうか。これはオフラインでも同じですね。実際にやってみて敵の攻撃パターンなどを覚えていくことで、対処も上手くなって自分が強くなれるわけです。

 それにですね、負けるのはそんなに珍しいことではありません。恥ずかしいことではありません。誰かが勝つと言うことは誰かが負けるということですから、勝利回数の方が多いと言う人もいます。でも、そういう人は、そのゲームを、それと同じようなゲームをとても沢山やったから勝てるのです。そしてそう言う人も、一番最初は初心者でした。はじめから経験豊富プレイヤーなどいません。経験を積んだ人に負けるのはごく当然の結果なのであって、負けたところで別に恥ずかしがることではありません。それに、これも実際にやってみれば分かりますが、そのときの自分の調子によって、また対戦相手の調子によって、結果は驚くほど変わるものです。ある対戦ではとても楽に勝てたのに、同じ日にやった別の対戦では全く手も足も出ない。同じ程度の力量の相手のはずなのに、です。でもそれは、よくあることです。そういうものなのです。戦い方の相性がよくなかったとか、理由はいろいろあるでしょうが、珍しいことでも何でもないのです。その程度のことなのです。わざわざ気にするようなことではありません。勝つこともある。負けることもある。どちらかです。それだけのことです。

 勝ち負けについてひとつ、とても重要なことがあります。勝てなきゃ楽しくない、なんてことはありません。勝てなくても楽しいプレイだった、と言うものもあります。それがどんなものなのかは、そのゲームによりけり、その人によりけりでしょう。「こうならこうなる」と決まっているのではなく、やっているとなるもの・起きるものなのです。皆でわいわいトランプゲームで遊ぶ、みたいなことを考えてもらえれば分かりやすいでしょうか。大貧民大富豪)、七並べババ抜き。勝っても負けても、面白いですよね。ただ一つ共通しているのは、プレイしていなければそれは起きません。何もせずただあれこれ考えていても何も起きませんし、他人に起きた出来事はただ聞くことしかできません。プレイすることが、「楽しさ」への道の第一歩です。


その決定ボタンを押すのは、あなた

 オンラインプレイトラブルが怖い? 人間関係が面倒そう? 普段の生活だって、トラブルはあるものですよ。起きるときには、どうしようもなく起きるのです。でも普通はそうそう起きやしない。今さらそんなことを気にして7,000円のゲームを3,000円分しか遊ばないなんて、勿体無いじゃありませんか。減るものじゃないですよ。出すべきものは最初に払ったんだから、もう気にすることは無いじゃありませんか。あとはあなたが、メニューからオンラインモードを選ぶだけですよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Iron-9/20081125/online