Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年06月11日

絶望書体ー書籍を整理していたら、昭和モダン体が出てきた

部屋の中にある書籍を整理中、すごく癖のある書体見本が出てきたので、

何気なく検索してみると、さよなら絶望先生というマンガで使われている書体らしく、

一部で人気が復活していたらしい。

「絶望書体」って呼ばれているらしいが、なるほど、確かに見たことのある書体だ。

人気のピークは3,4年ほど前だったらしく、この書体を販売・出版許諾した会社が

破産したとあって、絶望した。

f:id:JJs:20120611201712p:image


昭和モダン体と名付けられた、この書体は稲田茂さんという方が創り出しており、

非常に癖があって、ユニークだ。

とりあえずまだ取っておこう。

2012年04月21日

フォントインストーラー SAKURAが動作するには

フォントインストーラー SAKURA Windows7 64bitで一部動作OK。  - JJsの日記

の顛末。

OSをWindows 7 64bit Home premiumを使用しているときに、

フォントインストーラー SAKURAの一時インストールを実行した場合、

固まる場合と、動作する場合があった。

一時インストールを上手く行うためには、ブラウザソフト(インターネットエクスプローラなど)

を含むすべてのソフトを一旦終了させて、フォントインストーラー SAKURAのみを

起動させてから、一時インストールを行うと上手くいくことが分かった。


Suitcase Fusion 3を試してみた

フォントインストーラー SAKURAの一時インストールは上記の方法で上手く

運用できることが分かったが、その前にいろんなフォント管理ソフトを試してみた。


まともに動作するソフトウェアなら、多少出費があっても使いたいので、

Suitcase Fusion 3というソフトを使ってみた。

Mac、Windowsに対応!フォント管理ツール - Suitcase Fusion 製品概要


製品版のため、動作はまともかと思われたが、一時インストールも、一時インストールした

フォントの解放も非常に時間がかかり、動作も不安定なため、使用を諦めた。

現在のところ、フリーソフト、購入できるソフトを含めて、フォントインストーラー SAKURAが

一番使いやすく安定している。

2012年04月14日

ヘッダーの画像を更新しました

いつの間にかブログタイトルの文字も消え去り、なんだか締まりのない

ヘッダー画像になっていましたので、新しい画像に変更しました。


α55 & SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMで撮影した画像をLightroom4と

DxO FilmPack 3で加工しています。


ロゴはIllustratorで制作し直したのですが、線が細くなりすぎてますね。

近日中に修正したいと思います。

全体の加工はFireworks CS4を使っています。グラデーションや書き出し時の

品質が低いのが弱点ですが、使いやすいソフトです。


文字は最近お気に入りのTYPE C4シリーズから、C4 ミンニアム Eを使いました。

TYPE C4シリーズの書体はFONT×FAN HYBRIDという書体ソフトの中に含まれています。

モリサワのフォントと比べてみると、どれもくだけているので、脱力系のものには

ちょうどいいですね。お値段が安く、書体数やウエイトも揃っているので、

同人誌などでも使う人が増えてきているようです。

2012年03月27日

Google web fonts

Google Fonts

欧文フォントばかりだけど、webサーバーからフォントをダウンロードして表示させるため、

ユーザ側の環境に依存することなく任意のフォントを表示できる。