Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年04月28日

color munki photoを購入した キャリブレーション後は、Adobe RGB色域のカバー率が広いディスプレイがやはり美しい。

Windows7 64bitのデスクトップPCでは問題なく使用できましたが、

同じくWindows7 64bitのノートPCではソフトウェアが起動せず。

現在原因を調査中。

解決しました。

color munki photoが特定の環境でソフトウェアが起動できない場合の対処法 - JJsの日記


f:id:JJs:20120428100514j:image


操作は簡単で、デュアルディスプレイでも問題なくプロファイルを作成・適用できる。

XPでデュアルディスプレイにしている方は、ディスプレイそれぞれに違うプロファイルを

適用できない仕様(XP)なので、Windows7に買い換える必要がある。


デュアルディスプレイで、それぞれキャリブレーションは成功し、色被りのほとんどない

状態にできたが、ディスプレイの性能の差が如実に分かるようになった。

色そのものはほぼ同一なのだが、発色できる色域の差があるので、Windows7のデフォルト設定である、

壁紙のブルー色部分が全く違った色に見える。


sRGB対応のディスプレイに比べ、Adobe RGBに対応したディスプレイはシアン〜グリーン色域において、

鮮やかかつきれいに発色できている。

sRGB対応のディスプレイは青1色のみでグラデーョン表示されているような感覚。


やはり表示可能色域の違うディスプレイはそれぞれキャリブレーションが取れていても、

違う色に見えてしまうことが分かったので、なるべくAdobe RGB色域に対応しているディスプレイで

写真画像を鑑賞・レタッチする必要性があると認識できた。


詳しい使用方法については次回。



キャリブレーションについては以下が分かりやすい。

ソフトウェア・キャリブレーションとハードウェア・キャリブレーションの違い | EIZO株式会社