Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年04月18日

片ボケ? レンズを落としたら、思いっきりずれた 1680ZAを修理に出す& TLM取り外し

オフカメラケーブルでカメラとフラッシュをつなぎ、それぞれ三脚の上に載せていました。

フラッシュの位置をずらそうと動かしていたら、オフカメラケーブルの昔の電話みたいな

部分が縮もうとして、カメラを思いっきり倒してしまいました。


そのとき使っていたレンズがよりによって1680ZAだったので、大ショック。

やっぱり衝撃が加わると光軸がずれて、周辺露光量が変わったり、ピントの位置がずれて

しまいます。


ソニーに電話して修理を依頼しました。

近日中に運送業者さんが引き取りにきて、梱包材も用意してくれるそうです。


ついでにトランスルーセントミラーだけ部品取り寄せできるか尋ねてみたら、

それは無理とのこと。部品代安くて、取り外しが簡単でも、

やっぱり修理を依頼しなくちゃいけないようです。


TLM取り外し参考動画

Sony Alpha A33 / A55 Mirror Removal.wmv - YouTube


TLMを取り付ける枠は、奥側がばね状になっていて、手前のツメ2本で

引っかかっているだけです。押し込んで、ツメからずらせば

外れます。

こんなマイナスドライバーなんてリスクの高いものを使わなくても、

取り付けはできます。外すときは使ったほうが楽でしたが。


TLMはプラスチックに似た材質なので、レンズと同様に拭き掃除をしたら

すぐに擦り傷ができてしまいます。無理せず清掃依頼をしたほうが無難です。


ちなみにTLMが汚れた際に、保証期間内にソニーに依頼したら、無料で

清掃をやってもらえました。