Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013年06月04日

Windows アセスメントコンソール Windows8 高速起動のカギ

とっくに記事を書いておいたと思ったら、まだでしたので、

簡単に紹介します。

ダウンロードはこちらから。

no title


必要なツールのみ、インストールします。

今回はWindows パフォーマンス ツールキットと

Windows 評価ツールキットをインストールします。

f:id:JJs:20130604120910p:image


インストール後に実行。

f:id:JJs:20130604120909p:image


いろんな機能を評価できます。

f:id:JJs:20130604120908p:image

「個別の評価の実行」より「Boot performance(Fast Startup)」を

選択して「実行」ボタンを押すと、OS起動が遅くなる原因を特定することが

できます。

約2時間かかると表示されていますが、確か約40分ほどで終わりました。


実行すると、以下のウィンドウメッセージが表示されます。

何回か再起動を繰り返して原因を特定します。

f:id:JJs:20130604120907p:image


終了すると、以下のような遅延の原因が表示されます。

f:id:JJs:20130604121114p:image


遅延の詳細を表示することもできます。

f:id:JJs:20130604121113p:image

いかに使っていないプログラムを実行させないのかが重要のようです。


例えば「ユーザアカウント」の設定をきちんと行えば、

一発でタイル型のスタート画面が表示されるようになります。

f:id:JJs:20130604122109p:image

体感的に1,2秒は速くなるので、アカウントの設定は確認したほうが

よいでしょう。


Windows8の高速起動とその後の操作性・利便性などは相反する部分が多いです。

7秒切りで起動できるようにしましたが、UEFIが不安定で使いにくかったです。

現在はハードウェア構成もフルに接続してBIOS上で起動させ、

約23秒程度で起動しています。

2013年01月12日

激速起動! Ultra Fast BootでWindows8 64bit起動 ASRock H77 Pro4/MVP 

ASRock H77 Pro4/MVPで、UEFI上にWindows8 64bitを無事にインストールすることができ、

さっそくUltra Fast Bootに挑戦しました。


コールドブートで約7秒前後

Windows8 64bitを起動させることができました。

さすが変態マザーボードだけありますね。


なおチャンピオンレコード狙いの最小構成なので、通常の構成とは異なります。


YouTubeに激速Windows8起動動画をアップロードしましたので、ぜひご覧ください。

D


やっとASRock公式動画やイニシャルB並みの起動速度が出て満足です!w

【清水理史の「イニシャルB」】 Windows 8を覚醒させるUEFIチューニング?電源オンから5秒以内に起動するPCを実現する - INTERNET Watch Watch



ASRock 公式 Ultra Fast boot比較動画

D


動画から読み取れるスペック


マザーボード: ASRock Z77 Extreme4

CPU: i7 3770K リテールクーラー

GPU: HD4000(内蔵)

メモリー: 4GB dual channel 9-9-9-24

ディスプレイ: DVI接続 1920 x 1080 (ViewSonic VX2433wm)

マウス・キーボード:おそらく接続

アセスメントツールでのWarning数 2

同 issues 3


この動画の考察

ASRockのマザーボードが、Windows アセスメント コンソールでのWarning数、issues数が一番少なく、

UEFIおよびWindows8でのチューニング(最適化)が最もされている状態。


GIGABYTEのマザーボードはほとんどUEFI上でチューニングされていないと思われる。

ASUSはWarning数:2、issues数:7とissuesがASRockよりも多い。


Windows8の起動速度は、なるべく最小構成で組み立て(ビデオカードなど挿さない)、

Windows アセスメント コンソールでWarning、issuesをなるべく少なくしたほうが速い。


使用機器に差があるとバレるので、チューニング段階で意図的にASRockを速く、

GIGABYTEを遅くしたデキレースとも言えるかもしれないw(YouTubeでのコメントでも指摘あり)


ただ、UEFI上でマザーボードの設定項目がメーカーによってできる範囲が異なるので、

ASRockはかなりチューニングができるマザーボードであるとも言えるだろう。



最速OS起動の目指し方

Windows8を10回以上インストールし、100回以上は起動を繰り返して

最適なWindows8高速起動の方法を調べてみました。


ハードウェア構成

  • Windows8 Readyのマザーボードを選ぶ(Z77、H77)
  • マザーボードに接続するパーツ・周辺機器を最小構成にする
  • (おそらく)いいパーツを使う。(レイテンシの少ないメモリー)ただしSSD、メモリーも

容量少な目のほうがチェックに時間がかからない。

  • 無線マウス・キーボードは使わない。有線USB接続マウス・キーボードにする。

マウス・キーボードを挿すか、外しておくかは微妙なところ。


ソフトウェアチューニング

  • UEFI上にWindows8 pro 64bitをインストールする
  • 余計なドライバーを入れない。 (Logicool setpointなど余計な機能がついたソフトウェアやドライバなど)
  • Windwos Updateは済ませておく。

  • UEFI上でチューニングする(Fast boot、要らないのはどんどんDisableにするなど)
  • Windows アセスメント コンソールを使って遅い原因を診断する(約40分程度で診断できます)
  • イベントビューアで表示されている警告を潰す

  • おまじないとして、チューニング後、2回はシャットダウン・再起動を繰り返す。

関連記事

Windows8でコールドブート6.9秒を達成 Windows アセスメントコンソール - JJsの日記

2012年12月24日

Windows7からWindows8へのアップグレードで無限地獄に陥る

Windowsでは、OSの入ったハードディスクを他のPCに接続すると、

ハードウェア構成が違うことを検知して、起動することができません。


また明確なライセンスの解除がないせいで、いったんライセンスを移したPCで、

移す前のハードディスクを接続すると、認識はするものの、そのハードディスクを

取り外すと起動できなくなります。


実に面倒なことになっていますね。

おかげで何回もインストールのやり直しにあっています。

2012年11月26日

普段デュアルディスプレイ使っているけど、節約のためにひとつだけ使いたい場合 Windwos8

Windwosキー+「P」キーでセカンドスクリーンの設定画面が表示されるので、

どちらか一方のディスプレイを選択すれば、片方のディスプレイのみ表示されます。

f:id:JJs:20121126130853p:image


プライマリのディスプレイを使いたい場合は「PC画面のみ」を選択、

セカンドディスプレイを使いたい場合は、「セカンドスクリーンのみ」を選択すると

いいでしょう。


Photoshopやゲームなど、複数ディスプレイで表示させる場合は

「拡張」で使用します。


またセカンドスクリーンに表示されているアプリケーションソフトをプライマリディスプレイに

表示させるには、メニューバーをドラッグ&ドロップしていると思いますが、

「Shift」+「Windows」キー+「←」「→」キーで一瞬で移動させることができます。


今回はWindwos8の画面でしたが、Windows7でも同様に表示させることができますので、

ぜひお試しください。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

最近にほんブログ村に参加しました。いろんなブログがあって参考になります。

ポートレート写真を撮っている方は、α900&ツァイス単焦点レンズをお使いの方が

まだまだ多くて、なんだか嬉しくなりました。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

2012年11月06日

やっとこさWindwos8ユーザーズガイドが出た

Windows 8 ユーザーズ ガイド - Microsoft Windows

32bitWindowsからWindows8 64bitへのアップグレード方法など、モヤモヤした点が

やっとはっきりしましたね。


個人的にはAdobeのソフトで不具合出まくるわ、Canonのプリンター(pro 9500)の

Windows8対応ドライバが打ち切られるわで、Windows8にあまりいい印象はないかな。

いや、Microsoftというよりキヤノンのサポート打ち切りの速さが問題か。

腐ってもフラッグシップだったんだから、もう少しサポートしてくれてもいいのに。



むしろ今ならWindows7 64bitがいい具合に枯れてきて、使いやすいんじゃないかなと。

Windwos7をハードディスクドライブで動かしているんだったら、

Windwos8に乗り換えるんじゃなくて、SSDにOSインストールし直すほうが

何倍も効果があると、断言できます。

今年のSSDの下落率は、近年の液晶テレビのごとく落ちていくばかりで、

とりあえずはSSDを使うのが先決だと思います。


逆にWindwos8にしても、ちゃんと動いているよ、っていうハード・ソフトウェアを挙げておきます。

フォントインストーラーSAKURA

colormunki photo

Onkyoオーディオボード SE-150PCI

GOM playter

Intuos 4 (ドライバ更新で動いた)



11月7日 追記

キヤノンプリンターのWindows8対応状況と対応予定表

キヤノン:Q&A検索|【インクジェットプリンター】Microsoft Windows 8(Windows8.1含む)対応状況(インクジェットプリンター)

インク1本900円以上×10本も使ってくれる上客のPro9500ユーザーをすぐに打ち切るわけないか。

今日、明日にも印刷したいんだけどな。待ってます。


11月8日追記

Windows8対応ドライバが出るまで待てないので、Windows7 64bit用ドライバをインスコしました。

あら、問題なく動きます。

pro9500はXPSドライバという精細に印刷できるドライバがあって、そちらで印刷したのですが、

もうびっくりするほどきれい。Lightroom4.2のソフト校正のシミュレーション精度も高く、

ほぼ狙い通り&想定内のpro9500のクセで印刷されました。