JAPANwebの生態観察手記 このページをアンテナに追加 RSSフィード


※リンクフリー、バナーは自由にお持ち帰りください


---------------SRC向け---------------

[SRC向けアイコン一括DL]

[アイコン利用について]

---------------SRPG_Studio---------------

[SRPG_Studio用アイコン一括DL]

[SRPG_Studio用アイコン(RTP改変)一括DL]

[共通マップチップ]

[アイコン利用について]

[RTP改変アニメの仕様書]

---------------Twitter---------------

[ツイッター]

2017-12-20

[] 個人的な観点から見る主線の濃さの違い。 主線の色を変えたらどう見える?


ドット絵 Advent Calendar 2017向けの記事です。


突然ですが、顔グラアイコン打つときに主線を意識していますでしょうか?

まず、下の画像をご覧ください。

f:id:JAPANweb:20171220190815p:image

左からRGB値005、055、155と主戦の色を薄くしています。

見た感じ「薄く描けば、ぼんやりと見える」と思いますね。

逆に言えば「自分が描きたい作画に近づけるカギ」にもなります。


次に見るのは、主線が濃い順番となります。

f:id:JAPANweb:20171220190812p:image

1.主線をはっきりと描く。

  アニメ調に描くのに向いています。

f:id:JAPANweb:20171220190806p:image

2.すこしぼやかして描く。

  漫画イラストなど、手書き調向けです。

f:id:JAPANweb:20171220190803p:image

3.できるだけ主線を描かない

  実写、もしくはCGモデルを描きだすのに向いています。


これだけでも「ちょっと線を意識すれば、描き方がぐっと変わる」というのが判ります。

ドット絵に煮詰まったとき、ちょっと見方を変えてみてはいかがでしょうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/JAPANweb/20171220/1513765190