Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年04月06日

FA-EC1AM レビュー Sonyのオフカメラケーブル

FA-EC1AMは、

FA-EC1AM | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

オフカメラケーブルを約1.5m延長できるケーブルです

ということで、SONYのアルファサイトで紹介されているが、

検索してもさっぱり情報があがってこない商品のひとつ。

f:id:JJs:20120404142802j:image

カメラとフラッシュの接続にはFA-CC1AMが必要なのだが、こいつは短い。

テーブルフォトとか物撮りと呼ばれる、小さな小物を撮影する分には

問題ないかもしれないが、屋外でポートレートを撮ろうとか考え出すと、

全く長さが足りない。

f:id:JJs:20120404142529j:image

そこでFA-EC1AMの出番なのだが、実際に使用してみると、やっぱり小さく

まとまったような撮影にしか向かないことが分かった。

昔の黒電話のようにコイル状にまとまったケーブルは、伸ばせば、

もちろん伸びる。商品説明では1.5mとあるが、このコイルの癖を

すべてなくなるまで万力で固定して伸ばしきったら、それぐらい

伸びるのかもしれない。実際測ってみたら、端子から端子までの間、

直線状に伸びている部分とコイル状の部分を合わせて113cm程度しか伸びなかった。


しかも伸ばしているうちは、もちろん縮もうとする力が働くため、

HVL-F58AMに付属している自立式スタンドを使ってカメラとフラッシュの

距離をとろうとしても、すぐにフラッシュは引きずり戻されてしまう。

結局重いストロボスタンドで固定するしかない。


が、それでも結構な力で縮もうとするので、結局スタンドの脚を、自分の

足で抑えながらフラッシュを焚くという、ちょっとおまぬけな撮り方しか

できなかった。

実際三脚にフラッシュを立てているとき、カメラに夢中になって、転倒させて

しまったことだってある。


FA-EC1AMとFA-CC1AMを合わせて使用して、2m弱程度の距離で使える程度と

割り切ったほうがいいかもしれない。


結局カメラとフラッシュの距離が必要な撮影は、内臓ストロボなどを使っての

ワイヤレスフラッシュ撮影か、社外品の大型ストロボを使ったほうが

いいのかもしれない。

FA-EC1AMとFA-CC1AMの両方を買うと、7,000円以上かかるし、

もうちょっとどうにかしてほしいところです。

SONYさん、FA-EC1AMは倍ぐらいの距離まで使えるように伸ばしてください。


とは言っても、オフカメラ位置からのフラッシュで、撮影の幅が広がるのは

事実。ワイヤレスよりもわずかだが、テンポよく撮影できますので、

持っていて損するものではないです。