Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年04月06日

写真にシャープネスはいらないみたい。

以前Lightroomばかり使っていたときには一律にシャープネスをかけていたのですが、

写真が硬くてきつすぎる印象がありました。


どうしてもシャープネスが必要だったら、部分補正ブラシでピント位置だけシャープネスを

かけるか、Photoshopでマスクを使いながらシャープネスをかけると、ずいぶんと

写真らしい雰囲気に上がることが分かりました。


以下の写真は解像度が800pxしかないため、ちょっと分かりにくいのですが、

シャープネスの代わりにコントラストが高いと、それなりに分かりやすく

なるようです。


無理なくコントラストを上げるには、やはりツァイスのレンズなど、高級レンズに

頼るのが一番きれいに仕上がります。(といつつ、下の写真はSIGMAのレンズだったりするw)


f:id:JJs:20150406220459j:image


f:id:JJs:20150406220457j:image

上2つはLightroomのみで調整


f:id:JJs:20150406220458j:image

Lightroomで調整後、FilmPack3で調整


トーンカーブをガチャガチャいじっても狙った通りにコントラストが得られないときには

FilmPackを使い、写真に合わせて、カラーレンダリングの適用度を上げ下げします。

ツルツルし過ぎると引っかかりがなくて味がなくなるので、ついでにフィルム粒状感も

入れてあげるとより立体的に見えます。


f:id:JJs:20150406220456j:image

Lightroomで調整後、FilmPackで調整、さらにPhotoshopで調整。



一番下の葉っぱの写真はちょっとやり過ぎなのですが(分かりやすくするためと言い訳)、

距離によってカラーを変えてあげると、葉っぱのようにごちゃごちゃした被写体でも

適切に距離を分離することができます。

Photoshopでレイヤーを重ねて、色を変えながらチョコチョコと距離感が出るように

仕上げていけばよいようです。

ミスしたときに戻すのが面倒臭くなるので、マスクをかけて、マスクをブラシで描きながら

地道に作業すれば、狙った通りにはなると思います。


まとめ

全体的にシャープネスをかける代わりに

彩度を上げる。

FilmPackのカラーレンダリングでコントラストを調整する。

補正ブラシで部分的にシャープネスをかける。

Photoshopのレイヤーで色調整したものを重ねながら調整する。


なるべくシャープネスを使わないようにすると写真っぽい(生っぽい)感じが残る。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/JJs/20150406/p1