JAD’s All club Teams 活動レポート

2016-12-30

【東京商工会議所主催「第7回健康ウォーキング大会」に参加しました】

11月5日(土曜日)、葛飾区柴又公園で東京商工会議所主催の「第7回健康ウォーキング大会」に参加しました。

f:id:JAD123:20161105091756j:image

f:id:JAD123:20161105095036j:image

当日は曇り空でしたが、段々青空になって日中はTシャツで歩けるくらいの暖かい陽気になりました。9:30に主催者による開会の挨拶、準備体操をして10:00にスタートしました。

f:id:JAD123:20161105100924j:image

f:id:JAD123:20161105112049j:image


今回のコースは約9キロの歩行距離で、コースの途中には都区内でも屈指のレジャー施設が充実している水元公園をはじめ、「しばられ地蔵」で有名な南蔵院、映画「男はつらいよ」でお馴染みの柴又帝釈天参道の風景を眺めたり、参道で食べ歩きをしながら楽しくゴールを目指しました。

f:id:JAD123:20161105112049j:image

f:id:JAD123:20161105112229j:image

f:id:JAD123:20161105121301j:image

f:id:JAD123:20161105121413j:image

12時30分までには全員無事ゴールして、完歩証と参加賞を受け取りました。その後は、電車移動で巣鴨へ。巣鴨にある東京染井温泉SAKURAで入浴と会食を楽しみました。グレードの高い温浴施設だけあって、館内設備が充実していました。


温泉でウオーキングで疲れた体を癒しました。同じ施設内にある食事処で会食をしました。まず、全員で完歩を祝して乾杯をして、社員同士で交流を深めました。

今回のウオーキングイベントは傷害保険代、参加賞が付いて参加費が無料というとても至れり尽くせりのウオーキングイベントでした。主催者の東京商工会議所様ありがとうございました。

2015-11-25

【東京商工会議所主催「第6回健康ウオーキング大会」に参加しました】

11月7日(土曜日)、東京都大田区田園調布にある多摩川台公園を会場に東京商工会議所主催の「第6回健康ウオーキング大会」に参加しました。

f:id:JAD123:20151107100030j:image:w360

f:id:JAD123:20151107102518j:image:w360

今回の参加メンバーは10名でした。

当日は曇り空でしたが、気温はそれほど低くなく、歩くには快適なウオーキング日和でした。10:00に主催者による開会の挨拶、準備体操をして10:30にエントリー順にスタートしました。

f:id:JAD123:20151107103308j:image:w360

f:id:JAD123:20151107112042j:image:w360

f:id:JAD123:20151107112215j:image:w360

今回のコースは約9キロの歩行距離で、田園調布の高級住宅街、九品仏、等々力渓谷、多摩川河川敷を歩きました。途中の宝来公園までは団体行動でその後は自由歩行でした。今回はみなさんタイムを競うことなく仲良く一緒に会話と景色を楽しみながら歩いていました。

f:id:JAD123:20151107115146j:image:w360

f:id:JAD123:20151107124829j:image:w360

13時には全員無事ゴールして、記念撮影をしました。

その後は、電車移動で大井町へ。大井町駅前にある温浴施設で入浴と会食を楽しみました。そこの温浴施設はお風呂の数がとても豊富で、ウオーキングで疲れた体を癒すことができました。

f:id:JAD123:20151107144343j:image:w360

同じ施設内にある食事処で会食をしました。全員で完歩を祝して乾杯をして、メンバー同士で交流を深めました。

今回のウオーキングイベントは傷害保険代、参加賞(飲み物、スポーツクラブ1日体験ペア招待券、お子様にはお菓子の詰め合わせ)が付いて参加費が無料でした。とても至れり尽くせりのイベントでした。

東京商工会議所様ありがとうございました。

おかげでとても楽しいウオーキングになりました。

Text by黛S

2014-06-04

【ベースボールチーム活動レポート】

    〜練習試合結果報告〜

11月6日当社の取引先である株式会社サンクスコーポレーション野球部様(以下サンクス野球部)との練習試合を開催しました。当日は天候にも恵まれて絶好の野球日和になりました。練習相手であるサンクス野球部は業界でも強いと評判のチームで当社野球部では練習相手にもならないと思いましたが、強豪チームと練習をして当社のレベルアップに繋がれば、と開催しました。

f:id:JAD123:20140604084718p:image

f:id:JAD123:20140604084726p:image


場所は当社飯能グラウンド。練習試合という事もあり、挨拶もそこそこに和気あいあいと試合が開始。

f:id:JAD123:20140604084720p:image

さすが強豪チームだけあって当社ピッチャー岡田Mからヒット、ホームランをたくさん打ち気分も上々。ピッチャー西中Kに交代も打撃の勢いは止まらず。

f:id:JAD123:20140604084721p:image

それよりもすごいのは守備力の高さでした。逆に当社のエラーは多くはないですがレベルの違う守備を見るとかなり実力差があるなと感じました。結果は練習試合という事もあり1:0?で当社の敗北という事で。お昼は当社自慢のバーベキューセットを用意し昼食タイム。

f:id:JAD123:20140604084723p:image

f:id:JAD123:20140604084722p:image

始めはお互い謙遜していましたが、すぐに打ち解け楽しい昼食になりました。午後より当社チームメンバーを少々入れ替えまして2試合目。休憩を入れると途端に体が重くなり体が動きません。しかしサンクス野球部は守備、打撃も衰えを知らず野球を楽しんでいました。

f:id:JAD123:20140604084724p:image

結果、2試合目も1:0?で当社の敗退で終了、グラウンド整備後少々談笑して解散となりました。サンクス野球部の皆さんもとても楽しんでくれました。当社野球部のレベルアップともなり大変有意義な一日となりました。また機会があれば練習試合を開催したいと思います。

f:id:JAD123:20140604084726p:image

f:id:JAD123:20140604084725p:image

作:駒井Y

2013-05-01

[]

ウォーキング部 :Text by 黛S

さる5月26日(土曜日)に開催された「TOKYOウォーク2012第1回大会Bコース(11Km)」に参加してきましたので、その模様をレポートします。

【今回歩いた参加者】

野口夫妻・長嶺夫妻・岩田J&D・土田D・南園N・黛S

以上9名(敬称略)

当日は、午前10時に大会会場の大井ふ頭中央海浜公園に集合しました。公共交通機関で行く場合、東京モノレール羽田線大井競馬場前駅で下車し徒歩約10分で到着できます。ちなみにこの駅は普通と区間快速しか停車しません。始発の浜松町駅で空港快速に間違えて乗ってしまった岩田J&Dは羽田空港までノンストップで強制連行されたそうです。そうです、空港快速は浜松町駅を出発すると羽田空港まで途中駅には一切停車しないのです。彼曰く、リュックサック姿の集団10名くらいが羽田空港で折り返しの浜松町行きに乗り換えたそうです。東京モノレールの乗客の大半は羽田空港利用者なので、明らかに東京ウォーク参加者だったと思われます。というわけで岩田J&Dは少し遅れて集合しました。当日の天気は五月晴れで、絶好のウォーキング日和でした。若干気温は高いものの、ウォーキングで汗を出す上ではほどよい暑さです。日陰に入ると、とても爽やかな風を感じることができました。

f:id:JAD123:20130501181103j:image

(会場風景)


f:id:JAD123:20130501181102j:image

(土田Dと南園N)


f:id:JAD123:20130501181101j:image

(特別ゲストの岩崎恭子さん)

Photo by 南園N


f:id:JAD123:20130501181100j:image

(スタート前、みんなで記念撮影)


今回のコースは、近年、国際空港としての役割を担うようになった羽田空港を代表とした羽田・品川エリアを歩くのと、特別ゲストとしてなんと!バルセロナ五輪金メダリストの岩崎恭子さんが登場するということもあって会場は大勢の参加者たちで溢れていました。公式発表だと3319名の参加があったそうです。もはやウォーキングは国民スポーツですね!会場内では様々な協賛企業ブースが並んでいて、とてもにぎやかでした。

エントリーが完了したらいよいよスタートです。その前にいつもの記念撮影。ちなみに野口夫妻は一番長いAコース(20キロ)でのエントリーのため、少し早いスタートだったので、この中にはいません。いつものようにゴールでの集合写真にはちゃんと写っているので勇姿をご覧下さい。スタート後はみんなそれぞれのペースで歩き始めました。    

今回のコースで悩まされたことは、排気ガスです。貨物ターミナル周辺を歩くので、長いコンテナを搭載したトレーラートラックが頻繁に走っていました。あと、道路が広いので路側でアイドリングをしながら駐車しているトラックもたくさんいました。人間である以上、どうしても呼吸をしなければいけないわけですが、ここの空気ははっきり言って「まずい!」の一言です。環境問題が叫ばれる昨今、この問題は東京都としてももっと取り組むべきではないでしょうか。しばらく歩いていると、羽田空港を離陸したジャンボジェット機を見ることができました。その間隔、約3分間隔に1本という超過密な間隔でした。近頃は空の輸送もローコストキャリア(Low Cost Carrier)に代表されるように価格競争が激化して、さまざまな航空会社の旅客機を見ることができました。時代は航空会社を選ぶ時代からサービスを選ぶ時代になった気がします。ところで、このエリアにはコンビニやスーパーといったいわゆる「お店」はほとんどありません。その代わりとして、お弁当などを販売する移動販売車が至る所に常駐していました。丸の内のオフィス街でもよく見かける光景ですが、決定的な違いは客層が作業着を着たブルーカラーの方々だということです。

個人的に今回のコースで印象に残ったのは東海道新幹線の車両基地を見られたことと、JR東日本の訓練センターに設置してあったホームドアを見たことです。このホームドアは外観的に見て山手線の恵比寿・目黒駅に設置されているものと同じタイプでした。緊急時は戸袋側ゲートを解放でき、脱出できるようになっているという安全面にも配慮されています。ホームドアは産業用自動ドア分野としてこれからますます必要とされる存在です。最近、視覚障がい者の方がホームから転落し、亡くなるという大変痛ましい事故がありました。このような痛ましい事故を未然に防止する上で、ホームドアの設置は有効な手立てです。ただ、多額の設置コストがかかること、車両のドアの位置を統一する必要があるなどの課題が多いためなかなか導入が進みません。交通バリアフリーの観点からも大々的な導入が望まれます。

f:id:JAD123:20130501181416j:image

(長嶺Yと南園N)


f:id:JAD123:20130501181415j:image

(貨物ターミナル)


f:id:JAD123:20130501181414j:image

(羽田空港を離陸した航空機)


f:id:JAD123:20130501181413j:image

(こんなトラックばかりでした)


f:id:JAD123:20130501181412j:image

(軽快に走るトラックたち)


f:id:JAD123:20130501181411j:image

(出張販売のお弁当屋)


f:id:JAD123:20130501181410j:image

(途中岩田親子に合流)


f:id:JAD123:20130501181409j:image

(東海道新幹線車両基地)


f:id:JAD123:20130501181408j:image

(JR東日本訓練センターのホームドア)


f:id:JAD123:20130501181407j:image

(東京モノレール)

f:id:JAD123:20130501181711j:image

(公園の中を歩く)


f:id:JAD123:20130501181710j:image

(もうゴールは直前)


f:id:JAD123:20130501181709j:image

(ゴールではライオンちゃんがお出迎え)

f:id:JAD123:20130501181708j:image

(完歩証を手に)


長らく趣味的な時論を展開してしまいましたが、場面は強引にもゴールシーン。案の定、最長距離参加の野口夫妻は私たちよりも一足先にゴールしていました。13時までにはみんな無事にゴールしました。ゴール地点では冠スポンサーであるライオンから参加賞(ライオン製品の詰め合せ)をいただきました。いつもこの参加賞を貰うのが楽しみだったりします。その後、特設の撮影スポットで記念撮影をしました。みんな達成感が顔に出ています!

f:id:JAD123:20130501181852j:image

(完歩の記念撮影)


完歩の記念撮影後は、お待ちかね懇親会です。路線バス&京浜東北線で大井町まで移動し、徒歩1分でお風呂の王様大井町店に着きました。ここはかなり最近できた施設なので、館内はかなり新しく、快適に過ごせました。お風呂の種類も多彩で、露天風呂までありました。ウォーキングで疲れた体を癒すことができました。身も心もさっぱりしたところで、食事処で会食会を催しました。話題は様々で、私の超個人的な話題や次回のウォーキングイベントの話など、みなさん楽しい時間を飲みながら、食べながら、話しながらあっという間に過ごしました。午後5時台には無事終了し、解散しました。今回もまわりの方の多大なるご協力と会社からの支援のおかげで無事に終了することができました。深く感謝申し上げます。

f:id:JAD123:20130501181950j:image

(乾杯シーン)


f:id:JAD123:20130501181949j:image

(限定メニューを食す土田D)


f:id:JAD123:20130501181948j:image

(たまたま東京ウォーク仲間と会い懇親会終了後の記念撮影をお願いしました。)


ここで報告があります。誠に勝手ながら私(黛S)は個人的都合により、しばらくの間ウォーキングの参加を控えることになりました。(決して部長を辞めるわけではありません。新しい家族が1人増えることになったので・・・。)なので、部長代理として土田Dが代わってJADウォーキングクラブのリーダーとして今後のクラブを切り盛りしてくれることになりました。私はその間、アドバイザーとして見守りたいと思います。今後も当ブログ並びにJADウォーキングクラブに温かいご声援をお願いします!このブログを見てウォーキングに興味を持った方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

次回は6月23日(土)に第2回大会(日比谷・晴海エリア)に参加予定です。次回のレポートをお楽しみに・・・。

日常の話題を豊かにするスポーツ。それがウォーキングです。 


*ウォーキング部では現在メンバーを大好評募集中です。入部したい方は、土田D・黛Sまでお気軽にご連絡ください。

2013-04-30 「第22回かすみがうらマラソン大会」に参加しました

[]

4/15(日)、「かすみがうらマラソン大会」に参加しました。前回の湘南国際Mから2年半ぶりの挑戦となります。

今回も開催地が遠方の為、磯野Y・樫原H・藤原Kの3人は柏市で前泊となりました。

夕食は翌日のレースのエネルギー源となるパスタなどを食べにサイゼリヤへ行きました。

レース当日は6時にホテルを出発。柏駅前でうどんを食べて仲村M・竹内Kと合流。

スタートは10時ですが、参加者が2万7千人と多く準備に時間がかかる為、早めに会場

入りして着替えやストレッチをして過ごしました。

f:id:JAD123:20130501174025j:image

「混雑する人混みの中でスタート時間を待ちます」

f:id:JAD123:20130501174023j:image

「スタート前に記念撮影。仲村Mスーパーサイヤ人健在です!」


そしていよいよスタート!

人数が多い為、スタート地点を通過するまでに7分程かかりました。

コースの前半20キロは多少のアップダウンはありますが、後半は殆どフラットなので

走りやすかったです♪

また、後半は霞ヶ浦沿いの割と狭い民家の中を走る為、ご近所の方がたくさん沿道で応援してくれていました。

年配の方が多かったような・・・。

市民ランナーの星☆川内優輝選手☆も参加しており、その走りを一目見たいと思って

いましたが、今回のコースは通常のように折り返してすれ違うことが無く、残念ながら

全く姿を見ることができませんでした。

川内選手は見事優勝されました!おめでとうございます(*^-^)//~☆

そして私、藤原Kは今回もまたまた練習不足で、20キロ地点を過ぎた頃から足取りが重くなってきて・・・。

予想通り5時間かかってしまいました(;_ヾ)シュン

でも、以前ほど足の痛みは無く、体がマラソンに慣れてきたのかなと感じる部分もありました。

実は、こっそりと個人で故郷北九州市のお隣、下関市での海響マラソンに2年連続で参加しており(高校時代の友人と一緒に)、その効果が出たのかなと思います。

記録は1回目が4時間台(と言っても4時間58分ですが・・・)

2回目は5時間20分と逆戻り、友人にも負けました(;_ヾ)シュン

走った後は、土浦の居酒屋さんで遅い昼食と反省会。

だいたいですが、フルマラソンを走ると2000キロカロリーは消費するので、炭水化物類を食べると、とってもおいしく感じます。

次回は、来年になりますが、「青梅マラソン」と「長野マラソン」に参加予定

今回の記録を更新できる様、みんなでリベンジを誓いあいました。

今回、所用のため残念ながら不参加になった番H、田中H、澤田Yさんと、仕事で欠場の岡田Mや期待の新人北島Tの走りも次回注目です!ご期待下さい(^-^)/♪



種目名種目別順位ゼッケン氏名タイム(ネット)
フルマラソンの部3708/1649413237仲村M03:51:44
フルマラソンの部8399/164943325樫原H04:36:28
フルマラソンの部10874/164946021藤原K05:13:35
フルマラソンの部11510/164944786磯野Y05:27:12
フルマラソンの部 7638竹内KDNF


f:id:JAD123:20130501174022j:image


f:id:JAD123:20130501174021j:image

磯野Yの奥様が応援にきてくれました♪

2013-04-26

[]

ウォーキング部 :Text by 黛S

さる12月17日(土曜日)に開催された「TOKYOウォーク2011第5回大会Bコース(11.1Km)」に参加してきましたので、その模様をレポートします。

【今回歩いた参加者】

田中M ・岩田J&D・土田D・工藤夫妻・南園N ・黛夫妻

以上9名(敬称略)

当日は、午前10時に会場の日比谷公園に集合しました。公共の交通機関で行く場合は、東京メトロ日比谷線の日比谷駅で下車し、徒歩3分で到着できます。JRの場合、京浜東北線・山手線の有楽町駅が最寄り駅です。

ファイナルの舞台は人気の日比谷・六本木エリア!東京スカイツリーで始まった今年のTOKYOウォークもいよいよフィナーレ。シリーズの最後は東京タワーを訪れます。東京ミッドタウンや六本木ヒルズなど東京の新しいお洒落スポットをめぐりつつも、徳川将軍家の菩提寺・増上寺や四十七士の墓所など江戸の名所も見どころに。東京がクリスマス一色のこの時期、街をウォーキングする楽しみが広がります。東京スカイツリーで始まって東京タワーで締めくくるという「新旧交代のスポット」をテーマにしたウォーキングイベントになりました。

ところで、各大会天候の変化に富んだウォーキングイベントでしたが、最終回の気になる天候の方は快晴でした!ファイナルを飾るのにふさわしい天候になりました。前大会(※第4回大会のブログ参照)の天候が天候なだけに、さすがに今回は晴れて欲しかったです。「終わりよければすべてよし」ということで、天候は私たちに味方してくれました。

今回のメンバーはあいにく仕事の都合で参加できなかったメンバーが出たので、いつもより少数精鋭になって9名での参加となりました。全員Bコースでの参加となりました。ほとんど常連メンバーです。このウォーキングイベント、参加特典で最大の注目は参加回数に応じてメダルが受領できることです。3大会参加で銅メダル、4大会参加で銀メダル、5大会全参加で金メダルが受領できます。というわけで、今回の参加メンバーは何かしらのメダルの受領が懸かっているのです。参加できなかった人の分も頑張ってメダルを受領したいと思います。

エントリー&ミーティングが終わったらいよいよスタートです。スタート前にいつもの記念撮影をしました。今回も某カメラチェーン店系列のNPO法人のカメラマンが撮影してくれました。いつもご苦労様です。

f:id:JAD123:20130501171010j:image

(会場の日比谷公園)


f:id:JAD123:20130501171008j:image

(スタート前、みんなで記念撮影)


f:id:JAD123:20130501171009j:image

(ユルキャラと岩田D)


スタート地点の日比谷公園をあとに11.1?の小さな旅が始まりました。まず、霞が関の中央官庁街を通ります。ここは国の中枢機関が密集していて、よくテレビのニュースで登場する建物を見ることができます。特に法務省の建物は赤レンガ造りなので、際立って目立ちました。桜田門の警視庁付近で内堀通りに出たら、今流行の皇居ランナーを見かけました。特に今日は天気がよかったのでたくさんのランナーが走っていました。しばらく歩いていると、正面に国会議事堂が見えてきました。12月中旬なのに意外なことはイチョウの紅葉が見頃だったことです。歩道が黄金色のイチョウのじゅうたんになっていてとても歩いた感触が気持ちよかったです。その近くには首相官邸がありました。過激派のゲリラに警戒してか警察車両ばかりでとても物々しかったです。

f:id:JAD123:20130501171321j:image

(見頃を迎えた国会議事堂のイチョウ並木)


f:id:JAD123:20130501171320j:image

(イチョウのじゅうたん)


首都高速3号線の高架下を歩いていると、六本木エリアに入りました。まずは六本木ミッドタウンを歩きます。ここは新しい街並みなので、かなり興味深いものがありました。特に公園に注目です。あらゆるところにソーラーパネルが設置されており、今までの公園とは違った風景がそこにはありました。ちょうどクリスマスシーズンなので、イルミネーションのLED電飾がたくさん設置されていました。残念ながら昼間だったのでライトアップは楽しめませんでしたが、夜はさぞかし素晴らしいイルミネーションだろうな、と勝手に想像してしまいます。ミッドタウンの超高層ビルの中にFIFAの事務所がテナントとして入っていました。ほどなくして六本木ヒルズに着きました。超高層ビルの森タワー、テレビ朝日、毛利庭園などを見て歩きました。それにしてもこの辺りは外国人の方が多いですね。

f:id:JAD123:20130501171445j:image

(FIFAのオフィスがある東京ミッドタウンの超高層ビル)


f:id:JAD123:20130501171444j:image

(テレビ朝日と毛利庭園)


コースも終盤に入り、東京タワーが眼中に見えるようになりました。東日本大震災の被害で、東京タワーの頂上付近にある地上アナログテレビ放送用の送信アンテナが現在も曲がっていました。地震の被害を物語っていました。しかし、東京スカイツリーが開業してからも東京タワーは地上デジタルテレビ放送の予備送信所としての機能は残るので、これからも東京の旧シンボルとして健在です。ちなみに近くの愛宕山はNHK発祥の地でありNHK放送博物館があります。こちらは渋谷のNHKスタジオパークと違って、無料で見学できるのでおススメ社会科見学スポットです。放送の歴史に関する展示物が多く見応えがあります。今回も南園Nと一緒に歩き、六本木エリア界隈で彼が施工した思い出の現場を通り、施工時にまつわるエピソードをたくさん聞きました。苦労した現場ほど印象に残っているそうです。そんな話をしているうちに、ゴールの日比谷公園に戻ってきました。すでに全員ゴールを済ませており、のんびり話しながら歩いていた我々が最後でした。午後1時過ぎでした。いつものように完歩証と参加賞(ライオン製品詰め合わせ)をいただき、今回はそれに加えて記念メダルを受領しました。色こそは揃いませんでしたが、参加者全員メダルを受領しました。感無量でした。ゴールの記念撮影を済ませて懇親会をするため、巣鴨に移動しました。

f:id:JAD123:20130501171624j:image

(東京の旧シンボルになりつつある東京タワー)


f:id:JAD123:20130501171623j:image

(記念メダルを手に完歩の記念撮影)


f:id:JAD123:20130501171622j:image

(東京染井温泉SAKURAにて)


懇親会は巣鴨駅から送迎バスで数分の東京染井温泉SAKURAで開催しました。ここはよく東京人気日帰り温泉ランキングにも登場する定評のある温泉施設です。露天風呂もありました。食事も館内にお洒落なレストランがあり、館内着で1日快適に過ごすことができます。あいにく館内は写真撮影NGなので言葉でしかお伝えすることができないのですが、とにかく新しくてきれいでモダンな施設でした。いつもJADウォーキングクラブを様々な面でサポートしていただいた田中M氏が近い日に引退するという旨の話があり、ウォーキングクラブ部長として寂寥感で胸が一杯でした。これまで田中M氏にはお世話になってきたので、これからは「今までありがとう」の感謝の気持ちを込めて、思い出に残るウォーキングイベントを企画しなければ、と思いました。他のメンバーも共感していただいたので、次回企画の成功を祈り、午後6時に解散しました。


最後に、今回も会社からの支援と周りの方の多大なる協力のもと無事に終了することができました。この場を借りてお礼を申し上げます。このブログを読んでウォーキングに興味を持った方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。次回は鋭意企画中です。企画が決まり次第、募集告知をします。お楽しみに・・・。

お互いを見つめ合うスポーツ。それがウォーキングです。 


*ウォーキング部では現在メンバーを好評募集中です。老若男女問わず入部したい方は、黛Sまでお気軽にご連絡ください。

2012-03-19

[]

ウォーキング部 :Text by 黛S

さる11月19日(土曜日)に開催された「TOKYOウォーク2011第4回大会Bコース(10.7Km)」に参加してきましたので、その模様をレポートします。

【今回歩いた参加者】

田中M・野口夫妻・長嶺夫妻 ・土田D・工藤夫妻・南園N ・黛夫妻

以上11名(敬称略)

当日は、午前10時に会場の神宮外苑にある聖徳記念絵画館前(東京都新宿区)に集合しました。公共の交通機関で行く場合は、都営地下鉄大江戸線の国立競技場駅で下車し、徒歩2分で到着できます。JRだと中央・総武緩行線の信濃町駅が最寄り駅です。

当日の天候はあいにくの雨模様で、時間の経過とともに降水確率も上昇するという何とも言えない天候でした。ただ、雨天でも気温はこの時期にしては比較的高かったので、想像していたよりは冷たい雨ではなかったのが幸いでした。

f:id:JAD123:20120319165400j:image

(会場の聖徳記念絵画館前)


f:id:JAD123:20120319165358j:image

(スタート前、みんなで記念撮影)

※NPO法人フォトカルチャークラブ撮影画像


今回のコースの舞台は東京の都心に位置する神宮外苑エリアです。パンフレットには「新宿、代々木、千駄ヶ谷の都心にあって豊かな木々にかこまれた公園が続くコースをめぐります。明治神宮外苑から始まるこのコースは、この時期、紅葉が楽しみのひとつになり、会場の聖徳記念絵画館前やいちょう並木など都内有数の美しい景観が参加者を迎えます。A・Bコースで訪れる迎賓館は、その美しいたたずまいが見る人の心をとらえる建築物。美しく豊かな街・東京を実感するコースです。」という案内でしたが、今年は気温が高いせいか、神宮外苑のイチョウ並木の紅葉はまだでした。


f:id:JAD123:20120319165357j:image

青山霊園風景)


f:id:JAD123:20120319165355j:image

(神宮外苑のイチョウ並木の紅葉はまだでした。)


気になる参加人数は公式発表だと、2527名の参加があったそうです。あいにくの天気にも関わらず、昨今のウォーキングブームを裏付ける参加人数だと思いました。常連の参加者はレインウエアに長靴という万全の装備の方も見受けられました。私も靴に関してはGORE−TEX(アウトドア通の方はご存知の方も多いと思いますが)という防水性能を有したスピードハイキング用のシューズを履いて参加しましたが、途中、不意打ちの如く背後から自動車にバケツをひっくり返されたくらいの雨水を浴びせられ、全身ずぶ濡れになってしまい、靴の中にも雨水が入ってしまい、せっかくの防水性能も無意味でした。ちなみに伴歩の南園Nも巻き添えをくらいました。野口夫妻もさすがにあの大雨の中ではAコースは歩けないということで、今回はBコースでの参加でした。いつも会場でちびっこ参加者たちをもてなしてくれるライオンちゃんもさすがに今回は姿がありませんでした。

スタート前に参加者全員で記念撮影を済まし、あとは自由歩行でスタートしました。コースの中盤になればなるほど、雨足が強くなり、まるで台風みたいな激しい雨が参加者を襲いかかりました。というわけで、今回はみんな足早に歩いていました。印象に残ったウォーキングスポットとしては、著名人が眠る青山霊園(「霊園」という呼称が高級ですね。)、迎賓館(とてもお洒落な建物でした。大雨で写真が撮れなかったのが残念!)、新宿御苑(今度はぜひ中にも入ってみたいですね。)、国立競技場(日本サッカーの聖地的存在!)などのスポットを大雨の中でしたが、見て楽しみました。今度はぜひ晴れている時に巡りたいと思いました。結局、12時台には全員無事にゴールを果たし、参加賞(ライオン製品の詰め合わせ)を受け取り、会場を後にしました。完歩の記念撮影は大雨のため断念しました。


f:id:JAD123:20120319165353j:image

(雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズの南園N)


 日帰り入浴は御茶ノ水駅から徒歩5分という駅近にある江戸遊神田店さんに入りました。正面入口の自動ドアにはなんと!JAD製自動ドアが設置されていました(しかも複数!)。ステンレス鏡面のフロントをさらに際立てるJAD自動ドアのエレガントな機能美。「JADのある風景」を今回も発見しました。(これからシリーズ化にしたら楽しいかも。)想定外の演出に参加メンバーのテンションは高まるばかりです。もちろん自動ドアの前で記念撮影をしました。ここは銭湯並みの入浴料で入れる安さにしては施設としてはかなりグレードが高く、湯上り処やリラクゼーションスペースもあり至れり尽くせりでした。ただ、施設の規模としては銭湯とスーパー銭湯の間くらいの規模でしょうか。施設の規模を考慮すると団体で利用するには少々検討する面もありました。でも、今回は大雨で濡れた体を少しでも早く温めたかったので、会場からの移動時間に重点を置きました。おかげですぐに冷えた体を温めることができました。

入浴後、湯上り処で会食をしました。まずは、生ビールで乾杯!みんなで今回のウォーキングの体験談を語り合いました。悪天候という苦難はありましたが、みんなそれぞれ健闘を称え合いました。しばらく談笑をしていたら、長嶺夫妻の愛娘から大学合格の吉報が奥様の携帯メールに届きました。当然、このあとの話題はこの話題で持ち切りでした。とてもおめでたい会食になりました。みなさん楽しい時間を飲みながら、食べながら、あっという間に過ごしました。最後の一本締めを野口Tが務め閉会しました。午後4時には無事終了し、解散しました。


f:id:JAD123:20120319165352j:image

(今回お世話になった江戸遊神田店さん)


f:id:JAD123:20120319165350j:image

(正面入口のJAD製自動ドア)


f:id:JAD123:20120319165349j:image

(もちろん自動ドアの前で記念撮影)


f:id:JAD123:20120319165347j:image

(会食風景)


f:id:JAD123:20120319165346j:image

(最後の挨拶は野口Tが務めました)


最後に、今回も周りの方の多大なるご協力と会社からのご支援のおかげで無事に終了することができました。この場を借りて深く感謝申し上げます。このブログを読んでウォーキングに興味を持った方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。TOKYOウォーク2011シリーズもいよいよ次回がファイナル!次回は12月17日(土)に第5回大会(日比谷・六本木エリア)に参加します。イベント終了後は、ささやかではありますが日帰り温泉での忘年会を兼ねた懇親会も予定しています。次回のレポートをお楽しみに・・・。

天候と闘うスポーツ。それがウォーキングです。 


*ウォーキング部では現在メンバーを好評募集中です。老若男女問わず入部したい方は、黛Sまでお気軽にご連絡ください。

2011-11-25

[]

大会初出場レポート

前回の「ビギナー大会への道 その1」から、かなり時間があいて更新します。今回のレポートは、私、南園Nが報告させて頂きます。11月18日(金)に、 飯能ボウリングチームの代表3名にて、企業対抗試合に参加してきました。

参加者:部長 石田T・正岡H・南園N

今回参加の大会は、SPORT(スポルト)主催「会社対抗グランプリ」という大会で、私たちは、スポルト飯能ボウルで行われた大会に参加しました。大会内容としては、3人1チームでスコアの合計から順位を争う大会で、ハウスボール(ボウリング場にあるボール)を使用する人にはハンデで20ポイントスコアに加算されるルールです。成績は、参加ボウリング場だけでなく、全国の会場で反映されます。大会参加企業は、鉄道会社さん、エアシャワーメーカーさん、地元病院さん、自営業の方等で、自社を含めると7チームで対戦しました。大会募集のポスターを見た際には、そこまで本格的な大会ではないと思っていたのですが、皆さんチームごとのユニフォームで、リスト・マイボーラーの方がほとんどでした。自社チームでのマイボーラーは、部長 石田Tと、私で、正岡Hは、ハウスボールでの参加になりました。恐らく、ハウスボールを使用されていたのは正岡Hと後お一人くらいだったと思います。


f:id:JAD123:20111125170412j:image

大会風景


大会の初めは、まずレーンの抽選から始まりました。部長 石田Tが引いたレーン番号は7番!ラッキー7となるのではと、冗談まじりで練習投球を開始しました。練習投球にて、フックボーラーである石田Tと私は、その日のレーンの設定を見ていました。この試合では、レーンの油の量がほとんどありませんでした。その情報から立ち位置の確認と曲がり方を確認。そして、角ピンに対しての攻め方を確認しました。

そして、いざ大会がスタート!参加している方と会話しながら楽しくプレーが出来ました。私たちの隣の自営業さんチームのレベルが非常に高く、1ゲーム終了時、3人とも200UPしていたので、かなり驚きました。お話ししてみると、ボウリング歴10年とのこと。さすが年の功というやつですね。


f:id:JAD123:20111125170413j:image

マイボーラーの中、ハウスボールで頑張る正岡H


周りのスコアを見てみたところ、チーム合計平均が、だいたい510。やはりレベルが高かったです。私たちのチーム合計が458。2ゲーム目からの挽回を誓いました。

1ゲーム目スコア

南園N:180

正岡H:143(ハンデ+20含む)

石田T:135

合計:458

2ゲーム目に入る前に、イベントでじゃんけん大会がありました。ここで、勝つとK社のノンアルコールビールが貰え、最後まで負けて残ると、チーム連帯責任でスポルト罰ゲーム名物キムチラムネを飲まないといけないというものでした。ここで、石田Tがギリギリまで負け残りましたが、何とか勝利し罰ゲームは回避されました。

2ゲーム目に突入しても、皆なかなか調子が上がりませんでした。私もリズムが崩れ、スペアの取りこぼしが増えてしまいました。その結果、チーム合計は449。1ゲーム目よりもスコアを落とすということになってしまいました。

2ゲーム目スコア

南園N:151

正岡H:152(ハンデ+20含む)

石田T:146

合計:449


f:id:JAD123:20111125170414j:image

調子を崩した南園N


そして、最終3ゲーム目。ここでも、石田Tの調子が本来のものではなく、スコアが伸びない状態に・・・。しかしながら、私は、3ゲーム目で立ち位置を変更し、これがズバリ的中。調子が一気に上がり、ストライクとスペアの量産を開始しました。正岡Hも後半から調子を上げ、剛腕から放たれるハウスボールがうねりを上げていました。


f:id:JAD123:20111125170415j:image

角ピンを狙う石田T


f:id:JAD123:20111125170416j:image

3ゲーム目途中スコア


そして、3ゲーム目の結果、私が絶好調で、ストライクとスペアのみしか出さないというノーミスゲームを達成!久々の200UPで皆盛り上がりました。

3ゲーム目スコア

南園N:213

正岡H:156(ハンデ+20含む)

石田T:126

合計:495

全ゲームが終了し、いよいよ順位発表!優勝は、お隣の自営業さんチームでした。チームのうち、お一人はアベレージ210超えというハイスコアでした。私たちのチームは、結局2ゲーム目のスコアが伸びなかった事が影響して、7チーム中6位。ブービー賞を頂きました。


f:id:JAD123:20111118222849j:image

ブービー賞の景品


大会で上位に入賞する為には、アベレージで最低180は必要ということが分かりました。部員の実力を向上させ、今度は、Aチーム・Bチームの2チームで大会参加し、上位入賞を目指したいと思います。また、今回参加したボウリング場のSPORT(スポルト)は全国にありますので、拠点別でボウリング大会に参加してみてはいかがでしょうか。


飯能ボウリングチームは、随時部員募集中です。もし興味がありましたら、石田Tもしくは、南園Nまでご連絡ください。

2011-11-09

[]

第三回JADゴルフ合宿レポート

10月8日(土)〜10(月)にかけて第三回目となるゴルフ合宿を開催しました。今年は静岡県東伊豆町になる稲取ゴルフクラブにて合宿を行いました。今回のメンバーは村田t・道前t・新谷t・永長t・海野n・薄井y・そして今回初参加となる長嶺yの7人での合宿となりました。今回は全員電車での移動になる為、道前tを除く6人は東京駅に集合して稲取まで向かいました。道前tは新大阪から電車にのり熱海駅で他のメンバーと合流しました。車の運転をしなくて良い事もありまた、初日は宿泊先の稲取観光ホテルに向かうだけの為か皆、電車の中からお酒を飲み初めてしまいました。昼間から飲むビールと皆でゴルフ談義をしながら飲むのは格別に美味しかったです。次の日がゴルフということもあり初日の夜は旅館での食事を済ませると、皆、おとなしく?就寝となりました。


f:id:JAD123:20111008140939j:image

稲取 集合写真1


f:id:JAD123:20111008141016j:image

稲取 集合写真2


f:id:JAD123:20111008145819j:image

足湯


二日目のゴルフは天候にも恵まれ朝から非常に天気の良い日となりました。皆1年間の練習の成果を見せてスタートしました。1組目は新谷t・薄井y・そしてゴルフ場デビュー&ゴルフをするのも10数年ぶりの長嶺yの3人、二組目は村田t・道前t・永長t・海野nとなります。長嶺yは10数年ぶりにクラブを握るとは思えないプレーを見せてくれ、前半は80となりましたが、後半は67のトータル147というスコアで、コースデビューとしては素晴らしい検討をしてくれました。他のメンバーは新谷t58・57=115、薄井y47・48=95、村田t58・61=119、道前t48・51=99、永長t66・57=123、海野n61・67=128となり、去年までと若干の成長があったのではないかと感じさせてもらえました。コースのコンディションやスタッフの対応も非常に素晴らしく、またプレーしたいと思いました。他のメンバーも皆、楽しめた様でした。また帰りの送迎バスも本来は運行していない時間にも関わらず、特別に手配をして頂き、感謝致します。

二日目のホテルは稲取から下田へ移動し下田ビューホテルへ宿泊しました。前日の稲とリ観光ホテルも部屋からの眺めは良かったですがこちらのホテルもまた眺めが非常に良かったです。夕食はボリュームがあり美味しく頂く事が出来ました。ゴルフも終わったからなのか、この日はホテル内にあるカラオケに行きまた盛り上がる事が出来ました。


f:id:JAD123:20111009092510j:image

スタート前集合写真1


f:id:JAD123:20111009092531j:image

スタート前集合写真2


f:id:JAD123:20111009093758j:image

パッティング練習


f:id:JAD123:20111009103604j:image

スタート前集合写真3


f:id:JAD123:20111009104309j:image

新谷S


f:id:JAD123:20111009104350j:image

長嶺y


さていよいよ最終日ですが、この日は下田観光をして夕方の電車にて帰路につく予定です。遅めにチェックアウトをしまずは下田ロープウェイを乗車し寝姿山の頂上を目指します。女性の寝姿に似ているので「寝姿山」と呼ばれる山頂へはロープウェイで約3分で到着します。寝姿山は江戸末期に黒船を監視した場所であり、頂上には散策公園や展望台・記念館がありゆっくり散策をしました。次に下田港内めぐりという幕末時代にペリー提督がのってきた黒船を模した遊覧船「サスケハナ号」にて下田港内めぐりをしました。寝姿山の頂上からも遊覧船は見え山から海からの両方から下田港を観光しました。最後には下田市街を散策し当時ペリー提督が歩いたという、ペリーロードやペリー提督が上陸したと言われる場所や日米和親条約の調印式が行われた了仙寺・日米和親条約で下田開国後に仮奉行所となった宝福寺を散策しました。まだ観光するところがありますが、あっという間に電車の時間になってしまいました。


f:id:JAD123:20111010110127j:image

寝姿山頂上より


f:id:JAD123:20111010113316j:image

寝姿山頂上の大砲


f:id:JAD123:20111010121845j:image

遊覧船 サスケハナ号


f:id:JAD123:20111010133224j:image

ペリー提督記念碑


f:id:JAD123:20111010134216j:image

ペリーロード


今回も非常に楽しく、満喫できた合宿だったと思います。旅行費用を援助していただいた会社には感謝したします。また周りの方の協力を頂き、無事に終える事が出来ました。この場をかりてお礼を申し上げさせて頂きます。有難う御座いました。


ゴルフ部メンバーは随時募集していますので、ゴルフに興味のある方は永長tまでお気軽にご連絡をお願いします。 特に女性メンバー募集中です。

2011-11-07

[]

ウォーキング部活動レポート

Text by 黛S

さる9月17日(土曜日)に開催された「TOKYOウォーク2011第3回大会Bコース(11.5Km)」に参加してきましたので、その模様をレポートします。

【今回歩いた参加者】

田中M・野口夫妻・長嶺夫妻・岩田J&D ・土田D・工藤夫妻・黛夫妻

以上12名(敬称略)

当日は、午前10時に会場である武蔵国分寺公園(東京都国分寺市)に集合しました。公共の交通機関で行く場合は、JR中央本線・武蔵野線の西国分寺駅で下車し、徒歩約7分で到着できます。ところで、西国分寺駅には2つの東京行きの列車が存在します。1つは中央快速線の東京行き。そしてもう1つは武蔵野線(京葉線経由)の東京行きがあります。前者は上り列車であるのに対し後者は下り列車になります。つまり、中央本線は東京駅を起点にしているのに対し、武蔵野線は府中本町駅を起点にしているので、相違があるのです。ちなみに、東京駅までの所要時間は中央快速線で50分であるのに対し、武蔵野線では104分とかなり差があります。しかし、運賃は同じ540円になります。これはJRの運賃計算上、大都市近郊区間の特例として、大都市近郊区間内なら重複しなければ、どんなルートで乗っても最短距離で計算されるというルールがあるからです。なので、そのルールを利用(?)して、物好きな人はわざと「大回り乗車」して、列車の旅を楽しみながら目的地に向かう人もいたりします。最近は、立川や大宮、品川などのエキュートに代表するように駅ナカがかなり充実しているので、駅ナカショッピング目当ての人も多いかもしれません。かくいう私もその一人だったりして(笑)。

まあ、そんなことはどうでもいいのですが、当日の天候は台風の影響で雲が多かったですが、概ね晴天でした。残暑ということもあり、気温は30℃前後あり、少し蒸し暑かったです。熱中症対策が必要なウォーキングになりました。運営主体もそのことに配慮してか、「東京水」のペットボトルを参加者全員に配布していました。


f:id:JAD123:20111107151657j:image f:id:JAD123:20111107151722j:image

(会場の武蔵国分寺公園)       (熱中症対策の東京水)


f:id:JAD123:20111107160142j:image

(スタート前、みんなで記念撮影)


f:id:JAD123:20111107160252j:image

(ライオンちゃんと岩田親子)

※NPO法人フォトカルチャークラブ撮影画像


今回のコースの舞台は東京の多摩地域に位置する国分寺・府中エリアです。最近では女子サッカーワールドカップで優勝した「なでしこジャパン」澤選手の出身地としても一躍有名になりました。コース的には会場の武蔵国分寺公園を出発して、最初は府中街道に沿って歩き、府中駅前、府中の森公園、浅間山公園、武蔵国分寺、そしてお鷹の道を通って、ゴール地点でもある会場の武蔵国分寺公園に戻るという11.5kmのコース。コース終盤の武蔵国分寺周辺ではとても落ち着いた風情のある真姿の池湧水群など武蔵野の面影を感じながら歩きます。

今回は晴天ということも手伝って多くの参加者で賑わいました。公式発表だと、3015名の参加があったそうです。参加者の構成としてはファミリー層が目立ち、中高年層グループ、若年層グループの順でした。老若男女問わずウォーキングブームが定着している感です。最近ではウォーキング関連のテレビ番組も放送しています。

というわけで、みんな揃って準備ができたら、いよいよスタートです。その前に恒例の記念撮影。ちなみに野口夫妻は今回も一番長いAコース(19.4キロ)でのエントリーのため、1時間前にスタートだったので、この中にはいません。でも、ゴールでの集合写真にはちゃんと写っています。岩田J&Dは応援に駆け付けてくれたライオンちゃんとも一緒に記念撮影をしました。 残暑が残る暑い中を歩き始めました。会場を出たらまず、川崎方向に府中街道に沿って歩きます。しばらく歩いていると左側に府中刑務所の長い外塀が出現しました。壁の上部は有刺鉄線が張り巡らされていてとても物々しかったのですが、壁の色は明るいクリーム色だったので、知らなければ「刑務所」と意識しないで通り過ぎる状況でした。景観保護の観点からの配慮でしょうか。ここはあの「3億円事件」の舞台にもなった有名な場所です。 北府中駅の周辺を歩いていると右側に高い塔が出現しました。これは、東芝のエレベーターの各種試験を実施するための建造物で、誇らしげに「TOSHIBA」の社名ロゴが見えました。ここは東芝の工場群が多く、一種の企業城下町を形成しています。ちなみに北府中駅には東芝の従業員専用の改札口があります。 鶴見線の終点「海芝浦」駅も有名で、駅敷地が東芝の京浜事業所内にあり、東芝の関係者以外は下車できないおもしろい駅となっています。ただ、ホームが東京湾に面しており、駅構内に海芝浦公園という小さな公園があり、そこは一般旅客も利用できるスポットになっています。ロケーション的に素晴らしいので、隠れた観光(海釣り?)スポットになっています。


f:id:JAD123:20111107160410j:image f:id:JAD123:20111107160408j:image

(東芝エレベーターテスト塔) (府中刑務所外塀と長嶺夫妻)  


f:id:JAD123:20111107160542j:image f:id:JAD123:20111107160539j:image

 (府中街道)               (北府中駅)


f:id:JAD123:20111107160722j:image f:id:JAD123:20111107160720j:image

     (府中駅前)         (電話での営業対応中の長嶺Y)


 趣味的な話題で本題からかなり脱線しましたが、府中街道から甲州街道に入り、府中駅前を通過しょうとしたら、今回もカメラマンが通過するウォーキング参加者を撮影していました。本イベントは協賛企業の某カメラチェーンのNPO法人が撮影した画像を、インターネットで閲覧できるサービスを実施していて、翌日インターネットで私たちが写っていた画像が掲載されていました。カメラマンも務める私にとって、メンバー全員の勇姿を撮影するのは単独では難しく、このサービスのおかげで、メンバーの勇姿を画像で紹介できるのでとても重宝しています。今後もぜひこのサービスを継続してほしいものです。


f:id:JAD123:20111107161502j:image f:id:JAD123:20111107161458j:image

(工藤夫妻)                 (岩田親子)


f:id:JAD123:20111107161711j:image f:id:JAD123:20111107161710j:image

(野口夫妻)                 (土田D)

※NPO法人フォトカルチャークラブ撮影画像


今回夫婦で参加の長嶺Yは相変わらず取引先から引っ切り無しに電話がかかってきて、ウォーキングしながら、営業対応にあたっていました。仕事とクラブ活動の両立はなかなかの光景でした。土田Dは自己最速記録にチャレンジするとのことで、独走(歩)態勢を維持していました。Cコース参加の岩田Jは二男のD君を肩車して歩き、良きパパとして家族サービスをしていました。みんなそれぞれの目的を持って歩いていたように見えました。

府中市街地を歩いていたら、なでしこジャパンの功績を称える横断幕を見ました。とあるお店のショーウィンドウには府中市出身の澤選手の特設コーナーが設けられていました。地元を挙げて応援している様子がよくうかがえました。商店街には当社の自動ドアステッカーのお店も多く散見し、当社のスローガンである「私達は自動ドアを通じて人類社会に貢献します」を実感できました。


f:id:JAD123:20111107161930j:image f:id:JAD123:20111107161927j:image

(府中の森芸術劇場)        (多磨霊園)       


f:id:JAD123:20111107162237j:image f:id:JAD123:20111107162235j:image

(なでしこジャパン称賛の横断幕)    (澤選手の特設コーナー)  


著名人が眠る多磨霊園の脇を通過した時点で、残り約4キロになり、ちょうどお昼近くになったので、少しお腹が空いてきました。このあとも順調に歩き、国分寺市の由来になった武蔵国分寺に到着しました。ここは今まで歩いてきた所とは違い、武蔵野の面影が色濃く残されていました。とても落ち着いていて、京都の嵯峨嵐山を彷彿させる景色でした。景観的に今回のコースでは一番のクライマックスだったと思います。ここまで来ればゴール直前。気合が入ります。


f:id:JAD123:20111107162601j:image f:id:JAD123:20111107162559j:image

(国分寺石碑)          (国分寺本堂)  


f:id:JAD123:20111107163010j:image f:id:JAD123:20111107163007j:image  

(武蔵野の面影)             (お鷹の道)   


会場の武蔵国分寺公園に入り、午後1時前には全員無事にゴールしました。「歩きの達人」田中M氏はもちろんのこと、Aコース参加の野口夫妻は私よりも先にゴールしていました。土田Dは自己最速記録の2時間ジャストでゴールしたそうです。ただ、景色には目もくれずひたすら歩き続けたそうです。完歩証と参加賞(ライオン製品の詰め合わせ)を受け取り、ゴール前で記念撮影を済ませて、会場を後にしました。


f:id:JAD123:20111107163237j:image

(完歩の記念撮影)


f:id:JAD123:20111107163333j:image f:id:JAD123:20111107163332j:image

(ゴール風景)          (ゴール会場にて)


日帰り温泉は前回好評だった深大寺温泉ゆかりに入りました。何回入っても気持ちいいです、ここの温泉は。黒褐色で、肌がすべすべになる気持ちのよい温泉です。温度も適温で、長湯できます。約1時間温泉を満喫し、会食は今回も武蔵境駅前にある某居酒屋チェーン系列の和食レストランで開催しました。2時間飲み放題コースということもあって、みんなとても心待ちしていました。手短な乾杯の挨拶の後、すぐ乾杯し、会食開始。やっぱり最初の一杯は格別ですね。みなさんいろいろな飲み物を飲んでいました。田中M氏は焼酎、それ以外の男性陣は生ビール、女性陣はカクテル系、最近アルコール派になった土田Dはカシスオレンジと新規チャレンジとして梅酒ロックを飲んでいました(笑)。(前回同様、トイレに行ったまま姿が見えない時間もありましたが。)話題は社内の話題はもとより趣味的な話題も多かったです。野口夫妻は趣味でよく登山に行かれるだけあって、山に関してはかなり博識です。ウォーキングの装備を見ただけで一目瞭然でした。旅行が趣味の私もとっておきの旅の情報を流したりしました。おかげでお互いに刺激になる情報交換がたくさんできました。みなさん楽しい時間を飲みながら、食べながら、あっという間に過ごしました。最後の一本締めを長嶺夫妻が務め閉会しました。午後6時には無事終了し、解散しました。とても楽しい会食会でした。


f:id:JAD123:20111107163529j:image

(深大寺温泉ゆかりにて)


f:id:JAD123:20111107163523j:image

(乾杯の瞬間!)


f:id:JAD123:20111107163815j:image f:id:JAD123:20111107163814j:image

(すぐ寝ちゃった岩田D)         (会食風景1)   


f:id:JAD123:20111107163813j:image f:id:JAD123:20111107163811j:image

(会食風景2)            (会食風景3)


f:id:JAD123:20111107163810j:image f:id:JAD123:20111107163809j:image

(最後の締めは長嶺夫妻が務めました)


最後に、今回も周りの方の多大なるご協力と会社からのご支援のおかげで無事に終了することができました。この場を借りて深く感謝申し上げます。このブログを読んでウォーキングに興味を持った方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。次回は11月19日(土)に第4回大会(神宮外苑エリア)に参加予定です。ちょうど紅葉が見ごろの時期なので、都心の秋を満喫しに出かけませんか。イベント終了後は、ささやかではありますが日帰り温泉での懇親会も予定しています。たくさんのご参加をお待ちしています。次回のレポートをお楽しみに・・・。

旬な話題スポットに出会えるスポーツ。それがウォーキングです。 


*ウォーキング部では現在メンバーを好評募集中です。老若男女問わず入部したい方は、黛Sまでお気軽にご連絡ください。

2011-06-30

[]

[TOKYOウォーク2011第2回大会Bコース参加レポート]

Text by 黛S

さる6月11日(土曜日)に開催された「TOKYOウォーク2011第2回大会Bコース(10.7Km)」に参加してきましたので、その模様をレポートします。

【今回歩いた参加者】

田中M・野口夫妻・長嶺Y・岩田J&S・土田D・工藤夫妻・高階J・南園N・黛夫妻

以上13名(敬称略)

当日は、午前10時に会場である武蔵野の森公園(東京都調布市)に集合しました。公共の交通機関で行く場合は、JR中央本線武蔵境駅で西武多摩川線に乗り換えて2駅目の多磨駅(多摩ではなく多磨)で下車し、徒歩約5分で到着できます。この西武多摩川線、西武鉄道の路線では異色の存在で、西武線同士で唯一乗換ができない路線となっています。元々は終点の是政駅近くを流れる多摩川の砂利採取の貨物輸送を目的とした路線で、会社の合併の歴史上の経緯でこのようになってしまったそうです。なので、都会を走る通勤路線でありながら、全線単線でホームとの連絡は構内踏切になっていて、ワンマン運転など、どこか田舎のローカル線っぽい様相を呈しています。

まぁ、そんなことはどうでもいいのですが、当日の天候は梅雨の時期にふさわしく雨模様で、梅雨という季節を楽しむ(?)にはある意味で絶好のウォーキング日和でした。ただ、傘を持ちながらのウォーキングは景色を楽しむには不向きで、レインコートの方が最適だと思いました。

f:id:JAD123:20110630171525j:image

(会場の武蔵野の森公園)    (人がまばらな会場風景)

f:id:JAD123:20110630171557j:image

(スタート前、みんなで記念撮影)

今回のコースの舞台は東京の西部に位置する調布市です。あの「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である漫画家の水木しげる氏が在住している縁で、至る場所で登場キャラクターに遭遇します。

コース的には会場の武蔵野の森公園を出発して、都立神代植物公園、蕎麦で有名な深大寺周辺、鬼太郎キャラクターモニュメントで有名な調布駅前、サッカーJリーグFC東京の本拠地である味の素スタジアム、そして東京都離島方面の旅客機が発着する調布飛行場を経てゴール地点でもある会場の武蔵野の森公園に戻るという10.7kmのコース。コースタイム的にはのんびり散策を楽しんで3時間前後です。

今回は雨天ということもあって前回晴天だった浅草・両国コースとは対照的に参加者はまばらでした。公式発表だと、2224名の参加があったそうです。前回のおよそ半分程度の参加者でした。天候ばかりは仕方ありません。

というわけで、まばらな会場ともしばしの間お別れ。みんな揃って準備ができたら、いよいよスタートです。その前にいつもの記念撮影。ちなみに野口夫妻は今回も一番長いAコース(21.2キロ)でのエントリーのため、1時間前にスタートだったので、この中にはいません。でも、ゴールでの集合写真にはちゃんと写っています。スタート後はみんなそれぞれのペースで歩き始めました。雨天だったので、早くゴールしたいせいか、今回はみんな足早に歩き、途中の観光スポットでは足を止めて景色や食べ歩きを楽しみながら歩いていました。

f:id:JAD123:20110630171644j:image

(深大寺付近を歩行中の田中M氏)

※NPO法人フォトカルチャークラブ撮影画像


f:id:JAD123:20110630171720j:image

(芝生の上で休憩中!)         (国立天文台)

f:id:JAD123:20110630171803j:image

(深大寺表門)            (深大寺境内)

蕎麦で有名な深大寺エリアに入りました。境内に入ると、参拝者で賑わっていました。本堂の中では読経の声が聞こえ、儀式が行われていました。ちょうどあじさいが咲いていたので、梅雨の時期にふさわしい風情がありました。境内から出ると、深大寺名物蕎麦屋や、団子などの甘味を味わえるお店が軒を連れていました。深大寺蕎麦を味わう一般参加者も多く、お店はどこも繁盛していました。今回も早いゴールを優先にしていたので、心残りでしたが、またの機会ということで先に行きました。

同じ通りに話題のゲゲゲの鬼太郎のグッズやギャラリー、食事も楽しめる鬼太郎茶屋がありました。建物がなんとも味わい深く、「妖怪屋敷」にふさわしい造りでした。等身大の鬼太郎とねずみ男が出迎えてくれます。私はゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター中で、ねずみ男が一番好きです。ご存知の通り叩かれキャラですが、どこか憎めないところがいいです。作者の水木しげる氏に通じるものがあります。 そうそう鬼太郎と言えば、水木氏の故郷である鳥取県の米子駅から境港を走るJR境線というローカル線があるのですが、鬼太郎列車や猫娘列車など車両にそのキャラクターのラッピングを施した列車が走っています。また駅名が妖怪の名前になっていてこれがまた話題で、境線に乗るのが目的で訪れる観光客が多いそうです。乗るのが趣味の人間としては、今度乗りに行こうかな〜って考えています。話がかなり脱線しましたが、ゲゲゲの鬼太郎ファミリーは調布市のイメージキャラクターとしてこれからも訪れる人たちを楽しませてくれることでしょう。

f:id:JAD123:20110630172351j:image

新規メンバー南園Nです。鹿児島県出身の26歳独身。彼の人格の素晴らしさを強調させる出来事がありました。それは、鬼太郎茶屋前を通りかかった時のことです。偶然頼まれた若い外国人カップルの写真撮影に快く応じました。言葉に戸惑いながらも、彼は言葉の壁に果敢に挑む好青年でした。う〜ん、素晴らしい!

深大寺からは閑静な住宅街の中を歩き、調布駅前付近から甲州街道沿いを歩きます。今回伴歩した長嶺Yはウォーキング中にも取引先からしきりに電話がかかってきて営業業務をしていました。営業職の多忙さを垣間見た気がしました。長嶺Y営業担当の自動ドアが納入されているという電気通信大学の前を通過し、中央自動車道調布ICまでくるといよいよゴールも近くなってきました。

f:id:JAD123:20110630171904j:image

(電気通信大学)            (調布IC)

f:id:JAD123:20110630172437j:image

(味の素スタジアム)       (FC東京グッズショップ)

f:id:JAD123:20110630172504j:image

(味の素スタジアムにて)

※NPO法人フォトカルチャークラブ撮影画像

味の素スタジアムが見えてきました。すると、カメラマンが通過するウォーキング参加者を撮影していました。じつは、本イベントは協賛企業の某カメラチェーンのNPO法人が撮影した画像を、インターネットで閲覧できるサービスを実施していたのです。スタート・ゴール・深大寺付近でもカメラマンが撮影してくれたので、翌日インターネットで私たちが写っていた画像が掲載されていました。さらに素晴らしいのは、それをインターネット経由で注文ができ、某カメラチェーン店頭にてデジカメプリントの受け取りができるというビジネスには感心しました。「社会貢献=ビジネス」。今後はこのようなNPO法人と企業とのコラボレーションが活発に展開されるのではないでしょうか。そんな気がします。

味の素スタジアムの隣にはフードコートがあって、いろんな飲食店がありました。ちょうどお昼時だったので、空腹感もピーク。最近出店を加速しているバイキングスタイルの某ハンバーグチェーン店から漏れる肉汁の濃厚な匂いは胃をかなり刺激しました。しかし、ゴール後の懇親会を控えていたので、なんとか克服しました。甲州街道から分かれて歩いていると、FC東京のショップやフットサルのコートがありました。学生や社会人サークルが練習試合をしていました。

f:id:JAD123:20110630172545j:image

(調布飛行場)         (滑走路に沿って歩く2人)

しばらく歩いていると目の前に長いフェンスが見えてきました。それは、新島・大島などの東京都離島方面に向かう旅客機が発着する調布飛行場でした。当社のメンテナンス・施工スタッフも年に数回はお世話になるお馴染みの飛行場です。滑走路には小型の旅客機が駐機していました。ここまでくると、ゴールまで一直線です。滑走路に沿って歩き続けました。

すると、最長距離Aコースで参加の野口夫妻が後ろから接近してきて、めでたく合流。午後1時過ぎに同時ゴールしました。が、しかし。もうすでに他のメンバー全員はゴールしており、我々が最後尾でした。今回は雨天ということもあって、みんな歩くペースが早かったみたいです。というわけで、参加賞(前回同様)を受け取り、ゴール前で記念撮影を済ませて、足早に待望の日帰り温泉へと向いました。

f:id:JAD123:20110630172930j:image

(ゴールの瞬間!)

※NPO法人フォトカルチャークラブ撮影画像


f:id:JAD123:20110630173015j:image

(ついにゴール!)       (ゴール直後の一服)

f:id:JAD123:20110630173046j:image

(完歩の記念撮影)

 多磨駅から路線バス(当初、電車移動で面倒な乗り換えをする予定だったが、たまたま調布駅行きの路線バスがあったのを発見)で調布駅へ向い、調布駅からは送迎バスを利用して着いたのが、深大寺温泉ゆかり。調布市唯一の温泉で、建物も深大寺周辺のムードにマッチした和ティストな造りです。まるで、箱根の温泉に来たかのような錯覚に陥ります。泉質も独特で、黒褐色で、肌がすべすべになる気持ちのよい温泉です。お風呂の数も豊富で露天風呂はもちろんのこと、洞窟風呂、樽風呂、なんと滝見露天風呂までありました。

f:id:JAD123:20110630173130j:image

(深大寺温泉ゆかりにて)

JADウォーキングクラブが設立して記念すべき第1回のウォーキングイベントの際に、利用したのもここでした。あれから、5年。なかなか思い入れ深いものがありました。そんな思いを馳せながら1時間ほど温泉に浸かり、汗を流しました。

 会食は武蔵境駅前にある某居酒屋チェーン系列の和食レストランで開催しました。2時間飲み放題コースということもあって、みんな飲む気満々。しかも、時間も3時過ぎということもあって、みんなの空腹感もかなりピーク。すぐ乾杯し、会食開始。いつ飲んでも最初の一杯は格別です。みんないろいろな飲み物を飲んでいました。田中M氏は焼酎、女性陣はカクテル系、岩田Sは小学生なのでもちろんソフトドリンクを、ノンアルコール派で有名な土田Dも今回はなんとアルコール飲料を飲んでいました。(途中、トイレに行ったまま姿が見えない時間もありましたが。)話題は社内間の話題が多かったです。普段、なかなか直接会えないメンバーなのでこういう機会は貴重です。おかげでいろいろ情報交換ができました。次回のウォーキングイベントの話もしました。全員一致で東京ウォーク2011全大会制覇をJADウォーキングクラブの目標として掲げることにしました。みなさん楽しい時間を飲みながら、食べながら、過ごし、一本締めを工藤夫妻が務め閉会しました。午後6時台には無事終了し、解散しました。

f:id:JAD123:20110630173215j:image

(会食風景)

f:id:JAD123:20110630173241j:image

(とても楽しい会食会でした)

f:id:JAD123:20110630173312j:image

(最後は工藤夫妻の一本締めで閉会しました)

今回も周りの方の多大なるご協力と会社からのご支援のおかげで無事に終了することができました。この場を借りて深く感謝申し上げます。

最後に、クラブ活動の意義を考える上で社員の健康の増進ももちろんですが、ユニフォーム(TEAM JADのTシャツ)を着用することによって、会社の広報も兼ねられるのです。事実、今回のイベントは個人参加が多かったので、会場やコース途中などで私たちはかなり目立ちました。「TEAM JADとは一体、どんな集団だろう?」と感じた世間一般の人々もいたかもしれません。できれば、寒い時期に着用できるウィンドブレーカーなどがあればいいな〜と個人的に思いました。(Tシャツだと肌寒いので)。私たちは会社のよき宣伝塔としてこれからもいろいろなウォーキングイベントを通じて、会社のPRに努めて参ります。

このブログを読んでウォーキングに興味を持った方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。次回は9月17日(土)に第3回大会(国立・府中エリア)に参加予定です。日程が近づいてきましたら募集の告知をします。たくさんのご参加をお待ちしています。次回のレポートをお楽しみに・・・。

四季折々の風景をゆっくり楽しめるスポーツ。それがウォーキングです。


*ウォーキング部では現在メンバーを好評募集中です。老若男女問わず入部したい方は、黛Sまでお気軽にご連絡ください。

2011-06-08

[]

[TOKYOウォーク2011第1回大会Bコース参加レポート]

Text by 黛S

さる5月14日(土曜日)に開催された「TOKYOウォーク2011第1回大会Bコース(12.7Km)」に参加してきましたので、その模様をレポートします。

【今回歩いた参加者】

田中M・上原K・野口夫妻・長嶺夫妻・岩田J&D・土田D・工藤夫妻・高階J・新井H・黛夫妻

以上15名(敬称略)

当日は、午前10時に大会会場の猿江恩腸公園に集合しました。当日の天候は五月晴れでこの上ない絶好のウォーキング日和でした。年間を通して数少ない絶好のウォーキング日和だったと思います。このメンバーの中に晴れ男・晴れ女がいるのでしょうか。日陰に入ると、とても心地よい風を感じることができました。

f:id:JAD123:20110608174906j:image

     (会場風景)      (ライオンちゃんと)   (がんばろう!日本)

f:id:JAD123:20110608174951j:image

(スタート前、みんなで記念撮影)

今回のコースは、今話題沸騰中の東京の新名所「東京スカイツリー」周辺を歩くのと、天候に恵まれたせいかいつも以上に参加者が多く感じられました。公式発表だと4071名の参加があったそうです。会場内では様々な協賛企業ブースが並んでいて、中でも際立って目立ったのが、このイベントの冠スポンサーのブース。お昼のトーク番組でお馴染みのキャラクターが参加者を出迎えていたので、岩田Dと記念ツーショットを撮りました。

というわけで、にぎやかな会場ともしばしの間お別れ。いよいよスタートです。その前にいつもの記念撮影。ちなみに野口夫妻は一番長いAコース(21.3キロ)でのエントリーのため、一足お先にスタートだったので、この中にはいません。でも、ゴールでの集合写真にはちゃんと写っているのでご覧下さい。スタート後はみんなそれぞれのペースで歩き始めました。田中M氏・上原Kはみんなを先導するかのごとく、先に行ってしまい、気付いたら姿が見えなくなっていました。あとのメンバーは比較的のんびり景色を楽しみながら歩いていました。

f:id:JAD123:20110608175043j:image

(錦糸町付近)  (ツリーを見上げる)  (ツリーを撮る長嶺夫妻)   

まずコース的には東京スカイツリーを経て浅草に向かいます。スタート会場からずっと見える東京スカイツリーがどんどん近づいてきます。行程には適度に日陰もあり、水分が足りなくなったら、自動販売機やお店もあるので、山歩きと違って不自由はありませんでした。途中、小さな小川が流れる新緑の美しい公園もあり、都会のちょっとしたオアシスに癒されました。土田Dは最近持ち始めたスマートフォンを駆使し、自身のツィッターで何やらつぶやいていました。

f:id:JAD123:20110608180128j:image f:id:JAD123:20110608180127j:image

スカイツリー付近)         (スカイツリー案内所)

東京スカイツリーに近づけば近づくほど、だんだん首が痛くなってきました。そうです。あまりにも高いので見上げると大変首が疲れてくるのです。間近で見ると迫力はありますが、じっくり見たいのなら、少し離れた所から観賞することをおススメします。というわけで、東京スカイツリーの真横を圧倒されながら通過しました。

東武伊勢崎線業平橋駅近くに、東京スカイツリーのインフォメーションセンターがありました。イメージキャラクターとしてすっかり定着した「ソラカラちゃん」が出迎えてくれます。場所が分かったので次回はぜひ立ち寄りたいと思いました。じつは業平橋駅も来春には「とうきょうスカイツリー駅」に改名するのです。東武グループの一大プロジェクトなので、気合が入っています。浅草駅もレトロ調に磨きをかけてリニューアルするそうです。今から楽しみです。

f:id:JAD123:20110608180427j:image f:id:JAD123:20110608180426j:image f:id:JAD123:20110608180425j:image

    (雷門)         (浅草寺本堂)    (バスガイド研修風景)

浅草エリアに入り、まずは浅草寺の境内の中へ。すると、新人バスガイドさん集団が現地研修をしていました。この時期らしい光景でした。せっかくなので、本堂で参拝をし、そのあとは仲見世通りを散策。とてもにぎやかな通りで、浅草名物の人形焼を売るお店がいっぱいありました。どの店もそれぞれ個性のある人形焼を焼いていて、甘い誘惑に導かれそうになりました。以前なら食べ歩きを楽しみたいところですが、最近メタボ気味なので忍耐で辛抱しました。

f:id:JAD123:20110608180528j:image

 (両国国技館) (がんばろう日本の文字が) (技量審査場所看板)

浅草エリアをあとにして、両国エリアに入りました。コース的には折り返し地点を過ぎました。ちょうどお昼でしたが、ゴール後の「お楽しみ」のために、黙々と歩きました。横網(よこあみ)町公園でちょっと小休止。晴天の中、歩いてきたので水分を補給しました。しばらくして再び歩き始めました。すると、前方に今何かと話題の両国国技館が見えてきました。ちょうど技量審査場所を開催していました。両国駅周辺で何人かの力士とすれ違いました。「さすが本場だな〜」と思いました。

両国駅の付近で今回の冠スポンサーが自社の栄養剤ドリンクのサンプリングとイメージキャラクター入りのハンドタオルの配布をしていました。いいですね、こういうもてなしは。その企業に対する知名度・好感度イメージアップにつながります。

f:id:JAD123:20110608180840j:image

(サンプリング配布1)  (サンプリング配布2)    (森下付近)   

清澄通りに入り、都営新宿線と大江戸線の接続駅である森下駅を通過し、スタート地点でもありゴール地点である猿江恩腸公園までラストスパート。ここでも視界に気になるのが東京スカイツリー。今回のウォーキングでいろんな角度から見ることができました。もちろんデジカメで何回も撮りました。

そして、ついにゴール!田中M氏、上原K、そして最長距離参加の野口夫妻は私たちよりも一足先にゴールしていました。3時までにはみんな無事にゴールしました。ゴール地点では冠スポンサーから参加賞(自社製品の詰め合せ)をいただきました。その後、特設の撮影スポットで東京スカイツリーをバックにみんなで記念撮影をしました。とてもよい記念になりました。

f:id:JAD123:20110608180740j:image

(ゴール看板)     (ゴール会場風景)   (今回の参加賞)

f:id:JAD123:20110608180926j:image

(スカイツリーをバックに記念撮影)

完歩の記念撮影後は、お待ちかね懇親会です。地下鉄で船堀まで移動し、徒歩数分で東京健康ランドに着きました。ここは東京で元祖と言うべき健康ランド(ヘルスセンター)で、一歩足を踏み入れてみると、そこには懐かしい昭和のムードが漂っていました。館内着は男性がアロハ、女性はムームーという福島県いわき市にある某温泉レジャー施設を彷彿させるものがありました。館内はよく清掃がなされており、快適に過ごせました。お風呂の種類も多彩で、露天風呂までありました。ウォーキングで疲れた体を癒せました。身も心もさっぱりしたところで、食事処で打ち上げを開催しました。ちょうどステージでは東京健康ランド杯カラオケ大会の特別ゲスト審査員のカラオケショーが開かれており、美声(?)が響く中での乾杯となりました。程なくしてカラオケ大会が終了し、やっと落ち着いて懇親会開催することができました。話題は様々で、他部署間での業務上の情報交換もあれば、次回のウォーキングイベントの話など、みなさん楽しい時間を飲みながら、食べながら、話しながら過ごしました。午後6時台には無事終了し、解散しました。

今回も周りの方の多大なるご協力と会社からの支援のおかげで無事に終了することができました。深く感謝申し上げます。

f:id:JAD123:20110608181029j:image

(ごきげんです)      (アロハとムームー)   (楽しく飲んでいます)

f:id:JAD123:20110608181208j:image

(ハイな気分の野口夫妻)         (長嶺Yも)      

f:id:JAD123:20110608181207j:image

(工藤K&高階J)            (もう一枚)  

f:id:JAD123:20110608181206j:image

(懇親会終了後)

普段はなかなか直接会えるメンバーではありませんが、こういう非日常的な機会を設けることによってお互いに情報交換をしたり、意外な一面を見つけることもできたりします。このブログを見てウォーキングに興味を持った方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

次回は6月11日(土)に第2回大会(調布エリア)に参加予定です。次回のレポートをお楽しみに・・・。

災害に備えるスポーツ。それがウォーキングです。 


*ウォーキング部では現在メンバーを大好評募集中です。入部したい方は、黛Sまでお気軽にご連絡ください。

2011-06-01

[]

[第二回 JAD沖縄合宿レポート]

昨年9月3日(金)〜5日(日)にかけて第二回目となる沖縄ゴルフ合宿を開催しました。今年も金秀アルミ工業株式会社様のご好意により喜瀬カントリークラブの優待券を頂きました。 さて、今回のメンバーは吉原j・土橋t・村田t・道前t・新谷t・永長t・海野n・薄井y・そして初参加となる藤岡yの9人での合宿となります。今回も仕事の都合上、吉原j・土橋t・村田tは東京を9月2日(木)からの出発となり4日(土)の朝、他のメンバーとホテルのロビーで集合となりました。今回はゴルフを日曜日にして観光を土曜日にして昨年とは逆の日程にしました。昨年は、金曜日の夜にはしゃぎすぎて、ほとんど寝ないでのゴルフだったので今年は日曜日にゴルフとしました。さて土曜日の観光地としてまず、最初に訪れたのは施設の一部が世界遺産となっている首里城公園を訪れました。その後、斎場御嶽、ひめゆりの塔・琉球ガラス村を訪れました。

まず、首里城は14世紀に創建された中国や日本の文化も混合する琉球独特のお城ですが沖縄戦で消失してしまい1992年に復元されたそうです。日本の本土のお城とは建物の色使いが鮮やかで独特の作り方をしていると感じました。

f:id:JAD123:20100904090046j:image

首里城

次に斎場御嶽を訪れました。読み方としては「せーふぁうたき」と読むみたいでこちらは世界文化遺産となっています。御嶽とは南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で斎場御嶽は琉球王国最高の聖地だそうです。御嶽の中に大庫理・寄満・三庫理は首里城内にある部屋と同じ名前を持っていて首里城と深い関わりを持っていたと言われています。

f:id:JAD123:20100904105059j:image f:id:JAD123:20100904104706j:image f:id:JAD123:20100904121244j:image

   三庫理       三庫理 集合写真    真壁ちなーでの昼食

次に訪れたのはひめゆりの塔を訪れました。1945年に米軍沖縄上陸作戦が始まり沖縄を守備するために、県民の根こそぎ動員を企てると同時に学徒隊を編成して沖縄の守備にあたりました。12万にのぼる沖縄県民の犠牲を忘れない為、戦争の恐ろしさを語り継いでいく為にひめゆりの塔資料館が設立されました。

f:id:JAD123:20100904130401j:image f:id:JAD123:20100904130643j:image

    ひめゆりの塔           ひめゆり平和記念資料館

最後に琉球ガラス村を訪れました。本来はガラス体験をする予定だったのですが、時間も無かったので、観光のみとなってしまいました。色鮮やかなガラス細工をみたり、ガラス工房では作成しているのを見学しました。 最後に訪れた琉球ガラス村以外は自分の持っている沖縄の明るいイメージとは逆の場所を訪れ色々考えさせられた場所でした。

 夕食は名護市内まで移動してRyu Kyu Dining 家守家YAMORIYAで食事をしました。沖縄料理から創作料理までありまたお酒の種類も豊富にありおいしい料理とお酒に舌鼓をうっていました。 

最終日はいよいよ喜瀬カントリークラブでゴルフです。去年と同じコースで1年間の練習の成果が出ると思います。土橋tの知人で沖縄に東京から移住してきた藤村氏と一緒にプレーさせて頂きました。組合せは1組目吉原j・土橋t・藤村氏・村田t、2組目は新谷t・永長t・海野n、3組目は道前t・藤岡y、薄井yの3組です。台風の影響かスコールか判りませんでしたが雨や風が急に強くなったり太陽が出たりで不思議な天気でした。前半は問題なくプレー出来ましたが、後半は、1組目は最終ホールの2打目地点、2組は8番ホールのティーグラウンド、3組目は7番ホールのティーグラウンドで雨が非常に強くなり全く止む気配も無かった為、この時点でプレー終了となってしまいました。

暫定スコハは吉原j69-58=127、土橋t50-48=98、藤村h氏55-47=102、村田t68-54=122、新谷t53-53=106、永長t56-48=114、海野n67-56=123、道前t52-50=102、藤岡y71-72=143、薄井y50-47=97の結果となりました。 天候のせいなのか練習が足りないのか去年とあまり変わらないスコアでしたが皆、楽しめたようでした。

f:id:JAD123:20100905142818j:image f:id:JAD123:20100905093243j:image f:id:JAD123:20100905074841j:image

喜瀬カントリークラブ       コース内           吉原j     

f:id:JAD123:20100905080919j:image f:id:JAD123:20100905080843j:image f:id:JAD123:20100905074918j:image

道前t             藤岡y             土橋t

f:id:JAD123:20100905075925j:image f:id:JAD123:20100905074801j:image f:id:JAD123:20100905074701j:image

海野n             藤村h             村田t

f:id:JAD123:20100905090636j:image f:id:JAD123:20100905080101j:image f:id:JAD123:20100905080015j:image

薄井y             新谷t             永長t

f:id:JAD123:20100905074346j:image f:id:JAD123:20100905074422j:image

喜瀬カントリークラブ集合写真

コースを後にして那覇市内の国際通りへ移動しました。ひと通りお店をみてまわった後、牧志公設市場で夕食となりました。市場で買った食材を2階のお店で調理をしてその場で食べさせて頂くことが出来ることで、南国らしく非常に色鮮やかな魚や海老等、様々な食材を調理してもらいました。どの食材も大きくて非常に食べ応えがありおいしく頂く事が出来ました。

f:id:JAD123:20100905181918j:image f:id:JAD123:20100905175439j:image f:id:JAD123:20100905174617j:image f:id:JAD123:20100905172939j:image

f:id:JAD123:20100905173825j:image

牧志公設市場での夕食

途中で道前tと藤岡yが飛行機の時間になったのでここでお別れとなりその後、他のメンバーも空港へ移動しました。当初乗る飛行機が天候の影響により約40分位送れて出発となり、羽田空港からの電車に間に合うか不安になりましたが、無事、間に合い無事帰宅することが出来ました。今回の沖縄合宿は台風の影響で天気はいいとは言えませんでしたが、観光中も雨に降られることはあまりなく、またゴルフも最後だけ降られて中止になりましたが、まずまずだったと思います。心残りなのは台風の影響により海で泳ぐことが出来なかった事が残念でした。今回もあっという間の三日間でしたが沖縄の土地柄を勉強させて頂き、旅行費用を援助していただいた会社と喜瀬カントリークラブの優待券を頂いた金秀アルミ工業株式会社様へ感謝致します。また周りの方の協力を頂き、無事に終えることが出来ました。この場をかりてお礼を申し上げさせて頂きます。有り難うございました。


ゴルフ部メンバーは随時募集していますので、ゴルフに興味のある方は薄井yまでお気軽に連絡をお願いします。 特に女性メンバーを募集中です。

2011-03-01

[]

[練習試合結果報告]

11月6日我社の御客様であります株式会社サンクスコーポレーション野球部様(以下(株)サンクス野球部)との練習試合を開催しました。当日は天候にも恵まれまして絶好の野球日和になりました。練習相手であります(株)サンクス野球部は業界でも強いと評判のチームで当社野球部では練習相手にもならないとも思いましたが強豪チームと練習をして当社のレベルアップに繋がればと開催しました。

f:id:JAD123:20110301091621j:image

f:id:JAD123:20110301091620j:image

場所は当社飯能グラウンド。練習試合という事もあり、挨拶もそこそこに和気あいあいと試合が開始。

f:id:JAD123:20110301091622j:image

さすが強豪チームだけあり当社ピッチャー岡田Mからヒット、ホームランをたくさん打ちまして気分も上々。ピッチャー西中Kに交代も打撃の勢いは止まらず。

f:id:JAD123:20110301091623j:image

それよりもすごいのは守備力の高さでした。逆に当社のエラーは多くはないですがレベルの違う守備を見るとかなり実力差があるなと感じました。結果は練習試合という事もあり1:0?で当社の敗北という事で。お昼は当社自慢のバーベキューセットを用意し昼食タイム。

f:id:JAD123:20110301091624j:image

f:id:JAD123:20110301091625j:image

始めはお互い謙遜していましたが、すぐに打ち解け楽しい昼食になりました。午後より当社チームメンバーを少々入れ替えまして2試合目。休憩を入れると途端に体が重くなり体が動きません。しかし(株)サンクス野球部は守備、打撃も衰えを知らず野球を楽しんでいました。

f:id:JAD123:20110301091626j:image

結果、2試合目も1:0?で当社の敗退で終了、グラウンド整備後少々談笑して解散となりました。(株)サンクス野球部の皆さんもとても楽しんでくれまして、当社野球部のレベルアップともなり大変有意義な一日となりました。また機会があれば練習試合を開催したいと思います。

f:id:JAD123:20110301094628j:image

f:id:JAD123:20110301091619j:image

作:駒井Y

2010-07-13

熱海親睦旅行に行ってきました!

5月22日晴れ、大阪・京都組熱海駅に到着。ほどなく本社の工藤K・樋口Mと合流、さあ、待ちに待ったJAD女性だけの親睦旅行です!!集合時間午後2時〜3時の予定通り、樋口Mが持つ社長から手配して頂いたJAD旗に、見事に参加者16名全員集合できました。

参加者は

浦西Y 尾崎M 岸田M 木村M 工藤K 小泉N 澤原M 柴垣M

永井K 西方S 樋口M 福田S 前神K 前田Y 村野S 守谷A

の16名です。

f:id:JAD123:20100522155044j:image f:id:JAD123:20100522155053j:image

自己紹介は後回しにして、さっそくホテルの送迎バス乗り場へ移動し、ほんの5分足らずで『ホテル水葉亭』に到着。熱海は坂道が多いとわかりました。

f:id:JAD123:20100712101820j:image f:id:JAD123:20100712101819j:image f:id:JAD123:20100712101818j:image

『ホテル水葉亭』は海沿いにありロビーからの眺めは最高で、通された部屋も広く、これなら全員で飲めると大はしゃぎ。まずは集合写真と、3階の部屋から6階のロビーへ戻りホテルの方に撮ってもらったのは、まだ大人しい写真。

f:id:JAD123:20100522161928j:image f:id:JAD123:20100522163956j:image

夕食までに温泉へと、大浴場までの長い道のり(?)を行くと、少々熱めのお風呂はとても気持ち良く日頃の疲れが癒されました。広めの宴会場で、挨拶もそこそこにまず乾杯から宴の第一部の始まりです。食べながら飲みながらの自己紹介で全員の名前と顔が一致したかどうかは大いに疑問ですが、お酒が入るとより一層口がなめらかになっていくのは女性だけでしょうか?

f:id:JAD123:20100522184624j:image f:id:JAD123:20100522194733j:image f:id:JAD123:20100522184355j:image

お腹もいっぱいになり一旦お開きにし、下見をしておいたコンビニでお酒とおつまみを購入し、これからが宴第二部の本番です。幹事の部屋に集合し、各部屋で買ったものを持ち寄ると、様々なお酒が揃いました。時間がたつにつれお喋りが弾むのは言うまでもありません。気がつくと深夜になっていました。

f:id:JAD123:20100522211735j:image f:id:JAD123:20100523002131j:image f:id:JAD123:20100522211600j:image

f:id:JAD123:20100523115313j:image:right

翌朝は天気予報どおり雨。当初予定していた「熱海城」と「熱海ハーブ&ローズガーデン」はあきらめ前日にさがした「MOA美術館」を見学することに変更です。熱海駅を基点に、錦ケ浦・梅園方面と伊豆山方面の2つのコースを巡回運行している湯〜遊〜バスを利用しました。湯〜遊〜バスにはベテランのガイドさんがおられ、熱海市内を案内してくださりました。

f:id:JAD123:20100523103621j:image:rightf:id:JAD123:20100523103156j:image:right

すごいカーブの坂道を行くと「MOA(エムオーエー)美術館」があり、バスを途中下車。思っていたより大きな美術館で、入口から本館まで長ーいエスカレーター4基と普通のが数基あり、片道10分以上かかって着いたメインロビーからの眺めは快晴なら最高と思われました。展示物も豊富で、ちょうど【又兵衛絵巻と北斎・広重風景版画の名作】展開催中で、とても綺麗でした。絵画・掛け軸・陶器・埴輪などなど、金の茶室もあり、2時間かかると言われた所要時間を1時間におさえないといけなかったのは残念でした。

f:id:JAD123:20100523110916j:image f:id:JAD123:20100523104435j:image f:id:JAD123:20100523104231j:image

昼食の予約を入れていたので、またバスで熱海駅に戻り、海鮮てんぷらのお店『天匠』へ向かいました。

]f:id:JAD123:20100523125919j:image:rightf:id:JAD123:20100523114628j:image:right

途中運転手さんのサービスでしょうか、『走り湯』を案内して下さり、むっとする蒸気の洞窟の奥にボコボコお湯が湧き出ていて初めて見る光景でした。途中のバス停で、24名の若い男女の団体さんが満席のバスに乗ってこられたのにはビックリでした。お造り・焼き魚・てんぷら・青海苔のお味噌汁のお昼ご飯をおいしくいただき、熱海駅までバスに乗り二つのコースで熱海一周となりました。

これで今回の予定は終了し、駅前で解散。それぞれお土産を購入し、家路につきました。初めての試みでしたが、女性だけの旅行もいいなぁと満足しています。顔を合わせたことで、今まで以上に話しやすくなり、仕事の相談もできるのではと効果に期待しております。女性だけで温泉に行きたいと我儘な旅行を計画したにも係わらず、社長、専務には快くご承諾をいただき、会社からは費用の援助までいただきまして誠に有難うございました。また、出勤日の調整にご協力いただいた方々に大変感謝しております。今回参加したいけど色んな都合で参加出来なかった方々には申し訳なくお詫び申し上げます。おかげ様で楽しい旅行ができました。ありがとうございました。

【写真撮影】浦西Y【案内係(旗)】樋口M【幹事】木村M、工藤K

2010-06-29

[]

[第33回関東板硝子野球大会2回戦結果報告]

5月15日関東板硝子野球大会2回戦がありました。1回戦以降各個人練習のみでの試合です。しかも対戦相手は強豪マテックス(株)様です。正直勝てる自信が無いまま試合開始となりました。

f:id:JAD123:20100629085828j:image

試合開始前の投球練習

f:id:JAD123:20100629085847j:image

少々緊張気味の岩田Jキャッチャー

相変わらず駒井Yキャプテンがジャンケンで負けて(あいこが4回続いた末に敗北)後攻での試合開始。


参加メンバーは以下の通り。

監督村田T
キャプテン駒井Y
打順ポジション氏名
1キャッチャー岩田J
2サード佐藤Y
3ファースト田中H
4ライト海老原K
5ピッチャー岡田M
6ショート西之原S
7センター酒井Y
8セカンド中川A
9レフト遠田S
控え選手 奥津R
  海野N
  菅原H
  新谷S
  藤井W
  薄井Y

初回からピッチャー岡田Mの制球が定まらず、フォアボール、ヒットなどで満塁になりました。5番バッターがセンター前に強烈な打球を打ちました。センター酒井Yが前のめりで捕球しようとしましたがスルリとグローブから球が抜けて行き満塁ホームランという結果になってしまいました。1回の表はいきなり5点も取られるという「まずいんじゃない?」と皆が心の中で思ってしまう出だしとなり、打撃で点差を縮めるべく我社の重量打線が向かって行きましたが、あっさり3人でピシャリと抑えられてしまいました。

f:id:JAD123:20100629091633j:image

先頭打者岩田J

f:id:JAD123:20100629091700j:image

あせるベンチ内

その後、相手チームに1点入れられましたが我社は凡打、三振のみで無得点のまま試合後半になってしまいました。6回の表に2点入れられて8点差。裏の攻撃で2点以上入れないとコールドゲームになってしまいます。駒井Yキャプテンはあきらめて控えメンバーを代打に出し、思い出作りに入ろうとしましたが村田T監督は最後まであきらめず、スターティングメンバーで行くと指示。その結果、打線が急につながり奇跡的に2点が入りました。

f:id:JAD123:20100629091739j:image

結果、9対2と惨敗でしたが、コールドゲームにならないだけよかったと思える試合になりました。

f:id:JAD123:20100629091816j:image

今回の大会は目標ベスト4、結果2回戦敗退でしたが、皆がもっと野球を真剣にやりたい、もっと練習したいと言ってくれるようになりましたので今度は何か計画をたてて色々な大会などに参加していこうと思います。

2010-06-25

[]

[第33回関東板硝子野球大会1回戦結果報告]

4月25日関東板硝子野球大会1回戦がありました。毎年参加しているこの大会は協会加盟20チームのトーナメントで行われます。ここ数年1回戦負けが続いていましたが、以前、3月20日〜21日にかけて合宿を行いましたので、今年こそベスト4を目標に試合に臨みました。

f:id:JAD123:20100625094313j:image

f:id:JAD123:20100625094312j:image

参加メンバーは以下の通り。

監督村田T
キャプテン駒井Y
打順ポジション氏名
1ショート西之原S
2サード佐藤Y
3ファースト田中H
4ライト海老原K
5ピッチャー岡田M
6キャッチャー岩田J
7センター酒井Y
8セカンド山口Y
9レフト遠田S
控え選手 中川A
  海野N
  菅原H
  新谷S
  藤井W
  薄井Y

1回戦の相手は日研硝子(株)様。駒井Yキャプテンが相変わらずジャンケンで負けまして後攻で試合開始になりました。

ピッチャー岡田Mが個人練習の成果もあり、コントロール、球威も抜群で初回を3人で難なく仕留めました。その裏の攻撃。相手のピッチャーの制球が定まらず、フォアボールやヒットでいきなり5点入りベンチ内では「いけるんじゃない?」と言う思いが皆の心の中に芽生え始めました。

f:id:JAD123:20100625095011j:image

走行守兼ね揃えた佐藤Y

f:id:JAD123:20100625095035j:image

我社の主砲海老原K

その後も進化し続けるピッチャー岡田Mの好投で相手に得点を許さず相手に3塁すら踏ませない展開が続きました。

対して、我社は毎回打線が繋がり得点を重ねて行きました。

f:id:JAD123:20100625095229j:image

進化し続ける岡田M

f:id:JAD123:20100625095228j:image

元主砲田中H

f:id:JAD123:20100625095227j:image

秘密兵器中川A

コールド規定回数の5回の表に1点取られましたが9対1と言うここ数年では記憶に無い程の完璧な内容で勝利する事が出来ました。

f:id:JAD123:20100625095226j:image

皆、久しぶりの勝利にテンションが上がったまま、某中華料理店で打ち上げを行いました。次の2回戦に向けて全体練習は出来ないですが個人練習のみでベスト4に向けて頑張りたいと思います。

2010-04-22

[]

ベースボールチーム活動レポート

[硝子組合野球大会勝利に向けての強化合宿]

3/20(土)〜3/21(日)にかけましてベースボールチーム強化合宿を行いました。場所は当社飯能工場グランド。

毎年、硝子組合野球大会に参加してはいますがここ数年1回戦敗退が続いています。そろそろ勝利の味をかみしめたく部員数名が発起しまして合宿をする運びとなりました。

部員は半ば強制的に勧誘した者も含め総数19名、これだけいれば練習試合も出来るし、打ち上げもさぞかし盛り上がるだろうと考えていました、が、仕事の都合、私用などで結果12名の参加というとても微妙な人数で合宿が始まりました。

参加メンバーは

駒井Y村田T海老原K新谷S藤井W田中H
藤原K岡田M遠田S水海T上原K黛S

レギュラーメンバーはほとんど参加出来ず、補欠部員中心の強化合宿という形になってしまいました。

普段、キャッチボールすらしないので体が言う事を聞かず順応するのに1時間程度掛かりましたが、慣れてきますと皆機敏な動きを見せまして守備や打撃に汗を流していました。

お昼御飯は某弁当チェーン店、期間限定価格の「のり弁」を皆で食し、しばしの休憩の後午後の練習を開始しました。

f:id:JAD123:20100422173114j:image

一度休憩しますと体が重くなり、思うように動けません。20代の岡田M氏、遠田S氏は軽快な動きでフィールディングしています。

f:id:JAD123:20100422173213j:image

f:id:JAD123:20100422173211j:image

30代の者はもう疲れてしまい散々な姿でした。

f:id:JAD123:20100422173244j:image

飯能市の日が暮れるまで汗を流し、その後は打ち上げと言う名のバーベキューをして大会に向けての作戦やオーダーについて語り合いました。

今年こそは初戦突破出来るかと少しだけ思える合宿になりました。

f:id:JAD123:20100422173328j:image

2009-12-29

[]

「第4回湘南国際マラソン大会」

11/8(日)秋のメインイベント「湘南国際マラソン大会」に参加しました。

f:id:JAD123:20091229133637j:image f:id:JAD123:20091229133636j:image

今回より加入の岡田Mと、磯野Y・樫原H・藤原Kの4人はスタート時間に間に合わない為、前泊となり夕食は翌日のレースのエネルギー源となるパスタを食べに行くことになり気合を入れて大盛りを頼んだのですが、店側の勘違いで普通盛が。気づいた店員さんがお詫びの言葉と共にもう一皿・・・・2人前食べてしまいました(^-^;エネルギー満点で、早めに就寝。当日は早朝5時に宿を出発。早々に会場入りし仲村M・竹内K・田中Hと合流、バナナも食べて準備万端。

f:id:JAD123:20091229140718j:image:right


9時にスタート。スタート地点でテニスの杉山愛選手を発見!ゲストランナーだったようです。猫ひろしさんもいたようですが、見つけられず・・コースは江ノ島・湘南の海沿いでとても気持ち良かったです。天気が良いと富士山も見えるようですが、残念ながら今回は見ることは出来ませんでしたがとっても快適でした。

f:id:JAD123:20091229134031j:image

f:id:JAD123:20091229134030j:image f:id:JAD123:20091229134029j:image

今回も練習不足だったので、不安もありましたが30K地点までは思ったよりも順調で3時間半を切ってました♪が。35K地点を過ぎた辺りから急に失速、1K毎の標識が異常に長く感じ始めました結果5時間11分で完走できましたが、今回もゴールの先には何も見えずただただ足が痛いだけでした。

f:id:JAD123:20091229134229j:image:right


(T-T)一足先にゴールしていた樫原Hに「ゴール前ゾンビみたいな走りだった」と言われてしまった・・・4時間台を目指して頑張りますe(^-^)/僕も早くスーパーサイヤ人になりたーい!!


今回、紅一点の澤田Yと東北の難波番長こと番Hは体調不良のため残念ながらリタイヤしました。また、今回完走できずに不完全燃焼で終わった田中Hと岡田Mは、来年4月の「霞ヶ浦マラソン」での奮起を期待します。

種目名種目別順位 ゼッケンNo.氏名タイム(ネット)
フルマラソンの部5593/99024875樫原H04:45:03
フルマラソンの部7137/990211754竹内K05:09:00
フルマラソンの部7275/990211755藤原K05:11:00
フルマラソンの部8323/990211752磯野Y05:15:22
フルマラソンの部1604/99022039仲村M03:47:56

記録ナシ関所:田中H  岡田M

参加感想

f:id:JAD123:20091229140046j:image f:id:JAD123:20091229134654j:image

f:id:JAD123:20091229134653j:image f:id:JAD123:20091229134652j:image

f:id:JAD123:20091229134651j:image f:id:JAD123:20091229134646j:image

f:id:JAD123:20091229134642j:image

2009-11-20

[]

第一回 JAD沖縄合宿レポート

9月4日〜6日にかけて初の沖縄ゴルフ合宿を開催しました。 なぜ沖縄かというとゴルフ部設立時に道前tの一言「沖縄でゴルフやりたいですね〜」に端を発していました。 メンバーとしては吉原j・土橋t・村田t・道前t・新谷t・永長t・海野n・薄井yの8名で参加しました。5日(土)AM7:10スタートでゴルフプレー、6日(日)終日観光してPM9時頃の飛行機にて帰る日程です。

仕事の都合上、吉原j・土橋t・村田tは東京を4日の日中に出発し、残りの5名は那覇にPM11頃に到着となりました。 今回、日程が厳しくまた私自身が沖縄が始めてとういうのもあり、少ない時間ながらも沖縄を満喫する為に、ホテルにチェックイン後、5名で沖縄料理やお酒を探して周辺を散策しました。 結局、満喫し過ぎてしまいホテルに戻ってきたのは、ホテルを出発する1時間前に帰って来て、仮眠を取っての出発となってしまいました。 ホテルの出発時間ぎりぎりまで満喫していたメンバーもいたとかいないとか。

車で1時間ほど走り、喜瀬カントリークラブに到着するとまず目に入ったのがクラブハウスの入り口にJAD製エンジンが設置してありました。

f:id:JAD123:20090905061220j:image

喜瀬カントリークラブ入り口自動ドア

他にもクラブハウスの内部に何台か設置してあり、感動しました。 

朝食を済ませ、いざスタート時間が近づいてくると天気もよく、コースも素晴しく整備されており眠気も飛ぶくらい楽しくなってきました。 

ドローは1組目が吉原j・土橋t・村田t・道前tの4名、2組目が新谷t・永長t・海野n・薄井yの4名でスタートしました。

f:id:JAD123:20090905071337j:image   f:id:JAD123:20090905071421j:image

永長t撮影                  海野n撮影

ホールを進むうちに1組目から次第に離されていくようになり、走ったりしながらプレーをするもついに1ホール以上離されてしまいました。今回の合宿はセルフプレーでしたが、コースの方がキャディさんを急遽やって頂きました。何とか後半の4ホールを残したところで1組目に追いつくことが出来ました。沖縄のゴルフ場は18Hスループレーが基本のようで、途中に昼休みはなく、一度離されてしまうと、追いつくのが大変でした。 また途中に沖縄なので日差しが強い影響の為か、永長tが後半の2ホールを終了後、ダウンしてしまいました。幸いカートに乗ってホールアウト後には体調が回復しましたが、大事にならなくて良かったです。また最終ホールではすばらしい景色を背景に写真などを撮り終えてステートすると景色の影響か海野nがティーショットから大きく乱れだしホールの半分も進まないうちに15打を叩いてしまい、途中棄権となりました。

南国らしくラウンド中にスコールのように雨が降り出したりしましたが、コースから見る遠くの海やきれいな景色を見ながらしていると18Hがあっという間に終わってしまいました。 

f:id:JAD123:20090905114152j:image

最終ホール

個人的にはもう9H回りたい気分でしたが、ゴルフの後の予定も詰まっているので、次回個人的に沖縄に来たいと思いました。 ホールアウト後は食堂にて昼食とゴルフの感想を語り合いました。 皆一様に感動していた様で良かったです。              

スコアに関しては吉原j 61・64=125 土橋t 51・51=102 村田t 75・68=143 道前t 48・54=102 新谷t 58・60=118 薄井y 42・44=86 海野n 62・64(最終ホールを15として)=128 永長t 62・記録なし の結果になりました。 

f:id:JAD123:20090905071629j:image   f:id:JAD123:20090905071735j:image

吉原j                      土橋t

f:id:JAD123:20090905071540j:image   f:id:JAD123:20090905071701j:image

村田t                      道前t

f:id:JAD123:20090905110534j:image      f:id:JAD123:20090905110500j:image

新谷t                    海野n

コースを後にし、コースから5分くらいにある喜瀬ビーチパレスに本日は宿泊となります。 チェックインの後、ホテル前のビーチにて海水浴を楽しむ人と前日にほとんど寝ていないので部屋で睡眠をとる人で別れ、約2時間ほど海水浴を満喫しました。 ビーチは砂ではなく細かいサンゴのかけらなので、海水が濁ることがなく綺麗でした。

f:id:JAD123:20090906084848j:image

喜瀬ビーチパレス部屋から

夜食は社長が必ず食べて来いとの業務命令?のヤギ料理『美咲』で頂きました。 ここではもずくてんぷら・ヤギ汁・ゴーヤチャンプル・豚足などを頂き大変おいしかったです。

f:id:JAD123:20090905192815j:image f:id:JAD123:20090905194129j:image f:id:JAD123:20090905200835j:image

       お通し         豚足の煮物      ゴーヤチャンプル

f:id:JAD123:20090905202118j:image f:id:JAD123:20090905202146j:image f:id:JAD123:20090905212947j:image

     もずくてんぷら      あぶら味噌         やぎ汁

次の日は帰りの飛行機が夜に出発なので、それまで終日観光をしました。

沖縄美ら海水族館・昼食は大家(うふやー)・万座毛・海軍司令部豪跡を観光し国際通りでお土産を買いました。

f:id:JAD123:20090906140606j:image

万座毛

沖縄美ら海水族館では世界最大級の水族館で迫力に圧倒されてしまいました。 時間があればまだ見て居たかったのですが、観光が一日しかないので午前中で水族館を後にしました。

f:id:JAD123:20090906102600j:image   f:id:JAD123:20090906105451j:image

沖縄美ら海水族館 外観          沖縄美ら海水族館 館内

大家ではソーキそばを頂き、これまた感動!!

f:id:JAD123:20090906130708j:image   f:id:JAD123:20090906123137j:image

大家 外観                   大家 中から

f:id:JAD123:20090906123709j:image

ソーキそば

海軍司令部豪跡では戦争の状況を写真や解説で当時の状況が分かりやくされていました。 沖縄の明るいイメージとは違った面を観光できたと思います。 夕食は海ヘビ料理を食べられる『ぐるくん』さんに行きました。 海ヘビ汁(イラブー汁)や刺身・イカ墨料理などを頂きました。 ヤギ汁に続きイラブー汁もまた自分にとっては美味でした。(苦手な人もいたようですが) 

f:id:JAD123:20090906180228j:image   f:id:JAD123:20090906184045j:image

ぐるくん                    イラブー汁

あっという間の二日間でしたが、初めての沖縄に感動しっぱなしでした。 ゴルフ部として始めての合宿でしたが、周りの方の協力と会社からの支援して頂き、無事に終わることが出来ました、また今回喜瀬カントリークラブの招待券を頂いた、金秀アルミ工業衢 大変ありがとうございました。この場を拝借し深く感謝致します。 また来年も沖縄に行けるように日々の業務に励んでいきます。


ゴルフ部メンバーは随時募集していますので、ゴルフに興味のある方は薄井yまでお気軽に連絡をお願いします。 特に女性メンバーを募集中です。

来年は3泊4日くらいで行きたいですね、皆さん。

2009-11-11

[]

ウォーキング部活動レポート

ウォーキング部 :Text by 黛S

さる9月12日(土曜日)に開催された「TOKYOウォーク2009 第5回大会Bコース(11Km)」に参加してきましたので、その模様をレポートします。

【今回歩いた参加者】

田中M・長嶺Y・岩田J&S・土田D・工藤夫妻・樋口M・黛S

以上10名(敬称略)

当日は、午前9 時45分に大会会場の日比谷公園に集合しました。当日の天候は残念ながら朝から雨が降っていて、雨具が必要不可欠なウォーキングになってしまいました。天気予報だと午後から雨という予報でしたが・・・。天気に関しては運に賭けるしかありません。でも、そのおかげで残暑が残る9月上旬にしては大変涼しく、蒸し暑くはなかったのである意味では快適に歩けました(笑)。

f:id:JAD123:20091111175349j:image

    (会場風景)      (今回は雨でした) (スタート前の参加者たち)

f:id:JAD123:20091111175350j:image

(スタート前、みんなで記念撮影)

今回も2016年開催の東京オリンピック招致PRも関連してか、オリンピック招致関連イベントが目立ち、オープニングイベントでスペシャルゲストのマラソンランナーで有名な千葉真子さんが雨の降りしきる中、お立ち台でトークショーをしているのを見ることができました。私はちょうどエントリー手続きをしていたので、そっちの方で夢中であまりよく見られませんでしたが。各自、受付で参加パスポートにスタートのスタンプを押してもらい、ウォーキングマップをもらったら順次スタートです。今回の参加にあたってはインフルエンザがちょうど流行していたので、私が事前に用意をしたマスクを参加者全員に配布しました。

今回も前回と同様に協賛スポンサー(しかも複数)がついたので参加賞をたくさんいただきました。内容は前回とほぼ同様ですが、今となっては幻となった2016年東京オリンピックグッズ(ステッカー、風船)も入っていました。LION製品(試供品)の詰め合わせは女性の参加者からは大変好評でした(笑)。

今回のコースは大会会場でスタート&ゴール地点である日比谷公園をスタートし、途中、皇居を周回し、戻ってくるというコースです。私と長嶺夫妻、田中M氏はさらに神楽坂で折り返して戻ってくるちょっと距離の長いBコースに参加しました。残念ながら今回も多摩川ウォークみたいに空気のきれいな土手沿いを歩くのと違って、交通量の多い都道に沿って歩くコースだったので、健康的に少し自動車の排気ガスが気になりました。

f:id:JAD123:20091111175351j:image

(スタート直後の様子)  (雨でもスマイル)  (傘で撮影拒否の土田D)

ランナーやウォーカーたちの憧れの聖地、皇居周辺コースだけあって景色はかなり楽しめました。もう最高の一言に尽きます。恥ずかしながら、私は30代になって初めて皇居周辺や国の中枢機関の集まる霞ヶ関周辺を歩きました。街歩きの達人である田中M氏のガイドに耳を傾けながら外観だけでしたが興味深く「建物探訪」を楽しみました。

f:id:JAD123:20091111175352j:image

   (法務省正門)      (国会議事堂)        (国立劇場)

この大会はタイムや順位は出ないので、時間をあまり気にしないで自分のペースで景色を楽しみながら歩けるので、途中からは長嶺夫妻と神楽坂商店街でのんびり「食べ歩き」を楽しみました。ちょうど折り返し地点になり、小腹が空いたところで長嶺Y一押しの美味しい肉まんを味わえるお店でちょっと一休み。これがまた美味しかった!甘党でもある私的には神楽坂FUJIYA限定の「ペコちゃん焼き」も食べてみたかったです(笑)。現地に行かないと味わえないグルメもあるので、歩くことが楽しくなります。

f:id:JAD123:20091111175353j:image

 (神楽坂商店街)  (食べ歩きを楽しむ長嶺Y)(有名な神楽坂FUJIYA)

というわけで、おのおののペースで1時前には全員無事完歩しました。雨も途中には少雨になり、ゴール付近では傘を差さなくても歩けました。

f:id:JAD123:20091111175354j:image

(ゴール後、みんなで記念撮影)

完歩の記念撮影後は、お待ちかね懇親会です。地下鉄で巣鴨まで移動し、巣鴨からは送迎バスに乗って、数分で東京染井温泉SAKURAに着きました。今回は経理部のみなさんがこちらの温泉を見つけてくれました。感謝です。温泉で汗を流した後、同じ施設内の食事処で打ち上げをしました。みんな楽しく飲んでいました。話は早くも次回の企画。今まで日帰りだけだったので、次回は温泉宿泊付ハイキングツアーの話が出ました。群馬県出身の私にとって、温泉と山は馴染みの所が多いので、いろいろ企画してみたくなりました。

f:id:JAD123:20091111175355j:image

  (懇親会風景1)      (懇親会風景2)      (懇親会風景3)

楽しい時間を飲みながら、食べながら、話しながら過ごしました。午後5時台には無事終了し、解散しました。今回も周りの方の多大なるご協力と会社からの支援のおかげで無事に終了することができました。深く感謝申し上げます。

f:id:JAD123:20091111175348j:image

(懇親会終了後)

このブログを見てウォーキングに興味を持った方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。食べ歩きも楽しめるスポーツ。それがウォーキングです。


*ウォーキング部では現在メンバーを大好評募集中です。入部したい方は、新谷T・黛Sまでお気軽にご連絡ください。

2009-08-21

[]

〜ビギナー大会出場への道〜その1

7月31日に以前から計画していた通り、ビギナー大会参加を目指した活動を開始しました。しかし、ボウリング場へは行きません。今回の練習会場に選んだのは会社の多目的ホールです。


「フックボール練習会」と題した練習に参加した将来有望なメンバーは生井T、南園N、監督石田Tの3名。

さて、ボウリング場ではない場所でどんな練習をするかというと、基本中の基本、4歩助走の練習とマイボールの基本的な投げ方を練習します。


先ずは4歩助走の練習です。以前、解説したことがあると思いますが1・2・3・4という一定のリズムで腕を振ります。手の動きは『1=前、2=下、3=後、4=リリース』です。振り子の要領でリラックスしてスイングします。

足の運びの一歩目は、1とほぼ同時に右足を踏み出しますが、4のリリース時には投げられる体勢になっていなくてはなりません。つまり、足の運びは腕のスイングリズムより若干早いタイミングになります。このタイミングをつかむ練習はボウリング場じゃなくても出来るので、納得いくまで練習してからボウリング場へ行くと効率がよいです。

f:id:JAD123:20090731184635j:image

カメラ目線でリリース時の体勢を説明する監督


次はマイボールの投げ方です。握力をゆるめれば簡単にリリース出来るハウスボールと違い、マイボールは正しいリリースの仕方を覚えなければひどいロフトボールになりますし、思った通りに曲げることもできません。

基本的な持ち方は、500mlペットボトルを縦に持ってそのまま放り投げる感覚です。実際に持って4歩助走の練習をすると感覚が掴みやすいです。この練習もボウリング場ではなくても練習可能です。

f:id:JAD123:20090731184146j:image

ペットボトルを使ってマイボールを投げる感覚を覚える練習


もしマイボールを持っているなら、布団やマットを敷いて、膝立ちの状態で腕は軽く振って転がす練習をすると、指から離れる感覚を掴めます。


さて、マイボールを投げたことがない人にとって、一つ疑問があると思います。「マイボールを投げる人は、手にグローブみたいな物を付けているけど、なんの意味があるのだろう?」と思ったことはありませんか?その意味を簡単に説明したいと思います。

ハウスボールは重心が中央にあり、ちょっと回転させてもほとんど曲がりませんが、マイボールは曲がりやすく工夫された位置に重心が配置されており、決まった向きにちょっと回転を加えるだけで簡単にフックボールが投げられます。ただ、その向きへ回転を加えるための持ち方は少し工夫が必要です。

普通にボールを持ってみましょう。物を持つとき、指にかかる力が均一の方が楽に持てるので、重いボールを持てば自然と中指、薬指と親指が床と平行になります。このまま落としてもボールは回転しません。

f:id:JAD123:20090731185442j:image

手首が曲がり、中指、薬指と親指が同じ高さになる


ボールが曲がるような回転を加えるには手首をまっすぐにして、まず親指を抜きます。親指が抜けると中指、薬指を支点に少し回転して落ちます。マイボールはこの少しの回転で驚く程曲がります。

f:id:JAD123:20090731185504j:image  f:id:JAD123:20090731185104j:image

手首が真っ直ぐになると親指が上になる     親指を抜くと中指、薬指を支点に少し回転して落ちる


f:id:JAD123:20090731220510j:image

親指が抜けて中指、薬指が残っているリリースの瞬間


手首を真っ直ぐにして重いボールを持つのは辛いため、リスタイと呼ばれる手首が曲がらないように固定するグローブのような物を付けるのです。


基本練習が終わった後はボウリング場で実践すると効果的です。既にフックボールをマスターしている松田Aが合流してボウリング場へ。到着すると、生井Tと南園Nがリスタイを購入しました。


特別なことをせず、リスタイを装着してただ落とすだけなのに驚く程曲がるフックボールに、初めてマイボールを投げた南園Nは驚いていました。

南園Nはハウスボールも回転させていたので上達も早く、狙ったところへ投げるアドバイスもすることになりました。最初は曲がりすぎてポケット(1、3番ピン)を外してブルックリン(1、2番ピン)に当たっていたので、曲がる分外側から投げていましたがやはりブルックリンへ当たります。それもそのはず、レーンの端はオイルが薄いので曲がりやすいのです。右から2番目のスパット(レーン上にある三角印)を狙うようにアドバイスするとポケットが狙えるようになってきました。

また、投げる位置はファールライン手前のドットを目印にして、どのドットからどのスパットを狙うとボールがどこに行くのかを覚えると良いというアドバイスをしました。

 

f:id:JAD123:20090731210204j:image

南園N


生井Tは「4歩助走だと良い具合に投げられる」と言っていました。さすが基本の投げ方です。

f:id:JAD123:20090731212931j:image

生井T


また、「斜めに投げるときは腕を斜めに振るのか?体を斜めに向けるのか?」という良い質問がありました。この答えは「下半身は助走する方向に向けて、上半身は投げたい方向に向ける」というのが正解です。イメージとしては戦車です。戦車は進む向きとは別の方向に砲台が回転して弾を撃てます。あのイメージです。体全体を投げたい方向に向けて助走するとレーンの端から投げるのが難しいので、このような投げ方をすると良いのです。

f:id:JAD123:20090731210816j:image

体全体を左に向けて助走すると赤いラインのように右端から投げられないが、

下半身は正面を向いて上半身だけ左を向けば緑のラインのように右端から投げられる


松田Tは調子が悪かったようで、上手く回転が加わらずあまりフックしていませんでした。

f:id:JAD123:20090731213006j:image

松田A


今後の予定は、もう少し練習を重ねた後に、大会参加の必須条件であるマイボールの購入を考えたいと思います。

一緒に大会参加を目指したい方は大歓迎です。石田までご連絡下さい。

2009-08-14

[]

JADフットサル活動レポート

勝山Tの号令により、由仁工場・札幌営業所合同で 「JADフットサルチーム」を立ち上げました。設立メンバーは経験者の柴谷Tを筆頭に、若い力?の菊池M・阿部H・寺崎K。そして、勝山T・長澤K・郷地M・菅田Cです。目標は、大会に出場し常に優勝を目指していきます!!


ちなみにフットサルとは、5人制の競技でサッカーよりもコートは狭く、ボールも小さくあまり跳ねません。選手の交代は、いつでも入れ変わる事ができます。コートが狭い分、パスをまわされてしまうと一気にゴールを奪われてしまうのです。とにかく全員走ります・・・ひたすら走ります・・・さぼってはダメです・・・


まずは、どのくらい出来るのか?検証のため(?)に、無謀にも 5/24 の「どしろーとCUP」に出場することにしました。若者達はともかく、アラサーのメンバーは筋肉痛が怖く、試合前に練習!!と言う事で柴谷Tの知り合いを頼って、今年から始めているというチームと練習が組まれました。

5/24の大会当日までに、柴谷Tの知り合いチームと2度程試合形式で練習。他に、体が自由に動かないメンバーを中心として土曜に近隣の体育館へ集合し練習をしました。(当初、この活動報告を書く事が、まったく頭になく、写真は一切ありません)

そして5/24の大会へ…(まずはルールを覚えなきゃ・・・)


〔1day大会どしろーとCUPに参加しました。〕

5月24日(日)に『フットサルコート蹴』による1day大会どしろーとCUPに参加しました。9チームのトーナメント戦。(Aリーグ・3チーム Bリーグ・3チーム Cリーグ・3チーム)

f:id:JAD123:20090814133235j:image

人工芝コートにて第2試合

コムラーズ VS JADフットサルクラブ

3対2で惜しくも敗退。(・・・対戦相手はどしろうとの域を完全に超えていました。)


第3試合

JADフットサルクラブ VS シュバルツ

1対6で敗退。(素人のメンバーは、前の試合で完全に体力消耗しボロ負け。)

f:id:JAD123:20090814133232j:image

フレンドリーマッチ(12分)

第1試合

ワイルドカード2位チーム VS JADフットサルクラブ

1対3で初勝利(全員一丸となって初勝利!!!)


第4試合

JADフットサルクラブ  VS Cリーグ3位チーム

3対0で勝利(調子が乗ってきて、2勝目!!)

f:id:JAD123:20090814133231j:image

初心者ながら4試合し2勝2敗と言う結果。でも満足していません。先ずは本気でルールを覚えます!


現在、JADフットサルチームは優勝を目指して週1回の練習に励んでいます!

次回は練習風景を掲載予定です。

2009-08-06

[]

ウォーキング部活動レポート

ウォーキング部 :Text by 黛S

さる7月18日(土曜日)に開催された「TOKYOウォーク2009 第4回大会Bコース(11Km)」に参加してきましたので、その模様をレポートします。

【今回歩いた参加者】

田中M・上原K・長嶺Y・岩田J&S・

土田D・千國K・工藤夫妻・樋口M・黛S

以上11名(敬称略)

午前9 時30分に東京メトロ有楽町線辰巳駅改札前に集合し、徒歩10分ほどで大会会場に到着しました。天候は曇りで梅雨明けの快晴までではいかなかったものの、ウォーキングを楽しむにはまずまずの陽気でした。この辰巳という場所、集合住宅と大きな公園がある以外は特に大きな商業施設があるわけではないので、特に用でもなければ行くことのない場所です。目立つ建物と言えばWOWOWの放送センターがあることぐらいでしょうか。

でも、もし2016年の東京オリンピックが開催されるならばこの辺りはとてもにぎわうと思います。なぜなら辰巳エリア周辺には競技予定会場があるからです。今回の「TOKYOウォーク」はそれをかなり意識したイベント内容でした。と言うのもウォーキングコースの中に東京オリンピック競技予定会場が盛り込まれていたからです。水泳の「東京国際辰巳国際水泳場」やカヌー競技の葛西臨海公園などを途中寄りながら歩きます。今回は特に開会式はなく、受付で参加パスポートにスタートのスタンプを押してもらい、ウォーキングマップをもらったら順次スタートです。

今回も協賛スポンサー(しかも複数!)がついたので参加賞がとても充実していました。auからはLISMO!のビーチサンダルとウェットティッシュ、LIONからはLION製品(試供品)の詰め合わせ、東京都水道局から「TOKYO WATER」のペットボトルなどといった豪華参加賞ラインナップでした。(笑)

今回のコースは大会会場でスタート&ゴール地点である辰巳の森海浜公園をスタートし、途中、夢の島公園を周回し、葛西臨海公園で折り返して戻ってくるというコースです。多摩川ウォークみたいに空気のきれいな土手沿いを歩くのと違って、交通量の多い国道と首都高湾岸線に沿って歩くので、排気ガス三昧で健康にはあまりよくなかったです。(笑)

でも、景色は最高でした。特に葛西臨海公園の観覧車は圧巻でした。この大会はタイムや順位は出ないので、時間をあまり気にしないで自分のペースで景色を楽しみながら歩けるのが特長です。私は今回も幹事兼広報マンとして参加者のみなさんの勇姿を愛用のデジカメIXYDIGITALで激写していました。今回は画像を多めに載せましたので、目で楽しんで下さい。

f:id:JAD123:20090806160403j:image

f:id:JAD123:20090806160401j:image

f:id:JAD123:20090806160359j:image

というわけで、おのおののペースでお昼頃には全員無事(!?)完歩しました。今回も岩田S君はムードメーカーとして場を盛り上げてくれました。その後は、お待ちかね懇親会です。電車で大森まで移動し、大森からバスに乗って、数分で平和島温泉クアハウスに着きました。まず、温泉で汗を流しました。ここの温泉は食塩泉みたいでしょっぱい味がしました。海に近いからでしょうか。施設はかなり充実していて、いろんなお風呂がありました。露天風呂やサウナそして、トレーニングジムまでもありました。入浴後、同じ施設内の食事処で打ち上げをしました。この日は偶然にもレディスデーということもあって女性の2人はさまざまな特典を受けていました。まずは、乾杯をし、よく冷えた生ビールを飲みました。うまいんだな、これが。一昔前の某ビールCMのコピーですが、本当にその一言に尽きます。みんな楽しく飲んでいました。途中、女性のお二方はマッサージをするために席を離れました。ここはマッサージやエステなどの癒し系のコーナーもとても充実していて女性にも好評でした。幹事として探した甲斐がありました。

楽しい時間を飲みながら、食べながら、話しながら過ごしました。気づいたら解散予定時間を過ぎていました。(笑)午後7時台には無事終了し、解散しました。今回も周りの方の協力と会社からの支援のおかげで無事に終了することができましたことを、この場を拝借し、深く感謝申し上げます。

 

今回は記録が出ない大会だったので、タイムを気にせずみんなマイペースで歩けたと思います。東京オリンピック競技予定会場も見られたのも興味深かったです。でも、最大の収穫はみんな楽しく歩けたことでしょうか。このブログを見てウォーキングに興味を持った方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。誰でも気軽にできるスポーツ。それがウォーキングです。

―次回予告―

次回も同じTOKYOウォーク2009 第5回大会(9月12日土曜日)の参加を検討しています。コースは皇居外苑エリアです。皇居のまわりを歩いてみたい方、一緒に歩きましょう。詳細はまたお知らせします。


*ウォーキング部では現在メンバーを大好評募集中です。入部したい方は、新谷T・黛Sまでお気軽にご連絡ください。

2009-07-02

[]

マラソンチーム活動レポート

[第28回佐倉朝日健康マラソン大会]


3/29(日)晴天 ついにこの日がやってきました。JADマラソン部 春の一大イベント「佐倉健康フルマラソン」

朝5時に起床し、おにぎりでしっかりと栄養補給し待ち合わせの池袋へ。仲村M・磯野Y・樫原Hと合流し電車を乗り継ぎ千葉・佐倉市へ移動。佐倉へ着くまで電車はギュウギュウ、佐倉についた途端、みんなドヒャーと降り、駅ホームはランナーでごった返していた・駅から会場までの送迎バスは長蛇の列の為、歩いて競技場へ。その時点でレースまで30分ほど。ほとんど時間がなく慌しく準備しスタート地点へならぶ。僕にとって初めてのフルマラソン。ドキドキ・ワクワク。ゴールの先に何がみえるのか期待いっぱいで運命の号砲を待つ・・・

いよいよスタート!ぼちぼちと田中Hと走り始めると、にこやかに手を振り送り出すオジサンが・・なんと小出監督でした。「ゴールで待ってるからね」と心強い一言で一気にやる気全開!!意気揚々と駆け出しました。

しかし、5キロ地点を過ぎた頃から前回の大山マラソンで痛めた右膝に痛みが出始め「あと37キロもあるのに・・どげんしよう?!」と不安になりながらも走り続けました。途中、竹内Kや磯野Yに出会い、追い抜かれながらも淡々とマイペースで走り進める。25キロ地点で緩やかな坂に差し掛かり、足の痛みに耐え切れず早歩きにペースダウン。その後、給水・給食所で飲み食いしながら歩き続ける・・・

と。35キロ地点の関門に差し掛かった時、急に周りのランナーが猛ダッシュ!なぜ?と時計に目をやると封鎖まであと数分。すぐ後ろには強制収用車が迫ってきた。「もう乗って帰ろうか」と思いながらも、せっかくココまで走ってきたのだからと足を引きずりながらダッシュした。

(意外とマゾッ気があるのかな^_^;)

40キロ地点では誘導員の方に「走れば何とか6時間内完走間に合うよ!」と励まされ気合を入れなおしてのダッシュ!そして、やっとの思いで競技場へ。そこで、場内アナウンスにフルネームで呼ばれる「おかえりなさい!藤原Kさん!!」あまりの恥ずかしさに足の痛みも忘れ猛ダッシュしゴール。。。ギリギリながらも初めてのフルマラソンで無事完走できました。

走った先に何か見えると人は良く言いますが、ただ足が痛いだけだった。ちなみに小出監督の姿はなく・・・次は監督のいる時間内にゴールしたいと思います。

次回は『湘南国際マラソン』に出場予定。ご期待下さい

種目名種目別順位ゼッケンNo.氏名タイム(ネット)
フルマラソンの部1111/48452698仲村M03:39:47
フルマラソンの部2208/4845651樫原H04:04:20
フルマラソンの部4759/4845650磯野Y05:48:15
フルマラソンの部4820/48452696藤原K05:57:06


惜しくも収容された二人:田中H 竹内K

2009-06-15

[]

ベースボールチーム活動レポート

[板ガラス協会野球大会に参加しました]


4月12日に板ガラス協会の野球大会に参加しました。

毎年参加しているこの大会は関東の板ガラス協会加盟の20チームのトーナメント戦となっています。

f:id:JAD123:20090615113315j:image


わがJADチームはここ数年1回戦負けが続いており、今年は悲願の優勝を目指し、各個人練習を積んできてくれているだろうという期待と全体練習なしという不安もある中での参加となりました。


迎えた当日、例年心配される遅刻者もなく、開会式前には全メンバーが到着し、早々に練習を始めるなど、勝利への準備は万全です。


1回戦の相手は日頃お世話になっている蟷外賤佑任后もちろん勝負にはビジネスは関係なし、全力で戦う気持ちで臨みました。

メンバーは

1番センター佐藤Y
2番ショート西之原S
3番サード田中H
4番ファースト海老原K
5番キャッチャー岡田M
6番ライト海野N
7番レフト菅原H
8番セカンド中川A
9番ピッチャー遠田S
監督村田T
キャプテン駒井Y
1塁コーチャー薄井Y
3塁コーチャー新谷S

駒井Yキャプテンがジャンケンで敗北ながら予定通りの先攻を獲得し、試合開始です。


初回の攻撃は1番・佐藤Yがフォアボールで出塁し、盗塁を決めるなど、2.3塁のチャンスを作りますが、あと一本が出ず、残念ながら得点ならず、先制攻撃とはならず。


その回の守備は投手・遠田Sの制球が定まらず、いきなり四球でピンチを迎えます。ショート・西之原Sの好プレーも審判の誤審!!ではなく微妙な判定でアウトを取れないという悲劇、さらに平凡なフライをライト・海野Nが太陽光に邪魔され、落球してしまう悲劇まで続けて起き、序盤から苦しい展開となります。(この回4失点)

西之原S               4番務めた海老原K


その後、両チーム得点できない均衡した試合展開に。

   

田中H            中川A           遠田S    


迎えた4回。まだチームがヒットを1本も打っていないことが判明!!

敗戦とまさかの不名誉な記録にチームが焦り始めた直後、試合中メガネを壊しながらも奮戦していた名キャッチャー・岡田Mが見事な当たりをレフトへ。全力疾走でチーム初ヒットの3塁打を放ちます。

終盤に再びやってきたチャンスでしたが、続く海野Nが続けず、またも無得点・・・。

初ヒットの岡田M              チャンスでの海野N

菅原H


次の守備では前半からの飛ばし過ぎで、疲れの見えるピッチャー・遠田Sがフォアボールをきっかけに、ホームラン、3塁打を浴びて一気に5失点。今度は大量得点差によるコールドゲームという不名誉な記録の恐れもでてきます。


審判に最終回を宣告され、9点を追う5回、切り札である薄井Yが代打で登場も三振に取られ、さらに満を持して村田T監督も登場。チーム最後の期待をしますが、結果はサードゴロで凡退。

切り札・薄井Y               全打席出塁の佐藤Y

 1  2  3  4  5  計 
  JAD  0  0  0  0  0  0
(株)山一様  4  0  0  5  ×  9


9-0の大敗。無念の1回戦敗退です。


試合後、まさかの大敗にチームは、全体練習不足、攻撃守備共に個人でのレベルアップも必要と反省しました。


活躍した選手として

1番打者として3連続フォアボールで出塁し、快足で盗塁も決めた佐藤Y

チーム一の強打を見せつけた岡田Mなど

次回も期待です。


逆に活躍とはまったく無縁だったこの2人は

守備での落球とチャンスでの凡退の海野N選手

「(落球は)眩しかったんだって、ホントに見えないんだから」

フォアボール連発・スタミナ切れで大量失点の遠田S投手

「グラウンドの土が悪くて投げ辛いんですよ・・・」

とコメント

2人は野球とは自然との闘いでもあると教えられた試合になったようです。


試合後、2人とも村田T監督より厳しいお言葉と激励をいただきまして、次回こそはという気持ちで練習に励む決意を持ってくれたはずです。


ベースボールクラブとしては今回の試合勘不足と実力を補うために、市や区の大会にも登録し、実力UPを目指す予定です。


部員も常に募集中です。ぜひ興味のある方は経験問わず、一塁まで全力疾走できれば誰でもOKです。希望あれば駒井Yまで。

2009-05-25

[]

ウォーキング部活動レポート

ウォーキング部 :Text by 黛S

さる5 月10 日に開催された「薬セイジョー第10回多摩川ウォーク(19Km)」に参加してきましたので、その模様をレポートします。

【今回歩いた参加者】

田中M・上原K・長嶺夫妻・新谷T・薄井Y・澤田Y・黛S

以上8名(敬称略)

午前8 時15分に二子玉川駅改札前に優秀なJADウォーキングクラブメンバーは全員遅刻することなく集合し、徒歩5分ほどでスタート会場に到着しました。さすがに3回目の参加だけあって全員のコンディションはかなり良好で、みんなやる気満々です。肝心の天候はと言うと、去年の悪天候とは180度違って、ウォーキングを楽しむには絶好の初夏の陽気でした。

f:id:JAD123:20090525090836j:image

(スタート地点風景1)


f:id:JAD123:20090525090837j:image

(スタート前の澤田Y)


f:id:JAD123:20090525090838j:image

(スタート地点風景2)


f:id:JAD123:20090525090839j:image

(スタート前の様子)


今回の大会、特筆すべき点は大会史上初、冠スポンサーがついたことです。なので、今回の大会名は少し長くなって「薬セイジョー第10回多摩川ウォーク」なのです。

というわけで、当然開会式の挨拶には「薬セイジョー」の役員の方も出ていました。今回、冠スポンサーがついたことで、他にももっと素晴らしいことがありました。それは後述することにして、開会の挨拶の後、準備体操をしていよいよスタートです。

f:id:JAD123:20090525090841j:image

(準備体操風景)


9時の時報とともにスタート。私は先頭集団にいるやる気満々の新谷Tと薄井Yの勇姿を撮るため、必死に追いついてシャッターチャンスを狙って渾身の1枚撮ったところで早くも疲れてしまい、その後は田中M氏と上原Kと共に歩きました。その後ろには澤田Y(今回初参加)と長嶺夫妻(奥さん初参加)はペースを保ちながら順調に歩いていました。

f:id:JAD123:20090525090842j:image

(スタートの瞬間)


f:id:JAD123:20090525090843j:image

(スタート直後渾身の1枚!)


スタートして、多摩川土手の階段を登ったところで、いきなりキャンディーのプレゼントがありました。今回の多摩川ウォーク何かが違います!キャンディーを舐めながら多摩川土手の景色を楽しみながら歩きます。まだ、スタート間もないのでそんな余裕もあるのです。

多摩川土手ではいろいろなことをしている人がいました。河川敷グラウンドで草野球をしている人たち、サッカーをしている少年たち、ラジコンヘリを飛ばしている人、消防訓練をしているレスキュー隊の人たち、Bianchiの自転車でサイクリングを楽しんでいる人たち、1人でトランペットの練習を黙々としている人などなど・・・。いろいろな人たちを見かけました。(歩くので夢中で写真を撮っている余裕まではありませんでしたが。)

スタートして50分、和泉多摩川にある小田急線の橋梁を通過、時速約6キロペースで順調に歩行していたら、ホノルルマラソン経験者のf:id:JAD123:20090525093838j:imageが私どもの集団に追いつき、しばらく楽しく会話しながら歩いていたら突然、f:id:JAD123:20090525093838j:imageは小走りに去って行きました。ウォーキング大会なのに・・・(汗)。


場面はかなり飛んでゴール直前2キロ前。腕時計をみたら11時30分過ぎ。これまで炎天下の中、休憩なしでずっとノンストップで歩いてきました。今回はひょっとしたら3時間切れるかも。そう確信できるようになり、ここは一つラストスパートに賭けてみました。去年の夏、富士山初登頂を果たした脚力を信じて。結果は、以下の通りでした。

1位澤田Y2時間49分
2位新谷T2時間52分
薄井Y2時間52分
3位黛S2時間58分
4位上原K3時間00分
5位田中M3時間12分
6位長嶺夫妻3時間30分

以上8 名


というわけで、個人的には念願達成できました!!今回はみんな好タイムでした。初夏とはいえ気温は真夏日近くありましたが、よく頑張ったと思います。

それにしてもf:id:JAD123:20090525093838j:imageはやはり凄かった。なぜなら大会全体で女性1位なのだから・・・。

そうそう冒頭で書いたもっと素晴らしいこととは、完歩賞の内容が充実したことです。完歩賞は500mlのスポーツドリンク、不思議な味の飲むヨーグルト、紙パックの牛乳、粉末のスポーツドリンク剤といった充実ぶり。ちなみに去年までは冷たい麦茶1杯だけだったのは、今だからこそ語れる事実でした。次回も冠スポンサーがつけばいいな、と個人的に思いました(笑)。

f:id:JAD123:20090525090844j:image

(長嶺夫妻のゴール瞬間!)


f:id:JAD123:20090525090845j:image

(完歩証を手に記念撮影)


f:id:JAD123:20090525090846j:image

(長嶺夫妻のスコア表示)


f:id:JAD123:20090525090847j:image

(ゴール前にてみんなで記念撮影)


f:id:JAD123:20090527085558j:image

(完歩証)


大会終了後、電車で移動し仙川にある「仙川湯けむりの里」に立ち寄り、お風呂に入って、汗を流しました。女性のお二方は岩盤浴にも入っていました。食事処に全員揃ってから打ち上げ会を開始。今回、私が幹事だったので、乾杯の音頭を務めました。本来なら「大変お疲れ様でした。乾杯!」と言うべきところで大胆不敵にも、かなり個人的な報告をしてしまいました。突然の報告にみなさん驚いていました。

まっ、おめでたいことなのですから、いいじゃないですか。(著者談)

それは、さて置き、とても楽しい時間を食べながら、飲みながら過しました。17時過ぎには無事に終了し、解散しました。帰路、京王線の車窓から見た夕焼けがとても印象的でした。

f:id:JAD123:20090525090848j:image

(打ち上げ風景)


f:id:JAD123:20090525090849j:image

(日帰り温泉前で記念撮影)


今回、私が幹事として、募集告知から大会のエントリー、立ち寄り湯のリサーチなどといった手配をやらせていただきましたが、周りの方の協力や会社からの支援もあって無事に終了できたことを大変うれしく思います。次回企画の際にも、またご協力いただければ幸いです。

最後に、歩くことは健康だけのためではなく、情報を見聞する行為とも言えると思います。今は、インターネットで検索するだけで欲しい情報はなんでも手に入りますが、それはあくまでも「バーチャルな情報」であって、生の情報とは違うと思います。実際に歩いて行ってみると「バーチャルな情報」と異なっていたという経験は誰もがあると思います。人は自ら歩くことで知見を深めることができるのです。

つまり、何が言いたいのかと言うと、好奇心にまかせて歩いてみませんか。


というわけで、次回予告。候補としては、?人気絶頂!高尾山ハイキング?あじさいの古都鎌倉社寺めぐり、?新旧の街並みを歩く 横浜MM21地区と山手散策などを検討しています。今後はウォーキング大会にこだわらず自由な発想での独自企画も取り入れたいと思います。他にもリクエストがあれば企画しますので、お気軽にご意見をお寄せください。


*ウォーキング部では現在メンバーを大好評募集中です。入部したい方は、新谷T・黛Sまでお気軽にご連絡ください。

2009-04-02

[]

マラソンチーム活動レポート

[大山登山マラソンに参加しました。]


3月8日朝4時半に起床し、バナナを1本かじり伊勢原へ出発。藤原K・磯野Y・樫原Hと待ち合わせの新宿から小田原線で約1時間、駅の改札を出て階段を下ると駅前ロータリーには既にスタートの横断幕があり、気持ちが高まります。会場の伊勢原小学校までは商店街を抜けていきますが、今日は、マラソン大会に合わせて昔ながらのお祭り広場になっており、ノスタルジックな雰囲気が漂います。

竹内K、田中Hと合流した後、更衣室になっている小学校の体育館でゼッケンを着けたり、シューズにICチップ付けたり結構いろいろやることがあります。

古くは『万葉集』の東歌にもうたわれた、大山詣でで有名な神奈川の大山中腹の阿夫利神社下社を目指す登山マラソンのスタートです。さてコースですが、これは本当につらいです。小田急線伊勢原駅前(標高30m)をスタートし7キロ地点の阿夫利神社(標高680m)までの9キロのコースをひたすら登ります。


スタートは年齢別の時差スタートでオジサンの私だけ皆より早くスタートしました。スタート位置は最前列から4〜5m後ろの位置。そして運命の瞬間! 10時30分スタート!!

ペースが速い!後ろからもガンガン来るので、かなりのスピードで走っていきます。最初の1kmの表示は見落としたのでLAPタイムは分かりませんでした。 2kmの表示でのLAPは9分01秒。キロ4分30秒ペース。沿道の応援がとてもありがたい。農家の方のご好意だろうか?私設のエイドステーションもあったりして大変助かりました。とにかく今日は気温が低く、給水の点では楽でした。参道入口までは一般道を通行止めにした道路をひたすら登ります。

5kmのLAPは23分53秒。キロ5分のペースです。この辺りから登りがきつくなってきました。「石段で動けなくなるのは嫌だな。」と言う気持ちも有りましたが少しでも貯金をしたいのでピッチを落とさず「がむしゃら」に走りました。

6キロ地点から7キロ地点では脚のハリ・痛みが出てきます。つまり乳酸がたまりすぎて言うことを聞いてくれないのです。フルマラソンもつらいですが、この時の太ももの麻痺したような感覚は異常です。

 7kmを過ぎると1610段の階段が現れました。お土産物店が立ち並ぶ参道を抜け、古ぼけた石段が立ち並ぶ最後の急坂に挑みます。この辺りの登りになると、先行していた人達のペースが落ちてくるので抜きたいのですが、走れるところはとにかく走り、石段は一段抜かしのように早歩きでゴールを目指します。

f:id:JAD123:20091112161650j:image

『伊勢原市 公式ホームページ』より


「あと180段ー!」係りの方が教えてくれます。時計を見るとスタートしてから56分。なんとか、1時間を切りたい!ラストスパートをかけます。苦しい!!「あと30メートル!」見上げるとFINISHの横断幕が見えます。タイムを計測するマットの直前でも三人ぐらいをかわしゴール!!! 記録は58分37秒!

ゴール後しばらく ふくらはぎの痙攣が止まらず泣きました。

・樫原H:無給水でふくらはぎ痙攣しながらゴール。「フルマラソンよりキツイ!」

・竹内K:放心状態でゴール。手も足と化し四足で!「楽勝です・・・」

・磯野Y:目が虚ろでヨロヨロとゴール。

・藤原K:「これマラソンですか?」と悩みながらゴール。

・田中H:マイペースで淡々とゴール。

ゴール後、おしるこ・ミカン美味しかった〜。その後、預けたバックを受け取り、着替えを済ませてケーブルカーで下山しました。

種目順位種目ナンバー氏名年齢タイム綜合順位
70男子29歳以下2130樫原H 271:01:50575
315男子30歳台3382竹内K381:11:211202
354男子30歳台3381磯野Y321:14:311378
406男子30歳台3384藤原K351:21:141626
445男子30歳台3383田中H331:38:061860
114男子40歳台4428仲村M4758:37:367

これで持久力アップしたのは間違いありません。

今月末予定の佐倉M(フル42.195km)結果にご期待ください。


画像引用・リンク元

・『伊勢原市 公式ホームページ』

http://www.city.isehara.kanagawa.jp/

2009-03-25

[]

マラソンチーム活動レポート

[2月1日神奈川県横浜市で行われた「神奈川マラソン」に参加しました!]


今回の大会は部としては2年ぶりで久しぶりの参加です。

朝、出発しようと自宅の扉を開けた瞬間、もの凄い強風でびっくり!

大会も強風が吹く中でのレースとなりました。そのかわり天気は快晴、気温も高くなく、風以外は素晴らしいマラソン日和でした。昨年は積雪のため中止となった神奈川マラソン。というわけで2年ぶりです。しかしだ〜、人数多すぎ!聞いた話だと、人数制限を設けず、エントリー全てを受け付けたらしいです。

一昨年の出走者は4545人だったそうですが、今年のエントリーは8039人。会場や係員のキャパシティを超えていました。(どェラい人数です)

受付と荷物預かりトイレにすごい人でなかなか進まない...結局この待ち時間のせいで、スタートの列に加わる前に号砲が鳴ってしまいました。

ま、別に上位をねらうわけでもなんでもないので、気にせずちょっと遅れてスタート。3kmまでは様子を見ながらゆっくり走ろう、と思っていました。

かなり後ろの方から出た割にはビュンビュン飛ばして行く人が結構いましたね〜。つられてだんだんペースアップ。高速の下を抜けて右に曲がるとすばらしい青空。北風が強かったのですが、さほど気になりません。カモメが向かい風に向かって空中でふわふわしていました。Uターン相互で走るコースで田中Hを発見。手を振ると気がついて微笑み返してくれました。(しばらく他の奴らは如何しているなぁとキョロキョロしながら走っていましたが疲れたのでやめました)15km付近でペースが落ちていて愕然。ちょっと楽をしすぎたみたいでした。次回の大山登山Mは本気モードで頑張ります。

                          

神奈川M結果 2009201

種目名種目別順位ゼッケンNo.氏名タイム(ネット)
ハーフ一般男子1410/26366617樫原H1:47:42
ハーフ一般男子2291/26366616磯野Y2:14:25
ハーフ一般男子2309/26366620藤原K2:13:25
ハーフ一般男子2509/26366618竹内K2:33:45
ハーフ一般男子2577/26366619田中H2:47:33
ハーフ40歳代男子472/165510407仲村M1:41:39


その後、遅めのランチ&反省会を行い、その日の消費カロリーをチャラにしました。また、紅一点澤田Yはドクターストップで残念ながら欠場しましたが次回の復活をご期待ください。

2008-12-09

[]

飯能ボウリングチーム第5回大会レポート

チーム監督 石田T

11月28日に開催した、第5回チーム内大会の報告です。


2年目

第5回チーム内大会報告の前に、2年目の活動について書きたいと思います。第4回大会で発足から1年経過したわけですが、次のステップとしてチーム内の活動のみではなく、ボウリング場主催の大会、レッスンへの参加、更にはボウリング協会公認の大会参加などが考えられます。

そこで、公式大会参加に向けて色々と調べてみたのですが、ほとんどの大会でマイボール、マイシューズ所持が最低条件になっていることが分かりました。マイボールは、チームボールや私の普段使っていないマイボールを活用すればよいですが、マイシューズは私しか持っていないため、現状で参加できるのは私1人だけです。1人で参加してもチームの活動とは言えないので、出来れば3名以上での参加が望ましいと思います。また、マイボール、マイシューズがあってもフックボールさえまともに投げられないのに大会へ参加するのは無謀です。私の経験上、まともに投げられるようになるまでに相当量の練習が必要です。もっとも良い練習方法はプロのレッスンを受けることですが、ほとんどの場合レッスン開催日が平日の昼間で参加できません。

そこで、しばらくは今まで通りチーム内大会を開催し、優勝賞品をマイボール、マイシューズ等のボウリング用品に限定して、参加可能なメンバーを増やします。また、プロのレッスンが受けられない分を練習会で補う必要がありますが、目的も持たずにただボウリング場へ行っても効率的な練習が出来ないため、ボウリング場以外でもできるフォームの改善、フックボールの投げ方などの予習を、本やビデオ、WEBサイトなどを参考にしながら会社内の活動場所で行ないます。

なお、アベレージ160以下は初級者に分類されるため、チーム内でアベレージが最も高い私も初級者なので、最初の目標として3名以上でのビギナー大会参加を目指して活動予定です。


第5回大会

それでは第5回大会の報告を致します。第4回大会と同じく1Gは個人戦、2Gはチーム戦になります。参加者は以下の8名です。

チーム分けは前回個人戦の1−8位、2−7位、3−6位、4−5位です。

杉田チーム生井チーム黛 チーム皆川チーム
杉田M(23)生井T(65)黛 S(38)皆川J(62)
正岡H(33)石田T( 0)伊藤E(59)松田A(32)
チームHDCP 0チームHDCP 5チームHDCP 15チームHDCP 10

( )内の数字は個人戦のハンデ


ルール

個人戦はハンデ込みの総得点が最も高い人が優勝です。ハンデは過去5Gのアベレージを見て、一番高い人に合わせてみんなが並ぶように設定しています。

チーム戦は各チームのスコアを1人分にして、一投ごとに交代して投げます。ストライクと同じくらい、スペアに重みが出てくるルールのため、制球力UPには良いルールだと思い、今回も採用しました。ハンデは個人ハンデの合計が少ない順に0、5、10、15と設定しました。


賞品&参加賞

2年目の活動に書いた通り、個人戦優勝者には賞品としてマイシューズが授与されます。チーム戦は最下位チームのみ参加賞がもらえないルールです。


個人戦開始

f:id:JAD123:20081209135404j:image


個人戦終了

いつも好調の正岡H、杉田Mが振るわず、私もスペアは取れてもストライクが出ず思うようにスコアが伸びませんでした。終始好調を維持した松田Aが優勝しました。

順位名前総得点
優勝松田A190
準優勝伊藤E159
3位杉田M150
4位皆川J146
5位石田T143
6位正岡H140
7位生井T129
最下位黛S128


チーム戦開始

f:id:JAD123:20081209135405j:image

杉田チームはストライクが3つ出たのですが、スペアが1つだけでスコアが伸びず、126で終了

生井チームは、ストライクは1つでしたが私が難しいところに残してしまったピンを生井Tが3回もカバーしてくれて、合計4つのスペアで138。

黛チームは、ストライク、スペア共に1つで113。

皆川チームは杉田チームと同じくストライク3つ、スペア1つで125でした。


チーム戦終了

順位チーム名スコア
優 勝生井チーム138
準優勝杉田チーム126
3位皆川チーム125
最下位黛チーム113

というわけで、生井チームが優勝です。他チームよりストライクは少なくてもスペアが多い生井チームが優勝したことで、スペアの重要性が証明されました。

そして参加賞がもらえない最下位は黛チームでした。


表彰式

個人戦賞品のマイシューズはサイズなどの問題であらかじめ用意できないので後日渡すことにして、とりあえずトロフィー代わりのゴールデンピンで記念撮影です。

   個人戦優勝の松田A                   後日贈られた賞品

また、チーム戦は最下位ならないことが重要ですが、優勝しても何もナシでは寂しいので、記念撮影だけ行いました。

f:id:JAD123:20081128205750j:image

チーム優勝の生井チーム

こうして第5回チーム内大会は無事終了しました。

f:id:JAD123:20081128204405j:image

全員で記念撮影

今大会参加者 過去1年間のアベレージ

石田T 157杉田M 131松田A 130正岡H 125
黛S  117伊藤E 102皆川J  98生井T  84


今後の活動予定

「第6回大会」は2月を予定しています。練習会、講習会は不定期に開催予定です。公式大会は3名以上での参加が望ましいと書きましたが、マイボールをまともに投げられる松田Aがマイシューズを獲得したため、日程の合うビギナー大会があれば、2人で参加したいと思います。


〜お知らせ〜

飯能工場以外の拠点に勤務されている方でも、活動日に飯能まで来られる方ならば参加大歓迎です。マイボールを持っている方や、公式大会に出場経験がある方などは是非参加をお願いします。また、各拠点でもボウリングチームを作って、交流戦などが出来れば盛り上がると思いますので、興味のある方は是非ボウリングチームを作って下さい。

2008-07-31

[]

飯能ボウリングチーム第4回大会レポート

チーム監督 石田T

7月4日に開催した、第4回チーム内大会の報告です。


第4回大会

今までは練習会と大会を交互に開催して順番からすると練習会ですが、2月の大会から期間が空いたので、きっと皆さん個人練習をしているだろうという、希望的観測の元に大会を開催です。


参加者

2回、3回大会とチーム戦だったので今回は個人戦にしようと思っていましたが、各チーム同じ人数なのにチーム戦じゃないのもどうだろう?というわけで、欲張って1ゲーム目は個人戦、2ゲーム目はチーム戦にしました。さて、いつもチーム分けで悩むため、その苦悩から解放されるために勝手にキャプテンを任命してメンバーを選んでもらいました。キャプテンは私と村田Yと黛Sです。3人の中でアベレージが低い順にメンバーを選んでいきます。そして決まったメンバーは次の通りです。

石田チーム村田チーム黛 チーム
石田T( 0)村田Y(20)黛 S(44)
生井T(71)杉田M(29)正岡H(26)
皆川J(67)松田A(35)伊藤E(61)

個人戦ルール

個人戦のルールは単純明快。ハンデ込みの総得点が最も高い人が優勝です。ハンデは誰もが優勝のチャンスがあるように、過去4Gのアベレージを見て、一番高い人に合わせてみんなが並ぶように設定しました。


チーム戦ルール

このチーム戦では試しに新しいルールを採用します。そのルールとは、各個人のスコアをチームごとに合計して競うのではなく、各チームのスコアを1人分にして、一投ごとに交代して順番に投げるという、テレビ番組の芸能人ボウリング大会などでよく見かけるルールです。ハンデなしでの勝負になります。このルールでは個人プレーのストライクよりも、思い遣りのスペアが重要なので、よりいっそうのチーム団結力が必要になります。


賞品&参加賞

さて、個人戦とチーム戦の同時開催を決定したのは大会2日前。用意していた賞品は個人戦に充てる事にしたので、チーム戦には賞品がありません。準備する時間もありません。用意できるのはせいぜいボウリング場で売っている缶ジュース位ですが、さすがに缶ジュースでは賞品になりません。せいぜい参加賞です。それならば、ということで缶ジュースは優勝チームの賞品ではなく参加賞としました。ただし最下位チームはもらえません。缶ジュースでは参加賞としても物足りませんが、もらえないとなると、それはそれで悔しいはずです。これによりプロ野球のクライマックスシリーズや、Jリーグの入れ替え戦のように、優勝に絡めなくても最後まで気が抜けない楽しいゲームが期待できます。


個人戦開始

先ずは個人戦です。私と同じレーンの生井Tと皆川Jは練習の段階で制球が乱れていました。チーム監督&キャプテンとしてアドバイスするべきか、個人戦なので黙りを決め込むかべきか迷いましたが、思い遣りのスペアが必要な次のチーム戦を考えると制球の乱れは命取りです。そこで腕の振りなどをアドバイスしました。

隣のレーンを見ると杉田Mが好調です。パワー溢れる投球でストライクを重ねます。アベレージ2位で優勝候補の1人と予想されていた、行きの車の中では「アベレージはキープしたい」と言っていた村田Yでが、驚くほどボールが真ん中を逸れていました。好不調の差が大きい松田Aですが、今回は好調なのか不調なのか判断が難しいスコアでした。

さらに隣のレーンでは、黛Sが想定外の大活躍です。序盤から好調で周りの人に「嵐が来るんじゃないか!?」とまで言われる程の勢いです。その素晴らしい投球を記録に残すべく、ビデオカメラを向けて「黛Sが見事ターキーを取る瞬間をご覧下さい!」「さあ、今からあの難しいスプリットを華麗にカバーします!」等のナレーションを聞こえるように付けながら撮影したところ、なぜか分かりませんが後半は若干調子が落ちてしまいました。そんな黛Sと対照的なのが、いつもは高いスコアを記録する正岡Hです。調子を黛Sに吸い取られてしまったかの如く調子が悪くスコアが伸びません。そんな両極端な二人を後目に、毎回驚くほどアベレージを崩さないスコアを記録する伊藤Eですが、今回も安定してアベレージを崩しませんでした。


個人戦終了

順位名前総得点
優勝杉田M186
準優勝生井T185
3位黛S184
4位皆川J182
5位松田A168
6位伊藤E166
7位石田T157
8位正岡H119
最下位村田Y112

ハンデなしのスコアでは私と同点数の杉田Mが総得点186で優勝しました。ちなみに私は同点数なのに7位でした・・。準優勝は最もハンデが多かった生井T、嵐を呼ぶほど好調だった黛Sが3位です。優勝候補と思われた二人がハンデ無しで100を切ってしまい、正岡Hが8位、村田Yが最下位となってしまいました。二人とも黛Sに調子を吸い取られてしまったようです。


チーム戦開始

さあ、新たな試みのチーム戦開始です。石田チームの一番手は私、石田Tです。今回の参加者9名の中でアベレージが8、9番の二人を擁するチームのため、「自分がスペアとストライクでチームを引っ張らないと!」という意気込みで投げたボールは見事ストライク!幸先良いスタートです。

さて、村田チーム一投目の村田Yは、個人戦から真ん中を逸れていましたが、この投球も逸れてしまい、倒れたのは1本。続いて個人優勝の杉田Mがスペアを狙いますが、3本残ってしまいました。

黛チームの黛Sですが、どうやら嵐は過ぎ去ったようです。個人戦で総て出し尽くしたようで、スコアには「G」の文字が。次の正岡Hはストライクのようなスペアを狙いますが、トップピンを外して倒したのは7本です。

石田チームが頭一つ飛び抜けました。

チーム名TOTAL
石田チーム×       20
村田チーム1 6       7
黛チームG 7       7

f:id:JAD123:20080731181049j:image

2〜5フレーム

孤軍奮闘しても勝てないのがこのルールです。私がストライクを出してもそのあとが続かなくては勝てません・・が、生井Tが8本倒し、皆川Jが落ち着いてナイスカバー!村田チームは8本倒して確実に点数を稼ぎます。黛チームは難しい残り方の4本を黛Sが見事カバーしました。

3フレームは各チームともストライク、スペアを逃しましたが、4フレームに石田チームの皆川Jが他のチームを引き離すストライクを出して楽勝ムードに。「缶ジュースは何飲む?」なんていう話で談笑する余裕が出てきました。

チーム名TOTAL
石田チーム×8 /7 2×9 -74
村田チーム1 67 18 19 -4 441
黛チームG 76 /6 -1 58 -43

6、7フレーム

地味な5フレームの後、村田チームは杉田M、松田Aのストライクで石田チームを追い上げます。しかし石田チームは石田Tのスペア、そして皆川Jが2フレームのスペア、4フレームのストライクに続き、難しいスプリットをナイスカバーする大活躍で逃げます。黛チームは正岡Hが意地のスペアで食い下がります。

チーム名10TOTAL
石田チーム7 /8 /     127
村田チーム××     88
黛チーム6 -8 /     64

8〜10フレーム

7フレームの時点で黛チームのほぼダブルスコアを記録している石田チームですが、8フレームで生井Tが難しい右端の2本をカバーし、私もチーム監督として意地のスペアで駄目押し。あとは村田チームと黛チームの2位争いです。村田チームはストライク、スペアは出ませんが、大きく崩れず地味に点数を重ねてゲームを終えます。黛チームはストライクが出れば逆転の可能性がありましたが、こちらも地味に点数を重ねて点差は縮まらずに終了しました。

チーム名10TOTAL
石田チーム7 /8 /8 /7 /7 2153
村田チーム××8 16 27 2114
黛チーム6 -8 /5 45 2G 989


チーム戦終了

順位チーム名スコア
優 勝石田チーム153
準優勝村田チーム114
最下位黛チーム89

というわけで、石田チームが優勝しました。私がチームを引っ張る予定でしたが、結局はみんなでスペアを取る、まさに思い遣りのスペアで勝利しました。これで、「個人戦で出した私のアドバイスのおかげだ」と、言い張れるので、黙りを決め込まなくて良かったです。しかし、チーム戦での優勝は特に意味がありません。重要なのは最下位にならないことです。参加賞のない黛チームの表情は、どこか寂しげだったことは言うまでもありません。


表彰式

今回の賞品は、いつものような私が個人的に欲しい地方土産ではなく、私が個人練習の時にボウリング場でもらった粗品を用意しました。

恒例の優勝トロフィー代わりのゴールデンピン(本物)の授与

f:id:JAD123:20080731181055j:image

優勝賞品の授与

ブービー賞の授与

2位、3位にも粗品が授与されましたが写真は撮っていませんでした。

こうして、飯能ボウリングチーム第4回大会も、想定外のチーム戦の盛り上がりもあり、賑々しく幕を閉じました。

総評

今回は新ルールでチーム戦を行いましたが、賞品のある個人戦よりも、今まで行ってきたチーム戦よりも盛り上がりました。更に、最下位のみ参加賞がもらえないというゲーム性も最下位回避のために最後まで気が抜けず、熱いゲームが出来ることが分かったので、機会があれば再びこのルールを採用したいです。また、下位2名以外はアベレージが上がりました。徐々に上達している証拠だと思いますので、更なる上達を目指して頑張って欲しいです。

過去5Gのアベレージ

石田T 160杉田M 137松田A 128正岡H 127
村田Y 125黛S  122高橋K 114田中H 106
伊藤E 101皆川J  98生井T  95岡野K  42


今後の活動予定

「第5回大会」は11月を予定しています。練習会は不定期に開催予定です。また、設立から1年経過しましたので、次のステップとしてチーム内大会ではなく、ボウリング場が主催する大会への参加も考えています。


〜お知らせ〜

飯能工場以外の拠点に勤務されている方でも、活動日に飯能まで来られる方ならば参加大歓迎です。また、各拠点でもボウリングチームを作って、交流戦などが出来れば盛り上がると思いますので、興味のある方は是非ボウリングチームを作ってみて下さい。