Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016年09月23日

α99II発表おめでとうございます! 今現在の制作環境について

少し記事を書くのが出遅れましたが、ついにα99IIが発表されましたね。

Sony launches new flagship ? A-mount camera, the ?99 II - Sony Europe


これでAマウントは、プロサポート、それに相応しいフルサイズ機、レタッチは

Capture One Pro9 for Sonyと素晴らしい環境が揃いました。


そしてダメ押しにProfotoのAir remoteがソニーに対応したバージョンが出ます。

Air Remotes - Profoto

これによって、ポートレート撮影でもきちんとした環境で行うことができると思います。


現在のsonyフルサイズ機の制作環境について

本気でポートレートを撮りたい人にとって、ストロボの充電速度はかなり重要で、

ある程度の光量をシャッタースピードに合わせて連射するにはYongnuo YN560IIIなどの

クリップオンストロボでは無理でした。


Profoto D2という速射性に優れたモノブロックストロボが発表され、これまた話題になっています。

D2 - Profoto


現在使用しているProfoto D1でも十分な光量で連射撮影ができているので、

お勧めします。


レタッチについては、Lightroomのプロファイルがソニー機と相性が悪く、

Adobe Standardは少し赤っぽく、あまり透明感のないものでした。

Capture Oneを使えば、きちんとした色合いで肌色を表現できます。

Capture Oneは9になって、少し癖が強くなったため、風景、物撮りの場合、

Lightroomのほうが色が正確に合わせられることもあります。


撮影の前には必ずX-riteのColor Checker Passportでカメラのグレーバランスを取り、

その後カラーチェック用のチャートを撮影しておく必要があります。

f:id:JJs:20160920212151j:image


ポートレートの場合は商品撮影などとは違うので、最終的にはきれいに見える

肌色で調整できればOKだと思います。

色はCapture Oneで調整し、肌のレタッチ、シャープネス、最終調整には

Photoshopを使います。


ちょっと話が飛びますが、今現在は親指オートフォーカス、シャッターボタン半押しAFはオフにして

撮影しています。ポートレートでのジャスピンはEVFだと逆に解像度不足で狙いにくいし、

その部分が弱点でもあるなあと感じていますが、ずっと同じカメラにレンズを使っていると

慣れの部分でピントが合っている、合っていないが分かってくるものだと最近は理解しています。


最終的な仕上がりのかっこよさを求めるなら、ライティング時の露光量はほぼ遊びがなく、1/10EVで

調整できるProfoto D1のようなモノブロックが必要になるし、Photoshopできちんとしたレイヤー分解で

丁寧に仕上げていくのが必須です。


ずっと写真ばかりを見ていると、ついうっかりレンズやカメラ、レタッチソフトの特性を活かした撮影方法ばかり

思い浮かんでしまうので、他の分野の芸術作品を鑑賞して、そもそもの入りの部分で

何がきれいで、感動できるものがあるのかなあと考えることが大事だなあと反省しているところでした。


ライティングに関しては、絶対的な正解というものが分かりにくいです。

必ずしもレフじゃないとダメ、とかボックスじゃないとダメということもなく、同じような光の回り方が

できるライティングの組み方をいくつも試して覚えていくのが必要かなと思います。

部屋の広さや間取り、家具など周りの状況によって使える機材やディフューザーの種類が制約されるので、

手段はたくさんあったほうが楽ですね。

あとは撮影に慣れている人ばかりを撮るとは限らないので、ライティングのスウィートスポットが狭い

ビューティーディッシュはモデルさん限定で使い、大きめの傘でどこでもだいたいまんべんなく光が回る

ライティングで、撮影が初めての人を撮るなど、実際の運用方法で選んだりすることもあります。


マンガの描き分けと同じで、ガチガチのカッコよさを目指した撮影と、柔らかく優しく撮る撮影など

同じ被写体と全く違った雰囲気で仕上げてみるとか、そういったアプローチでいくつも試していると、

だんだんと撮影技術としての幅は広がってくると思います。


調味料を目分量で適当に入れちゃうプロの料理家がいないように、最初は地味なんですけど

被写体と自分の距離、ライトの光量、向き、被写体との距離を細かくメモしていって、

確実な再現性が持てるようにするのが、遠いようで一番の近道なんじゃないかなあ。

2015年02月16日

Nissinさんの面白い動画「100均グッズで超素敵なポートレートを撮れ!」

D

これを実際にやるとなるとライトスタンドが5本以上にブームとかクリップ、

広い部屋が必要になるのですが、光質のコントロールはディフューザーの値段とは

直接的には関係ないですね。


ライティングの硬さでいろいろと表現が変わるので面白いです。

第6回 柔らかい光 硬い光 | 玉ちゃんのライティング話 | Shuffle by COMMERCIAL PHOTO

2014年10月01日

eBay クリップオンストロボ用リフレクター&グリッド レビュー

f:id:JJs:20141001075829j:image

eBayでいくつか売ってあるクリップオンストロボ用リフレクター&グリッドを

使ってみましたので、レビューをします。


仕様

Bowensマウントアダプターのブラケットと18cmのリフレクター&グリッドのセットです。

送料込みでひとつ5,000円ちょっと。

f:id:JJs:20141001081704j:image

スライドレールで調節可能なフラッシュブラケットは、あまり精度がよくなく、

スライドが滑らかにはできません。

ストロボをマウントのちょうど真ん中に合わせるのは難しいです。

ストロボを取り付ける部分のネジはそれなりによく、きっちりとストロボを挟み込むことが

できます。

上下の角度調整もそれなりにできます。


マウントアダプター部分は小さなネジで留められていますが、グリッドを外そうとすると、

壊れます。全体的に耐久性、精度は低いです。


リフレクターのほうはしっかりと作られています。

グリッドはちょうどリフレクターと同じ大きさになっており、簡単に脱着ができます。


使ってみる

このアダプター&18cmグリッドを軽めのライトスタンドに取り付けて

yongnuoのYN560IIIと組み合わせてみました。

やや重めのカメラ用三脚と、この組み合わせだと三脚のほうが重く感じるほど

なので、移動するときも楽です。ラジオスレーブを使えば、配線不要なので

撮影も簡単にできます。


日中シンクロをせず、被写体に露出を合わせて撮影してみました。

グリッドがついているので、背景に余計な光が回らずに黒バックにすることが

できます。

f:id:JJs:20141001082230j:image


こんな感じで上からフラッシュ光を当てました。

f:id:JJs:20141001082231j:image

周りの背景のことを気にせずに被写体のみで撮影を考えることができるので、

構図についてはあまり難しく考える必要がありません。


これも撮影は昼間にやっています。

木陰で撮影しているので、黒バックにすることは簡単にできます。

グリッドを使えば、集光されて効率が上がるので、これだけバックを

暗くしても、YN560IIIの出力は1/4とまだ余裕があります。

f:id:JJs:20141001082232j:image


こういった花だけの撮影も、自然のままで摘み取ったりする必要がないので、

自然に優しいですね。スタジオとか屋内で撮影する必要がありません。

f:id:JJs:20141001082229j:image


撮影方法はライトスタンドにアダプターを引っかけて、下から上に光が

当たるようにしました。

f:id:JJs:20141001082228j:image

こうすることで、地面には光が当たらずに、黒バックで花を撮影することが

できます。


背景の雰囲気や被写体との距離などで構図が決まらないような場所に咲いている

花でも、自由に撮影することができます。

もちろん背景がきれいな場所に咲いている花でしたら、日中シンクロで

撮影するのもアリだと思います。


フラッシュ直射よりは18cmリフレクターを使ったほうが光の回り方がよくなり、

コントラストの強い、インパクトのある撮影ができます。

直射だと固過ぎて困るけど、もう少しだけ柔らかくスポットだけ光を当てたいとき

にはかなり使えます。


今回カメラのホワイトバランスはカスタム値で5600〜5900度に固定して撮影しました。

オートで撮ると、赤色の花は青っぽくなったり、朱色になったり、撮影のたびにコロコロと

色が変わるのを防ぐことができます。

クリップオンストロボなので、出力を変えると、色が変わってきますが、

オートホワイトバランスでコロコロ変わるよりは安定していると思います。


このアダプター&リフレクターのセットは、フラッシュストロボをセットするまでの精度が

低くて苦労しますが、一度セットした後は、角度調整などはやりやすく、撮影中は問題なく

使えると思います。グリッドの取り外し、ストロボの脱着のときだけ気をつかって

使えば、きちんと使えるリフレクターだと思います。


このアダプターはBowensマウントなので、ほかのディフューザーを使うこともできます。

f:id:JJs:20141001085441j:image


あとはLihgtroomで調整すれば、いかようにもなりますね。

f:id:JJs:20141001174707j:image

こういったフラッシュを使った方法では、本当にその辺に咲いている花で、

十分にきれいに表現できますので、お勧めです。


10月3日 追記

このリフレクターのグリッドなしで、リフレクターとトレーシングペーパーを使って

ブツ撮りをしてみました。やはり直射+トレーシングペーパーよりも

リフレクター+トレーシングペーパーのほうが圧倒的に光をコントロールしやすく、

効率も上がって、撮影が楽でした。

2014年08月01日

日中シンクロ

以下はTTLを使わずにマニュアルで光量調整しながら、日中シンクロを行う場合の

お話で、現在の自分独自のやり方です。正しいかどうかは分かりませんが、

こういうやり方、考え方もあるよ、という一例です。


日中シンクロというと、ものすごく特殊なことをやっているようですが、

屋外だと、ふつうに使っていたら、あ、それが日中シンクロだよ、ということに

なるようです。


ようは環境光ありの状態で、それプラスストロボ光も足していく、ということになります。

定常光とフラッシュ光のミックスで、それぞれの光量調整方法がちょっと

違うわけですね。


1. 定常光は

シャッタースピード、絞り、ISOで調整できます。


2. フラッシュ光は

絞り、ISOで調整できます。それプラスストロボ側の発光量調整です。

シャッタースピードをいくつにしても、基本的には撮影後の明るさ(露出)は一定になります。


まず先に絞り値が決まって、それから自分が使いたいシャッタースピード近くに収まるように

ISOを決めて、最後にシャッタースピードで環境光を微調整する感じでやっています。


背景ぼかしたいのか、パンフォーカスで撮りたいのかで画作りが決まるので、

絞り値が第一に来るのは当たり前ですね。写真の意図を変えない限りは

絞り値は日中シンクロではあんまりいじりません。

ここをいじると、またすべての設定を調整し直しになって面倒なことになるので、

スパっと決めてしまいましょう。


それからISOは使うラジオスレーブの最高シンクロスピードや、被写体などをぶらしたいのか、などで

決めていきます。1/80秒ぐらいで適正露光になるようにすれば、

もうちょっと背景を明るくや、もうちょっと暗くなどの微調整も効き、被写体ブレも起きにくいぐらいの

シャッタースピードになると思います。

(ということは実は先にシャッタースピードが1/80秒ぐらいかなって決まっていることになりますね。)


それからシャッタースピードを変えながら、背景の明るさを調整します。

遅いほうは1/25秒ぐらい、早いほうは1/160〜1/250秒ぐらいまでは作品の意図をあんまり変えない

ように撮影できるのではないでしょうか。


これで背景の明るさが決まるので、それからストロボ光を当てる被写体の明るさを

ストロボの光量調整で調整します。


絞りとISOを固定できたのなら、

背景はシャッタスピードで、

被写体はストロボの光量調整で

と独立して露出調整できるので、考えやすいと思います。


正しいのかどうかは分かりませんが、今はこんな感じで光量調整しながら撮影しています。


日中シンクロで必要なこと

1. 自分がよく使うレンズの特性をよく分かっていて、絞り値を決めたらどれだけ背景が

ボケるか事前によく慣れておくこと。

撮影中に変更すると、ストロボの光量もシャッタースピードも調整するはめになることが

ある。


2. そのためには構図を先に決めて、背景はこれぐらいはボケて欲しいなあというのを事前に

決めてから撮影を始めること。撮影を始めた後に、もうちょっとぼかしたほうがよかったなあとか

あんまりいじらないほうがテンポよくいける。

個人的に、絞り優先とか、シャッタースピード優先とか使いません。

カメラ側の設定もマニュアルで決めていったほうがいいと思います。


3. 絞り値f/1.8程度で日中の太陽の光が直接当たるときにISOを50〜100にしても、

シャッタースピードが1/640秒とか、ストロボの最高シンクロスピードを大幅に

越えてしまっているときがあると思います。そのときはNDフィルターを使うしか

調整の方法はありません。


僕個人はあんまり太陽の直射光が当たる場所では撮らずに、日影で撮るので

シャッタースピードが速すぎることにはならないのです。

直射光が当たるときに開放値近くで撮るときにはNDフィルターは用意したほうがいいと思います。


4. ストロボをフル発光させても光量が足りない場合。

ディフューザーを付けて、やや遠くからストロボ光を当てる場合、クリップオンストロボだと

ISO 50にした場合には光量が足りない場合があります。

そのときにはISO感度を上げていきますが、背景を適正露光にするために

必然的にシャッタースピードは速くなっていきます。


となると、やっぱりNDフィルターが必要になることがあります。結構ややこしいですね。

なので、全体の流れとしては、事前にクリップオンストロボ&ソフトボックスをやや遠い位置に

置いたときに、露出がきちんと足りるかどうかは事前に把握しておく必要があります。


Yongnuo YN560IIIと大きめのソフトボックスの組み合わせの場合で、f/8以上絞って、さらに

2m以上離れた位置から光を当てるとなると、絶望的に光量が足りなかったりしますので、

そういうときにProfoto B1 500 TTLとかあればなあとか、さらに上位のストロボの必要性を

感じたりします。

他にはクリップオンストロボを2本まとめてソフトボックスに突っ込んだりとか

いろんな方法があるようです。

2014年07月12日

Amazon.comでBeauty dishを注文したけど、破損してた

Amazon.comで注文していたProfotoの純正Beauty dish(ビューティーディッシュ:以下BD)が

たったの3日で届きました。


開けてびっくり、ホワイトソックス(ディフューザー)が袋に入っておらず、

そのまま入ってました。さらにネジがそのまま箱の中に転がっている。

なんじゃこりゃ、という感じで、しかもものすごく薄いプチプチ一枚で包まれた

だけのBD。開けてみたら、やっぱり凹んでるw

f:id:JJs:20140712192342j:image



BDは開封済みだけど、白のディフューザーはこんな感じで

雑にそのまま入っていた。プチプチの装甲薄すぎw

f:id:JJs:20140712192341j:image


破れてるよ。

f:id:JJs:20140712192338j:image


こんな感じ。プレートが尖っているから切れたのかな。

f:id:JJs:20140712192337j:image


ネジは無造作に転がっていて、一本足りなかった。

f:id:JJs:20140712192339j:image


スピードリングの品質そのものはよさそう。

開けずに返品したから、詳細不明だけど。

f:id:JJs:20140712192340j:image

輸送の状況

Amazon.comからの発送はUPSで行われた。送料がすごく高いんだけど、

その分早い。ちなみに円で払ったのだけど、ドルで払って、キャッシュカード側で

ドル⇒円にしてもらったほうが手数料が安いらしい。ちょっと損したw

f:id:JJs:20140709155304j:image


最終ステータスは2日後の月曜日だったが、土曜日の今日届いた。

f:id:JJs:20140712192048j:image


返品どうしよう

Amazon.comのリターンポリシーを読んでみたら、返送代はこちら持ち、

それで返送した商品がAmazonに届いたら、最大15ドル返金するらしい。

いやいや、それだとこちらが悪くないのに3,000円ぐらい持ち出しにならないか?


日本国内に入ってからはクロネコさんが届けてくれたので、Amazonに交渉する前に

クロネコさんに電話してみよう。

で、凹んでると伝えたら、今日中に回収に来てくれるとのこと。仕事早い、というか

さっさと回収しないと、誰が悪いのか分からないものね。

こちらからAmazon.comに連絡しなくてもクロネコさんが交渉してくださるとのことで

助かります。

さて今後どうなるでしょうか。