Hatena::ブログ(Diary)

JADS:アート・ドキュメンテーション学会 BLOG このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-02-10

第64回デジタルアーカイブサロン

2016-02-10


第64回のデジタルアーカイブサロンの案内です。MLより転記します。



こんにちは。

グレートインターナショナルの木村です。

さて、立春を迎え、時折寒さはぶり返すものの、

だいぶ春めいてきた日本列島です。

そんな2月12日(金)は第64回デジタルアーカイブサロンの日です。


今回は、サロンの常連、前川さんの「AMIAポートランド会議2015」

の報告からスタートです。


以下、ご本人からの紹介文も交えてご案内します。


 *********************


第64回デジタルアーカイブサロン

テーマ1:「AMIAポートランド会議2015参加報告」

話し手1:前川 充 さん(オムニアート合同会社 社長 / デジタルアーキ

ビスト)


概 要:

昨年11月にオレゴン州ポートランドで開催された、米国に本部を置く

AMIA(Association of Moving Image Archivists、映像アーキビスト協会

の年次大会に参加しましたので報告します。AMIAは映画やテレビなど商用

だけではなく、個人や組織の映像などまで幅広くカバーするアーキビスト

国際的な組織です。アーキビスト見習いの立場から報告したいと思いま

す。


テーマ2:「データを紡いで社会につなぐ」

話し手2:渡邉 英徳 さん (首都大学東京 准教授)


概 要:

太平洋戦争から70年が経ちました。戦争体験者は徐々に減少し、記憶の継

承が課題となっています。また、近年では豪雨・地震津波などの災害

多発しています。こうした災害の記憶も、時間の経過とともに薄れていき

ます。私たちは過去の戦災・災害の記憶を、どのようにして社会のなかに

組み込み、未来の社会に活かしていべきでしょうか。本講演では多数の事

例をもとに、戦災・災害の記憶にまつわる「データ」と、「社会」の関わ

りについて解説します。


話し手(渡邉 英徳 さん)紹介:

1974年生まれ。東京理科大理工学部建築学科卒業、筑波大学大学院博士後

期課程修了。現在、首都大学東京システムデザイン学部准教授

2016年よりハーバード大学客員研究員を兼任予定。

情報デザインネットワークデザイン、Webアートを研究する「情報アー

キテクト」として活動。著書に講談社現代新書「データを紡いで社会につ

なぐ デジタルアーカイブのつくり方」などがある。


日 時:2016年2月12日(金)

    18時30分(午後6時30分)から22時(午後10時)

    20時15分(午後8時15分)からは軽食も交えながら討議

場 所:科学技術館 6階 第1会議室

    入口(エントランス)に入ると右にエレベータが

    ありますので、それで上にあがってください。

    東京都千代田区北の丸公園2番1号

会 費:1,000円(資料代と飲食代も含めて)

いつものとおり18時頃よりボチボチ集合して18時30分スタート。

20時15分頃から飲食しながらのディスカッション。そして22時解散という予定です。

会費1000円には資料代、お茶代、お菓子代、20時からの代金一切を含みます。


皆様、ご参加お待ちしております。


 --------------------------------------

第65回デジタルアーカイブサロン 予定

日 時:2016年3月11日(金) 18時30分から

場 所:科学技術館

テーマ:(仮)東日本大震災から5年

被災地の現状と課題、そして、あの時、実は・・・。

 今だからできることは何か〜

話し手:(調整中)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

株式会社グレートインターナショナル

木村 裕文

e-mail:kimura■ratio.co.jp

〒113-0033 東京都文京区本郷5-1-16 VORT本郷5F

TEL:03-3815-3037 FAX:03-3818-1219

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org

2016-01-26

第10回 野上紘子記念 アート・ドキュメンテーション学会賞・同推進賞募集

2016-01-26

第10回の野上紘子記念 アートドキュメンテーション学会賞・同推進賞の募集についてです。


■第10回 野上紘子記念 アートドキュメンテーション学会賞・同推進賞


標記の賞は、2016年度に第10回目を迎えることとなりました。

つきましては、各賞の推薦を会員のみなさまより募集いたします。

本賞の発展にご協力くださいますよう、多くのご推薦をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。


●賞の内容

◆野上紘子記念アートドキュメンテーション学会

アートドキュメンテーション研究』、『アートドキュメンテーション通信』、その他の雑誌に掲載論文・記事、図書、データベース、展覧会、ウェブサイトのなかから優れたものを選出。会員に限らない。対象となる論文・記事、図書、展覧会は、受賞年の前年度を含む過去3年間に発表されたものとする。

◆野上紘子記念アートドキュメンテーション推進賞

アートドキュメンテーション関係業務の現場において、効果的かつオリジナリティを発揮した者、あるいは機関を選出。会員に限らない。


●推薦要領

つぎの事項について明記し、下記事務局までお送り下さい。自薦・他薦は問いません。


推薦用紙もご用意しております。ダウンロードしてご使用下さい。

1)賞の名前 (学会賞、あるいは推進賞)

2)被推薦者名・機関名

3)推薦理由

4)ご推薦者名

5)ご推薦者のご住所およびご連絡先 (電話、ファックス、E-MAILいずれかでも結構です)

6)推薦資料(著書・論文などの場合は書誌情報を、インターネット上の電子資料は、URLをお知らせください)


●推薦先・問合わせ先:アートドキュメンテーション学会 総務担当 吉野 宛

〒105-7090 東京都港区東新橋1-8-2カレッタ汐留B1F アド・ミュージアム東京 広告図書館

TEL:03-6218-2501   E-mail アドレス : yuri.yoshino■admt.jp

※E-MAILで応募の際は、アドレスの■を@(半角)に、件名を「第10回野上賞推薦の件」として下さい。

※FAXでの推薦をご希望の場合は、事前に吉野までご連絡下さい。


●推薦締め切り:2016年3月31日(木)


●推薦書は、学会HP次よりダウンロードしてください

http://www.jads.org/news/2016/20160331_nogami.html


●受賞者の決定

推薦を受けた候補者の中から、選考委員会が選出します。該当者のない場合もあります。

各賞の受賞者には年次大会で、賞状・トロフィー・副賞を授与します。


◇本賞の成り立ち

アートドキュメンテーション研究会発足当時よりの会員であった野上紘子さんのご遺族からの寄付金200万円をもと

設立されました。野上紘子さんはご生前、美術古書店リブロダールを経営されており、本研究会の整理WGに熱心に

参加されていま



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org

2016-01-22

2016年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会(予告)

2016-01-22


2016年度の年次大会のお知らせと、研究発表の募集です。



2016年度の年次大会は現在準備中ですが、以下のような要領で開催を予定しております。例年通り、年次大会の2日目には公募研究会を予定しておりますので、会員の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。


1. 会場:奈良国立博物館


2. 日程


(ア) 大会全体:

(1). 6月11日-12日の土日

(2).構成1日目:シンポジウム 2日目:公募研究会(午前)+総会(午後)


(イ) 公募研究会:

(1). 発表申し込み締め切り:2月29(月)

 ・ 発表希望の方は jadsevent■gmail.com  宛てに(お名前、ご所属、発表タイトル、論点を明確にした200字以内の発表要旨)をお送りください。

 ・ 審査の上で3月上旬までに可否をお伝えいたします。

 ・ 公募研究集会のテーマは、1日目のシンポジウムのテーマに制約されることはありません。アートドキュメンテーションに関する幅広いテーマを受付けます。

(2).予稿締切:4月22日(金)


3. シンポジウム

(ア) テーマ:文化財写真のいまとこれから(仮題)

(イ) 趣旨:写真の誕生以来、文化財は重要な被写体の一つとなり、現在まで様々な文化財が写真におさめられてきました。また近年では、それらの文化財を写した写真自体が新たな文化財として認識されるようになり、文化財写真のデジタル化も各方面で進展しています。そして文化財写真のデジタルイメージは、デジタルコンテンツとして保存・公開されるだけではなく、最新の印刷技術を用いて図録や刊本にも使用されています。このように、文化財をめぐるイメージは、現物と複製という関係だけではなく複製資料が新たな「現物」として認識され、さらにアナログとデジタルの両者を往還するような関係になりつつあります。またこれらの写真は文化財を忠実に後世に伝える「記録」としての役割を持つ一方で、文化財を新たな観点からみつめる「表現作品」となることもあります。本シンポジウムではこうした多面的な側面を持つ文化財写真をめぐるこれまでの経緯と最新の動向を俯瞰しながら整理し、今後の文化財写真のあり方を展望します。



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org

第5回 知識・芸術・文化情報学研究会参加申込延長

2016-01-22


第5回 知識・芸術・文化情報学研究会について、参加申込みの期限を、延長しました。


2016年1月31日(日)


となります。どうかふるってご参加ください。


JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org

2016-01-14

人と情報のエコシステム〜情報技術が浸透する超スマート社会の倫理や制度を考える〜

2016-01-14


科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)平成28年度新規研究開発領域設立準備フォーラムが開催されます。その案内です。


科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)

平成28年度新規研究開発領域設立準備フォーラム

「人と情報のエコシステム

〜情報技術が浸透する超スマート社会の倫理や制度を考える〜」開催のご案内


●日 時:2016年2月17日(水)13:00〜17:30(受付12:30〜)

●場 所:丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2丁目4-1 丸ビル7階)

●参加費:無料/要事前申込(定員250名先着順)


https://www.ristex.jp/eventinfo/forum/no13.html



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org

2016-01-06

第63回デジタルアーカイブサロン

2016-01-06


第63回デジタルアーカイブサロンの案内です。学会MLより転記します。



皆様

あけましておめでとうございます。

昨年末はお騒がせいたしました。

木村は株式会社グレートインターナショナルという新しい会社で新年を迎えまし

た。当日冒頭に少しお話しさせていただきます。

サロンもいつも通り参加しますので、よろしくお願いします。

業務連絡:

お探しのHDMI端子のプロジェクタは木村が用意します。

また、いつもとおりの準備をしていきますので皆様ご安心ください。


さて、以下が1月8日(金)に早速始まる第63回の内容です。

話し手、ご本人からの内容紹介となっています。


 ***********************


第63回デジタルアーカイブサロン

テーマ1:「映画に描かれたアーカイブズ

テーマ2:「映画初心者が内側から見るフィルムセンター


テーマ1:「映画に描かれたアーカイブズ

話し手:谷合佳代子氏さん(エル・ライブラリー館長)

概 要:

 図書館の世界では映画好きライブラリアンたちによる「図書館映画」

というジャンルが確立しているのですが、アーカイブズではそういったものは寡

聞にして存じません。

http://www.libcinema.com/

http://tab.cside5.jp/01_library/theme/06_mlivrary.html


 やはりアーカイブズそのものがあまり知られていないからでしょう。

 図書館映画としてピックアップされている作品の中にも、図書館ではなくアー

カイブズだと思われる施設が登場したりします。

 そこで、映画ファンである谷合が、アーカイブズ映画として<勝手に認定>し

た作品を取り上げ、ご紹介します。

 できるだけ新しい作品を中心にし、最後は2016年1月15日公開の

パディントン」を予告編つきで紹介します。

 アーカイブズは映画のなかでどのように描かれてきたのか。

 それは、社会のアーカイブズ観に支えられていると同時に、アーカイブズ観を

醸造するもの、つまり相互作用のあるものです。

 映画ファンのアーキビストは、ぜひとも映画を通じてアーカイブズの広報に務

め、誤解を正し、世にアーカイブズを知らしめる啓蒙活動をいたしましょう。

 いやー、映画って楽しいですねー。

アジェンダ

1.アーカイブズ映画とは

2.エル・ライブラリーと映画のかかわり

3.アーカイブズ映画のあれこれ

 「薔薇の名前」は図書館映画か

 「黄金のアデーレ」「顔のないヒトラーたち」「ミケランジェロ・プロジェクト」

 に見るナチスアーカイブズ

 「オレンジと太陽」「RED」「砂の器」に見る公文書

 「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」に見る個人アーカイブ

 「アデライン 100年目の恋」のヒロインはアーキビスト

4.おまけ:アーカイブズが一瞬映る映画「パレルモシューティング

5.なんと、熊の「パディントン」はれっきとしたアーカイブズ映画であった!

(紹介する映画は当日変更される可能性があります)


テーマ2:「映画初心者が内側から見るフィルムセンター

話し手:津田朋子氏(東京国立近代美術館フィルムセンター

概 要:

 みなさま、フィルムセンターはご存知でしょうか?

 私は恥ずかしながら勤めるまでその存在すら知りませんでした。

 映画もたまにしか見ませんでした。そんな映画初心者がフィルムセンターを内

側からみて発見したことなどをお話したいと思います。


日 時:2016年1月8日(金)

    18時30分(午後6時30分)から22時(午後10時)

    20時(午後8時)からは軽食も交えながら討議

場 所:科学技術館 6階 第3会議室

    入口(エントランス)に入ると左側のエレベータが

    ありますので、それで上にあがってください。

    東京都千代田区北の丸公園2番1号

会 費:1,000円(資料代と飲食代も含めて)


いつものとおり18時頃よりボチボチ集合して18時30分スタート。20時から飲食し

ながらのディスカッション。そして22時解散という予定です。

会費1000円には資料代、お茶代、お菓子代、20時からの代金一切を含みます。


皆様、ご参加お待ちしております。


 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

株式会社グレートインターナショナル

木村 裕文

e-mail:kimura■ratio.co.jp

〒113-0033 東京都文京区本郷5-1-16 VORT本郷5F

TEL:03-3815-3037 FAX:03-3818-1219

 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org