Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年04月06日

写真にシャープネスはいらないみたい。

以前Lightroomばかり使っていたときには一律にシャープネスをかけていたのですが、

写真が硬くてきつすぎる印象がありました。


どうしてもシャープネスが必要だったら、部分補正ブラシでピント位置だけシャープネスを

かけるか、Photoshopでマスクを使いながらシャープネスをかけると、ずいぶんと

写真らしい雰囲気に上がることが分かりました。


以下の写真は解像度が800pxしかないため、ちょっと分かりにくいのですが、

シャープネスの代わりにコントラストが高いと、それなりに分かりやすく

なるようです。


無理なくコントラストを上げるには、やはりツァイスのレンズなど、高級レンズに

頼るのが一番きれいに仕上がります。(といつつ、下の写真はSIGMAのレンズだったりするw)


f:id:JJs:20150406220459j:image


f:id:JJs:20150406220457j:image

上2つはLightroomのみで調整


f:id:JJs:20150406220458j:image

Lightroomで調整後、FilmPack3で調整


トーンカーブをガチャガチャいじっても狙った通りにコントラストが得られないときには

FilmPackを使い、写真に合わせて、カラーレンダリングの適用度を上げ下げします。

ツルツルし過ぎると引っかかりがなくて味がなくなるので、ついでにフィルム粒状感も

入れてあげるとより立体的に見えます。


f:id:JJs:20150406220456j:image

Lightroomで調整後、FilmPackで調整、さらにPhotoshopで調整。



一番下の葉っぱの写真はちょっとやり過ぎなのですが(分かりやすくするためと言い訳)、

距離によってカラーを変えてあげると、葉っぱのようにごちゃごちゃした被写体でも

適切に距離を分離することができます。

Photoshopでレイヤーを重ねて、色を変えながらチョコチョコと距離感が出るように

仕上げていけばよいようです。

ミスしたときに戻すのが面倒臭くなるので、マスクをかけて、マスクをブラシで描きながら

地道に作業すれば、狙った通りにはなると思います。


まとめ

全体的にシャープネスをかける代わりに

彩度を上げる。

FilmPackのカラーレンダリングでコントラストを調整する。

補正ブラシで部分的にシャープネスをかける。

Photoshopのレイヤーで色調整したものを重ねながら調整する。


なるべくシャープネスを使わないようにすると写真っぽい(生っぽい)感じが残る。

2014年10月18日

創作花火撮影方法

やつしろ全国花火競技大会 公式ホームページ

八代の花火大会を見に行きました。

去年に引き続き、創作花火の撮影をしてみました。


f:id:JJs:20141019013437j:image

f:id:JJs:20141019013436j:image

f:id:JJs:20141019013435j:image

f:id:JJs:20141019013434j:image

f:id:JJs:20141019013433j:image

f:id:JJs:20141019013432j:image

f:id:JJs:20141019013431j:image

f:id:JJs:20141019013430j:image

f:id:JJs:20141019013429j:image

f:id:JJs:20141019013428j:image

f:id:JJs:20141019013427j:image

f:id:JJs:20141019013426j:image


撮影機材

Sony α99

Planar T* 85mm F1.4 ZA SAL85F14Z

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

三脚なし、手持ち撮影。

歪みが少ない単焦点レンズのほうが、花火の線がきれいに真っ直ぐ

写ります。

撮影設定

カメラはマニュアルモードで撮影。 オートホワイトバランス。

シャッタースピードを0.5〜2秒ぐらいに設定。今回は0.6秒に設定。

ISOは最低感度。

これでもやや白とび傾向があると思いますので、

絞りで適正露光に持って行きます。素早くカメラを動かしたときに

花火の明るさの濃淡が出るぐらいまで絞ります。今回はF3.2〜4ぐらい。


撮影方法

マニュアルフォーカスにして、親指オートフォーカスで撮影します。

最初に花火が打ちあがった時の光でピントを親指AFで合わせます。

花火が爆発する瞬間を狙って、カメラをぶんぶん振り回します。

爆発するタイミングと爆発する場所を事前に先読みしておいて

レンズの画角外から素早くカメラを振り回すと、細い線を撮影できます。

光の線の太さはフォーカスリングを回すことによって調整できます。

花火が打ちあがっている場所の外側から花火をなぞりながら、また画角外まで

一気に振って、もう一度素早く画角内に花火を捉えてあげると、一回の撮影で

多重露光っぽく撮影できます。

手振れすると線がブルブル震えて優雅さがなくなるので、きれいにすうっと

花火をなぞってあげるときれいに写ります。


花火の種類に合わせて、ピントリングを回してフォーカスアウトするタイミングを

合わせてあげると、丸ボケで花火のキラキラ感が表現できます(一番上の作例)。

今回は全て撮ってだしです。ハイライトと彩度を調整してあげると、もう少し

インパクトが出ると思います。


撮影方法そのものは結構前から他の方が公表されてましたので、あとは

どのように写すときれいなのか、タイミングとカメラの振り回し方を工夫してみれば

面白いと思います。花火の弾道と爆発するタイミングを読みながら撮影するのが

意外と難しく、楽しい撮影でした。フォーカスリングを回すタイミングが速すぎると

ボケボケになってしまうので、露光時間の後半から徐々にぼかしたり、一気にぼかしたり

工夫するとまた面白くなってきます。


10月20日 追記

去年の分。よく分からずに撮っていたので、撮り方が荒いです。

アウトフォーカスで花火を狙ってみる - JJsの日記

ハナガサイタヨ - JJsの日記

爆発する直前のタイミングから露光を始めて、徐々にピントを外していくと

花のような写真になります。手ブレがきついので、一脚があればいいかもしれません。


今年は一脚の代わりに、体育座りをして、ひざの上にカメラを載せて、ある程度

ブレを抑えながら撮ったものもあります。


花火の打ち上げる場所にあまりにも近いと、ピントを合わせたときの光跡が太くなりますし、

仰ぎながら撮ると難しいです。今年のほうが遠い距離から撮っているので、撮りやすかったです。

会場に合わせていくつか単焦点レンズがあればいいのですが、ズームでもズームリングを

使って面白い表現ができるかもしれませんね。

今年は絞り値で光跡の濃度調整ができることが分かったので、少しずつ明るさを調整しながら

撮りました。


直線と玉ボケの両方を上手く組み合わせできれば、もっと面白くなると思いますが、

未来の花火の爆発点とタイミング、どの花火が、あとからキラキラと光る花火なのかを予測しながら

撮るという、単純に撮影の腕が必要なもので、今年はこれが限界でした。

また来年も挑戦してみます。

2014年10月16日

In My Bag ―お勧め撮影技術サイト―

Home-New - In My Bag


最近になって、メキメキと面白い記事があがっている

「In My Bag」というサイト。


世界のプロの作例、撮影方法 or Tipsと共に撮影時の機材が見られるという

面白いサイトです。

新しい撮影技術を学ぶにはお勧めのサイトですよ。

Twitterのアカウントもあるようなので、フォローするのをお勧めします。

2014年01月08日

4K画質のハンディカメラの画質が凄すぎる

D

この画質で2,000ドルは安い気がする。

【CES】ソニー、1型CMOS搭載の4Kハンディカム「FDR-AX100」 − フルHDにも注目機多数 - Phile-web

うちのα99 & ツァイス85mmよりもある意味画質がいい気がするのは

気のせいかな。



1月10日 追記 


やっぱり部分的には4Kがいいよね。

でも一眼カメラにはボケがとろける表現ができる優位性がまだまだあるし

そのへんの面白さに魅力を感じる。

f:id:JJs:20140110011536j:image

2013年12月13日

ポートレート撮影の機会が増えた

2013-12-01 - JJsの日記

12月1日に書いた記事のフラグを早くも回収できまして、

その後ポートレート撮影とコスプレイヤーさんの撮影をする機会がありました。

フラッシュを使ったライティングよりもレフ板を使った撮影のほうが

やったことがないことに気づき、初心者として一から勉強し直すことに。


そのあと、またポートレート撮影する機会ができまして

年末か、来年あたりに撮影できればいいなと。


写真そのもののクオリティーはまだまだなので、どういった気持ちで

写真を撮っているのかを自然に話す機会があれば、撮影させてもらうことに

なると思います。


SMDV ディフューザー60

使ってみた感想。

軽い、操作しやすい、設置が楽、ホットスポットあり、ディフューズ面がちょっと狭い

f:id:JJs:20131213193441j:image


f:id:JJs:20131213193440j:image


f:id:JJs:20131213193439j:image

中華製ディフューザーとラジオスレーブの組み合わせの場合、

フラッシュのディスプレイ面がディフューザー側に向けてからでないと

設置できない場合があります。

このSMDVのディフューザーはフラッシュのディスプレイがきちんと見えて

操作しやすいのが最大の特徴です。

上下の首振りもしやすく、細かい角度調整もしやすいですね。



※ライトスタンドの足に重りをつけてないと、屋外撮影時は危ないです。