Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年01月30日

空撮 撮りドロを始めよう Syma X5C

ドローン規制法律成立前の楽しい時代

2014年にほぼビギナー用のマルチコプターが出揃い、誰でも格安で

空撮の写真や動画を撮ることができるようになりました。

f:id:JJs:20150130234654j:image


撮影用のマルチコプターとしてはDJI社のPhantom2が有名・鉄板ですが、

撮影用カメラを揃えて10万円〜となっています。

GPS機能などをきちんと校正してあげないと、初フライト時からfly awayと言って

勝手にどこかへ飛んで行ったり、バッテリー切れで戻って来れず、風に流されるまま

どこかへ行ってしまうというリスクもあります。


そのDJI Phantom2をホワイトハウスに墜落させるという事件が発生。

ホワイトハウスにドローンを墜落させたのは酔っ払ったシークレットサービスだったことが判明、その後の対応の数々は - GIGAZINE

DJIは強制ファームウェアアップデートによって飛行規制範囲ではマルチコプターを

飛ばせない仕様にする対応を取りました。


日本でもドローン規制法案を作ろうという動きがあります。

2015年はマルチコプターを始めるあたって規制前となり、ちょうどいいタイミングだと思います。


格安マルチコプターで始める撮りドロ

空撮を始めるために、まずは墜落・故障しても諦められる格安のマルチコプターを

購入しました。


Syma X5c

f:id:JJs:20150131000240j:image

初心者でもあっけなく浮上させることができ、5回ぐらい練習すれば、自由に空を駆け巡らせる

ことができます。


このブログを読んでいらっしゃる方は、一眼デジタルカメラユーザーが多いと思いますので、

X5Cの背面についているHDカメラの画質は正直厳しいかもしれません。

f:id:JJs:20150131000811j:image


ただ、とにかく飛ばすことが思ったよりも楽しい。

そして飛んでいる勇姿を撮るのがまた楽しい!

f:id:JJs:20150130234656j:image

動きものを撮るのは撮影していて面白いですよね。


逆光は勝利(笑)

f:id:JJs:20150130234653j:image

f:id:JJs:20150130234655j:image

プロペラの音はわりと静かで、背面にあるLEDが点灯していますので、夜中でも飛ばすことができます。

(住宅街は除く)


このX5Cは結構な高さから墜落させても、全く壊れません。本体総重量は100gを切っていて、プロペラが目に

当たらない限りは重大事故になりにくいのも安心ですね。

プロペラが手に当たってもスパっと手を切ることもないです。


まっすぐ上昇させるためにファインチューニング設定も簡単にできます。

他の格安マルチコプターと比べて、幅約30cmの機体は大きいほうで、安定感があります。

100mぐらいは上昇するんじゃないでしょうかね。結構小さく見えるぐらいまではどんどん飛びますし、

飛ぶときのスピードもかなり出ます。本当にびっくりするぐらい。


今まで見ることができなかった高い空からの眺めを撮影するのは楽しいです。

初めてのドローン・マルチコプターとしてお勧めですよー。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/JJs/20150130/p1