Hatena::ブログ(Diary)

俺と親父の一億マイル 〜What is Goal of Light〜



「1999年 有馬記念」


2018-08-21

キーンランドカップ 一本釣り その1 〜逃げ馬不在のなか、激戦を制するのは〜

| 20:00 | キーンランドカップ 一本釣り その1 〜逃げ馬不在のなか、激戦を制するのは〜を含むブックマーク

キーンランドカップに好メンバーが集まりました。


先週の北九州記念以上にスプリンターズステークスにつながりそうな一戦です。


逃げが少ないメンバー。
オールインワン、次点でトゥラヴェスーラくらいか。


ペースはあまり速くならなそうで、結構重い馬場札幌だけにガッツリ先行力勝負になりそう。



ピックアップ馬診断 前編


アドマイヤゴッド C・スコフィールド
UHB賞3人気8着
オープンにあがってからは成績がふるっていない。函館スプリントをあがり最速で4着という成績がベストで、どこかの重賞ではチャンスがあるかとも思うが父のハーツクライより母父のDanzig(なんと直子!)が効いている印象でどこかで走るのではと思わせ続けて6歳。洋芝は悪くないはずだが、脚質的に差しでは厳しいか。血統バランスはすごくよくて、どこかで走ると思うのだけど。ワールドオールスター週なのでスコフィールド騎乗で化けるか?


キャンベルジュニア M・デムーロ
安田記念10人気11着
才能はすごい。いつ重賞を勝ってもおかしくない。540キロの巨漢馬でハイラップハイペースが向く馬だけに1200mの速いペースならチャンスがあると思う。ダービー卿で1.32.3、京王杯で1.19.5は高速決着。安田記念はレコードレースを先行してはさすがに残せなかった。(アエロリットは残しているが)デムーロ騎乗で本気度がうかがえる。


キングハート S・フォーリー
函館スプリント5人気11着
オーシャンS1着。ナックビーナスやネロに勝利しており一水準。高松宮記念は差し届かず、函館スプリントも差し届かず2ケタ着順だがともに0.6秒、0.5秒差でそれほど負けているわけではない。だいたい函館スプリントは馬体重−20kgというありえない調整不足。オーシャンSみたいに先行できればチャンスあると思う。去年の函館スプリント2着馬だけに洋芝適正はある。夏成績は0−3−0−4.フォーリー騎乗でこれも化けるか?


クリーンファンキー 武豊
UHB賞4人気1着
めちゃくちゃ好きな血統構成。父タイキシャトルで血統構成にはセントサイモン系、マンノウォー系、リボー系がちりばめられていてノーザンダンサーの5×5。札幌、函館あわせて2−0−1−0と洋芝巧者。ただ、前走は50キロで恵まれていただけにいきなり重賞では厳しいか。


スターオブペルシャ 内田
関谷記念10人気8着
谷川岳Sで1.32.5の好時計。
札幌成績は2−0−1−1。夏成績3−0−1−3。1200mは本格化前に一度経験しているだけなので適正不明。なみいるスプリンターのペースについていけるか。


ダノンスマッシュ 北村
函館日刊3人気1着
3歳ロードカナロア牡馬。クリーンファンキーに函館準OPで完勝。3歳のなかでのアサクサゲンキを基準とした比較だとファルコンSで完敗しており、トゥラヴェスーラのほうが上か。


ティーハーフ 国分優
函館スプリント7人気13着
この馬は4〜6月に6−0−2−5と良成績が集中しており、夏はあまり得意ではない。8歳。


デアレガーロ 横山典弘
UHB賞1人気4着
かなり良い血統構成でリボー系のアレッジドがなんと4×3という超希少血統。
前走のUHB賞は圧倒的1番人気で4着。モレイラ騎乗とは思えない大外ぶんまわしていてはあの内有利馬場で届くわけない。まあ、0.2差で勢いは明らかに上だったので。あと体重ももう少し476kgくらいになったほうがいい。京都牝馬Sのキレ味を見ると下手すればGIでもチャンスがあっておかしくない馬。いいすぎか?


トゥラヴェスーラ 福永
葵S2人気2着
葵Sでラブカンプーと同着の2着。スプリント戦であがり最速を使って好走するというタイプの馬。そのまま福永騎手が乗るのなら大チャンス。あとは休み明けがどうか。葵Sのようにためる競馬がよいが、今回のメンバーではあまり展開が速くならないだけに内枠である程度ポジションは欲しいところ。