紙名手配の景察手帳 RSSフィード Twitter

2016-05-31 切磋琢磨 このエントリーを含むブックマーク

どんな商品にも似通ったモノと言うのはあるもので、紙の世界にも比較的雰囲気が近い商品がある。例えば、つい先日70kgができたディープマット、とビオトープGA-FS。元々濃い色の包装紙ビオトープGA-FSがあって、後から濃い色のパッケージ用紙ディープマットが発売された。その後ビオトープGA-FSは色を増やしながら厚い方へ、ディープマットも増色して薄い方へ向かった結果、今は厚さが重なる部分が多く、もちろん色々なところで戦っていることだろう。でも何故か、お互い足を引っ張りあっているというよりは、切磋琢磨しながら濃い色の市場を一緒に開拓しているように感じる。いずれにしても増連量は選択肢が増えて嬉しい限りだ。

さて、ディープマットの70kgは何に使いましょう?!

f:id:JAM1963:20160531192804j:image

2016-05-26 奥様はクレイジーフルーツ このエントリーを含むブックマーク

結婚してとっても幸せだけどセックスレスに悩む主人公初美の、チョットHなドキドキ・わくわくが軽いタッチで描かれている。T-SITE枚方...枚方蔦屋書店平積みされていたこの本。そんなにいやらしくない感じがとてもイイ!!表紙に使われているマーメイドや見返しのタントセレクトTS−9に惹かれて思わず買ってしまった。

f:id:JAM1963:20160527040935j:image f:id:JAM1963:20160527040936j:image

マーメイド ボタン と タントセレクトTS−9 P−67

奥様はクレイジーフルーツ

奥様はクレイジーフルーツ

2016-05-22 T−SITE枚方 このエントリーを含むブックマーク

枚方の蔦屋書店へ出かけた。まさしく本に埋もれる1日を提供してくれる素敵な空間だ。開店して間もないので超満員、本を読む人が少なくなっているというのが嘘のようだ。なんとなく雰囲気にのまれて、読む本のストックが有るにも関わらず3冊買ってしまった。

今度東京に行く時には、是非代官山の蔦屋書店にも行ってみたい。

2016-05-18 ただのチラシ このエントリーを含むブックマーク

紙名手配のお客様にも印刷会社さんにもほとんどの場合、紙の流れ目を訊く。どちらにしようか悩んでいらっしゃる時は「折りますか?何に使いますか?」と用途から訪ねたりもする。「大丈夫!ただのチラシだからどっちでもイイよ」そんな感じの答えが返ってくる。

先日お客様から「手配りのフライヤーはT目(縦目)の方が配りやすいんですよ」教えていただいた。なるほど、そのほうが紙がシャキ!っとしてイイかもしれない。もちろん紙の大きさや渡し方で違ってくるだろうけど「ただチラシのだからどっちでもイイ」わけじゃない。

f:id:JAM1963:20160519042550j:image

2016-05-12 羊と鋼の森 このエントリーを含むブックマーク

本屋大賞に選ばれたこの本。ストーリーもさることながらその豊かな表現に驚く。ピアノの音をこんなにも繊細にふくよかに表現できるのは、やはり作家さんだからだろう。私も紙の表情をどうやって伝えればい良いだろう?と考えて味覚に例えてみたり色々試してみたが私の語彙の少なさに自分でがっかりするばかりだ。4月18日の景察手帳ではマーメイド の説明に『羊と鋼の森』の冒頭部分を真似てみたのだが、やっぱり素人は素人。いつか私も、読んだ人が紙の佇まいを頭に思い描けるような豊かな表現にたどり着けるだろうかと無謀な夢を見ています。

f:id:JAM1963:20160513035545j:image f:id:JAM1963:20160513035546j:imagef:id:JAM1963:20160513035548j:image f:id:JAM1963:20160513035547j:image

OKミューズガリバーエクストラ ホワイトSマーメイド オリーブ里紙 古染モフル ミルク

羊と鋼の森

羊と鋼の森