Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016年06月21日

海外製のスマホを購入する

皆さまお久しぶりです。今日はSIMフリーの端末についてです。

現在iij mioのデータ通信専用SIM=3GB、972円/月と0SIM by So-net=500MB、0円/月の

SIMカードを使っていますが、先日nexus7 2013を落として壊してしまったため、

代替品を探していました。


日本製だと2016年なのに2013年製のnexus7よりもコスパがいいタブレットやスマホが

見つからなくてどうしてものかと悩んでいました。


ライティング機材はeBayなどを使って海外製品を輸入して使ってみて、それなりに満足していたので、

今回も海外で購入してみることにします。


条件

iijmioと0SIMのSIMカードが使えること。⇒NTTのLTEFOMA、できればフォーマプラスエリアに対応していること。

価格はなるべく安く。

GPS、バッテリー、CPU、RAMがよいこと。

Paypalでさくっと買えること。


補足

今年3月頃より円高傾向になり、1ドル100円に近付いてきました。1ドル120円の頃よりもぐっと

お得な時期になってきています。

海外で販売されているモデルはほぼ100%技適に適合しておりませんので、以下ほにゃらら…。

動作する・しないかはAndroidモデルの場合、言語設定を日本語に変更すればよいので、あとは

日本の電波(3G、LTE(4G))が入るかどうかがポイントになります。電源はUSB(microUSB)での

給電となり、付属の電源アダプターは使えないかもしれませんが、日本製のものを使えばOKです。


対応バンドについて

au、softbank系は今回は考慮しません。NTT系の回線を使っているiijmioと0SIMが使えるかどうかを

ポイントにしたいと思います。


購入検討対象となるスマホのスペック表を見て、

3G WCDMA 2100MHz(Band1)

4G FDD-LTE 800MHZ 2100MHz

があれば使えます。

フォーマプラスエリア(Band6)で動作するには、3G WCDMA 850MHzに対応しているものであれば

動く可能性があるようです。

W-CDMA「850MHz帯」対応端末は、FOMAプラスエリア(800MHz帯)を掴むのか?

ドライバの書き換えをして対応する可能性もありますが、リスクが高いです。

[Xperia Z Ultra C6833]band19 LTE プラスエリア化の覚書 – BOOLEE STREET.net

動くかどうかを確認するには、購入検討対象となるスマホの型番で以下のサイトで調べます。

Will My Phone Work?

WillMyPhoneWork.net - Check if your phone works on a network


まれにAPNの設定が上手くできないスマホもあるようなので、上記サイトで調べても100%保証が

できないのが中華製品ですね。心配であれば型番で検索して日本で使っている人がいるかどうかを

確認してみましょう。


スペック

欲しいスマホは以下のサイトで調べます。

Cheap smartphone price comparison


こちらで条件を入れていきます。

Smartphone comparison Kimovil.com

スマホの動作が快適かどうかはAnTuTuというアプリで計測した数値で把握します。

自分が今使っている端末がAnTuTuでどれぐらいの数値かを把握すれば、

それよりも高い数値が出るものを買えば、より快適になりそうだなという予測がつきます。

AnTuTuはバージョンが変わると、以前のバージョンでの数値は直接比較ができなくなって

しまうことに注意。

nexus7 2013が約38,000だったので、それ以上のスペックを探します。

RAMは3GBは欲しいです。

などなど、色々と条件を入れていった結果、Bluboo Xtouch X500というモデルを選びました。

購入はGEARBESTのPaypal払いを選択。

GearBest: Online Shopping - Best Gear at Best Prices


届きましたらレビューします。

2014年05月13日

Yongnuo YN560IIIは現時点でベストなマニュアルフラッシュ

Yongnuo YN560IIIはYongnuo YN560IIにフラッシュトリガー(ワイヤレス・ラジオスレーブ)の受信機能を

追加したモデルで、RF603NIIと問題なく動作できた。

f:id:JJs:20140513163520j:image

またRF603NII-N1はsony α99と問題なく動作することができた。

ただアタッチメントを介してのソニー用YN560IIは発光できず、同様にHVL-F58AMも

発光できなかった。


RF603NII-N1にシンクロコードを差し込むことによって、モノブロックストロボは

問題なく動作した。


従来機の問題点

YN560IIにフラッシュトリガーの組み合わせで1年半ほど運用してきたが、

それぞれに電池が必要で管理が大変。


ライティングを行うには、いかに手早く組み立てられるかが

非常に重要な点になる。準備のテンポのよさが写真にも現れるし、

ポートレートだとモデルさんを待たせることがそのまま写真に対してマイナスと

なってしまう。


YN560II&フラッシュトリガーのように分離していれば、

たまに接点不良を起こすこともある。


YN560II&フラッシュトリガーにシースルーの傘で組み合わせて発光させる場合、

傘の軸とYN560IIの発光部が離れれば離れるほど、ムラができやすくなる。

ひとつフラッシュトリガーを間に挟むだけでも、ずいぶんと離れてしまい、

ライティングの点ではあまりよくない結果となりやすかった。


というわけで

YN560II 2台&HVL-F58AMをYN560III 3台に総入れ替えすることにしました。


従来のα900はYongnuo YN560III & RF603NII-N1の組み合わせで動作できず、

ライティング撮影では使用を諦めないといけないようです。


RF603NII-N1

他の中華フラッシュトリガーよりも一回り大きく、その分頑丈。

中華フラッシュトリガーはYN560IIと一緒に落としたことがあって、

YN560IIは軽微な損傷で済んだが、中華フラッシュトリガーは基盤ごと折れて

壊れた。作りがヤワであるが故に接点不良をおこしやすかった。


しかし、RF603NII-N1は物理的な作りが頑丈そのもので、長期間での使用に

耐えられそう。ホットシューロック装置がついたことで、うっかりの落下防止にも

なる。このロックがまた頑丈で、2,3回回しただけでガタがきそうな他の中華製と

違って、しっかりとねじ込むことができる。


機材は信頼性が大事

カメラ機材は物理的な信頼性が大事というのが分かってきて、安い中華製は

安かろう、悪かろうで結局買換えになる。

Yongnuoの製品は丈夫で信頼性が高いと感じている。

YN560IIを3回以上コンクリートに落としたりしているが、発光できなくなったことはない。

アマチュアユースではコスパを考慮するとベストな製品だと思う。

2014年01月02日

USB方向転換器レビュー 百均の便利グッズを使い倒せ!

USBメモリーとかUSB端子に挿していたコネクタが折れちゃってダメになったことが

ありませんか?


私は寝ながらノートPC使っていて、有線マウスやらUSBメモリーやらWi-Fiやらを

ことごとく端子を折ってダメにしてきました。

f:id:JJs:20140102170712j:image

モバイルバッテリーとモバイルUSBルータを車の小物入れに入れてますが、

もうすでに事故りそうな予感… 数日内に折れますな、このままだと。


そんなとき、Amazonを彷徨っていて、3D USBアダプタなる便利そうなものを発見。


これは便利そうだけど、百均にもあるとのコメを拾いました。

さっそくダイソー系の百均に行ったけど、これは取扱いないのね。(今のところ)

セリアとかFLET'Sというマイナー系の百均に取扱いがありました。

f:id:JJs:20140102231414j:image


動画でまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

D



私が購入したものよりも3,000mAhも増えて13,000mAhで、金額差が

たったの約200円アップのバッテリーを見つけました。

USB端子を2つ同時に使用した場合に供給電流が下がるようですが、

それにしてもこの値段でこの容量は圧倒的です。


私が購入したのはこちら。他社製品よりも圧倒的にコスパはいいんですけどね…。

実際に使用してみて、エネループ党の私でもモバイルバッテリーの便利さ、

容量のでかさには負けを認めざるを得ないです。

2013年12月02日

丈夫なフラッシュ用スピードリングアダプターが欲しい。

中華製のスピードリングを使ってきて、やっぱり精度が高く、微調整がきき、壊れない丈夫な

ものを買うのが一番だなと感じました。


ディフューザーについても、スタジオ用の大きさのものが、きちんと光量をコントロールして

ライティングできそうですし、モノブロックとも共通のディフューザーが使えることが

結果的にはコスパが高いのではないかと。

Light Shaping Tools - Profoto

タイプのプルダウンメニューで「speedlight用」を選べば、画像が表示されます。

Amazonさんなら19%オフか。雨天で4%引きでいけばさらにお得ですな。




150×60cmとか使うんであれば、フラッシュが2灯入れられるのは助かりますよね。

フラッシュ用(speedlight)のビューティーディッシュって、なんかいまいちだし、

大きさが小さすぎて、恐らくヘッドショットがバストアップまでしか撮れないサイズのものしかないけど、

こういったスピードリングでスタジオ用サイズが使えると、全身までいけそう。

2013年08月29日

どちらが好みですかね? いろいろ雑感

YoutubeにアップロードしているWin8の起動動画が起動早すぎて、スリープモードだろ?って

ずっと疑われています。うーん英語力ないからきちんと説明できずにもどかしい。

ディスプレイが点くのが遅いからなんだよね。


でも、あれってメモリ1枚じゃないと無理だし、拡張性もないし、ソフトも最小限で

使い物にならないんだよなあ。


最近α99で撮影した枚数が1万枚を超えました。

ダンスとか動きが激しくて、短い間にチャンスが何回もある被写体だと、

連射モードじゃなくても、ブラックアウトがきになって撮影しにくいのが気になります。

あと電池交換直後の起動がかなり遅いこと。


そうそう、60pで撮影して、Premiere elements10で動画をスローモーションにしてみました。

1/2のスピードならかなり滑らかで1/5のスピードでもなんとか見れないこともないかなっていう

感じでした。スローモーションの耐性はα55とは明らかに違う。


画質については、特に他社に負けてることもなく、ややコスパが悪いものの、

α最高画質なのは間違いないので、これにツァイスを組み合わせて写真の出来が悪ければ、

100%腕の問題となります。機材のせいにできないので、あとは頑張るのみ。


コネクタ?を撮ってみました。さてどちらの仕上げが

好みにあっているでしょうか?

ラピュタに出てきたロボットの顔みたい。


背景をぼかしたくて寄って撮影しましたが、冷静に見てみると、ちょっと寄り過ぎか。

f:id:JJs:20130830000905j:image

タイトルに「ぼっちと集団」とかつけちゃうとさらに寂しい感じがしてきます。


これ、奥の入口までギリギリにいれたのが中途半端なんだよね。もっと寄って正面気味に撮るか、

離れて左をもう少しみせたほうがよかった。

f:id:JJs:20130830000904j:image


機材blogにしたいので、作例blogになっちゃうと、当初の予定とは違っちゃいますが、

一応写真はいつも撮ってますよということで。


上がα99+85mmZA、下がα99+SIGMA 50mm EX DG HSM