Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年04月14日

ヘッダーの画像を更新しました

いつの間にかブログタイトルの文字も消え去り、なんだか締まりのない

ヘッダー画像になっていましたので、新しい画像に変更しました。


α55 & SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMで撮影した画像をLightroom4と

DxO FilmPack 3で加工しています。


ロゴはIllustratorで制作し直したのですが、線が細くなりすぎてますね。

近日中に修正したいと思います。

全体の加工はFireworks CS4を使っています。グラデーションや書き出し時の

品質が低いのが弱点ですが、使いやすいソフトです。


文字は最近お気に入りのTYPE C4シリーズから、C4 ミンニアム Eを使いました。

TYPE C4シリーズの書体はFONT×FAN HYBRIDという書体ソフトの中に含まれています。

モリサワのフォントと比べてみると、どれもくだけているので、脱力系のものには

ちょうどいいですね。お値段が安く、書体数やウエイトも揃っているので、

同人誌などでも使う人が増えてきているようです。

人気に比例しないミラーレス一眼 製品の「デザイン価値」を測る- 日経新聞

人気に比例しないミラーレス一眼 製品の「デザイン価値」を測る(1) :日本経済新聞

カメラにドップリと漬かってしまうと、どうしても性能が高い製品が気になって

しまうんだけど、操作が簡単そうって大事なことですよね。


背面ディスプレイにISOとかシャッタースピードが表示されているだけで、小難しそうな印象を受けて、

結局おもちゃ(ガジェット)的に扱えそうなSony α55を購入した経緯があります。


その後、マウントアダプターを介せば、Aマウントレンズも使えるNEXシリーズが気になり、

NEX-3を知人にお勧めしてお買い上げしてもらいましたw

その後、マウントアダプターとキットレンズはプレゼントして使ってもらうことに。


デジタル一眼だと、ソニーが一番簡単そうな印象を受けましたが、

ミラーレス一眼(記事の中の5機種)となると、確かにちょっと難しそうな印象を受けます。

NEX-7は質感に本物感があり、軽い気持ちではなかなか購入には繋がらないでしょうし。

本格嗜好派向けということですね。


ニコンJ1は店頭で触ってみると、フレンドリーで、サクサク撮ることができるので、

自分でも使えそう!といった感じがします。

簡単だけど、将来本格的にもいけそうっていうバランスが秀逸ですね。