Hatena::ブログ(Diary)

JADS:アート・ドキュメンテーション学会 BLOG このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-04-21

アート・アーカイヴのいま

2016-04-21

2016-04-24 一部内容を書きかえました。


アート・アーカイヴのいま」の案内です。



アートドキュメンテーション学会美術館図書室SIG・独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所主催でアート・アーカイヴをテーマにした下記の研究会を開催します。

ドイツ美術史研究者にしてアーキヴィストであるビルギト・ヨース氏のご講演(英語による講演、日本語要約付き)およびJADS会長の前田富士男氏にご発表いただきます。

※参加費無料。JADS非会員の方もご参加いただけます。

 事前申し込みの上、奮ってご参加ください。

http://www.tobunken.go.jp/info/artdoc/index.html


----------------------------------------------------------

研究会「アート・アーカイヴのいま」

日時: 2016年5月14日(土)14:00-16:00(13:30 受付開始)

会場: 東京文化財研究所 セミナー室(地階)

(〒110-8713 東京都台東区 上野公園13-43)

地図はGoogleマップ参照(http://www.tobunken.go.jp/japanese/googlemaps.html

主催: アートドキュメンテーション学会美術館図書室SIG・

独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所

後援: 神奈川県立近代美術館公益財団法人吉野石膏美術振興財団

使用言語: 日本語、英語(通訳あり)

参加費: 無料(定員約80名)

参加申込方法:

2016年5月7日(土)までに下記フォームにお名前(よみ)・ご所属・メールアドレスを記入してお申し込みください。

http://www.tobunken.go.jp/info/artdoc/index.html

開催趣旨:

ドイツでは19世紀以降、学術・美術資料のアーカイヴが多数成立し、いわば自

然科学領域における「実験室」とともに、人文・社会科学領域におけ る「リ

サーチ・アーカイヴ室」が学術を支えてきた。図書館博物館の持つ普遍性志向

の機能と重なるとはいえ、アーカイヴは特殊性や個別性に知の根源を追究す

る。こうしたアーカイヴ環境を担ってきたアナログ的な情報オーダーは、1990年

代からデータベースを基盤とするデジタル環境のもとで さらに飛躍する局面を

迎えた。

この状況はしかし、21世紀のコンピュータアイコンの革命的膨張がもたらす

周知の「アイコニック・ターン(画像論的転回)」の問題をつきつけ てやまな

い。芸術制作とは本来、ごく個別的な価値体験と生活環境とが交通する特殊な出

来事にほかならず、その過程をめぐる資料の収集・保存・研 究・開示が「アー

ト・アーカイヴ」の基本活動であろう。けれども現代では、グローバルなビッ

グ・データが文化的関心を集めてやまない。こうした大 きな転換期に直面する

われわれは、ここに現代ドイツアート・アーカイヴ活動を主導するアーキヴィ

ストで美術史学者ビルギト・ヨース氏を迎え、あらためて「アーカイヴ」の意

義と課題を問うこととしたい。


プログラム

研究発表 14:00-15:20

前田富士男(中部大学客員教授慶應義塾大学名誉教授) 14:00-14:20

「芸術図書館とアーティスト・アーカイヴ――ドイツの伝統と<アイコニック・ターン>」

ビルギト・ヨース(博士/ドクメンタ・アーカイヴ所長<次期>) 14:20-15:20

ドイツにおけるアート・アーカイヴ――その概要」

(英語による講演、日本語要約付)

全体討論 15:30-16:00

モデレーター:川口雅子(国立西洋美術館

通訳:枝村泰典


問い合わせ先:

東京文化財研究所 文化財情報資料部

〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43

電話:03‒3823‒2264 ファックス:03‒3823‒2441

E‒mail: kjkenkyukai■tobunken.go.jp

http://www.tobunken.go.jp/



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org

2016-04-17

地震についてお見舞い

2016-04-18


謹んで熊本・大分における一連の地震被災されたみなさまと美術・文化関連施設各位にお見舞いを申し上げます。


この度の熊本・大分における地震被災された皆様と美術・文化関連施設各位にお見舞いを申し上げます。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族に心からお悔やみを申し上げます。また、被災地域や施設の一日も早い復興を祈念しております。


2016年4月 アートドキュメンテーション学会

2016-03-31

第66回デジタルアーカイブサロン

2016-03-31


第66回デジタルアーカイブサロンの案内です。学会MLより転記します。



グレートインターナショナルの木村です。


いよいよ、東京も桜が満開。春爛漫です。

東北地方も確実に春が近づいています。


4月8日(金)は第66回デジタルアーカイブサロンです。

今回は2019年京都で開催予定のICOM国際博物館会議)大会に関して、

文化庁から国立文化財機構に行かれた栗原祐司(くりはら ゆうじ)さんにお話

しいただきます。

そのほかにも文化財保護に関するブルーシールドのお話をしていただきます。

以下が、栗原さんご本人からのご案内です。


 ***************************


 7月2〜9日にミラノICOM国際博物館会議)大会が開催されます。

次回2019年(平成31年)は、いよいよ京都大会ですが、ICOM京都大会は現在どの

ような準備状況で、どのような成果が期待されるのか。また、日本で初めての開

催となるICOM大会とは、どのような会議なのか、ICOM大会招致に中心的に関わっ

てきた栗原から紹介します。

 また、関連して東日本大震災発生から5年目を迎え、ブルーシールドの取り組

み状況についても、紹介したいと思います。


 **************************


テーマ:2019年ICOM京都大会とブルーシールドの可能性について

話し手:栗原 祐司 さん (国立文化財機構)


日 時:2016年4月8日(金) 18:30〜22:00

    20時頃からは軽食も交えながら討議

場 所:科学技術館 6階 第1会議室

    入口(エントランス)に入ると右にエレベータが

    ありますので、それで上にあがってください。

    東京都千代田区北の丸公園2番1号

会 費:1,000円(資料代と飲食代も含めて)


いつものとおり18時頃よりボチボチ集合して18時30分スタート。

20時頃から飲食しながらのディスカッション。そして22時解散という予定です。

会費1000円には資料代、お茶代、お菓子代、20時からの代金一切を含みます。

皆様、ご参加お待ちしております。


参加できる方はメールください。kimura■great-inter.com

メールがなくて、当日フラリと参加されても歓迎です。


 *なお、今後デジタルアーカイブサロンに関するご案内が不要な方は、

 お手数ですが、木村までメールをお願いいたします。

 e-mail kimura■great-inter.com


 ************************

第67回デジタルアーカイブサロンの予告

日 時:2016年5月13日(金) 18:30〜22:00

場 所:科学技術館

話し手:鎌倉幸子(かまくら さちこ)さん

株式会社アカデミックリソース・ガイド株式会社 プロジェクトマネージャー


著作:「走れ!移動図書館: 本でよりそう復興支援」(ちくまプリマー新書)

http://amzn.to/1nNlika



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

木村裕文 KIMURA Hirofumi

株式会社グレートインターナショナル

ICT事業部

〒113-0033 東京都文京区本郷5-1-16VORT本郷五階

電話:03-3815-3037 FAX:03-3818-1219

e-mail:kimura■great-inter.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org

2016-03-18

2016年度年次大会

2016-03-18

2016-05-01 チラシ(PDF)へのリンクを追加しました。

2016年アートドキュメンテーション学会年次大会シンポジウム文化財と写真〜現物と複製 その境界を越えて〜」および研究発表会・総会のご案内


チラシは以下からダウンロードできます。

http://www.jads.org/news/2016/JADS201606.pdf



【第1日】

シンポジウムおよび野上紘子記念アートドキュメンテーション学会賞・推進賞授賞式


日時:2016年 6月 11日(土) 13:00〜17:50(12:30受付開始)

会場:奈良国立博物館 講堂

12:30〜 受付


会場へのアクセス

http://www.narahaku.go.jp/info/04.html


参加費(1−2日目共通):(資料代込み)会員1,000円(学生会員500円)、非会員2,000円(学生1,000円)

博物館の入場券は含まれていませんので、観覧ご希望の方は各自でお求めください。


参加申込みフォーム:

https://goo.gl/231q5K

シンポジウムは先着80名まで、見学会は先着50名まで)


※本大会は会員・非会員を問わずどなたでも参加できます。(見学会は会員のみ)

※大会1日目の終了後に懇親会がありますので是非ご参加ください

(日時:6月11日奈良国立博物館 レストラン<葉風泰夢(ハーフタイム)>)。

※会場受付では、学会入会申込みおよび年会費納入の窓口も設置予定です。


シンポジウム 「テーマ:文化財と写真〜現物と複製 その境界を越えて〜」

趣旨:写真の誕生以来、文化財は重要な被写体の一つとなり、現在までに様々な文化財が写真におさめられてきました。また近年では、それらの文化財を写した写真自体が新たな文化財として認識されるようになり、文化財写真のデジタル化も各方面で進展しています。そして文化財写真のデジタルイメージは、デジタルコンテンツとして保存・公開されるだけではなく、最新の印刷技術を用いて図録や刊本にも使用されています。このように、文化財をめぐるイメージは、現物と複製という関係だけではなく複製資料が新たな「現物」として認識され、さらにアナログとデジタルの両者を往還するような関係になりつつあります。またこれらの写真は文化財を忠実に後世に伝える「記録」としての役割を持つ一方で、文化財を新たな観点からみつめる「表現作品」となることもあります。本シンポジウムではこうした多面的な側面を持つ文化財写真をめぐるこれまでの経緯と最新の動向を俯瞰しながら整理し、今後の文化財写真のあり方を展望します。


13:00〜13:10 オープニング


基調講演

13:10〜13:40 高橋則英 (日本大学

文化財と写真ーその記録と表現の間で」


講演

13:40〜14:05 田良島哲 (東京国立博物館

「『もの』としての文化財写真」


休憩:10分


報告


14:15〜14:35 川瀬敏雄(堀内カラー)

文化財のデジタル画像とその品質」


14:35〜14:55中上喜夫(日本写真印刷

「デジタル時代の文化財と印刷」


見学会解説

14:55〜15:10 宮崎幹子(奈良国立博物館

仏教美術資料研究センターと文化財写真アーカイブズ


15:10〜16:00仏教美術資料研究センター見学会

http://www.narahaku.go.jp/guide/05.html

※会員のみ対象で先着50名様までです。


16:00〜17:00 パネルディスカッション

司会:研谷紀夫(関西大学


17:00〜17:10 クロージング


〇野上紘子記念アートドキュメンテーション学会賞・推進賞授賞式

17:10〜17:50


〇懇親会

18:00〜20:00

奈良国立博物館 レストラン<葉風泰夢(ハーフタイム)>

参加費:有料(料金は後日連絡しますが例年4,500〜5,000円程度です)


【第2日】

公募研究会および学会総会


日時:2016年 6月 12日(日)

(有料:料金は1−2日目共通です。1日目の欄をご覧ください)


公募研究会

開始時間 会場:奈良国立博物館 講堂


09:25〜 受付


09:45〜(発表20分 質疑5分)


ミュージアムアーカイブズ資料としての独日航空技術文書について

筒井弥生


経験のデザイン:文化財の高精細画像を活用した展示演出

雪舟の見た風景を探る −

向井知子(日本大学 芸術学部デザイン学科)


歴史芸術文化遺産の3Dデジタル資源化とその活用

山口欧志・山路正憲(立命館大学 衣笠総合研究機構)


研究アーカイヴとデータベース:「研究来歴(Research Provenance)」の蓄積と活用

本間友(慶應義塾大学 アート・センター)


専門分野別研究資源ポータルデータベース相互リンクによるユーザビリティ

赤間亮(立命館大学 アート・リサーチセンター)


文化財デジタルアーカイブにおけるメタデータ蓄積の効率化システムについて

山路正憲(立命館大学 衣笠総合研究機構/アート・リサーチセンター)


身装画像データベース<近代日本の身装文化>:画像データの特性と検索システムの構築

高橋晴子(国立民族学博物館)丸川雄三(国立民族学博物館


(終了は12時40分頃)


学会総会

開始時間 午後14:00〜

会場:奈良国立博物館 講堂


協力:

奈良国立博物館


後援:

調整中



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org

2016-03-02

第65回デジタルアーカイブサロン

2016-03-02

2016-03-08 当日の話しの概要を追記しました。

第65回のデジタルアーカイブサロンの案内です。学会MLより転記します。



グレートインターナショナルの木村です。

3月11日(金)、第65回デジタルアーカイブサロンを開催します。

5年前の2011年3月11日(金)、東日本大震災が起きました。


岡本真さんの当日のお話しの概要を追記します。(2016-03-08)



2011年3月12日に始まったsaveMLAKも5年目を迎える。

あのときの動き、そしてその後の動きをいまあらためて振り返りたい。


特にこの5年間は、社会教育・文化機関の被災という状況に対して数々の素晴ら

しい取り組みがあった半面、依然として他人事という意識と行動がみととれる機

関も残念ながら少なくない。


災害は必ず誰にも訪れる。来るべき大災害の前を生きているという意識で、

この5年間を振り返りつつ、次の5年を私たちがどう生きていくのかを考えたい。



あの日も金曜日。デジタルアーカイブサロンの日でした。、

第14回デジタルアーカイブサロン。午後6時30分からいつも通り開催する予定で

したが、会場の科学技術館は閉鎖。午後4時には中止を決定したと記憶していま

す。


木村は、震災後2週間たった3月25日、沿岸被災地福島県新地町に入っていま

す。その後、ほぼ2週間おきに新地町に出かけるようになりました。

さらに7月に岩手県陸前高田市、8月には岩手県大槌町など、沿岸被災地での活

動を広げていきました。


その様子を含め、私たちはどう動けばよいのか、何をすればよいのかを4月8日と

5月17日、デジタルアーカイブサロンでは2回の番外編を設けて、多くの議論

しています。


一方、震災直後、立ち上がったSaveMLAK。

沿岸被災地を含めて東北地方をはじめ、被害を受けた日本全国の、博物館、美術

館をはじめとした展示館、展示施設など=(Museum)、公共図書館学校図書館

など=(Library)、公文書館文書館=(Arcives)、そして、た全国の公民館

=(Kominkan)があとから加わり、急速にその動きは拡大しました。

手弁当で全国のM・L・A・Kの関係者が参加し、インターネット技術を駆使して広

がっていった運動組織というべきか、有機的に拡大、精緻化していく情報掲示板

震災記録デ−タベースとしての役割を担っていった「SaveMLAK」。

その役割が終わったら、あるいは必要なくなればいつでも終了してもよいと始まっ

た「SaveMLAK」も、もう5年。

この間の動き、成果、そして課題や今後の展望などを、主催者、発起人の1人で

ある岡本真(おかもと まこと)さんにお話しいただきます。


そのあと、木村が、福島県新地町(しんちまち)の5年間、最近の動き、ついに

あの巨大ベルトコンベアが役割を終え、解体工事も始まっている陸前高田市の様

子なども写真を交えながらお伝えします。


当日、昼間は東京国立博物館の平成館でシンポジウムが開催されています。

津波被災文化財再生への挑戦−東日本大震災から5年−」

http://current.ndl.go.jp/node/30790

https://www.j-muse.or.jp/02program/pdf/symposium_tokyo2016r

その流れでの話も出るかもしれません。


ということで、今回のテーマは

東日本大震災から5年 −私たちは何をしてきたのか、

今後何をしていくのか。そして、デジタルアーカイブの役割は何か−」

です。今回は忙しい岡本さんが参加していただきます。

是非、ご参加ください。色々なお話をおうかがいましょう。


以下情報です。

====================================

デジタルアーカイブサロン 第65回

テーマ:「東日本大震災から5年 −私たちは何をしてきたのか、

今後何をしていくのか。そして、デジタルアーカイブの役割は何か−」

日 時:2016年3月11日(金)18時30分(午後6時30分)〜22時(午後10時)

   20時(午後8時)からは飲食も交えながら

場 所:科学技術館 6階会議室

     入口(エントランス)に入ると右にエレベータがありますので、そい

れで6階に上がってください。

    東京都千代田区北の丸公園2番1号

会 費:1,000円(資料代と飲食代も含めて)


 ということで、3月11日も、いつものとおり18時頃よりボチボチ集合して

18時30分スタート。

 20時から飲食しながらのディスカッション。そして22時解散という予定です。

 会費は1000円です。資料代、お茶代、お菓子代、20時からの代金一切を

含みます。


参加できる方はメールください。kimura■great-inter.com

メールがなくて、当日フラリと参加されても歓迎です。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

木村裕文 <kimura@great-inter.com>

株式会社グレートインターナショナル

〒113-0033 東京都文京区本郷5-1-16 NP-2ビル

TEL.03-3815-3037 FAX.03-3818-1209

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org