JIMの日記

最近のコメント

ゲーム: FB |WARMACHINE |ネクロムンダ |パイレーツ |LoR |MH |ウォーマスタ |WHITE DWARF |イベント |モデリング |ペイント |テレイン |ボードゲーム |ボードゲームリスト |メカ: 航空機 |鉄道 |宇宙 |艦船 |その他: 雑記 |買物 |メモ |W-ZERO3 |外ドラ |食玩 |自己紹介 | 連絡先
最新タイトルをクリックするとタイトルの一覧が表示されます
 

[][]ゲームマーケット戦利品

f:id:JIM:20151122213237j:image:w360

ブレイキングアウェイはバネスト版(写真にないけど拡張プレーヤも)。BANG!DUELは二人用で正体隠していない。既にBANG!じゃ、無いような。。左上と左下は台湾などヨーロッパではない国のゲームらしい。今回はいつも以上によくわからんものを買った気がする。

f:id:JIM:20151122213451j:image:w360

フリートコマンダーは先日本体しか入手できなかったので無事購入できた。STも無事購入。レスパブリカ2230ADは従来とルールが少し変わっていた。FLEETSは帰り際にもう一度訪れて発見した。

f:id:JIM:20151122213548j:image:w360

スリーブは欲しいサイズを控えていなかったので適当に(大半サイズは手に入りづらいので)ダイストレイは革製で、スナップで平らにできる。イラストは手書きの一品物とか。

88x126 95x142 80x122

バイコヌールのメモ2

撮影や見学の場所撮りの話

ロシアの宇宙飛行士は3人の並び順は必ず同じなので、油井さんは今回向かって右側なので記者会見とか右側が見やすい場所に行くと良いと思う。

前回の記者会見は右の3人がプライムのクルーだった。

予備クルーの顔を覚えておくと機体移動の時とかに見分けられて良いと思う。

持ち物アメニティーとか

ロシアやバイコヌールのホテルには箱ティッシュが無かったのでティッシュは多めに持って行くと良い

バイコヌールのトイレには宇宙学校など紙が無いことが多かった。トイレットペーパー持って行くと良い。

ホテルに歯ブラシはなかったと思う。

石鹸はコスモホテルにはあったがほかは覚えていない。

コスモホテルの石鹸はかっこいいのでおみやげにした。

使うのは持ったいない。

打ち上げの時は携帯が繋がらないらしい。

なので打ち上げ中継とかはできません。

バイコヌールは乾燥している

前回は11月だったけど、例えば日本のホテルだとTシャツを手洗いして、タオルで水分とって部屋干しすると朝までに乾く感じだけど、バイコヌールでは、軽く絞って部屋干ししただけで、夜寝る前に乾いていた。

人によってはリップクリームとか必要なんじゃないかな?

道が埃っぽい

舗装されていないところもあったりなので、黒い革靴がいつも茶色ぽかった。

星を見る

バイコヌールのホテルの裏手の方に行っただけで、結構星が見えた(UFOも(笑))

道路とか明るいけど空気が澄んでいるのでよく見えるのだろうか?

バイコヌール行きのメモ

お金の話

成田の両替所は全店でルーブルを扱っていないので、事前に扱っている店を探しておくとよい。

ロシアに渡ってからは両替の機会はなかった。ロシアの空港でも時間はないので日本で両替するべき。

現地でお金を使うのは、夕食1食くらいと、水などの日用品以外はすべておみやげ費用になった。

たぶn数万円両替ルーブルにしたと思うけど、最後に帰りのロシアの空港で少し足りなくなった。

ロシアの空港はユーロ表記だけど、ルーブルやドルも使える。

ドルを使ったけどお釣りがどうだったかは覚えていない(多分ドルで帰ってきた)。

バイコヌール内は基本ルーブルだったけど、ホテルのレストランで水を買うときにルーブルではお釣りがなく、ユーロは無いか?と訊かれた。結局ルームチャージとなり、後でフロントでユーロで払った。

水の話

ロシアの空港を降りたあとに調達する時間なく、ホテルまで入手できなかった。ホテルまではバスで時間あるし、なのですぐに必要になる人は、日本でセキュリティエリアに入ったあとに買うと良い。

現地は炭酸入りの水も売っているので、嫌な人はロシア後のスペルを覚えておくとよい。

(ネットで調べたけどどのサイトだったかな。。)

ただし、炭酸抜きはHが炭酸抜きでrが炭酸入りで始まるとか覚ええいたら、バイコヌール語での表記は違って両方表記されているので混乱した。

写真はすべて炭酸抜き

f:id:JIM:20131107002041j:image:mediumf:id:JIM:20131107002015j:image:mediumf:id:JIM:20131107002034j:image:medium

ロシア行きの飛行機

ロシア行きはエアバス機なので特別なことはない。

正面ディスプレイの言語はロシア語と英語のみだったけど、映画は再生してから言語を選ぶと日本語も選べた。

今でもあるかは分からないけど、アエロフローの何周年だかの宣伝ビデオは格好良かった。

バイコヌール行きのチャーター機

天井の荷物入れが狭く、日本のコインロッカーサイズのバックも入らなかった。通路側なら座席下に入れられるけど、窓側だと無理。

座席は自由席なので窓側に座りたかったら、早めに飛行機に移動すると良い。

液体NGは無かったので手荷物で水を持ち込めた(毎回OKかどうかは不明ですよ)

着陸の案内とか特に無い見たいで、トイレに入ったまま着陸を迎えた人が居た!注意。もしくはそんな無茶が体験できる(笑)。

帰りの便のトイレはかなり臭ったので、あまり行きたくない感じだった。

バイコヌールのホテルの近くの散策

マップの赤丸がホテル。青丸が売店。少し北に歩いたところ(あたりの散歩を含めて30分程度で行って帰ってきた)に写真のモニュメントがある。これは、ツアーの観光の中では行かないので(今年は分からないですが)、朝食前後とか時間のあるときにふらっと行ってみると良い。

f:id:JIM:20131110122948j:image:w360

f:id:JIM:20131106122331j:image:w360f:id:JIM:20131106122328j:image:w360

f:id:JIM:20131106122029j:image:w360f:id:JIM:20131106121817j:image:w360f:id:JIM:20131106121633j:image:w360

バイコヌールの土産物

ツアーの中で前回と同じ場所に立ち寄るかは分からないし同じものがあるとは限らないですが、参考まで。

食事をしたレストラン

マグネットが豊富。写真のでかいソユーズは大半の人が買っていた。なんとか機内持ち込みしていたみたい。私は小型を買った。

f:id:JIM:20131105151021j:image:medium f:id:JIM:20131105151333j:image:medium f:id:JIM:20131105161328j:image:medium

レーニン像の近くのホテル

売っているものはレストランと似ているけど、反対側の壁に記念の封筒+切手(カバーレターでしたっけか?)が貼ってあって、売り物だった。

f:id:JIM:20131105171315j:image:medium f:id:JIM:20131105171401j:image:medium f:id:JIM:20131105171452j:image:medium f:id:JIM:20131105171510j:image:medium f:id:JIM:20131105172434j:image:medium

バイコヌール博物館の売店ではカレンダーやTシャツを買った。写真は無い。

射場近くの博物館(ブラン試験機があるところ)にも売店があったが、滞在時間1時間だったため中は見ていない(急いで撮影したぶれぶれの写真を見ると、他で見かけたカレンダー、本、バイコヌールの観光ガイド、他では見かけなかった傘、陶器と思われるマグカップを売っていた模様)。

本屋さん

f:id:JIM:20131107202349j:image:mediumf:id:JIM:20131107200449j:image:mediumf:id:JIM:20131107195900j:image:medium

皆がリクエストして時間を見つけて特別に行ってもらった。

本(一般ものや宇宙もの)やマグネットやペンなどの宇宙グッズ、プラモデルやおもちゃボードゲームなども売っていた。

ホテルからのお見送り

到着した時には既に人でいっぱいだった(オリンピックトーチのためかもしれない)。

自分よりも20〜30cmくらい背が高くて、でかいカメラを持っていない人を探して、自分は背が小さいから前に入れてくれとお願いして前に入らせてもらった。立っていていいよと言われたけど念のため、しゃがんで撮影。

背が小さい人はあきらめないでチャレンジ!

夜間であったので、向かい側からのプレスのライトがきつくピントを合わせづらかった。

f:id:JIM:20131107070238j:image:w360f:id:JIM:20131107070257j:image:w360

宣誓式

側面から撮影したので移動中は、うまく撮影できたけど、宣誓時はやはりプレスのライトなどでうまくピントが合わせられなかった。正面から撮影がいいけど、混んでいたので。。

f:id:JIM:20131107101444j:image:w360f:id:JIM:20131107101512j:image:w360

打ち上げ

カウントダウンは無いので、予め少し前(2分くらい前?)にアラームがなる様な準備をしたほうがよい(いつ打ち上がるかわからないでファインダーを除くのが辛かった)。

ちなみに前回は、12分20秒の写真では横のアームがロケットに接しているが、13分37秒で離れていて、13分42秒では接していた小さいアームが14分02秒に離れている。14分12秒には煙が見える。

打ち上げを撮影するかどうかは賛否あるけど、1段目の切り離しは肉眼では辛いと思うので、機体が遠くなったらカメラ構えてもいいんじゃないかな。

横向きの打ち上げ写真は35mm換算で約150mm、縦型は約300mmで撮影しています。近いので超望遠レンズは不要(さすがに1段目分離は400mmで撮影して拡大しています)。

f:id:JIM:20131107125458j:image:w360f:id:JIM:20131107131425j:image:w360

f:id:JIM:20131107131434j:image:w360

f:id:JIM:20131107131620j:image:w360f:id:JIM:20131107131622j:image:w360

[]いずも見学会

先日有志の集まりによる会場自衛隊見学会に参加してきました。

見学できた艦船は、新型艦のいずも!

f:id:JIM:20150419100358j:image:w360 f:id:JIM:20150419100458j:image:w360

まずは、YOKOSUKA軍港めぐり http://tryangle-web.co.jp/naval-port/ のクルーズでいずもの外観を確認。

f:id:JIM:20150419130649j:image:w360

見学は、格納庫内で数人のグループに別れて時間差であちこち回る事になりました。

f:id:JIM:20150419130649j:image:w360

f:id:JIM:20150419140932j:image:w360 f:id:JIM:20150419141315j:image:w360

格納庫内には訓練用(?)のヘリがいたり、消火用の装備が点検のためか広げられたりしていました。

f:id:JIM:20150419130818j:image:w360 f:id:JIM:20150419131845j:image:w360

いずもは外からの見た目もでかいですが、中も広い。通路が永遠に続く感じです。

迷子になりそうですが、隊員の方は道順だけでなく隅々までこのでかい艦を知り尽くさないといけない分けで、大変です。

f:id:JIM:20150419131004j:image:w360 f:id:JIM:20150419131901j:image:w360

最初の見学場所は医療室(正確な名称不明)。医療担当の隊員さんが内部を説明してくださいました。

f:id:JIM:20150419131621j:image:w360 f:id:JIM:20150419131740j:image:w360

室内には手術室や検査設備がそろっています。医官の方は船に常駐するのではななく、遠洋航海などの際に一人乗り込んで来るそうです。

こういう医療設備を見ると、カテゴリーは護衛艦ですが、設計思想に東日本の震災の影響などを受けたのだろうなと想像します。利用されるのは嬉しくないけどありがたい設備だと思います。

f:id:JIM:20150419131748j:image:w360

歯医者用の椅子もあります。

f:id:JIM:20150419131828j:image:w360

伝染病などのための隔離室もあります。病室だけではなく洗濯機なども独立しているので完全に隔離が可能です。

f:id:JIM:20150419132054j:image:w360

この写真が医務室だったか普通の部屋だったか失念。ピッシっと四角くたたまれた寝具が印象的です。さすが自衛隊。

f:id:JIM:20150419132316j:image:w360

一般隊員などに説明などを行う部屋。前の方にもでかいモニターがあります。

この他にも写真は無いですが、アメリカの映画に出てきそうなパイロットのブリーフィングルームもありました。こちらの椅子は背もたれが高くゆったりした感じでした。

f:id:JIM:20150419132424j:image:w360 f:id:JIM:20150419132517j:image:w360

モニタや冷蔵庫はしっかりと振動防止がされていたり、固縛されていたりしました。

f:id:JIM:20150419132616j:image:w360 f:id:JIM:20150419132627j:image:w360

次は甲板の見学。

f:id:JIM:20150419132927j:image:w360

側面のネットの下は海です。

f:id:JIM:20150419132936j:image:w360 f:id:JIM:20150419133506j:image:w360

艦首付近から後方を見たところ。

f:id:JIM:20150419133429j:image:w360

左の白い線のところがエレベーターの境界で、その少し外側に上にせり出す感じにロープが張れるようになっています。

f:id:JIM:20150419133649j:image:w360 f:id:JIM:20150419134249j:image:w360

艦橋の横のあたりから下を見る。高い!そして上を見上げる。高い!

f:id:JIM:20150419134607j:image:w360 f:id:JIM:20150419133912j:image:w360

艦橋の中。いずもと書いてあるマークは頂いたパンフレットにもついていました。

別のグループはラッパの演奏をして頂いていました。

f:id:JIM:20150419134651j:image:w360

艦橋内のモニタには艦名の由来になった出雲大社の写真が。

f:id:JIM:20150419134802j:image:w360

フラットで多分防水のキーボード。隊員さんに聞いたところクリック感はあるそうです。

f:id:JIM:20150419134819j:image:w360 f:id:JIM:20150419135631j:image:w360

次はフライトを指揮する場所を見学です。甲板がよく見える足元まである窓があります。

f:id:JIM:20150419135823j:image:w360

他の護衛艦では見ない椅子たちです。

f:id:JIM:20150419140242j:image:w360

これは艦橋部の後方の写真だったかな?なんとなくカッコ良かったので。

f:id:JIM:20150419141030j:image:w360 f:id:JIM:20150419141048j:image:w360

見学終えて再び格納庫に戻ってきました。

写真は前部のエレベーターの部分。ここにもロープを張れる仕組みがあります。

f:id:JIM:20150419141314j:image:w360

最後はここから退艦しました。

f:id:JIM:20150419141548j:image:w360

実際に自分で見学する前から、既に見学した人の感想で「でかい」と聞いていたけど、たしかにでかい。アメリカの空母を見学したことがあるし、それより少し小さいはずなのだけど周りの対比物の影響か(建物の屋根の上から姿をのぞかせるのは衝撃的)驚きをうけるサイズなのです。

最後に、見学をさせてくださり案内をしてくださった横須賀地方総監部広報の方。艦内で説明してくださった隊員の方。この見学会を企画してくださった幹事の方。どうもありがとうございました。

[ボードゲームリスト]ゲームマーケット戦利品

2014年秋

f:id:JIM:20141118212759j:image

f:id:JIM:20141118160804j:image

2014年春とリトルエッセンの戦利品写真を探さないと。。