Hatena::ブログ(Diary)

JADS:アート・ドキュメンテーション学会 BLOG このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-12-17

第59回見学会・第82回研究会 開かれた東洋文庫へ

2013-12-17

2014-02-13 追記 雪の場合について

2014-02-15 追記 開催について


東洋文庫での見学会・研究会の案内です。


【重用】

気象情報では、研究会当日、雪になる可能性があります。その場合、このブログで、対応を掲示しますので、それをご参照ください。


本日の東洋文庫研究会・見学会は予定どおり実施します。

交通状況の困難が予想されますので、決して無理をなさらずお気をつけてお越しください。(行事・企画委員会


アートドキュメンテーション学会 第59回見学会・第82回研究会

開かれた東洋文庫


日本最古・最大の東洋学研究図書館・研究機関である東洋文庫は、2013年に公益財団法人となりました。近年では2011年のミュージアム開館、一般向け教養講座の開設など、より開かれた活動を展開しています。今回は東洋文庫ミュージアムの見学とともに、他機関と共同・連携して行われた事業について、研究会で講演いただき、意見交換を行います。開き、つながることで生まれるものは何か?多くの方々のご参加をお待ちしております。


■日時:2014年2月15日(土)  午後1時〜5時(12時30分開場)


■会場:東洋文庫ミュージアム 〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-21

    JR東京メトロ南北線駒込駅」から徒歩8分

    http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/


    ※チケットは買わずに、2階講演室へお集まりください


プログラム

(1)本の展示における試み〜「知」と「遊」の融合を目指して

    公益財団法人東洋文庫 学芸員 岡崎礼奈氏

(2)「『東洋文庫所蔵』貴重書デジタルアーカイブ」とシルクロード調査への応用について

    公益財団法人東洋文庫 研究員 西村陽子氏

(3)参加型アーカイブ「遷画〜シルクロード」のデータ分析と開かれたミュージアムへの展開

    国立情報学研究所 准教授 北本朝展氏

(4) 学習院永青文庫東洋文庫 3館連携展示「東洋学の歩いた道」の実現について

    学習院大学史料館 助教 鎌田純子氏

(5)休憩&見学会

    企画展仏教 ―アジアをつなぐダイナミズム―』・常設展示・書庫見学

(6)意見交換

17時頃終了予定。終了後、会場近くで懇親会開催予定


■参加費:1000円(東洋文庫ミュージアム入館料を含む。懇親会別途)


■定員:60人(先着順)

※JADS会員以外の方も参加いただけますが、定員を超えた際に書庫の見学を会員に限定させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


■申込み

以下のフォームよりお申し込みください。

http://p.tl/uiuh

※事前のお申し込みなく来場されますと、お席の確保ができない場合がございます。

参加ご希望の方は事前のお申し込みをお願いいたします。


■お問い合わせ

行事・企画委員会までメールにて jadsevent■gmail.com(■を@に変えて送信ください)

※最終案内は,学会ウェブサイト (http://www.jads.org) において広報いたします。

※予定は変更されることがあります。ウェブサイトで随時最新の情報をご確認ください。



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/JADS/20131217/1387278421