Hatena::ブログ(Diary)

JADS:アート・ドキュメンテーション学会 BLOG このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-05-28

JALプロジェクト2014の案内

2014-05-28


JALプロジェクト2014の案内についてです。日本語版と英語版を掲載します。

水谷長志さんからのものです。



JAL プロジェクト2014のご案内


東京国立近代美術館国立新美術館国立西洋美術館および東京文化財研究所とともに「海外日本美術資料専門家司書)の招へい・研修・交流事業 2014」略称JALプロジェクト*)をスタートいたします。JALはJapanese -art librarianの略称です。


 *『平成26年度文化庁地域と協働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業


海外において日本美術資料を専門に扱う司書など、下記に該当する方々を公募・選考して、およそ2週間、日本へ招へいして、研修交流事業を行います。


最終日においては、招へい者による「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言」のプレゼンテーションを軸に公開ワークショップを開催いたします。


本プロジェクトにおいては、日本美術の範囲には写真・映像・マンガ・デザイン・建築等の視覚芸術全般を含み、これらに関わる視覚資料の扱いを専らとする図書館員ならびにアーキビスト、ヴィジュアル・リソース・キュレータ等も招へいの候補者に含められるものといたします。


すべての招へい者には、来日のための渡航費、日本国内移動旅費、滞在に関わる諸経費が支給されます。


I. 応募期間 本日より2014年8月31日(応募書類必着)


II. 招へい対象候補者(応募資格)

以下のいずれかに該当する者。

a) 日本国外において上記の日本美術の範囲に関わる文献および視覚資料の扱いを専らとする図書館員。

b) 日本国外において上記の日本美術の範囲に関わる文献および視覚資料の扱いを専らとするアーキビスト、ヴィジュアル・リソース・キュレータ。

c) 日本国外において上記の日本美術の範囲に関わる文献および視覚資料を用いて日本研究に従事している者。


日本語による議論が可能な語学力を有する者。

日本語での日常会話ができ、日本語による研修講義の聴講ならびに意見発表が円滑に行えること。日本語での電子メールでの連絡ならびにワードプロセッサおよびプレゼンテーションツールの操作が可能であること。


所属機関からの推薦を受けた者。

注・上記の応募資格に該当する者であっても、日本に在住する者及びプログラムで日本に滞在中の者の応募は不可とする。


III. 招へい期間

2014年11月30日(日)〜12月12日(金)


IV. 問い合わせ先

本プロジェクトの詳細・募集要項および応募用紙は下記サイトから入手できます。

URL:

http://www.momat.go.jp/art-library/JAL/JAL2014.html


広く世界からJALのご参加と応募を期待してお待ちいたしております。


水谷 長志

jal2014plus■momat.go.jp

※送信時には■を@に代えてお送りください。

JALプロジェクト実行委員会

アートライブラリ

東京国立近代美術館




Please forgive cross-postings.


Announcement of the JAL Project 2014 for inviting, giving training to, and exchanging with, Japanese-art librarians from outside Japan


It will be very much appreciated if you could let the members of ARLIS

know the JAL Project.


We will be looking forward to many applications from your ARLIS.


The JAL* Project Executive Committee at the National Museum of Modern Art, Tokyo is pleased to announce the JAL Project 2014** for inviting,

giving training to, and exchanging with, Japanese-art librarians

from outside Japan.


 *Japanese-art librarian

 **Supported by the Agency for Cultural Affairs Government of Japan in the fiscal 2014


The selected participants will be given training at the related institutions such as the National Art Center, Tokyo; the Nara National Museum and so on, from December 1 to 11, 2014.


Each of them will be asked to give a presentation titled "Recommendations for More Effective Dissemination of Information on Japanese-Art-related Materials” in Japanese during the open workshop on the last day.


The JAL Project Executive Committee will provide all the invitees with

travel expenses including the airfare for a round trip to Japan, transportation fees within Japan, and accommodations.


The JAL Project is intended mainly for Japanese-art librarians working on Japanese-art-related materials outside Japan. In the JAL project, the term "Japanese art" comprises all forms of visual art including photographs, videos, manga, design and architecture. Thus, librarians, archivists and visual resources curators specializing in the genres mentioned above may apply for the project.


I. Application period: from today until August 31, 2014


II. Qualification Requirements:

1) A person who falls under any of the following:

a) A librarian working on Japanese-art-related literature and visual materials outside Japan

b) An archivist or a visual resources curator working on Japanese-art-related literature and visual materials outside Japan

c) A Japanologist using Japanese-art-related literature and visual materials outside Japan


2) A person who is able to take part in discussions and everyday conversations in Japanese language, to understand lectures in Japanese, to smoothly express opinions in Japanese, to send and receive e-mails in Japanese, and to use word processors and presentation tools in Japanese


3)A person nominated by his/her organization

A person living in Japan, or who is staying in Japan on an educational program may not apply.


III. Invitation period: From November 30 to December 12, 2014


IV. More information and the application forms are available at the website:

http://www.momat.go.jp/art-library/JAL/JAL2014.html


We are looking forward to applications from JALs all over the world.


Takeshi Mizutani (Mr.)

jal2014plus#momat.go.jp

 *Please change # to @ when you send your e-mail.


Secretary General, the JAL Project Executive Committee

Former Vice President of JADS: Japan Art Documentation Society

Librarian, Art Library

The National Museum of Modern Art, Tokyo



JADS(アートドキュメンテーション学会

http://www.jads.org

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/JADS/20140528/1401270446