Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013年01月15日

ASRock で不明なデバイス Microsoft ACPI-Compliant Systemを直す

ASRockのH77マザーボードで、デバイスマネージャを調べてみると、

不明なデバイスとしてMicrosoft ACPI-Compliant Systemが表示されている

場合がある。


その際には、BIOS(UEFI)でIntel Smart Response Technology:ISRTを

Disableにすると直る。


Intel Smart Response TechnologyはSSDをHDDのキャッシュとして使い、

OSの起動時間やアプリケーションの動作を高速化するもので、

使用していない場合はDisableにしておくのがベター。


1月28日 追記

ISRTのソフトウェアをインストールすることによっても

不明なデバイスとしての表示を消すことができるが、無駄な常駐ソフトが

増えることになるので、やっぱりDisableがベターだと思います。


引っ越しのドサクサで資料を紛失していまいましたが、ASRockのH77マザーでは

もうひとつぐらい不明なデバイスが表示されていると思います。

それも同様にBIOSでIntelのソフトをインストールするかDisableにすると

不明なデバイスを消すことができます。

これを解消すると、OS起動が0.5〜1秒程度は速くなる効果もあるはず。

名無し名無し 2013/02/02 10:00 同じ症状が出てまた新CPU関連周りの追加ドライバーかよと
思ったんですがこれBIOSで潰しておけるんですね。助かりました。

JJsJJs 2013/02/02 11:26 名無しさん、CPU関連周りとめぼしがついたのはすごいですね。
ハードウェア構成から疑ったので、解決には時間がかかりました。
お役に立ててよかったです。

サム・ライスサム・ライス 2013/06/04 15:34 はじめまして。
私の場合はZ77で同様の表示がされており、動作に支障無いとはいえ
初自作のため何かやらかしてしまったのではないかと思っておりました。
こちらの記事のおかげで不明なデバイス表示を消すことができましたので、やっと安心出来ます。
ありがとうございました。

JJsJJs 2013/06/04 21:14 サム・ライスさん、コメントありがとうございます。
そう言ってくださると、ものすごくモチベーションアップしました。
本当に嬉しいです。

不明なデバイスって、インストールしていないソフトウェアでも出るということが
意外過ぎて分かりにくいですが、解決すると安心しますね。

nosmokenosmoke 2013/07/01 12:25 情報ありがとうございました。win8のリフレッシュで発生した「不明なデバイス」が分からずにおりましたが、お陰様でAsrockのソフトを入れ(SSD使用のため)「不明なデバイス」が消えました。

JJsJJs 2013/07/01 21:54 nosmokeさん、ソフトウェアのインストールで「不明なデバイス」を見事解消されたとのことで、
よかったですね!貴重なコメントをありがとうございます。
ASRockは独自仕様が多いので分かりにくい点が多いですけど、また何か発見できましたら、
blogに書きたいと思います。

sakage24sakage24 2015/03/29 17:31 大変参考になりました。以前から不明なデバイスが気になっておりました。
Z68 pro3の場合、IRSTとISCT(スリープ状態から時々復帰してメールをチェックするらしい機能)を無効にしたら見事に綺麗になりました。
ASRCOKのMBは謎が多いw

JJsJJs 2015/03/29 19:27 sakage24さん、温かいお言葉ありがとうございます。INTELの独自機能とASROCKの組み合わせは
不思議なことがおきますよね。実際わずかですけど、不明なデバイスがあると起動時間も延びちゃいますし、
すっきりできたようで、よかったです!

おとみ♪おとみ♪ 2017/03/03 14:59 GIGABYTE B75M D3Hが不調になり、ヤフオクでASRock B75M R2.0へマザーだけ交換して(OSのSSDは付け替えただけ)ですが、不明なデバイスが出て困っていました。
BIOSでIntel Smart Response Technologyを無効にすることで消すことができスッキリしました。
どうもありがとうございました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/JJs/20130115/p1