Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年06月30日

GREEN.L CPLフィルター( Slim)をTAMRON A09(28-75mm F/2.8)&α900で試し撮りレビュー (C-PL filter)

最近中華製フィルターを各種見かけるようになってきましたが、今回CPL(円偏光)フィルターを

購入しましたので、さっそくレビューします。

GREEN.LのCPLフィルターは通常の厚みのものと薄型のものがありますが、

今回は薄型をチョイスしました。

薄型だと、広角レンズで使用した場合でもケラれる心配が少なくなります。

f:id:JJs:20120629171210j:image

今回使用するレンズはTAMRONのA09(28-75mm F/2.8)です。

GREEN.L CPLフィルター( Slim)は随分と薄型で、フィルター装着後でも、

花形フードを問題なく装着できます。

f:id:JJs:20120629171207j:image

フィルタ装着前

f:id:JJs:20120629171209j:image

装着後

f:id:JJs:20120629171208j:image

色が濃いため、2段分ほどシャッタースピードが落ちます。


さて、外で実際に試し撮りしましょう。

まずは広角端でケラレがないかチェック。

f:id:JJs:20120629172402j:image

フルサイズ28mm端でも問題なく撮影できました。


フィルター装着後、一番反射するように調整した写真。

(最もフィルターの効果がなく、フィルター未装着とほぼ一緒)

f:id:JJs:20120629172359j:image

水面が反射して白く光っています。また葉や花も

白っぽいです。


次にCPLフィルターの効果が最大になるように調整した写真。

f:id:JJs:20120629172400j:image

水面の反射がなくなり、濁った緑色をした水中が見えます。

葉や花の色は濃くなるものの、少しベタっとした印象です。


最後にフィルターの効果がほどほどに効くように調整した写真。

f:id:JJs:20120629172401j:image

適度に艶があり、白っぽさも抑えられています。


解像度チェック。フィルタ効果が一番低い位置に調整したものを拡大。

f:id:JJs:20120630182950p:image

風が強くて被写体ぶれを起こしていますが、特にフィルタに起因する解像度の

低下はないようです。


まとめ

マイナス点

  • 購入して初回開封した時点で、ホコリ、フィルター表面に洗浄剤の拭きムラがあり、

品質管理は少し問題あるので、気にならない人向け。

(自分できれいにすれば問題なし)

  • ケース内の紙が邪魔なので抜いて捨てた。
  • 薄くてレンズに嵌めにくい。
  • シャッタースピードが落ちる。

プラス点

  • 一応ケースがついていて、クッション付き。
  • 日本製薄型フィルターの1/4以下の値段なのに、反射を除去する効果という本質的な

部分で問題ありません。

  • 解像度の低下、色づきもほぼ分からないレベル。
  • TAMRON A09では広角端(28mm)でもケラれる心配なし。

お勧め度

普通に撮っている分なら問題なし。

f:id:JJs:20120630190204p:image

2012年06月29日

Photoshop 手書き風テクニックをPhotoshop CS6で試してみる

Photoshop 手書き風テクニックという書籍を入手しましたので、

さっそくレビューします。


内容はタイトルそのままで、Photoshopを使って、写真を手書き風にレタッチして

いくサンプル集となっています。

画像素材はマイコムのHPよりダウンロードできるので、

書籍の内容をそのまま自分の環境で試すことができます。

index


うちの製作環境は画像の通りです。

f:id:JJs:20120628051749j:image

Z120BWいいよ、Z120BW。スピーカーケーブル短すぎるのが難点だけど。

Stereo Speakers Z120 Z120BW ハイコストパフォーマンスのスピーカーをオーヲタ目線でレビューする - JJsの日記


そういえば、Intuos4のドライバを入れてなかった。

WacomのHPを見てみて、最近Intuos5が出て、しかもワイヤレスになっているのを今日知って驚愕

f:id:JJs:20120628053424p:image

左利きだからっていうのもあって、Intuos4が左側にきているのですが、

画像で改めて見ると、Intuos4から伸びてるUSBケーブルが邪魔です。


Adobe Creative Suite 6 Design & Web Premiumの中のCS6 64bitを使って

書籍の内容に挑戦してみました。

このままだと寂しいので音楽を書けながらやってみましょう。

Disco - YouTube

f:id:JJs:20120628051750p:image

最近はてな界隈で音楽業界が不況とか話題に挙がったけど、

音質を追求するオーヲタでないかぎり、過去の名曲をYouTbueで楽しむだけで

十分だと思う。


実際に真似してやってみた

f:id:JJs:20120628051746p:image

やってみると、バージョンが違うからなのか、「輪郭のトレース」の

トレース具合が違う…

設定値を自分で適当に変えながらやってみました。

サンプルにはデカデカと著作権表示が。うん、ちょっと邪魔なんだけどw

練習だからよしとしましょう。

f:id:JJs:20120628051747p:image

順番に解説にしたがって作成を進めていきます。

ここでIntuos4のブラシが処理落ちしまくって、リアルタイムに描写されない不具合が。

Photoshop CS6はやはり少し重いのでしょうか。CS4ではブラシで処理落ちはなかったのに。

f:id:JJs:20120628051748p:image

やっていて気付いたけど、指定されたブラシはペンタブだと筆圧が合わずに書きにくい。

ものすごくやっつけ仕事になり、サンプルとはかけ離れたものになってしまった。


f:id:JJs:20120628051745p:image

この手の製作解説書って、やっていると、あれっ?

操作が分からないとか、解説飛びすぎで分からなくなること多数。

古びた紙とワンちゃんの画像の大きさが違いすぎて、どうやって合わせるのか

さっぱり分からないや。

レイヤーを無理矢理重ねてやったけど、ワンちゃんの位置が上にずれてしまいました。


f:id:JJs:20120629101722p:image

画像の周辺部が、ちょっとへんな濃さになってしまった。


こんな感じで、ずれながら、分からないままでもとりあえずやってみると、

やってみて初めて分かることが多いなあと実感します。

流れとしては

  • 写真を読み込み
  • 加工しやすくするためぼかしをかける
  • エッジのポスタリゼーション
  • 他の画像と組み合わせたり、ブラシツールでレタッチ、フィルタをさらにかける

といったものです。

細かいテクニックの組み合わせが加工したい写真によって多少異なるので、

いろんなアプローチで手書き風レタッチを覚えてみるにはいいかもしれません。

2012年06月28日

Ivy Bridgeに対応したBIOSにアップデートする  −ASROCK Intel P67、H67、Z68シリーズマザーボード

前回の続きです。

Z68 pro3-MでIvy Bridgeに対応、ロケールID 1041のブルーバック多発のためBIOSアップデート - JJsの日記

前回で、Ivy Bridgeに対応したBIOSにアップデートする準備は整いました。

今回は引き続きBIOSアップデートを行います。


6月13日にASROCKのInstant Flash方式でのアップデートバージョン2.2が

発表されましたので、これをダウンロードします。

404 - File or directory not found.

f:id:JJs:20120626213311p:image


これを解凍してフラッシュメモリーにBIOSのファイルをコピー。

f:id:JJs:20120626213314j:image


一旦Windowsを終了させ、再起動。F2キーかDELキーでBIOS画面へ。

「Advanced」の「Instant Flash」を選択。

f:id:JJs:20120626213312j:image


ここで、「Reboot」や「Refresh Device」を選ぶと面倒なことになりますので、

「Z68P3M2.20」を選択しましょう。(最初クリックできるとは思わなかった)

f:id:JJs:20120626213313j:image


インストールが進みます。

f:id:JJs:20120626213315j:image


成功したようなので、適当にキーを押します。

f:id:JJs:20120626213316j:image


一旦再起動になり、前回で終わりと思ったら、再度インストールが始まります。

f:id:JJs:20120626213317j:image


インストールが終わると、BIOSのアップデートは完了し、

新しいUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)に切り替わります。

ファンコントローラの設定が少し変わったようです。

f:id:JJs:20120626213318j:image

以上でBIOSアップデートは完了です。


BIOSアップデート後は、PCIバスに追加したオーディオボードが再度認識されるようなので、

一旦オーディオ出力が鳴らなくなったりして、かなり手間取りました。

さらにASROCKでダウンロードしたIntel MEをBIOSアップデート後に再度インストールしようとして、

失敗し、システム復元になってしまった。IntelでダウンロードしたIntel MEで問題ないので、

ASROCKでダウンロードしたIntel MEは触ったらダメでした。

f:id:JJs:20120626213319j:image


その他、BIOSアップデートの結果として

  • 起動時のWindowsロゴ画面(ピロピロ画面)が一瞬しか表示されず、ディスプレイへの出力が

Windowsが立ち上がるまで出なくなってしまい、ディスプレイが何度も点いたり消えたりするなど、

面倒になった印象しか残りませんでした。


BIOSのバージョン1.60でもたまにOS起動しないことはあったものの、一応は安定していたので、

Sandy Bridge CPUを使い続けるならば、無理にアップデートする必要はないようです。


10月19日追記

そのままアップデートしたBIOSのバージョンで使い続けていますが、今は安定しています。

BIOSアップデート後の不安定さは何が原因かよくわからなかったのですが、

使い続けていたら、windowsの自動updateなどが理由なのか、いつの間にか安定するようになりました。



10月29日追記

このBIOSの状態で、Windows8にアプリケーションのデータを引き継いで使っていますが、

安定しています。ただこのASROCKのBIOSは起動時に時間かかり過ぎるんだよなあ。


Windows8のOS起動がかなり速いので、BIOSの遅さが目立ってしまいます。


時代の流れとして、HDD⇒SSDで起動が速くなり、Windows7⇒Windows8でさらに速くなった。

次はいかに立ち上がりの速いマザーボード(BIOS)を選ぶかが大事になるかも。

2012年06月27日

Z68 pro3-MでIvy Bridgeに対応、ロケールID 1041のブルーバック多発のためBIOSアップデート

電源投入後、フルスクリーンロゴ画面(POST画面)から切り替わらず、Windows7が立ちあがらなくなりました。

f:id:JJs:20120627174333j:image


DELキーを連打してもBIOS設定画面(UEFI)にも入れず困ったので、ジャンパーピンでCOMS クリアーをして、

再度電源投入。


しかし、一回目はいきなりブルーバック画面で、一旦落ちた後、再起動しました。

f:id:JJs:20120626120050p:image


調べてみると、マザーボードが原因でブルーバック画面になりやすいようです。

エラーのロケールIDは 1041で、調べてみると、同じZ68 pro3-Mで、

同様の症例が見つかります。

f:id:JJs:20120627173848j:image


BIOSのアップデートをしたら直るのかと、公式HPを確認してみると、

Intel P67、H67、Z68シリーズマザーボード全ラインでIntel Ivy Bridge CPUを

サポートすることができるようになることを発表

ASRockのZ68、P67、H67シリーズマザーボードがIntel Ivy Bridge CPUをサポート!

だそうで。Ivy Bridgeまではマザーボードを買い替えなくても対応できるそうです。

雑誌の立ち読みによると、内臓GPUはそれなりに強化されているものの、処理速度は

Sandy Bridgeから高いお金を出して買い替えるほどでもないとのこと。


とりあえず今のBIOSについて、versionを調べる必要があります。

ASRock > サポートとサービス > BIOSバージョンの調べ方


ASROCK公式HPにBIOSバージョンの確認方法が掲載されており、CPU-Zで調べることも

できることが分かりました。


一度クリーンインストールしてCPU-Zがインストールされていない状態なので、再度

インストールします。このとき、余計なツールバーがインストールされないように

チェックを外します。

f:id:JJs:20120626120048p:image


さっそくCPU-Zを使い、BIOSのバージョンはP1.60であることが分かりました。

f:id:JJs:20120626120049p:image


今回Intel Ivy Bridge CPUに対応したBIOSにアップデートするにあたって、先に

ドライバ関係をインストールしておく必要があるようです。

404 - File or directory not found.

f:id:JJs:20120626120047p:image


インストールが必要と記載されているのは

  • AXTU
  • Intel MEドライバ
  • VGAドライバ

これを先にインストールしておきないと、BIOSアップデート後にドライバ要因でのブルースクリーン

なるとネットで記事を見つけました。


AXTU(Windows上でBIOS設定ができるASROCKのソフト)は現在使用していないので、今回はインストールしません。

ME_Win7-64_Win7_Vista64_Vista_XP64_XP(v8.0.2.1410_1.5M).zip(45.1MB)をまずダウンロードします。


解凍して実行。

f:id:JJs:20120626211829p:image


これが上手くインストールできずに失敗。

f:id:JJs:20120626211830p:image


代わりにMicrosoftのHPよりME 8をダウンロードします。

Intel ME 8: Management Engine Driver for Intel 6 & 7 Series Chipset-Based Desktop Boards

ドライバーおよびソフトウェア


ダウンロードしたものを実行して適用します。

f:id:JJs:20120626211831p:image


次へをクリック。

f:id:JJs:20120626211832p:image


インストールが完了しました。

f:id:JJs:20120626211833p:image


最後にVGAドライバですが、ダウンロードして実行したところ、すでに最新versionが適用されているとのこと。

こちらは適用せずに終了させます。

f:id:JJs:20120626211835p:image


これでIvy Bridgeに対応したBIOSアップデートの準備は整いました。


以下へ続く。

Ivy Bridgeに対応したBIOSにアップデートする  −ASROCK Intel P67、H67、Z68シリーズマザーボード - JJsの日記

2012年06月26日

ニッシンデジタルのフラッシュ使い方講座が分かりやすい

先日の6月22日に「ニッシンデジタル オンライン講座 第10回 日中シンクロ 基本編」が

アップロードされました。

リンク

ニッシン オンライン講座 第10回 日中シンクロ 基本編 - YouTube


RAW現像を施す前の写真のためか、仕上がりの追い込み不足を感じることも

ありますが、フラッシュ全般の使い方を学ぶには、非常に分かりやすいと思います。


本講座中にバウンス時に、壁の色が赤色などの場合は色被りを起こすことの

サンプル動画が含まれています。

デジカメのオートホワイトバランスでも色被りが取れませんし、

レタッチ(RAW現像時)でも直すのは困難です。


白い壁にバウンスさせた場合ではオートホワイトバランスである程度

きれいに撮影できますが、やや黄色被りを起こしたりしています。

その場合は、撮影時にグレーカード(18%グレー標準反射板)を撮影しておくと、

目視でホワイトバランスを取るよりも楽に調整できます。


実際に自分もグレーカードを使って撮影してみましたが、蛍光灯の元で撮影した画像は、

グレーカードでホワイトバランスを取っても黄色被りを完全に取ることはできませんでした。

やはり撮影時にフラッシュなどを用いて色被りのない光源で撮影するのは大事ですね。

2012年06月25日

M950の交換品が届いた

サイドボタンが効かなくなったLogicoolのマウス:M950の代替品が先週末に届きました。

問い合わせが先週の月曜日、マウスが届いたのが土曜日なので、対応は早いです。


左が2年ほど使ったマウス。ロゴマークなどはすっかり剥げてしまっています。

またところどころ青錆びが出てます。写りこみの違いではなく、実際の見た目でも

メッキ部分の光沢が違います。

f:id:JJs:20120625141328j:image

梱包用の袋と住所が予め印刷されている送り状(着払い)が同封されいますので、

交換しなかった付属品と共に送り返すだけです。

f:id:JJs:20120625141329j:image

代替品を先送りしてくれたので、マウスが使えない日はなくて助かりました。


M950は一応Logicoolのハイエンド商品なので、デザインがよく、使い心地もいいです。

またこれからも愛用していこうと思いました。

2012年06月24日

デジタルフォト達人への道 1 2 3 レビュー

スコット・ケルビーという著者が、初心者向けに書いた書籍で、

3冊とも読むように上手いこと作られている。

Scott Kelby


日本の書籍との大きな違いは、撮りたい写真に必要な具体的な商品名と価格が

書かれている点。

結局日本だと入手しづらい物も多いが、なるほどと検討はつけることができる。

f:id:JJs:20120625030126j:image

日本の書籍だとコマーシャルフォトの内容にも近く、やはり

「ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方」シリーズに似た調子で

淡々と的確にアドバイスを読むことができる。


写真を長年撮っている人にとっては当たり前なのかもしれないが、

誰からもアドバイスをもらえずに、ひとりでいろいろ試行錯誤しながら

撮影している初心者にとっては、なるほどなと思うことが多いと思う。


特に2巻から始まるストロボ・フラッシュ関係の使い方とポートレート撮影は

興味深かった。

最近はスタジオ撮影機材も随分と安くなっているので、

レンズ一本買うよりも、フラッシュと機材関一式買うほうが

面白い写真が撮れる可能性が高いのではないかな。


定価で買え、と言われると躊躇するけど、とりあえずは一読してみるのも

いいかもしれない。



デジタルフォト達人への道 | Shuffle by COMMERCIAL PHOTO


2012年06月23日

三菱 FPL27ANX レビュー 色評価用蛍光灯に限りなく近い、高演色なツイン蛍光灯で撮影比較

平均演色評価数がRa95と太陽の光に近い光源性質を持つ、三菱オスラム製FPL27ANXを入手しましたので、

さっそくレビューします。

f:id:JJs:20120624015112j:image


まずはスペックから見ていきましょう。

三菱オスラムのカタログを見てみます。

no title

カタログから必要な部分だけ抜き出してみました。


同じ定格のランプでもFPL27ANXは暗めの全光束となります。

f:id:JJs:20120624013250p:image


注意書きは以下の通りです。 FPL27ANXの平均演色評価数はRa95です。

f:id:JJs:20120624012003p:image


昼白色5000Kの平均演色評価数はRa84です。

f:id:JJs:20120624012004p:image

FPL27ANXの分光分布(上図右側)は連続してつながっており、豊かに物体の色を再現できることが分かります。



撮影して比較する

撮影はSony α55にSAL30M28マクロレンズを使い、固定して2秒タイマーで撮影しました。


比較対象としてNationalのツイン1(パルック3波長昼白色):FPL27EX-Nを用意しました。

色温度5000K、全光束1600lm、Ra84、ナチュラル色です。

パナソニックのカタログより分光分布は以下の通りです。

照明器具 | カタログ | 電気・建築設備エコソリューション | 法人のお客様 | Panasonic

f:id:JJs:20120624015819p:image

FPL27EX-Nは長時間使用しているので、カタログスペックよりも色温度と全光束が下がっています。


このFPL27EX-NとFPL27ANXをNationalのインバータ対応スタンドLOVE EYE(SQ974B)に取り付けて比較。

f:id:JJs:20120624021041j:image


撮影時、ホワイトバランスをカスタムで5300Kに固定して撮影。

左がFPL27EX-N(5000K)、右がFPL27ANX(5500K)です。

以下の画像はFPL27EX-Nが黄色被りしているということではなく、あくまでFPL27ANXと比較した場合に

色温度が低いという目安にされてください。

f:id:JJs:20120624015348p:image


次の画像はオートホワイトバランスで撮影した後、Lightroom4の「ホワイトバランス選択」を

使って(スポイトでホワイトバランス点を選択)、カラーチャートのグレーパッチを選択し、

色のバランスを取ったものです。

左がFPL27EX-N(5000K)、右がFPL27ANX(5500K)です。

f:id:JJs:20120624022428p:image

何回かホワイトバランスを取る画素を選択し直し、微調整を行いましたが、

微妙に色のバランスが違います。きちんとホワイトバランスを取りなおしても、完全には

発色を同じにすることは難しいですね。

元々分光分布が違っており、色の再現性に違いがあるのは当たり前なのですが。


以上造花では色が単色であるため、差があまりにも分かりにくかったため、

次は人形を入れて撮影し直しました。


次にオートホワイトバランスで撮影。

FPL27EX-N

f:id:JJs:20120624021221j:image

f:id:JJs:20120624021222p:image


FPL27ANX

f:id:JJs:20120624021420j:image

f:id:JJs:20120624021421p:image

ヒストグラムはLightroom4.1のもので、WBはいじっておりません。

デジカメのほうできれいにホワイトバランスを取っているので、パッと見では

あまり変わりませんが、青色の発色と黄色の深みが違います。


最近のデジカメはホワイトバランスが随分とよくなっているので、極端に

色被りを起こすことはないようです。しかし、発色のバランスの違いは、色によっては

目立ちます。

ということで拡大して比較してみます。

同シャッタースピード、絞り、ISOで撮影した結果、わずかにFPL27EX-Nのほうが

露光量が多かったので、以下の画像はLightroom4.1で、露光量を-0.11補正しました。


左がFPL27EX-N(5000K)、右がFPL27ANX(5500K)です。

f:id:JJs:20120624025355p:image

赤、黄の深みが違います。全体的にFPL27ANXのほうがコントラストが

あがったかのようです。

f:id:JJs:20120624025357p:image

青色の深みが違います。左は色が褪めてしまっています。グラデーションの繋がりも

悪く、のっぺりとした印象です。

f:id:JJs:20120624025356p:image

左は黄色が蛍光色のようになってしまいました。右のFPL27ANXは色に深みがあり、

茶色の髪色は黄色被りなくきちんと出ています。

やはりFPL27ANXのほうが色の深みのある撮影に向いています。


印刷物を鑑賞してみると、上記撮影ではあまり差がなかったグリーンの発色も違いが

分かります。

夜間にプリントアウトした写真を見た時でも、非常にきれいな発色を楽しむことができました。


まとめ

FPL27ANXは通常の3波長昼白色蛍光灯と比べ、発色がよく、諧調が豊かに再現できる。

撮影時の色被りが最小限に抑えられる。

明るさ(全光束)はやや暗めになる。

印刷物やプリントアウトしたものを、夜間でもより正確に評価できる。

定価は少し高めだが、割引されているところで購入すると、通常の3波長昼白色蛍光灯とあまり変わらない。


※上記画像の違いが分かりにくい場合は、キャリブレーションが適正でないか、再現できる色域が狭い

ディスプレイの可能性があります。うちでも安TNパネルを使ったノートパソコンで確認したところ、

さっぱり違いが分かりませんでした。


13年4月17日追記

高演色のランプと一緒に照明器具をリストアップしました。

価格別 色評価蛍光灯導入のススメ - JJsの日記

2012年06月22日

いろいろ購入  18%グレー標準反射板 Amazonベーシック デジタル一眼レフカメラ用バックとか

ちょっと前からAmazonオリジナルのブランド、Amazonベーシックのカメラ用バッグを使用しているのだが、

これがなかなか収容力があって使いやすい。

持っていきたいレンズはほぼ収まる。

f:id:JJs:20120623003724j:image


80mmF2.8、50mmF2.8、Lensbaby composer pro、50mmF1.4、24-75mmF2.8、70300Gの6つのレンズ

ボディ:α900、フラッシュ:HVL-F58AM、三脚、予備のCFカード、C-PLフィルター、地図、お財布、500mlペットボトルなどが

すっぽりと収まる。

フラッシュかレンズ一本諦めれば、α55も入れることができる。


購入時に一番不安だったのは、ボディを取りだそうとして、他のレンズが落ちる心配はないか?

ということだったが、そんな心配はいらなかった。


それにごく当たり前のことだけど、ファスナーも開けやすい。詰め込むと引っかかって開かないなどあると

ストレスがあるものだが、実にスムーズで実用上問題なし。


さすがにシューティングバッグのようにすぐに取り出して、すぐにしまうことができないのが

実用上の欠点だが、このバッグに限ったことじゃないし、収容力とトレードオフだから、

撮影する場所によって使い分けることにしている。


これだけ持ち歩いていると、プロの方ですか?とかよく訊かれるようになったが、

たぶんα900のトンガリ頭が異様な威圧感があるからなんじゃないかなと邪推している。

以下バッグのまとめ。


欠点

  • シューティングバッグ、サイド取り出し型のバッグに比べて、カメラの出し入れに時間が少しかかる。
  • バッグ底に足つき突起がない。
  • サイドポケットにはペットボトルが入らず収容力にやや不満。中には入る。
  • 三脚を止めるバックルを2本中1本を無くしてしまった。バックルを外したままうろうろするといつの間にか

取れてしまうので、三脚を外したあとは、きちんと止めておきたい。

  • バッグ表面の紐は飾りなので、ペットボトルなどは留められない。

など揚げ足取りに近いものばかり。


利点

  • 上記のように十分な収納力がある。
  • しきりはマジックテープ式で自由なレイアウトが可能。
  • 大きさの割には軽い。背中のクッションも十分なので、背負ったときのフィット感もよい。
  • 折りたたみ式の三脚を側面部分に止めることができる。
  • ファスナーはゴム製の柔らかい取っ手がついており、機材への傷がないように配慮されている。
  • 中の仕切りも十分。
  • 他社同収容能力のバッグに比べて圧倒的に安い。
  • Amazonベーシックについては一年保証がつく。

ということで、安くて収容力があるバッグをお探しの方にはお勧めです。


あとは18%グレー標準反射板とか三菱 FPL27ANX ツイン蛍光灯というごく一般的な卓上スタンドの中で

色評価蛍光灯に近いスペックを持った蛍光灯とかを購入。

届くのが楽しみ。

⇒レビューしました。

三菱 FPL27ANX レビュー 色評価用蛍光灯に限りなく近い、高演色なツイン蛍光灯で撮影比較 - JJsの日記

2012年06月21日

Adobe CS4とCS6は共存可能だが、SSDの容量が少なくなってきたので、CS4をアンインストールしてみた

Adobe Creative Suite 4 Web Premiumを先にインストールしている環境で、

CS5.5 web premiumからの無償アップグレードで、CS6 Design and Web Premiumを

追加でインストールしました。

アップグレード版のCS6を入れても、元々入れておいたCS4も消されずにそのまま残せます。


現在システムドライブ(C:)はADATAのSSD S510 120GBを使用中です。

CS4とCS6、Adobe Premire Elements 10、Lightroom4、Microsoft Office 2007以外はこれといった

ソフトウェアを入れていない現段階で、SSDの残り容量が34.2GB/111GBとなっています。


SSDは残り容量が少ないほど、アクセスして一時的に書き込みする箇所が偏ってしまい、

寿命が短くなるだとか、使い込んでいるうちにスピードが遅くなると言われています。

というわけで少しでも容量を増やすためにCS4をアンインストールすることにしました。

f:id:JJs:20120621232749p:image

CS4 Web Premiumは全部で約8.6GBだそうで。


CS5からSoundboothがなくなったようで、これだけ残しておくことにしました。

f:id:JJs:20120621232750p:image


その結果、空き容量は34.9GBです。うーんやはり少ないが仕方ないでしょう。

というより、ほとんど容量が増えていません。消さなくてもよかったかな。

f:id:JJs:20120621233225p:image


Adobe製品をずっと使ってこられている方はご存じかと思いますが、

バージョンアップして、よくなるどころか、バグが増えて使い物にならないことが

よくあります。非常に細かい部分で、かつ特定分野でのお仕事で使っている方しか

使わない機能に限ってバグが増えていたりで、そのバグが致命的になることも

あります。

というわけで、なるべくなら前のバージョンのCSも残しておくほうが、

本当はベターでしょう。


CS5.5の無償アップデート版ならCS4、CS5.5、CS6と手元に残しておけるので

いろんな業務で使っている方にとってはお得なのかもしれません。

2012年06月20日

Amazonで購入したLogicoolのマウスは保証されるのか? パフォーマンスマウス M950

最近になってLogicoolのマウス:M950のサイドボタンに割り当てた

「戻る」機能が機能しなくなりました。

f:id:JJs:20120620224745j:image

一時的に効かなくなったのだろうと、しばらく放置していましたが、

やはり「戻る」ボタンがないのは致命的に面倒です。

電池を替えたり、SetPointで再設定しても動きません。

はて、困ったなあ、購入したお店どこだっけ?

いつ頃かもあまり覚えていないや。


ヤフオクで前に使っていたLogicoolのマウスが壊れたので、M950に買い替えたんだっけ。

で、評価を辿って調べてみると2010年の6月頃。

この頃に購入したのなら、hotmailにやり取りが残っているはずと、調べても

何もない。

うーん、ということはAmazonの購入履歴に残っていないのか?

と調べてみたらビンゴ!

2010年の4月に購入していました。M950の保証期間は3年間なので、保証期間内です。

M950の発売予定日が2009/11/6となっているので、発売日に購入しても

まだ3年経っていないことになります。

一応Amazonの購入履歴をプリントアウトしてから、ロジクールに電話してみました。


!!!

淡々と結果のみを書く予定でしたが、今回の電話窓口担当の方がなんだか面白い。

陽気なハワイアンか、ダイエットのエクササイズでもやっているかのよう。

でも、受付はスムーズかつ受付後のメール送信は迅速かつ、対応は機転のきく方でした。

地頭よさそう。


Logicoolの保証受付の流れは


  • 電話で故障内容を伝える(メールでも可)
  • 保証内容に合致しているか確認してもらう
  • メールアドレスを伝える
  • メールアドレスに住所氏名を記載し、保証書or購入が証明できる画像を添付。

f:id:JJs:20120620224746j:image

  • Amazonでの購入した場合は購入履歴の画面をキャプチャしたものでもOK
  • 先送りで交換品が送られる
  • 故障したマウスを着払いで送り返す

となります。


ちなみに電話での対応時に以下の質問をしてみました。

付属品を無くしてしまったので、本体のみ交換してほしい。

と伝えたところ、付属品も含めて一式送るので、本体とレシーバを交換して、付属品は

そのまま返してねということでした。


ということで購入履歴の画面をSnipping Toolでキャプチャし、添付してメールしておきました。

すぐに返信がきて、3営業日に交換品を発送するとのこと。

ということで、この話の続きは来週頃の予定です。



ちなみにLogicoolのマウスが壊れたのはこれで3回目。故障率は高いですが、

握りやすさと、マウスの操作精度、爆速縦スクロールボタンを考慮するとLogicool一択です。


M950はちょっとサイズが大きすぎるという批評がありましたが、今はG700という安くて

サイドボタンが多いものが人気があるようですね。

2012年06月19日

color checker CLASSICを試してみる color munki photoのおまけ

color munki photoの同梱物にcolor checker CLASSICという

無光沢の24色からなるカラーチャート(色票)がついてきます。

63mm×108mm程度の大きさしかないので、小物を撮る程度の大きさで

使える大きさです。

パッチのデータは以下で公表されています。

http://xritephoto.com/documents/literature/en/ColorData-1p_EN.pdf:title=NP-Web x-rite ColorCheckerデーター]

ものすごく適当に机の上のものを、カラーチャートを置いて撮りました。

f:id:JJs:20120618235419j:image

修正前

f:id:JJs:20120618235200p:image

f:id:JJs:20120618235420j:image

やや黄色被りですね。


この画像をLightroom4で現像します。

「基本補正」の「色表現」パネルにスポイドがありますので、

スポイドでグレーのパッチを選択します。

無彩色のはずが、やや色帯びしているのが分かります。

しかもスポイドで選択する際に、同じグレー色のパッチ上なのにもかかわらず、

選択するドットによって微妙に色が違うのが気になるところ。

とりあえず、グレーパッチ上で表面積が一番広そうな色をしている

ドットからを拾ってみます。


修正後

f:id:JJs:20120618235417j:image

f:id:JJs:20120618235159p:image

f:id:JJs:20120618235418j:image

白いパッチの被りが取れ、他のカラーパッチも彩度が上がったかのように

鮮やかになりました。

色被りを起こしていると、やはり色はくすんでいるということなんですね。

セロハンテープの土台が、実際の見た目よりも鮮やかな青色になっているのが

気になりますが、パっと見の色はきれいだと思います。


ネットで調べた結果、Lightroomを使うよりもPhotoshopで色調整したほうが、色被りがきれいに

取れそうな情報が入りましたので、Photoshopでの補正はまた次回。

2012年06月18日

はてなでの比較画像の書き出し方  レタッチ前の画像がレタッチ後の画像によって上書きされるのを防ぐ

Lightroom3やLightroom4でレタッチ前、レタッチ後の比較画像を製作し、それぞれ違う名前をつけて

書き出しをする。

その後、はてなの日記に掲載するために、それぞれHatenaFotolifeにアップロードすると、

名前を変更していて、ファイル容量などが違うのにもかかわらず、後からアップロードしたほうで

上書きされてしまう不具合がある。


どうやらEXIF情報を拾って、同じ画像を何枚もアップロードしてしまうのを防ぐ仕組みになっている

ようだが、レタッチ後の画像や、トリミングした画像までも同じ画像として処理されては

たまらない。


フリーソフトのEXIF viewerを使って、EXIF情報を削除していたが、非常に手間がかかって

面倒だった。

EXIF情報を拾って上書きされるのであれば、Lightroomで書き出す際にEXIFデータを消せばよいことに

後で気付いた。

Lightroomで書き出し⇒メタデータで「すべて」となっている部分を「著作権情報のみ」に変更して

書き出せば、基本的なEXIFデータは消去される。

f:id:JJs:20120618192518p:image


これではてなでもレタッチやトリミング後の比較写真を簡単にアップロードすることが可能となった。

2012年06月17日

SSDの速度低下を防止するSecureErase

久しぶりに自作PC雑誌を立ち読みしていたら、SSDの特集記事があった。

SecureEraseというものを使えば、速度低下を防げることが判明。

DOS/Vに詳しく詳細が書かれていた。

SSD使いこなしテクニック 3/3 | SSD完全攻略マニュアル | DOS/V POWER REPORT


SecureEraseとは、SSDのすべての物理ブロックを消去(イレース)することである。SecureEraseを実行するとSSDに書き込まれていたデータはすべて消去され、SSDのデータ転送速度も初期の高速な状態に戻せる


ADATAのSSDに試した方がいらっしゃるので、うちのAS510S3-120GM-Cでもたぶん使えるでしょう。


価格.com - 『sandoforceコントローラSSDのsecure eraseはホットプラグで』 ADATA AS599S-64GM-C のクチコミ掲示板


雑誌によると、読み書きスペックの違いはあれど、どのSSDでも、OS立ち上げにかかる時間は30秒程度と

実用にはあまり差がないと書かれていた。

AS510S3-120GM-Cはすでに8,000円を切っていたし、あともう少しすれば256GBでもかなり安く入手できそうだ。


今のところ、速度低下は見られないが、下がった場合はSecureEraseを使おうと思う。

2012年06月16日

TAMRON A09が修理から帰ってきた。

販売店経由で半月過ぎて、やっと修理から戻ってきました。

ボディも一緒に預けていたので、かなり待ち遠しかったのですが、きちんと直ったのかちょっと

試しに撮ってみました。

修理を依頼したのは以下の4点。


1.前ピンである

⇒ボディと一緒に預けたので、フォーカスポイントでの合焦精度はかなりのもの。

やはりボディを預けて正解。たまにキュルキュル音が鳴り、合焦ポイントまで

フォーカスを合わせようとして小刻みに動き、フォーカスが遅くなる場合があるものの

ピントはやはり外さないので、撮っていて気持ちがよい。


2.像面湾曲があって、右側周辺部がボケる

⇒分解後、部品交換をしてもらったらしく、ワイド側の右側周辺部の解像度が明らかに直っていた。

その代わり、今度は左上に強い像面湾曲が出てわずかにボケるようになった。

これはズームレンズの構造上、仕方ないと思う。その代わり全体の解像度は

上がっている。修理前から中央部の解像度は解放から素晴らしい。

絞ればワイド端からテレ端まで、周辺部も解像度が面白いように上がり、問題なく使用できる。


3.ズーム作動引っかかりがあって、動きが渋くなる個所がある

⇒分解修理してもらって、ものすごくスムーズ。これはかなりいいのではないかと

いろんなズームレンズを試しに回してみた。


スムーズな順

Sigma 70-200mmF/2.8>70-300G>MINOLTA 35-70mm>1680ZA>A09

と結局は最下位なのだが、悪くはない。スムーズさで比べると、インナーズームの

70-200mmが頭一つ抜けていて、他はあまり差がない感触だった。


4.フードに傷があった

⇒傷と思ったのは汚れだったらしく、清掃してもらったとのこと。

ものすごくきれいなフードに変わっていたので、びっくり。

キャップ、フードとも緩みなく、非常に良い。


というわけで、修理に出したら、とてもよいレンズに生まれ変わっていたので、

非常に有難い。値段を考慮すると非常に素晴らしいレンズです。

ボケ味もよく、気に入りました。

たまに魚住誠一さんがお勧めしているのを雑誌等で見かけますが、なるほど納得です。

2012年06月15日

あら、とんでもないのがあるんだね

価格.comで、久しぶりにα900の記事を読んでいたら、サービスマニュアルが存在しているそうで。

以下略

ヒント A900 service manual

2012年06月14日

Sony純正 Adobe Photoshop Lightroom「αプリセット(α900用)」をLightroom4.1で試す

SonyよりAdobe Photoshop Lightroom「αプリセット(α900用)」がダウンロード提供されている

ので、これを試しに使ってみました。

アップデートプログラム | VAIO | サポート・お問い合わせ | ソニー


プリセットの効果は以下の通り。

ソニー製デジタル一眼レフカメラ"α900"で撮影したRAWデータをLightroomでJPEG現像する際、αのカメラ本体での絵作りに近い画像が得られるように各種調整値をプリセットデータとして用意したものです。

Lightroomで画像調整する際の出発点としてご利用下さい。


対象製品は「Adobe Photoshop Lightroom 2.x」がプリインストールされているVAIO製品の

いくつかとなっていますが、Lightroomのプリセットの性質上、どのパソコンでも

使用できます。

またα900用と銘打ってますが、他のα製品でも適用できますし、他社製品でも適用できます。

Lightroomのverが違う場合は、プリセットの色バランスが悪かったりするのですが、

果たして今回はどうなんでしょう。


さっそく適用してみた

インストールは上記URLに丁寧な解説があるので省略。

まずは適用前の画像

f:id:JJs:20120614181844j:image

α900+70-300G 1/125秒 f/5.0 ISO 640 焦点距離110mm 天気:曇り

わずかにアンダー気味ですが、諧調は豊かに残っていますので、RAW素材としてはまずまず。

f:id:JJs:20120614182219p:image

この画像にαPresetを適用します。

f:id:JJs:20120614182216p:image

適用後の画像

f:id:JJs:20120614182220j:image

なぜか露光量が上がったような感じ、もしくはコントラストを上げたような

画像になっていますが、設定値を確認すると、どちらも変わっていません。


設定値が変わったのは輝度と色度座標値のみ。

f:id:JJs:20120614182217p:image

f:id:JJs:20120614182218p:image

またプロファイルがLightroom4では標準のAdobe StandardからACR4.6に変更されています。


このプリセットのテイストを守って、Lightroom4にアレンジしてみました。

露出を-0.33、プロファイルをAdobe Standard、アクアの輝度を-11、ブルーの輝度を+7、

レッドとブルーの色度座標値を以下のようにしてみました。

f:id:JJs:20120614184632p:image

ちょっとまだ色のずれが気になりますが、

これでプリセットを新規登録し直せば、α900のjpeg風味な画像に仕上がります。

f:id:JJs:20120614184633j:image


αユーザーの方はもちろん、他ユーザーの方でも、試してみてはいかがでしょうか?

ダウンロードは以下からどうぞ。

アップデートプログラム | VAIO | サポート・お問い合わせ | ソニー

2012年06月13日

Lightroom 4.1のパープルフリンジ除去機能が強烈すぎる ―フリンジ軽減機能を試してみる

Lightroom4のアップデートversionの4.1が公開され、不具合の修正、新しいカメラのサポートなどが

追加されましたが、なんといっても目玉はフリンジ軽減機能。

写真編集チュートリアル | Adobe Creative Cloudチュートリアル


物体のフチにできる色のにじみは、一般的にはパープルフリンジとかパーフリと呼ばれていますが、

紫色以外にも青緑色側のフリンジも強力に除去できるので、

フリンジ軽減機能と呼んでいるようです。


いつかソフトウェアでフリンジを消せる日が来るだろうと、わざと残しておいた

画像があります。

f:id:JJs:20120613005815j:image

Sigma 50mm 1.4 EX DG HSMで、フリンジが出やすい逆光位置で撮影したもので、

ちょっといじわるな画像です。トリミングなしで、これだけ縮小された画像でも、

紫色と青緑色のフリンジが盛大に出ているのが分かります。


Lightroom3でフリンジ除去しようとしましたが、ほとんど除去ができずに残ってしまい

諦めていました。


で、ここからが本番。4.1にアップデートしたLightroom4には「レンズ補正」パネルの「カラー」に

フリンジ軽減が追加されました。

f:id:JJs:20120613010530p:image


細かいことは抜きにして、紫だったら上側、青緑だったら下側の「適用量」スライダーを全開まで

スライドさせます。これですっきり消えるはずが、まだフリンジが残っている場合があります。

そのときに「Purple Hue」や「Green Hue」で消えていないフリンジの色が含まれている範囲を

指定してあげます。


すると、Lightroom3では消すことができなかった頑固なフリンジが、

あらまびっくり、簡単に消せます。

このままだとフリンジ軽減の適用量が多すぎて、コントラストが低減してしまうので、

フリンジが消せるぎりぎりの値まで「適用量」を下げます。


これで、消せそうにもなさそうだったフリンジが

f:id:JJs:20120613010531p:image

f:id:JJs:20120613010532p:image

こんなにきれいに消えました。


※消したいフリンジをスポイドで選択すれば、もっと簡単にフリンジを消せます。


オールドレンズや安レンズ、大口径レンズで困っていたフリンジも、ほぼ消せないものはないレベルまで

進化したLightroom4.1のフリンジ軽減機能はすごいですね。


補正ブラシでのフリンジ軽減方法

Lightroom 4.1のフリンジ軽減がうまくいかなない場合 - JJsの日記

2012年06月12日

USB3.0対応カードリーダー比較まとめ CFカードスロットのUDMA対応状況などで比較

各社からUSB3.0対応カードリーダーが発売されていますが、いったいどれがいいのか

さっぱり分かりません。


とりあえずはカタログスペックのUDMAに着目し、主にCFカードで速そうな機種は

どれかを探ってみました。

(もちろんUDMA7に対応している機種がUDMA6まで対応している機種よりも速いとは限りません)

コンパクトフラッシュアソシエーションがCF 6.0規格を発表、CFAロゴとウェ&#1250

現時点で現行のUltra DMAモード6を使用した最も性能の高いコンパクトフラッシュカードは、600倍、つまり90MB/秒のスループットパフォーマンスに対応しています。CF 6.0のUltra DMAモード7は、CF 5.0規格で定義されている48ビットアドレッシングを併せて利用することで、スループットパフォーマンスが最大25パーセント上回るコンパクトフラッシュカードの開発を可能にします。

以下はUSB3.0対応、CFスロット付き、SDXC UHS-1対応のカードリーダでピックアップしたものです。


価格は以下に掲載していませんが、価格.comを参考にしました。



内臓タイプ

アイネックス AK-ICR-14

対応UDMA 不明

Akasa Thermal Solution

今のところ唯一内臓タイプのUSB3.0対応カードリーダ。


外付けタイプ

ケンコー・トキナー 飛鳥 USBCR30:激安CFカードリーダ

対応UDMA 〜mode6

aska-japan.net

800円以下で投げ売り状態で、コスパがよさそう。


バッファロー BSCR09U3BK & BSCR09U3WH

UDMA(0〜4)対応 意外と遅い?

高速カードリーダー/ライター USB3.0対応モデル|株式会社バッファロー BUFFALO

以下のBSCRA51U3W(BK)よりも新しい機種だが、なぜかUDMA(0〜4)対応となっている。カタログ表記ミス?


BSCRA51U3W &BSCRA51U3BK

UDMA0〜6対応

51+6メディア対応 カードリーダ/ライター USB3.0対応モデル | バッファロー


レキサーメディア LRW300URBJP

UDMA7に対応

Products | Lexar 日本

f:id:JJs:20120612170951j:image

それなりに速いとのレビューあり。


Silicon Power USB3.0 ALL IN ONE Card Reader SPC39V1W

UDMA mode7対応

no title

UDMA mode7対応機種では最安でダークホース的存在かも。


CFastカード

ちなみにCFカードの次世代規格、CFastカードもすでに販売されています。

対応しているデジカメは現在のところないようですので、来年以降に対応するデジカメが登場するかもしれません。

現在のところメリットはあまりないようです。

ASCII.jp:SATA接続のCFastカード用ケースが発売 CFastってなに? 

CFastとは、CFA(CompactFlash Association)が策定した次世代メディア。

基本的にIDEである従来のCFの転送速度(133MB/sec)をSATAにすることで、2倍以上の高速なデータ転送を実現するというもの


2012年06月11日

絶望書体ー書籍を整理していたら、昭和モダン体が出てきた

部屋の中にある書籍を整理中、すごく癖のある書体見本が出てきたので、

何気なく検索してみると、さよなら絶望先生というマンガで使われている書体らしく、

一部で人気が復活していたらしい。

「絶望書体」って呼ばれているらしいが、なるほど、確かに見たことのある書体だ。

人気のピークは3,4年ほど前だったらしく、この書体を販売・出版許諾した会社が

破産したとあって、絶望した。

f:id:JJs:20120611201712p:image


昭和モダン体と名付けられた、この書体は稲田茂さんという方が創り出しており、

非常に癖があって、ユニークだ。

とりあえずまだ取っておこう。

2012年06月10日

2012年前期 記事まとめ

おかげさまで120日以上休まずに記事を書くことができました。

さすがにパソコン・動画・写真だけのレビューだけを、毎日書くほどネタがなく、

何を書こうか悩む日々が多かったり。でもあとから読み返してみると

自分のためにもなることがたくさんあります。


そんな中で、自分の中でこの記事はお勧めというものをピックアップしてみました。


大戦慄― 酸素系漂白剤で洗濯機を洗ってみたら - JJsの日記

酸素系漂白剤で洗濯機を洗浄すると、これからの梅雨の季節もカビ臭さを抑えて

快適に暮らせます。


Let's 自作! いっきに動画でまとめてみた - JJsの日記

Adobe Premiere Elements 10で初制作の動画です。

Silencio550の関連記事はいくつか書きましたが、そのまとめ動画となります。


Silencio 550のフロント吸気にファンを増設した―CPUID HWMonitorで計測 - JJsの日記

上で紹介した記事の中にある動画で紹介した吸気ファンの追加記事です。

これから気温が上昇してくるので、Silencio550のような密閉ケースの場合は

追加ファンが必要となってくると思います。

もしくはサイドフロータイプで整流するのもいいかもしれません。



ノートパソコンでもディスプレイキャリブレーションの効果があった - JJsの日記

ノートパソコンでのキャリブレーションを目視にて調整を行いました。

ノートパソコンはパっと見のきれいさを重視して、青被り気味のディスプレイが多いようなので、

キャリブレーション機器を使わずとも、目視の調整だけでも、

効果が望めると思います。


Sony NEXシリーズ、α55、α33のバッテリーの重さを量ってみる - JJsの日記

f:id:JJs:20120319101546j:image

NEXシリーズ、α33、α55をお使いの方はバッテリーの持ちが悪いため、

予備用に互換バッテリーを購入されてる方が多いでしょう。


Teamジャパンのメモリは本当に永久保証なのか? - JJsの日記

Teamジャパンのメモリ永久保証は本当だった!ので、何か不具合があったら

保証を受けられることが分かって安心ですね。


空中浮遊写真のまとめ - JJsの日記

リンクだけですが、浮遊写真で面白いものをピックアップしてみました。


DxO FilmPack 3 レビュー3 もう少し使いこすには編 - JJsの日記

デジカメでフィルム写真のような質感を求めている方にお勧め。特にA4以上でプリントする方は

導入を検討されてみてはいかがでしょうか。


3D立体 GIFアニメを簡単に作成できるフリーソフトを使ってみた 「チクワしか持ってねえ」 - JJsの日記

アニメーション3D gifを簡単に作れます。現在「チクワしか持ってねえ」はさらにversion upして

使いやすくなっているようです。

f:id:JJs:20120417005417g:image


プリンタの洗浄はお湯か洗浄液か CANON pro9500 インクの詰まりを直す - JJsの日記

キヤノン製プリンターがつまったらぜひ参考にされてみてください。

f:id:JJs:20120426115349j:image

印刷時に縦筋、縦線が入る・データ欠落時の対処法 - JJsの日記

プリンターの動作を安定させるには、「印刷データの欠落を防止する」にチェックすることが必須。

プリンタが不安定な場合は、修理に出す前にUSBケーブル交換やプリンタドライバの再インストール、

設定項目のチェックをしてみましょう。

f:id:JJs:20120508010800j:image

2012年06月08日

Windows 8を優待価格で購入できるプログラムを提供

Windows 8を優待価格で購入できるプログラムを提供

News Center Japan | 日本マイクロソフト株式会社 最新企業情報

Windows7入りのPCを購入後、Windows 8 Proを優待価格1,200円でゲットできるように

なるらしい。

デュアルディスプレイを行う際、それぞれ異なるプロファイルを適用できるのは

Vista以降だから、XPパソコンからの移行にはちょうどいいかもしれない。

2012年06月07日

ついにきたか、フロントウィンドウの先にナビゲーション画面を投影するナビ

ヘッドアップディスプレイを使ってフロントガラス前方に情報を投写するカーナビだそうで。

サイバーナビ AVIC-VH99HUD AVIC-ZH99HUD | ARヘッドアップディスプレイユニット/クルーズスカウターユニット同梱モデル | カーナビ | carrozzeria


公式HPのデモが凄すぎる。

前方車両と車線を感知する機能があるようで、これなら車体側にブレーキや

ハンドルの切れ角を制御する装置および制御用の出力ハーネスを取り付ければ、

自動運転さえ夢じゃなさそう。


Googleの自動運転カーがネバダ州で免許取得したことだし、

ようやく未来の車が現実のものになってくるのかと思うと、わくわくしますね。

Googleの自動運転カー、ネバダ州で免許取得 - ITmedia ニュース


カロッツェリアとGoogleが協業して面白いものを作ってもらいたいものです。

2012年06月06日

CFカード (compact flash card) 速度比較 Transcend 400X(32GB) VS SanDisk Extreme 60MB/s(8GB)

今回USB 2.0規格の内蔵型カードリーダーを使用して、

Transcend 400X(32GB)[TS32GCF400]とSanDisk Extreme 60MB/s(8GB)[SDCFX-008G-J61]の

速度を比較しました。

f:id:JJs:20120606005034j:image


使用したカードリーダについては以下を参照ください。

f:id:JJs:20120513200939j:image

3.5-5インチ変換マウンタをSilencio 550に取り付ける アイネックス HDM-07BK - JJsの日記

Owltech カードリーダー FA406,FA406/BOX シリーズ


計測に使用したソフトはCrystalDiskMark

f:id:JJs:20120606010148p:image

f:id:JJs:20120606010149p:image

デジカメでの使用に限って比較すれば、シーケンシャルread,writeおよび

512kのread,writeすべてで上回っているTranscend 400X(32GB)がよいでしょう。

特に512kのwriteでは約12倍の開きがあります。


信頼性という点ではどちらも問題ないようです。読み書き速度はUSB3.0に対応した

カードリーダーを使用すれば、どちらもさらに上がることが予想されます。

価格はTranscendのほうがコストパフォーマンスに優れます。


ということで、Transcend 400X(32GB)[TS32GCF400]のほうをお勧めします。

こちらはα900のcRAW撮影で約1,200枚と十分な撮影枚数となっており、

連射時の撮影でひっかかることもありません。


購入したときの記事。

コンパクトフラッシュを購入したTS32GCF400 - JJsの日記


SDカードの速度比較。

SDカードの読み書き速度比較 - JJsの日記

f:id:JJs:20120326175643p:image

2012年06月05日

キャリブレーションについてのリンク集

色色雑学-楽しく学べる知恵袋 | コニカミノルタ

色色雑学とあるが、色彩学を分かりやすく解説している。


http://www.datacolor.jp/learning/index.html:title=Datacolor Japan | カラーマネージメントソリューション

カラーマネージメントの基礎は大事なことが書かれているが、少々難しいかもしれない。

日をおいて、読んでみると理解が深まる。


カラーマネージメント Wiki*

調べてみると、2chのデジカメ板よりもAV板やCG技術板のほうがキャリブレーションについての

スレがしっかりしている。

アマチュアがある程度色合わせをするなら、やはりcolor munki photo & argyll cmsの組み合わせが

推奨。


Argyll Color Management System Home Page

フリーのカラーマネジメントソフトウェア。color munki photoに付属しているソフトの代わりに

使用するといいとのこと。


タダで画質が“もっと”良くなる! テレビの「画質調整」実践テクニック【中級編】 (1/5) - Phile-web

テレビの「画質調整」。テレビの場合は、DVDプレーヤーやブルーレイレコーダーなど、

キャリブレーションを行う際の画像を出力するものがないと、調整は難しいようだ。

代わりにPCの画像を出力する方法もある。


セキュリティチェックが必要です

AV機器についてのキャリブレーション。


パソコン活用AVライフ(3)DIYディスプレイキャリブレーション:準備編 | Phile-webコミュニティ

フリーウェアのキャリブレーションソフト「HCFR」について。

2012年06月04日

カラーマネジメント技術 簡易レビュー

PhotoshopLightroomでレタッチを行った際、どのディスプレイでも

同じ色合いで表示されるのか、気になったことはないだろうか?


プリンターでプリントアウトした際、ディスプレイで見た場合と

違った色合いで印刷されてしまったりした経験があると、

どのディスプレイでもプリントアウトした結果とマッチング

させたいという願望が起きることだろう。


いざ、マッチングさせるため、キャリブレーションを行う機器を導入して、

試行錯誤を行っても、簡単にはマッチングできないことに気づく。

求める結果はディスプレイとプリンターの色合わせをしたい、という単純な

ことなのに、それを正しく行うには、膨大な知識が必要となる。


そういった正しく色合わせを行う際に必要な情報は、あまり見かけることがなく、

最初の足がかりさえ、おぼつかない状況に愕然としてしまう。


「カラーマネジメント技術」は、プリンター、ディスプレイの

メーカー技術者や大学教授らによって、専門的な見地からカラーマネジメントの

技術を紹介している。

数式を使って、色空間を表現したりと、かなり難解な部分も含まれるが、

正しくCMS(color management system)やsRGB、色空間について学ぶには

ぜひ一読したい書籍だ。


sRGBという規格は1999年に標準化されたものであるが、その当時はCRTが

ディスプレイの主流であった。現在LEDをバックライトにした液晶ディスプレイが

主流となり、sRGBの規格よりもより広い色空間を表現できるようになっている。

このことは当たり前のことのようだが、ナナオのCRTが発色がきれいで、

液晶ディスプレイは仕方なく移行しているのがうんぬん…など、古い知識を

アップデートしてきれいに整理してみるには非常に助かる内容だ。

ガンマ値が2.2である理由もよく分かったし、人間の芽は輝度特性が

γ=1/3だとか、印刷時に網点の微細化印刷を行えば、色再現域が広がることなど、

実に細かな専門知識が日本語で読める機会があるのは有難い。


結局どうしたらディスプレイとプリンターの色合わせができるのか、には

この書籍内には直接的には答えは見つからないけど、色合わせの手法や方針が、おおよそ

正しいのか誤っているのかを予測できるようにはなると思う。

2012年06月03日

Adobe CS4から、CS5.5の無償アップグレードを使ったCS6へのアップグレード

Adobe Web Design Premium CS4を今まで使用していましたが、

無償アップグレード権付きのDesign Premium CS5.5を購入し、

Design & Web Premium CS6へのアップグレードを行いました。

f:id:JJs:20120603231535j:image



Design Premium CS5.5を購入後、申し込み画面より

無償アップグレード申請を行うと、数日後に

Design & Web Premium CS6 Adobe Creative Suite 5.5からの

アップグレード専用版が送られてきます。(パッケージ版の場合)

CS6アップグレード版をインストールする際に一番気になるのは、

CS5.5をインストールする必要があるかどうか、だと思います。


現在CS4がインストールされている状態で、CS6のインストールCDを

読み込ませます。自動setupが実行されると、インストールするか

訊かれるので、それを選び、実行します。

f:id:JJs:20120604001138p:image

f:id:JJs:20120604001139p:image

まずはCS6のシリアルナンバーを入れます。

f:id:JJs:20120604001140p:image

次にCS5.5のシリアルナンバーを訊かれます。


ここで、CS5.5のシリアルナンバーを入力すれば、CS5.5をインストール

せずに、CS6のみをインストールすることができます

またインストール時に、すでに試用版を入れていた場合は、「!」マークが

表示されます。

f:id:JJs:20120603234054p:image

またインストールが完了した後、ソフトウェアを起動した際に、Adobe IDを

訊かれるので、サインインする必要があります。


試用版の試用期限が切れていた場合

Photoshop CS6はすでに試用版としてインストールしており、今回CS6を

インストールしたことによって、自動的に使えるようになると思っていましたが、

なんとやはり起動せず。

f:id:JJs:20120604001141p:image

一度コントロールパネルの「プログラムと機能」より、一旦Photoshop CS6を

アンインストールします。

f:id:JJs:20120604001142p:image

もう一度インストールCDを入れ、Photoshop CS6を再インストールします。

f:id:JJs:20120604001143p:image

これで、無事にPhotoshop CS6も使えるようになりました。

2012年06月02日

久しぶりに待機電力を測ってみた。 ワットモニター TAP-TST8

今年も省エネを推奨されています。

久しぶりにワットモニターを使って、電化製品の待機電力を測ってみた。

型番:TAP-TST8。


8年ほど前に購入・設置したエアコンの待機電力:1.5W

春の時期はずっと使用していないので、コンセントを抜いておけばOK。


Canonプリンター pro9500:0.6W

Canonプリンター BJ S600電源ON時6〜15W 電源OFF時(待機電力):0.8W

EPSONスキャナー GT-620:電源ON時2.2W 電源OFF時(待機電力):0.0W(計測不可)

BJ S600は10年以上前の4色プリンターで、A3ノビ対応/10色プリンターのpro9500よりも

待機電力が大きい。


関連記事

ワットモニターでいろんな家電の消費電力を計る - JJsの日記

ワットモニターでデュアルディスプレイPC(windows XP)の消費電力を計る - JJsの日記

2012年06月01日

TAMRON A09:SP AF28-75mmF/2.8 XR Di  LD Aspherical [IF] MACROが前ピンだった ピントの確認方法:チェックシートを使う

購入の経緯

  • 新品という名の店頭展示品を購入した。

A09は元値が安く、新品と中古でそれほど値段の差がない。

またよくピントがずれていたり、片ボケが多いとの口コミを多数見ているし、

1680ZAを中古で購入後、修理費用が発生したこともあって、今回は新品で

メーカー(TAMRON)の保証がついているものを購入しました。


工作精度が気になる

はじめてレンズもわりと不安になるような絞りリングの手ごたえだが、

今回購入したA09は外れ玉だったのか、ズームリングが途中でひっかかて

動きが渋い。ガサガサした手ごたえが気になるし、60mm〜75mmのあたりが

急に固くて動かしにくい。

→何回も動かしているうちに軽くなってきた。

いいことなんでしょうけど、大きさに対してのレンズ重量が

軽くて逆に不安になるくらい。

→フルサイズだとボディが重いので、長時間の撮影では助かる。

マウント部分は削る段階でミスがあるようで、不安にさせる。

f:id:JJs:20120601025149j:image

画像中央の部分が、他の部分の倍ほどの幅で削れてしまっている。

→Sigmaのレンズも確認したところ、マウント部分の幅が微妙に

狭くなったり、広くなったりしている。サードパーティ製だと普通のようだ。


フロントキャップのバネも今まで使ったどのレンズよりも固い。

→Sigmaのレンズはいつの間にか外れてしまうことが多いので、

固いほうが助かる。


でも、絞りリングはスムーズに動くし、上記の部分は写りには

直接関係ない部分だ。写れば問題ない。


試写

さっそく室内で適当に試写したところ、思ったよりも解像度が低そう。

これはおかしいと、新聞紙を壁に貼って解像度と片ボケのチェックを

したところ、広角側ではわずかに甘いし、右側のみ歪みがあるようだ。


それでも値段のわりにはよく写っているし、F/8まで絞れば解像度も

満足できる。F/2.8からF/8まで、面白いように比例して解像度が上がる。

Tamron AF 28-75mm f/2.8 SP XR Di LD Aspherical (IF) - Review / Test Report - Analysis

新聞紙での解像度チェックも概ね、photozoneでのレビュー通り、

絞り解放の甘さ、特に周辺部が気になる。

絞り解放のままだと被写体を選ぶかもしれない。


ピントを見てみる

今回はあにょさんが公開しているピントチェックシートを使用させて頂いた。

あにょのblog

このチェックシートに限らず、ピントチェックシートは水平な台におき、

それに対して45度の角度で撮影する必要があるようだ。

大きな45度の定規など持たないので、新聞紙を折り曲げて代用することにした。

f:id:JJs:20120601022727j:image

新聞紙のラインとレンズが並行になるように、三脚をセッティング。

レンズの中心にチェックシートがくるように紙を微調整をして撮影。

f:id:JJs:20120601023035j:image

その結果、明らかな前ピンだった。

f:id:JJs:20120601021025j:image

少し見づらいかもしれないが、3の数字が、手前は読めるものの、奥は完全にボケている。

α900でもα55でも同じく前ピンだったので、調整に出すことにした。

やはり中古じゃなくて新品でよかった。


タムロンの場合は、解像度が悪い場合の画像やピントずれの画像を添付する必要はないとのこと。

他社と同じくピント調整の場合は、ボディも一緒に送ると、それに合わせてピント調整を

行ってくれる。前ピンの症状はα55でもα900でも再現されたので、α900も一緒に送ることにした。


ピントチェックについて

ピントをチェックする場合は、ピントチェックシートのみで確認しないこと。

遠景でもチェックするようにする。

同様に解像度チェックする場合、被写体とレンズがどの面からでも平行にしないと、

ボケてしまう。