Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年04月24日

Silencio 550のエアフィルターを掃除した

密閉型ミドルタワーケースであるSilencio 550は前面と底面にエアフィルターが

取り付けられています。

2月に買って依頼初めてエアフィルターのそうじを行いました。

底面にある、電源用の吸入口に取り付けられたエアフィルターは

びっくりするほど汚れていました。


前面は吸入口の面積が広いため、エアフィルターに付着した埃の量は

かなりのものでした。


前面吸入口の上にあるHDDドックから直接ケース内へ空気が入ってしまっているので、

こちらは、使う機会がなければ、塞いでしまったほうがよさそうです。


現在のレビュー

やはり今でも静かです。最初に付属していたファンが前面・背面とも少しだけ軸ずれしていて、

スレたような音が出ますが、それはわざわざ耳を近付けたときに気付く程度。

ホコリ汚れは目立ちやすいが、ポリケアをしたためか、ブローするだけで簡単に落ちる。

上部にあるSDカードスロットとUSB端子が便利。

側面カバーのチリが合っていないなど、わずかな精度不足は気になるが、実用上問題ない。

今回のようにエアフィルターのメンテナンスもやりやすくて、満足度は非常に高い。



ついでにST2000DM001の経過報告

ちなみにSeagateのハードディスク:ST2000DM001はトラブルなく順調に動作しています。

省電力モードにいつの間にか入っているので、たまにダウンロードしたファイルを保存するときとか、

アプリケーションを起動するときにもたつきがあります。

省電力モードから復帰する際に、少し低い音でグィーンと鳴るので、アクセスが遅い場合の原因がすぐに

分かり、逆に安心してます。



Silencio 650

10月1日 追記

Silencio 650が販売されました。


海外レビュー

Cooler Master Silencio 650 Review - Introduction

2012年03月02日

ハードディスク移設―熱対策をする―Silencio 550

ST2000DM001の熱対策に万全を期すため、場所を少しだけ移動させました。

下段ドライブベイの一番上から、二段目に移動させることで、

ハードディスク上面にもファンの送風が当たるようにしました。

f:id:JJs:20120302061938j:image


このままだと、一番下に入れたSSDとの距離が近くなるので、

SSDは裏返しにしてドライブベイにマウントしています。

f:id:JJs:20120302061310j:image


室温19度の条件で、ほぼ移設前と変わりませんwが、

手で触った感じとか、ドライブベイの隙間から抜けるエアフローは

改善されたようなので、このままの状態で稼働させます。

f:id:JJs:20120302191736p:image



↓移設前の画像。ハードディスク上面に隙間がなく、下側しか

エアフローが確保されていない状態。

f:id:JJs:20120213163344j:image


-----

その後

Silencio 550のエアフィルターを掃除した - JJsの日記

2012年03月01日

Silencio 550のフロント吸気にファンを増設した―CPUID HWMonitorで計測

ST2000DM001はファームウェアアップデート後、今のところ問題なく動いていますが、

やたら熱くなりそうだったので、フロント吸気ファンを増設しました。


全くもって何を選べばいいのか、さっぱり分からなかったけど、なんとなくで

アイネックス OMEGA TYPHOON 120mm 究極静音タイプ CFZ-120L

を選択。

f:id:JJs:20120226103052j:image

f:id:JJs:20120226103341j:image


youtubeにアップした動画の中で取り付け方法を解説してます。

D

動画ではフロントパネルを外していますが、フロントパネルを外さず、

ダストフィルターのみ外せばネジにはアクセスできるようです。


Z68 pro3-MのAUXファンコネクタは基盤の真ん中付近にあるため、

リテールファンの電源ケーブルでは届きません。


約40cmあるCFZ-120Lでも、下段に追加した場合はやはり届かず。

ということで、リテールファンを下段に、CFZ-120Lを上段に設置します。


電源投入後、サイドパネルを開けて、送風具合の確認をしましたが、

下段ファンから送られる風はドライブベイが大方遮ってしまい、

その奥にあるPC電源にはほとんど届いていないようです。

リテールファンが静音仕様で、風量がやや弱いのも原因だと思われます。


リテールファンとCFZ-120Lを比べてみると、CFZ-120Lから

少し高い音のノイズが聞こえます。

リテールファンはフロント、背面ともに軸ズレを起こしており、

少々カラカラと鳴っています。

いずれも耳を近づけなければ、ほとんど聞こえません。


CPUID HWMonitorで計測

室温19度、PCを床置きの条件で計測しました。

f:id:JJs:20120301032814p:image


ファン増設前のデータを残し忘れてしまいましたが、ハードディスクの温度が

6度程度下がりました。SSDは元々温度が上がらないので、ほぼ変わりません。

全体のエアフローはあまり変わらず、ハードディスクはきっちり下がる結果のようです。


ST2000DM001の温度上昇が気になっていたので、これでひとまずは安心でした。


2012年02月26日

ST2000DM001のCC9C⇒CC9Dへアップデート完了

Seagateのハードディスクって初めて購入したけど、いきなりドライブが認識しないトラブルがあって

噂通りちょっと怖いなあという印象がついてしまいました。


でもトラブルあれば救う神あり。

いやこれで直ってください、というわけでSeagateのホームページより

CC9Cのファームウェアをダウンロードしました。

no title


Barracuda-ALL-GRCC4CD9.EXEを実行してみる

f:id:JJs:20120225223806p:image

f:id:JJs:20120225223950p:image

f:id:JJs:20120225223951p:image

f:id:JJs:20120225223952p:image


このあとシャットダウンし、ファームウェアインストール画面へ。

f:id:JJs:20120225214232j:image


自動的にインスートルが始まる。

f:id:JJs:20120225214249j:image


ど派手なインストール完了画面。このあと自動的にWindowsが再起動します。

f:id:JJs:20120225223807p:image

でまたまた再起動を促してくるので、再起動します。

これでファームウェアはアップデート完了しました。


ついでにHD Tuneで計測しておく

f:id:JJs:20120224213556p:image

↑ファームウェアアップデート。CC9C


f:id:JJs:20120225230447p:image

↑ファームウェアアップデート。CC9D

ほぼ変わらずで誤差の範囲内。


crystaldiskmarkは?

f:id:JJs:20120213204735p:image

↑ファームウェアアップデート。CC9C (トリミング忘れで画像が小さく見えます)


f:id:JJs:20120225232613p:image

↑ファームウェアアップデート。CC9D

全体的にわずかに上がっている?? 相変わらず速いですね。(条件:raidなし sata3ケーブルでZ68マザーのSATA3コネクタ接続)

最近になって、ときどきガコッという大きめの音がするようになったのが気がかりですが、

これで経過をみていきます。


----

その後、順調です。(2012年4月24日)

Silencio 550のエアフィルターを掃除した - JJsの日記


ST2000DM001については、画面左側にある「カテゴリー」から

ST2000DM001を選択すると関連記事が読めます。


2012年02月25日

ST2000DM001が突然認識しなくなった

パソコンを20時間以上付けっぱなしにし、途中スリープ状態で放置しつつ、再度起動させて

1時間ほど経って、ST2000DM001に割り当てていたD,Eドライブが認識しなくなっていた。

f:id:JJs:20120224011234p:image


一度シャットダウンし、再起動時にBIOS画面に入る。

このとき、マザーボードのBIOS起動画面がいつもより相当長く、切り替わりが遅かった。

BIOSのストレージ設定にST2000DM001はなく、認識していないようだ。


電源をつけたままPCケースのサイドパネルを外し、ケーブルコネクタの抜けがないかチェック。

ついでにST2000DM001に直接触れてみたが、かなり熱い。

BIOSで認識しないので、温度を知るすべが思いつかないが、こんなに熱いのは

初めて。

ST2000DM001が回っているような振動は伝わってくるので、熱暴走でもしたのかなと

電源を切って一旦放置することにした。


15分後、だいぶ熱も冷めてきたようなので、再起動させると、何事もなかったように

Windows画面が表示された。

うーん、突然認識されなくなるというのは海外のレビューにはたくさんあったから、

その症状が出たのかな。


とりあえず、SeaToolsで「ロングリード」テストを実行。8時間過ぎて1/4も進んでいないので

諦めた。

f:id:JJs:20120224213557p:image


代わりにショートテストを行い、やはりパースであることを確認。

どうも納得いかないので、HD Tune 2.55をダウンロードし、実行

f:id:JJs:20120224213556p:image


途中でアクセス時間の分布が消えてるが大丈夫か?ところどころ落ち込みがあるものの、全体としては

安定しているほうかな?

うわさ通り、Minimum 72.1MB/secとMaximum 177.5MB/secの差は大きい。

長時間かけてエラースキャンも行ったが、異常なし。記録面以外の部分が原因で起動しなくなると思われる。

f:id:JJs:20120225202731p:image

とにかく原因不明で認識されなくなったことは事実であり、人にはお勧めしにくいハードディスクに

なってしまった。


とりあえず熱対策にSilencio 550のフロント吸気ファン追加のため、「アイネックス OMEGA TYPHOON 120mm 究極静音タイプ CFZ-120L」

を注文しておいた。ハードディスク熱対策が必要なくても、Silencio 550は熱がこもりやすいので、

どちらにしても追加の吸気ファンは必要だったのもある。

---------

翌日

朝起動しようとして、認識しなくなっていた。

これで二度目。こりゃあ返品コースかな。

------

CC9CにもCC9Dへのファームアップデータが公表されたようです。

no title

ST2000DM001のCC9C⇒CC9Dへアップデート完了 - JJsの日記