Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年11月17日

Sony α99のカメラプロファイル Lightroom用(Camera Raw)を配布します。

Color Checker Passportを使ってカメラのプロファイルを作成しましたので、

これを配布したいと思います。主にポートレート関係だと効果が分かりやすくなっています。

Sony SLT-A99V.dcp 直

※名前は適当にリネームしてください。


Windwosだと以下の場所に上記からダウンロードしたファイルを以下に移動させます。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Adobe\CameraRaw\CameraProfiles


Lightroomを起動し、現像画面で「カメラキャリブレーション」項目からプロファイルを

ダウンロードしたファイルに変更すれば、適用されます。

f:id:JJs:20151117213307j:image


適用後はAdobe StandardやCamera Standardに比べて肌色のトーンがきれいに出て、

色が濃く乗ってきます。また赤色の発色がきれいです。

α99を使っていて、肌色に苦労していた方は使ってみてください。


ちなみにこのプロファイルはColor Checker Passportを用いて作成しました。

Profoto B1で白傘を使って日影にてフラッシュ撮影した際にカラーチェッカーを

写し込んで作成しています。

Yongnuoや純正のクリップオンストロボで白傘でバウンス撮影した際にも

だいたい同じカラーバランスになると思います。

適用後は好みに合わせて色温度や色かぶり補正を調整してください。

2015年04月06日

写真にシャープネスはいらないみたい。

以前Lightroomばかり使っていたときには一律にシャープネスをかけていたのですが、

写真が硬くてきつすぎる印象がありました。


どうしてもシャープネスが必要だったら、部分補正ブラシでピント位置だけシャープネスを

かけるか、Photoshopでマスクを使いながらシャープネスをかけると、ずいぶんと

写真らしい雰囲気に上がることが分かりました。


以下の写真は解像度が800pxしかないため、ちょっと分かりにくいのですが、

シャープネスの代わりにコントラストが高いと、それなりに分かりやすく

なるようです。


無理なくコントラストを上げるには、やはりツァイスのレンズなど、高級レンズに

頼るのが一番きれいに仕上がります。(といつつ、下の写真はSIGMAのレンズだったりするw)


f:id:JJs:20150406220459j:image


f:id:JJs:20150406220457j:image

上2つはLightroomのみで調整


f:id:JJs:20150406220458j:image

Lightroomで調整後、FilmPack3で調整


トーンカーブをガチャガチャいじっても狙った通りにコントラストが得られないときには

FilmPackを使い、写真に合わせて、カラーレンダリングの適用度を上げ下げします。

ツルツルし過ぎると引っかかりがなくて味がなくなるので、ついでにフィルム粒状感も

入れてあげるとより立体的に見えます。


f:id:JJs:20150406220456j:image

Lightroomで調整後、FilmPackで調整、さらにPhotoshopで調整。



一番下の葉っぱの写真はちょっとやり過ぎなのですが(分かりやすくするためと言い訳)、

距離によってカラーを変えてあげると、葉っぱのようにごちゃごちゃした被写体でも

適切に距離を分離することができます。

Photoshopでレイヤーを重ねて、色を変えながらチョコチョコと距離感が出るように

仕上げていけばよいようです。

ミスしたときに戻すのが面倒臭くなるので、マスクをかけて、マスクをブラシで描きながら

地道に作業すれば、狙った通りにはなると思います。


まとめ

全体的にシャープネスをかける代わりに

彩度を上げる。

FilmPackのカラーレンダリングでコントラストを調整する。

補正ブラシで部分的にシャープネスをかける。

Photoshopのレイヤーで色調整したものを重ねながら調整する。


なるべくシャープネスを使わないようにすると写真っぽい(生っぽい)感じが残る。

2014年11月16日

Capture One for Sonyが無償公開中

Capture One Express Imaging Software for Sony | Phase One

Capture One 8のExpress版がソニー製カメラ向けに無償公開されています。

pro版は23ユーロとこちらも格安での提供です。

Lightroomとはレタッチの癖が違うので、それぞれ優れている部分があるようです。

2014年02月24日

限定公開 伝説の場所 白鹿権現を登り切った 閲覧注意

軍艦島が一般に開放されて以来、未踏の地としての憧れ、美しい場所というのは

なかなか見つかりませんでした。


そんな中、大分県に鹿やイノシシの頭骨をお供えしている祭祀場があるという噂を

聞いて、行ってきました。


そこに行くためには断崖絶壁を鉄のチェーンを頼りに登っていくしかありません。

手足を滑らせて落ちたら、普通に死にますので、場所は伏せておきます。

f:id:JJs:20140225003607j:image

ほぼ垂直っぽい。素人的には。


神社入口から断崖絶壁登り、祭祀場までをノーカットで動画に収めました。

白鹿権現 - YouTube


頭骨だらけなので閲覧注意です。あと私は極度の喘息持ちなので、

すごく息切れしまくってます。不愉快でしたらボリューム下げてください。

f:id:JJs:20140225004401j:image

f:id:JJs:20140225004728j:image

2014年01月06日

ピントチェックまでできる αでの撮影後プレビュー決定版 Nexus Media Importer

nexus photo viewerで激速画像プレビュー αで撮影後の確認ならこれ - JJsの日記

の続きです。400円弱でNexus Media Importerを購入しました。


nexus photo viewerでできなかったピントのチェック(拡大)や縮小が

ピンチアウト(指を広げる)操作で簡単にできます。

Not Found


次の画像への移動も楽ちん。


っていうか、なぜこれをお勧めするかというと、Sony αのRAWファイル

問題なく表示できるから。jpegじゃなくてもよい。これに尽きます。

あと、プレビュー表示するためにタブレットに画像をダウンロードする必要がありません。

プレビューが圧倒的に表示が早いです。


ケーブルで接続するのがちょっと面倒ですけど、これならポートレート撮影後に

モデルさんと一緒に確認するのに便利ですね。

プレビューするためにもうでっかいノートPCを持ち歩く必要もなくなります。


nexus7 2013ならsRGBカバー率約90%なので、表示できる色域を頭に入れておけば

おおよその色も把握できますね。


まとめ

圧倒的なプレビュー速度。枚数が多ければ多いほど有難味が湧きます。

滑らか、かつ自由な拡大縮小でピントチェックを素早く可能に。

7インチタブレットのFULL HD(nexus7 2013)なら背面液晶よりも解像度が上。画面も大きくて見やすい。

α55、α99のRAWファイルをそのまま表示できるのを確認済み。

Android ver4.42で動作確認済み。

※注 テザー撮影ができたり、OTGケーブルを挿しっぱなしにして撮影ができるわけじゃありません。


たぶんα使い以外の人でもかなり使えると思います。

Androidアプリではキヤノンが頭一つ抜けている感じでしたが、これでα使いの人も

撮影方法の幅が広がりますね。


そのうち動作レビュー動画を上げますね。


α99使いのカズさんもnexus7 2013推しなんだ。

D


今日nexus7用にキーボードをポチったのでこちらも後日レビューします。